FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 科学・数学

    ユダヤ人の “リベラリズム” の本質

    ユダヤ人の “リベラリズム” の本質

    本日のキーワード : 炎症、過剰反応炎症(えんしょう、英: Inflammation)とは、生体の恒常性を構成する解剖生理学的反応の一つであり、恒常性を正常に維持する非特異的防御機構の一員である。炎症は組織損傷などの異常が生体に生じた際、当該組織と生体全体の相互応答により生じる。本日の書物 : 『 LIFE SCIENCE (ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義』 吉森 保 日経BP戦後の日本人は、正しい歴史...

    ... 続きを読む

    ワクチン接種によって 「免疫が獲得される」 はずなのに・・・ 

    ワクチン接種によって 「免疫が獲得される」 はずなのに・・・ 

    本日のキーワード : 獲得免疫、抗体、ワクチン獲得免疫(特異免疫)は、生まれたときには備わっておらず、後天的に獲得されるものです。獲得のプロセスは、免疫系が異物に遭遇して、非自己の物質 (抗原) であることを認識したときに始まります。そして、獲得免疫を構成する要素が、それぞれの抗原について最良の攻撃方法を学習し、抗原を記憶していきます。獲得免疫が特異免疫とも呼ばれているのは、過去に遭遇した抗原に対し...

    ... 続きを読む

    ヒトが呼吸によって酸素を取り込み二酸化炭素を排出する理由 ~ 生体のエネルギー通貨 『ATP』

    ヒトが呼吸によって酸素を取り込み二酸化炭素を排出する理由 ~ 生体のエネルギー通貨 『ATP』

    本日のキーワード : ATP (アデノシン三リン酸)、呼吸、酸素、酵素、化学反応アデノシン三リン酸(アデノシンさんリンさん、adenosine triphosphate)とは、アデノシンのリボースに 3 分子のリン酸が付き、2 個の高エネルギーリン酸結合を持つヌクレオチドである。しばしば 「adenosine triphosphate」 の下線部のアルファベットを並べて 「ATP (エー・ティー・ピー) 」 と呼称される。ATPは真核生物や真正細菌など、既知の...

    ... 続きを読む

    管理人のみ閲覧できます * by -

    「相関と因果」 とか 「相対と絶対」 とかが、まったく理解できないのが “文系アタマ” です (⌒∇⌒) 

    「相関と因果」 とか 「相対と絶対」 とかが、まったく理解できないのが “文系アタマ” です (⌒∇⌒) 

    本日のキーワード : 相関関係、因果関係、相対リスク、絶対リスク相関関係と因果関係(そうかんかんけいといんがかんけい)相関関係があるだけでは因果関係があるとは断定できず、因果関係の前提に過ぎない。「相関関係は因果関係を含意しない」 は、科学や統計学で使われる語句で、2 つの変数の相関が自動的に一方がもう一方の原因を意味するというわけではないことを強調したものである (もちろん、そのような関係がある場合...

    ... 続きを読む

    人類最大の敵は?

    人類最大の敵は?

    本日のキーワード : 生命科学、人類最大の敵、病気生命科学 (せいめいかがく、英: life science) は、 生命を研究対象とする学問のことである。自然科学 (natural science) の中で、物理科学 (physical science) と対をなす。広義には、応用分野も含む。本日の書物 : 『 LIFE SCIENCE (ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義』 吉森 保 日経BP戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませ...

    ... 続きを読む

    コンピューターは、「0」 と 「1」 だけで、どういった計算をしているの?

    コンピューターは、「0」 と 「1」 だけで、どういった計算をしているの?

    本日のキーワード : ブール理論、二進法、0 と 1ブール論理(ブールろんり、英: Boolean logic)は、古典論理のひとつで、その名称はブール代数ないしその形式化を示したジョージ・ブールに由来する。リレーなどによる「スイッチング回路の理論」として1930年代に再発見され、間もなくコンピュータに不可欠な理論として広まり、今日では一般的に使われている。本日の書物 : 『 「数」 はいかに世界を変えたか』 トム・ジャ...

