FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 国際

    アメリカを共産主義化させるための 45 の施策 ~ 赤の脅威 (Red Scare)

    アメリカを共産主義化させるための 45 の施策 ~ 赤の脅威 (Red Scare)

    本日のキーワード : 赤の脅威 (レッド・スケア)、共産主義、フランクフルト学派Red Scare赤の脅威 (レッド・スケア)Red Scare is a term used to describe a period of widespread fear of communism. The first Red Scare occurred during the time of World War I in the presidency of Woodrow Wilson. The second Red Scare occurred during the end of the 1940s to the late 1950s.レッド・スケアとは、共産主義に対...

    ... 続きを読む

    極左ユダヤ教徒のフランクフルト学派と “批判理論”

    極左ユダヤ教徒のフランクフルト学派と “批判理論”

    本日のキーワード : 批判理論、フランクフルト学派、極左ユダヤ教徒Critical theory批判理論Critical theory is an ideological effort of representatives of Frankfurt School such as Max Horkheimer to challenge all previously accepted standards in every aspect of societal life from a Marxist perspective.批判理論とは、マックス・ホルクハイマーをはじめとするフランクフルト学派の代表者たちが、社会生活のあら...

    ... 続きを読む

    ちっとも新しくない “新しい資本主義” ~ 前近代のゼロサムゲーム思考のままな現代財務官僚

    ちっとも新しくない “新しい資本主義” ~ 前近代のゼロサムゲーム思考のままな現代財務官僚

    本日のキーワード : 言いなり、聞く力、パペット、新しい資本主義言いなり : 主体性なく相手の言う通りにすること。言うがまま。“聞く力”。「財務官僚の ― になる」本日の書物 : 『 アメリカ民主党の欺瞞 2020 - 2024 』 渡辺 惣樹 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直...

    ... 続きを読む

    ジョッキーのネオコン、馬のネオコン

    ジョッキーのネオコン、馬のネオコン

    本日のキーワード : コロンブス騎士団、カトリック、反共産主義Knights of Columbusコロンブス騎士団The Knights of Columbus (K of C) is a global Catholic fraternal service order founded by Michael J. McGivney on March 29, 1882. Membership is limited to practicing Catholic men. It is led by Patrick E. Kelly, the order's 14th Supreme Knight.コロンブス騎士団 (K of C) は、1882 年 3 月 29 日にMichael J....

    ... 続きを読む

    ネオコン思想と干渉主義と 「寡頭制 (oligarchy / オリガルキー) 」

    ネオコン思想と干渉主義と 「寡頭制 (oligarchy / オリガルキー) 」

    本日のキーワード : ネオコンサバティズム、コミュニズム、カトリシズムNeoconservatismネオコンサバティズムA neoconservative (colloquially, neocon) in American politics is someone presented as a "conservative" but who actually favors big government, globalism, interventionism, perpetual war, police state, gun control, and a hostility to religion in politics and government. アメリカ政治におけるネオコ...

    ... 続きを読む

    トルーマン・ドクトリン ~ 表向きは “反共産主義・反ソビエト”、実態は米国の伝統に反する “干渉主義”

    トルーマン・ドクトリン ~ 表向きは “反共産主義・反ソビエト”、実態は米国の伝統に反する “干渉主義”

    本日のキーワード : トルーマン・ドクトリン、干渉主義、米ソ冷戦トルーマン・ドクトリン (Truman Doctrine) とは、アメリカ合衆国が 「武装少数派、あるいは外圧によって試みられた征服に抵抗している、自由な民族」 を支援するとした、当時のアメリカ合衆国大統領、ハリー・S・トルーマンによる共産主義封じ込め政策 (Containment) である。トルーマン大統領は、議会への特別教書演説で 1947 年 3 月 12 日に宣言を行った。そ...

    ... 続きを読む

    ワンワールド思想と 「寡頭制 (oligarchy / オリガルキー) 」

    ワンワールド思想と 「寡頭制 (oligarchy / オリガルキー) 」

    本日のキーワード : ワンワールド、「寡頭制 (oligarchy/オリガルキー)」One-world governmentワンワールド政府A one-world government is a goal popular with liberals, globalists, and others ranging from the moderate "Right" to the Left and far-Left, in which all the nations on Earth will (supposedly willingly) abandon their sovereignty to the will of the United Nations or some other worldwide gover...