    ... 続きを読む

    素数と暗号

    素数と暗号

    本日のキーワード : 暗号、暗号化、素数暗号 (あんごう) とは、セキュア通信の手法の種類で、第三者が通信文を見ても特別な知識なしでは読めないように変換する、というような手法をおおまかには指す。いわゆる 「通信」 (telecommunications) に限らず、記録媒体への保存などにも適用できる。2 つの主体が互いと通信する時に、第三者にその通信が聞かれることを望まなければ、その主体は他の誰もその通信内容が理解できな...

    ... 続きを読む

    「算術の基本定理」 と素数

    「算術の基本定理」 と素数

    本日のキーワード : 素数、算術の基本定理、『原論』素数 (そすう、英: prime number) とは、1 より大きい自然数で、正の約数が 1 と自分自身のみであるもののことである。正の約数の個数が 2 である自然数と言い換えることもできる。1 より大きい自然数で素数でないものは合成数と呼ばれる。最小の素数は 2 である。素数は無数に存在する。したがって、素数からなる無限数列が得られる。素数が無数に存在することは、紀元前 ...

    ... 続きを読む

    人類が来るべき日に備えなければならないのは、地球の 『寒冷化』 による食糧不足のはずなのですが・・・

    人類が来るべき日に備えなければならないのは、地球の 『寒冷化』 による食糧不足のはずなのですが・・・

    本日のキーワード : 飢饉、戦争、小氷期飢饉(ききん、英: famine)とは、何らかの要因により人々が飢え苦しむことを指す。狭義においては、一地域における死亡率を急激に上げるような極端な食料不足の事態を指すことが多い。主食とする農産物の大規模な不作を契機とする場合が多い。歴史上は長く戦乱や各国の領土拡張の理由ともなってきたが、1940から60年代の緑の革命による収量の増大、その後の輸送網の発達、21世紀に入って...

    ... 続きを読む

    いずれ確実に本格的な 『氷河期の時代』 へ移行する私たちの地球

    いずれ確実に本格的な 『氷河期の時代』 へ移行する私たちの地球

    本日のキーワード : 氷河時代、氷河期、間氷期氷河時代(ひょうがじだい、英語: ice age)は、地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。長期に及ぶ氷河時代のうち、律動する個々の寒冷な気候の期間は氷期と呼ばれ、氷期と氷期の間の断続的な温暖期は間氷期と呼ばれる。氷河学の専門用語では、「氷河時代」 (ice age) とは、...

    ... 続きを読む

    地球温暖化バカは、脱炭素じゃなくって、“脱水蒸気・脱雲” 運動でもやったら?

    地球温暖化バカは、脱炭素じゃなくって、“脱水蒸気・脱雲” 運動でもやったら?

    本日のキーワード : 水蒸気、雲、温室効果水蒸気(すいじょうき、スチームともいう)は、水が気化した蒸気。空気中の水蒸気量、特に飽和水蒸気量に対する水蒸気量の割合のことを湿度という。水蒸気は無色の気体であり、目には見えない。雲は液体である水滴と水蒸気を含む空気の気体との混相だが、水滴により可視化される。その他、霧、靄、湯気など白く見えるものは、水蒸気を含む空気と水滴のうちの水滴である。なお、湯気(ゆ...

    ... 続きを読む

    メディア報道の大ウソ → “サンゴの 「白化」 はサンゴの死滅” ~ 実は、色鮮やかなサンゴ礁は、貧困な海の象徴なんです!

    メディア報道の大ウソ → “サンゴの 「白化」 はサンゴの死滅” ~ 実は、色鮮やかなサンゴ礁は、貧困な海の象徴なんです!

    本日のキーワード : 褐虫藻、サンゴ虫、サンゴ礁、白化褐虫藻(かっちゅうそう)、英語で"zooxanthellae"(ゾーザンテラ)とは、海産無脊椎動物と細胞内共生する渦鞭毛藻類の単細胞藻類の総称である。具体的な属としてはSymbiodinium spp.やAmphidinium spp.,Gymnodinium spp.などが知られている。 熱帯、亜熱帯に生息する海産無脊椎動物の細胞内に共生している。 代表的な宿主として、クラゲ、シャコ貝、イソギンチャク、造礁...

    ... 続きを読む

    “素人学者” のガイ・スチュワート・カレンダーが発表した “おバカ” な論文

    “素人学者” のガイ・スチュワート・カレンダーが発表した “おバカ” な論文

    本日のキーワード : 太平洋十年規模振動、気候変動、素人学者太平洋十年規模振動(たいへいようじゅうねんきぼしんどう、Pacific Decadal Oscillation:PDO)とは太平洋各地で海水温や気圧の平均的状態が、10年を単位とした2単位(約20年)周期で変動する現象である。太平洋10年周期振動とも言う。海洋と大気が連動して変化する。1900年以降のPDO指数の推移本日の書物 : 『地球温暖化 「CO2犯人説」 は世紀の大ウソ』 丸山 ...

    ... 続きを読む

    IPCC (国連・気候変動に関する政府間パネル) の “気象予測スパコンモデル” の出鱈目さ (⌒∇⌒)

    IPCC (国連・気候変動に関する政府間パネル) の “気象予測スパコンモデル” の出鱈目さ (⌒∇⌒)

    本日のキーワード : IPCC、気候モデル、古気候気候モデルとは、地球上の大気、海洋などの気候を長期的・量的にシミュレーションするもの。将来の気候の分野において使用される。気候モデルは、過去の気象観測結果に基づいて、物理法則にしたがって将来の気象現象や気候要素を再現する。気候変動を予測することによって人類への悪影響を軽減することが最終的な目的となるので、できるだけ精度を高めなければいけないとされる。し...

    ... 続きを読む

    大気中の主要な “温暖化ガス” は、『水蒸気』 ですよ! ~ 地球温暖化が問題という “おバカ” さんは、雲をゼロにするつもりなの?

    大気中の主要な “温暖化ガス” は、『水蒸気』 ですよ! ~ 地球温暖化が問題という “おバカ” さんは、雲をゼロにするつもりなの?

    本日のキーワード : スベンスマルク効果、水蒸気、雲、宇宙線、太陽活動スベンスマルク効果(スベンスマルクこうか)とは、宇宙空間から飛来する銀河宇宙線が地球の雲の形成を誘起しているという仮説である。2019年に神戸大学が銀河宇宙線による地球の気候への影響の証拠を発見した(☆銀河宇宙線がもたらす雲の日傘効果 神戸大学が気候への影響を示す証拠を発見)。今までは、「気候変動への影響についても仮説に留まっており...

    ... 続きを読む

    ちょっと考えればすぐわかる! ~ マスコミが垂れ流す “トンデモ解説”

    ちょっと考えればすぐわかる! ~ マスコミが垂れ流す “トンデモ解説”

    本日のキーワード : 誤報、マスコミ、温暖化、豪雪被害誤報(ごほう、英: misinformation)は誤った情報や報告、および報道のこと。本日の書物 : 『地球温暖化 「CO2犯人説」 は世紀の大ウソ』 丸山 茂徳、戎崎 俊一、川島 博之、他 宝島社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、...

    ... 続きを読む

    全世界の 70 億人を巻き込んだ科学史上の一大事件 ~ “人為起源CO2温暖化説”

    全世界の 70 億人を巻き込んだ科学史上の一大事件 ~ “人為起源CO2温暖化説”

    本日のキーワード : 擬似科学、似非科学、偽科学、人為起源CO2温暖化説疑似科学 (ぎじかがく、(英: Pseudoscience) とは、科学的で事実に基づいていると主張しているにもかかわらず、科学的方法と相容れない言明・信念・行為のことである。似非科学 (えせかがく) や偽科学 (にせかがく) などとも呼ばれる。疑似科学は、矛盾、誇張、反証不可能な主張、確証バイアスへの依存、他の専門家による評価への開放性の欠如、仮説...

    ... 続きを読む

    現代を含め 『氷河時代』 は、ずっと寒い時期ばかりではありません! ~ “地球温暖化バカ” が知らない真実

    現代を含め 『氷河時代』 は、ずっと寒い時期ばかりではありません! ~ “地球温暖化バカ” が知らない真実

    本日のキーワード : 氷河時代、現代、旧石器時代氷河時代(ひょうがじだい、英語: ice age)は、地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。長期に及ぶ氷河時代のうち、律動する個々の寒冷な気候の期間は氷期と呼ばれ、氷期と氷期の間の断続的な温暖期は間氷期と呼ばれる。氷河学的には、地球の歴史の中で、地球上に大陸並み...