    ... 続きを読む

    ジョージ・ソロスと不正選挙

    ジョージ・ソロスと不正選挙

    本日のキーワード : ジョージ・ソロス、ドミニオン社、不正選挙Dominion Voting Systems is a Canadian company that sells voting hardware and software manufactured with Chinese components. Dominion was founded in 2004 in Venezuela to rig elections for the dictator Hugo Chavez and later Nicolas Maduro. The software has been used by the CIA to rig elections in Eastern Europe. Dominion acquired the vote...

    ... 続きを読む

    歴史捏造への罪悪感が “微塵もない” 左翼たち

    歴史捏造への罪悪感が “微塵もない” 左翼たち

    本日のキーワード : 罪悪感、歴史捏造、左翼罪悪感 (ざいあくかん) (guilt) とは、罪を犯した、悪いことをした、と思う気持ちのことである。自身の何らかの行いについて、内在する規範意識 (正しいと認識されるルール) に反していると感じる所から罪悪感は生まれる。 規範意識には、人間としての在りようを示した人道という極大な枠が存在するが、これは汎社会的で文化の別なく適用できる概念である。反社会性パーソナリ...

    ... 続きを読む

    ジョージ・ソロスとドミニオン社と不正選挙

    ジョージ・ソロスとドミニオン社と不正選挙

    本日のキーワード : ジョージ・ソロス、反ユダヤ主義、極左George Soros (born György Schwartz, August 12, 1930) is an anti-Semitic atheist, international financier and con artist who bankrolled the presidential campaigns of Barack Obama and Hillary Clinton, among other left-wing causes. He is officially the 190th richest person on the planet, but his ranking is so low because he transferred $18 bil...

    ... 続きを読む

    北米知識人・政治家の左傾化とフランクフルト学派

    北米知識人・政治家の左傾化とフランクフルト学派

    本日のキーワード : フランクフルト学派、ユダヤ人( = ユダヤ教徒)、極左フランクフルト学派 (ドイツ語 : Frankfurter Schule) は、1929年にゲーテ大学フランクフルト校の社会研究所に関連して設立された社会理論と批判哲学の学派である。フランクフルト学派は、ヨーロッパの戦間期 ( 1918 - 1939 ) のワイマール共和国 ( 1918 - 1933 ) に設立され、1930 年代の現代社会経済システム (資本主義、ファシスト、共産主...

    ... 続きを読む

    アメリカ合衆国建国以来初の “正当性のない大統領” ~ 現大統領&現総理大臣は “パペット”

    アメリカ合衆国建国以来初の “正当性のない大統領” ~ 現大統領&現総理大臣は “パペット”

    本日のキーワード : 正当性、バイデン政権、極左勢力のパペット正当性 (せいとうせい) とは、 法令または社会通念にてらし、正しく道理にかなっていると認められる状態であること。☆米トレンドワードを解説「Let's Go, Brandon(がんばれブランドン)」って何? きっかけは“放送事故”本日の書物 : 『 アメリカ民主党の欺瞞 2020 - 2024 』 渡辺 惣樹 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした...

    ... 続きを読む

    LET’S GO BRANDON ~ 民主党のとったあまりに 「えげつない」 選挙不正

    LET’S GO BRANDON ~ 民主党のとったあまりに 「えげつない」 選挙不正

    本日のキーワード : 不正選挙、アメリカ民主党、民主党広報機関不正選挙 (ふせいせんきょ) は、票の集計の改竄や立候補・投票の妨害などがなされ、その根幹の部分が捻じ曲げられた選挙のこと。買収・供応・脅迫・有力候補の立候補資格停止・票数の意図的な読み違えなどにより、その建前通りに執行されていない選挙を指す。選挙執行権と警察権を保持する政府・与党を有利にするための干渉が典型例である。開発途上国では、複数...