    ... 続きを読む

    他国にはあまりみられない、日本の旧石器時代の 2 つの人工遺物

    他国にはあまりみられない、日本の旧石器時代の 2 つの人工遺物

    本日のキーワード : 磨製石器、石皿、旧石器時代局部磨製石斧 (きょくぶませいせきふ) とは、いまより約 4 ~ 3 万年前の後期旧石器時代初頭に登場した、刃先に磨きをかけた石斧のことである。大形獣の狩猟や解体、木の伐採や切断、土掘りなど多目的に用いられたと推定される。 石材は、黒曜石、珪質頁岩、チャート、サヌカイト、ガラス質安山岩などを利用している。この年代は、日本出土のものが世界最古とされている。1949...

    ... 続きを読む

    実は現代は “氷河時代” ですが、地球温暖化の何が問題なの? ~ “氷河時代” の地球の 「氷期 ― 間氷期」 サイクル

    実は現代は “氷河時代” ですが、地球温暖化の何が問題なの? ~ “氷河時代” の地球の 「氷期 ― 間氷期」 サイクル

    本日のキーワード : 間氷期、氷期、氷河期、地球温暖化問題間氷期(かんぴょうき/かんひょうき、英語: interglacial period)は、氷河時代のうち、氷期と氷期の間に挟まれた、気候が比較的温暖な時期である。間氷期の間は、ちょうど現在の間氷期のように、気候が温暖で、ツンドラは氷床を追うように極地方へと後退していき、かつてツンドラ植生を育んでいた地域に森林が戻るようになる。間氷期の気候最適期または気候最温暖期と...

    ... 続きを読む

    「開いている」 か 「閉じている」 か ~ 対人関係の磁石

    「開いている」 か 「閉じている」 か ~ 対人関係の磁石

    本日のキーワード : j磁石、運、対人関係磁石(じしゃく、英語: magnet、マグネット)は、 2 つの極 (磁極) を持ち、双極性の磁場を発生させる源となる物体。鉄などの強磁性体を引き寄せる性質を持つ。磁石同士を近づけると、異なる極は引き合い、同じ極は反発しあう。本日の書物 : 『運のいい人の法則』 リチャード・ワイズマン 角川書店戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメデ...

    ... 続きを読む

    日頃から 「自分は運が悪い」 って思い込んでいる方々が、絶対にやるべきこと!

    日頃から 「自分は運が悪い」 って思い込んでいる方々が、絶対にやるべきこと!

    本日のキーワード : 運、運のいい人、運の悪い人運(うん)とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。本日の書物 : 『運のいい人の法則』 リチャード・ワイズマン 角川書店戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。そ...

    ... 続きを読む

    CO 2 濃度が高く、暑かったけれども、生物は繁栄していていた “中生代”

    CO 2 濃度が高く、暑かったけれども、生物は繁栄していていた “中生代”

    本日のキーワード : 中生代、CO2濃度中生代(ちゅうせいだい、仏: Mésozoïque、英: Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約 2 億 5217 万年前から約 6600 万年前に相当する。本日の書物 : 『京大 おどろきのウイルス学講義』 宮沢 孝幸 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています...

    ... 続きを読む

    初期の哺乳類は卵を産んでいました! ~ もともと胎盤がなかった哺乳類

    初期の哺乳類は卵を産んでいました! ~ もともと胎盤がなかった哺乳類

    本日のキーワード : 胎盤、哺乳類胎盤(たいばん、英: placenta)は、有胎盤類などの雌 (人間の女性も含む) の妊娠時、子宮内に形成され、母体と胎児を連絡する器官である。胎盤を形成することは哺乳類の特徴とされることもあるが、実際は、哺乳類の一部の系統である有胎盤類 (真獣下綱) のみが胎盤を持つ。現生では単孔類と有袋類が胎盤を作らない。ただし有袋類は、一般的に胎盤と呼ばれる胎児を十分に成長させる高機能な...

    ... 続きを読む

    良い抗体と悪い抗体 ~ ワクチンについて知っておかなければいけない大切なこと

    良い抗体と悪い抗体 ~ ワクチンについて知っておかなければいけない大切なこと

    本日のキーワード : 抗体、ワクチン、感染増強作用抗体(こうたい、(英: antibody)は、白血球のサブタイプの一つであるリンパ球の一種であるB細胞の産生する糖タンパク分子。免疫グロブリン(めんえきグロブリン、(immunoglobulin)、血漿中のγ(ガンマ)-グロブリン、Ig(アイジー)とも。獲得免疫系の液性免疫(特定のタンパク質などの分子(抗原)を認識して、排除する働き)を担う。抗体は主に血液中や体液中に存在する...

    ... 続きを読む

    ウイルスはどこから感染するの? ~ ウイルスの侵入の入り口 (侵入門戸)

    ウイルスはどこから感染するの? ~ ウイルスの侵入の入り口 (侵入門戸)

    本日のキーワード : 侵入門戸、粘膜、ウイルス、ワクチン粘膜(ねんまく、mucous membrane)は、上皮細胞に覆われた外胚葉由来の上皮層である。吸収と分泌に関わる。さまざまな体腔に配置し、外部環境や内部臓器に面している。鼻孔、唇、耳、生殖器、肛門などあちこちで肌とつながる。本日の書物 : 『京大 おどろきのウイルス学講義』 宮沢 孝幸 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そし...

    ... 続きを読む

    コロナウイルスと抗体依存性感染増強 (ADE)

    コロナウイルスと抗体依存性感染増強 (ADE)

    本日のキーワード : 抗体依存性感染増強 (ADE)、コロナウイルス抗体依存性感染増強 (Antibody-dependent enhancement, ADE) とは、ウイルス粒子と不適切な抗体とが結合すると宿主細胞への侵入が促進され、ウイルス粒子が複製される現象である。不適切な抗ウイルス抗体は、食細胞のFcγ受容体(FcγR)または補体経路を経由して目標の免疫細胞のウイルス感染を促進する。ウイルスと相互作用した後、抗体は特定の免疫細胞または補...

    ... 続きを読む

    レトロウイルスとセントラルドグマ

    レトロウイルスとセントラルドグマ

    本日のキーワード : セントラルドグマ、レトロウイルスセントラルドグマ (英: central dogma) とは、遺伝情報は 「DNA → (転写) → mRNA → (翻訳) → タンパク質」 の順に伝達される、という、分子生物学の概念である。フランシス・クリックが 1958 年に提唱した。この概念は細菌からヒトまで、原核生物・真核生物の両方に共通する基本原理だとされた。中心教義、中心命題、中心ドグマとも。セントラルとは中心、ドグマとは...

    ... 続きを読む

    『中国が世界中に新型コロナウイルスを撒き散らした (そして、多くの人命を奪った) 』 という非常に明白な事実

    『中国が世界中に新型コロナウイルスを撒き散らした (そして、多くの人命を奪った) 』 という非常に明白な事実

    本日のキーワード : 感染症、中国、武漢熱、武漢肺炎感染症(かんせんしょう、英語: Infectious disease、スペイン語: Infección)とは、感染する病気の総称であり、寄生虫・細菌・真菌・ウイルス・異常プリオンなどの病原体の感染により宿主に生じる病気の総称。感染症のうち、伝染性(ヒトや動物から他のヒトや動物へと次々に病気がうつる)をもつものを伝染病と言い、集団発生して流行する伝染病を疫病と言う。瘟疫(うんえ...

    ... 続きを読む

    ウイルスに詳しいのは、医者? それとも、獣医?

    ウイルスに詳しいのは、医者? それとも、獣医?

    本日のキーワード : 獣医師、ウイルス獣医師(じゅういし、英語: veterinary physician)は、ヒト以外の動物の医師。各国の制度ごとに獣医師の免許の取得資格等は異なっている。本日の書物 : 『京大 おどろきのウイルス学講義』 宮沢 孝幸 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認...

    ... 続きを読む

    生物とウイルスとの 「共進化」 ~ 生命誕生&進化のメカニズムを解くカギ

    生物とウイルスとの 「共進化」 ~ 生命誕生&進化のメカニズムを解くカギ

    本日のキーワード : 共進化、ウイルス、生物共進化(Co-evolution)とは、一つの生物学的要因の変化が引き金となって別のそれに関連する生物学的要因が変化することと定義されている。古典的な例は 2 種の生物が互いに依存して進化する相利共生だが、種間だけでなく種内、個体内でも共進化は起きる。本日の書物 : 『京大 おどろきのウイルス学講義』 宮沢 孝幸 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませ...

    ... 続きを読む

    地球の温暖化が問題なの??? ~ 「光合成」 の働き

    地球の温暖化が問題なの??? ~ 「光合成」 の働き

    本日のキーワード : 光合成、地球温暖化CO2起源説という虚構光合成とは、光のエネルギーを利用して無機炭素から有機化合物を合成する反応をさす。 その過程で水が分解されて酸素が放出される。 地球上では光合成は陸上植物、藻類、シアノバクテリアによって行われている。 地球上のほとんどすべての酸素は光合成に由来し、地球上のほとんどすべての有機物もまた光合成に由来する。本日の書物 : 『WHAT IS LIFE ? (ホワット...

    ... 続きを読む

    生命のほとんどの現象は、「酵素が触媒する化学反応」 です

    生命のほとんどの現象は、「酵素が触媒する化学反応」 です

    本日のキーワード : 代謝、酵素、タンパク質、炭素代謝(たいしゃ、英語: metabolism)とは、生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称である。これらの経路によって有機体はその成長と生殖を可能にし、その体系を維持している。代謝は大きく異化 (catabolism) と同化 (anabolism) の2つに区分される。異化は物質を分解すること...

    ... 続きを読む

    遺伝子学者が用いる 「突然変異」 という言葉の意味

    遺伝子学者が用いる 「突然変異」 という言葉の意味

    本日のキーワード : 突然変異、変異タンパク質突然変異(とつぜんへんい)とは、生物やウイルスがもつ遺伝物質の質的・量的変化。および、その変化によって生じる状態。細胞や個体のレベルでは、突然変異により表現型が変化する場合があるが、必ずしも常に表現型に変化が現れるわけではない。また、多細胞生物の場合、突然変異は生殖細胞で発生しなければ、次世代には遺伝しない。本日の書物 : 『WHAT IS LIFE ? (ホワット...

    ... 続きを読む

    生物の細胞のきわめて重要な部分 ~ 内側の “秩序” と外側の “無秩序”

    生物の細胞のきわめて重要な部分 ~ 内側の “秩序” と外側の “無秩序”

    本日のキーワード : アメリカ革新主義時代、1913 年外国人土地法アメリカ合衆国の革新主義時代(かくしんしゅぎじだい、別名進歩主義時代 しんぽしゅぎじだい、英: Progressive Era)は、1890年代から1920年代にかけて、社会と政治の改革が著しく進んだ時代である。本日の書物 : 『WHAT IS LIFE ? (ホワット・イズ・ライフ ?) 生命とは何か』 ポール・ナース NewsPicksパブリッシング戦後の日本人は、正しい歴史を学校...

    ... 続きを読む

    ユダヤ人は謝罪したの?(ユダヤ人のダブルスタンダード) ~ 日系人を迫害したカリフォルニア州のユダヤ人

    ユダヤ人は謝罪したの?(ユダヤ人のダブルスタンダード) ~ 日系人を迫害したカリフォルニア州のユダヤ人

    本日のキーワード : 二重規範(ダブルスタンダード)、ユダヤ人(=ユダヤ教徒)、排日主義、日系人迫害二重規範(にじゅうきはん)またはダブルスタンダード(英語: Double standard)とは、同じ人物・集団において、類似した状況に対してそれぞれ異なる対応が不公平に適用していることへの皮肉の言葉である。 この概念は、すべての状況が同じ指針の適用を受けるべきという当然 (単一規範) を理想とする立場から使用される。...

    ... 続きを読む

    熱力学第二法則 (時間の矢) と 『生命』 ~ 世代間で受け継がれてゆく 『遺伝』 の不思議

    熱力学第二法則 (時間の矢) と 『生命』 ~ 世代間で受け継がれてゆく 『遺伝』 の不思議

    本日のキーワード : 熱力学第二法則、時間の矢、生命熱力学第二法則熱の流れは高温部から低温部に向かって不可逆に起きることを表す法則である。この法則はさまざまな形で表現される。たとえば「外部になんら変化を残さずに、熱が低温部から高温部へ移動することはない」(クラウジウスの原理)や「外部になんら変化を残さずに、熱が全部仕事に変わることはない」(トムソンの原理)などである。両者は一見異なっているように思...

    ... 続きを読む

    メディアの言うことを信じて世界の姿を決めつける人々の思考

    メディアの言うことを信じて世界の姿を決めつける人々の思考

    本日のキーワード : タブロイド思考、メディア、単純化本能タブロイド思考(タブロイドしこう)とは、複雑なものごとを皮相的 (上っ面だけ) に単純化・類型化して把握する思考の有り様である。何が原因であるのかについて、深く考え分析すると単純に断言することができず判断が難しいような事象や出来事をステレオタイプな枠で捉える思考である。周辺ルート思考とも呼ばれる。ある状況に遭遇した本人に取って、状況の複雑度が...

    ... 続きを読む

    ネガティブ本能を抑える方法 ~ そもそも新聞とかテレビを見なければ良いかも (⌒∇⌒)

    ネガティブ本能を抑える方法 ~ そもそも新聞とかテレビを見なければ良いかも (⌒∇⌒)

    本日のキーワード : バイアス、メディア(新聞・テレビ)、ネガティブ本能バイアス(英: bias)とは、偏り、かさ上げ、または斜めのこと。偏見 - 偏った見方のこと(用例 : 「あの人の意見には “新聞は正確だ” というバイアスがかかっている」 )。本日の書物 : 『 FACTFULNESS (ファクトフルネス) 10 の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』 ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリ...

    ... 続きを読む

    イスラム教の啓示に忠実であればあるほど ( = タリバン政権)、“前近代” に逆戻り ~ まるで、中国共産党政権そのもの (⌒∇⌒)

    イスラム教の啓示に忠実であればあるほど ( = タリバン政権)、“前近代” に逆戻り ~ まるで、中国共産党政権そのもの (⌒∇⌒)

    本日のキーワード : イスラム教、前近代イスラム教(イスラムきょう)は、唯一絶対の神を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。ユダヤ教やキリスト教の影響を受けた一神教で、偶像崇拝を徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、アッラーを崇拝する一神教である。本日の書物 : 『 FACTFULNESS (ファクトフルネス) 10 の思い込みを乗り越え、データを基...

    ... 続きを読む

    女性や子供でも容赦なく殺す、イスラム教の啓示に忠実に従うイスラム教徒 “タリバン”

    女性や子供でも容赦なく殺す、イスラム教の啓示に忠実に従うイスラム教徒 “タリバン”

    本日のキーワード : タリバン、悪い世の中ターリバーン、タリバン(パシュトー語: طالبان、Tālibān、英語: Talibanまたは英語: Taleban、「学生たち」または「求道者」の意)、または自らを「アフガニスタン・イスラム首長国(IEA)」と称する団体は、アフガニスタンにおけるイスラム教スンナ派(多数派)諸派デオバンド派のイスラム主義(イスラーム原理主義)学生運動、軍事組織、テロ組織であり、アフガニスタンにおける戦争...

    ... 続きを読む

    ベストセラー本を通じた “間違った科学的見解” の刷り込み

    ベストセラー本を通じた “間違った科学的見解” の刷り込み

    本日のキーワード : 刷り込み、専門外の学者、“地球温暖化問題” という物語 (フィクション)刷り込み(すりこみ、imprinting)とは、動物の生活史のある時期に、特定の物事がごく短時間で覚え込まれ、それが長時間持続する学習現象の一種。刻印づけ、あるいは英語読みそのままインプリンティングとも呼ばれる。本日の書物 : 『 FACTFULNESS (ファクトフルネス) 10 の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣...

    ... 続きを読む

    ネアンデルタール人が滅亡し、現代人が繁栄した理由って、な~んだ?

    ネアンデルタール人が滅亡し、現代人が繁栄した理由って、な~んだ?

    本日のキーワード : 聖地、ユダヤ人、ウクライナ、ウマン聖地(せいち)とは、特定の宗教・信仰にとっての本山・本拠地・拠点となる寺院・教会・神社のあるところ、またはその宗教の開祖・創始者にまつわる重要なところ、あるいは奇跡や霊的な出来事の舞台となったところをいう。そこに参拝することは、信者にとって特別なことであり、それへの巡礼は信仰生活にとって特別な意味を持っている。本日の書物 : 『犬のココロをよ...

    ... 続きを読む

    「イヌ」 のコミュニケーション能力と 「ヒト」 のコミュニケーション能力

    「イヌ」 のコミュニケーション能力と 「ヒト」 のコミュニケーション能力

    本日のキーワード : 収斂進化、ヒト、イヌ、コミュニケーション能力収斂進化(しゅうれんしんか、英: convergent evolution)とは、複数の異なるグループの生物が、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず類似した形質を独立に獲得する現象である。収束進化(しゅうそくしんか)とも。本日の書物 : 『犬のココロをよむ ―― 伴侶動物学からわかること』 菊水 健史、永澤 美保 岩波書店戦後の日本人は、正しい歴史を...

    ... 続きを読む

    進化生物学から見た 「日本古来の犬種」 の貴重性

    進化生物学から見た 「日本古来の犬種」 の貴重性

    本日のキーワード : 日本犬、柴犬、秋田犬、オオカミ日本犬(にほんけん、にほんいぬ)は、古くから日本に住んでいる犬の総称である。日本犬という言葉が使われるときは、1934年(昭和9年)に日本犬保存会によって定められた基準である「日本犬標準」に名前の挙げられている6つの在来犬種を特に指すことが多い。6犬種は大型・中型・小型の3型に分類される。1931年(昭和6年)から1937年(昭和12年)にかけて、各犬種が順次、文...

    ... 続きを読む

    いつから犬は犬だったのでしょうか?

    いつから犬は犬だったのでしょうか?

    本日のキーワード : ハシディズム、ユダヤ教敬虔主義運動、ウクライナハシディズム(ドイツ語:Chassidismus、英語:Hasidism, Hasidic Judaism、ヘブライ語:חֲסִידוּת, Chasidut, chǎsīdhūth、アシュケナジム式ヘブライ語:chasidu(i,e)s)とは、有徳で思いやりのある行動であることを意味するヘブライ語「ヘーセド chesed חסד "loving kindness"」に起源を持つ「敬虔な者 pious」(ハーシード chāsīdh, chosid)という言葉に...

    ... 続きを読む

    オオカミ&イヌと、ライオン&ハイエナとの違いって、な~んだ?

    オオカミ&イヌと、ライオン&ハイエナとの違いって、な~んだ?

    本日のキーワード : ユダヤ教超正統派、ウマン、ウーマニユダヤ教超正統派、ハレーディー(ム)(חֲרֵדִים Haredi または Charedi Judaism, ultra-Orthodox Judaism)とは、ユダヤ教の宗派の一部。ユダヤ教正統派の中でも、特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」(意味は「神を畏れる人」)である。ユダヤ教の...

    ... 続きを読む

    ヒト、イヌ、オオカミの共通点って、な~んだ?

    ヒト、イヌ、オオカミの共通点って、な~んだ?

    本日のキーワード : 共同注視、共同注意、白目と黒目共同注意(きょうどうちゅうい、joint attention) : 対象に対する注意を他者と共有することを共同注意、その行動を共同注意行動という。具体例としては、他者の視線や指さしの追随、自分から他者にある対象を指さしすること、自分の持っている物を相手に見せる行動 showing、おとなの注意をある対象に向けるために対象とおとなを交互に見る参照視 referential looking など...

    ... 続きを読む

    共産党 = 権力保持のための同業者組合

    共産党 = 権力保持のための同業者組合

    本日のキーワード : 感覚器、世界、イヌ感覚器(かんかくき、英: Sensory system)とは、動物の体を構成する器官のうち、何らかの物理的または化学的刺激を受け取る受容器として働く器官である。各器官は感覚器系と呼ばれ、それぞれが繋がる末梢神経系を通し、受け取った情報はニューロンを介して中枢神経系へと伝えられる。感覚器には光に対する視覚器、音に対する聴覚器、化学物質に対する嗅覚器・味覚器、温度や機械刺激に対...

    ... 続きを読む

    人と一緒に、それも自然に過ごせる動物で一番は何?

    人と一緒に、それも自然に過ごせる動物で一番は何?

    本日のキーワード : イヌ、伴侶動物(コンパニオンアニマル)イヌ(犬、狗、学名:Canis lupus familiaris、ラテン語名:canis、英語名[国際通用名]:dog、domestic dog)は、ネコ目(食肉目)- イヌ科- イヌ属に分類される哺乳類の一種である。 属名 Canis、種小名 lupus はラテン語でそれぞれ「犬」「狼」の意。亜種名 familiaris はやはりラテン語で、「家庭に属する」といった意味。また、英語: familiar、フランス語: fa...

    ... 続きを読む