    ... 続きを読む

    金儲けのための外交を平気で行う政治家の集団 「オバマ民主党政権」

    金儲けのための外交を平気で行う政治家の集団 「オバマ民主党政権」

    本日のキーワード : ローズモント・セネカ・パートナーズ、バイデンファミリー、オバマ民主党政権Rosemont Seneca Partnersは、投資ファンド会社である。ファンド名は、ハインツ家がピッツバーグ近郊に所有していたRosemont Farmにちなんで命名された。2009年にハンター・バイデン、クリストファー・ハインツ、デボン・アーチャーの3人によって設立された。ハンター・バイデンは元米国副大統領で現米国大統領のジョー・バイデン...

    ... 続きを読む

    バイデンは、“POTUS” or “POS” ? (⌒∇⌒)

    バイデンは、“POTUS” or “POS” ? (⌒∇⌒)

    本日のキーワード : POTUS、POS、バイデンPOTUS : President of the United Statesの略。アメリカ合衆国大統領。POS : piece of shitの略。「うんちのかけら」の意。最低。ポンコツ。くそったれ。役立たず。本日の書物 : 『アメリカ民主党の崩壊 2001 - 2020 』 渡辺 惣樹 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日...

    ... 続きを読む

    ロシアの 「オリガルヒ」 と “守銭奴” のクリントン夫妻

    ロシアの 「オリガルヒ」 と “守銭奴” のクリントン夫妻

    本日のキーワード : 対米外国投資委員会 (CFIUS)、ロスアトム、オリガルヒ、ロシア、クリントン夫妻、疑惑対米外国投資委員会 (英語: Committee on Foreign Investment in the United States、CFIUS (シフィウス) ) は米国政府の省庁間委員会であり、米国の企業や事業への外国の直接投資の国家安全保障への影響を検討する。財務長官が議長を務めるCFIUSには、国防総省、国務省、商務省などの16の米国の省庁の代表者と (最...

    ... 続きを読む

    ウラニウムワンと “守銭奴” のクリントン夫妻

    ウラニウムワンと “守銭奴” のクリントン夫妻

    本日のキーワード : ウラニウムワン、クリントン夫妻ウラニウム・ワン (Uranium One) はロシア政府が所有し、トロントに本社を置くウラン採掘企業である。オーストラリア、カナダ、カザフスタン、南アフリカ、アメリカ合衆国で操業している。カナダの企業であるが、2013 年 1 月にロシア国有企業ロスアトムが子会社のARMZ ウラニウム・ホールディングを通じて出資比率 100 %を確保して経営権を掌握している。ARMZ ウラニウム・...

    ... 続きを読む

    クリントン財団への “善意の寄付” = アメリカ外交の買収 (口利き料)

    クリントン財団への “善意の寄付” = アメリカ外交の買収 (口利き料)

    本日のキーワード : 口利き、クリントン財団、買収口利き (くちきき) : 談判・相談などをまとめようと、あいだをとりもつこと。仲介。調停。斡旋 (あっせん)。世話。また、それに慣れている人。「― 料」本日の書物 : 『アメリカ民主党の崩壊 2001 - 2020 』 渡辺 惣樹 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は...

    ... 続きを読む

    クリントン財団と “巨額寄付” ~ クリントン ・キャッシュ

    クリントン財団と “巨額寄付” ~ クリントン ・キャッシュ

    本日のキーワード : クリントン財団、巨額寄付、クリントン・キャッシュクリントン財団(クリントンざいだん、英語: Clinton Foundation)は、アメリカ合衆国の “なんちゃって” 慈善団体。ビル・クリントンやヒラリー・クリントン、チェルシー・クリントンらクリントン一家が主宰している。クリントン財団に献金した外国政府や企業が、ヒラリーが国務長官を務めていた時期に国務省から有利な取り計らいを受けていたとの疑惑が頻...

    ... 続きを読む

    他国の選挙結果を左右させた、アメリカの “名ばかり” NGO ~ 民主主義のための国家基金 (NED)

    他国の選挙結果を左右させた、アメリカの “名ばかり” NGO ~ 民主主義のための国家基金 (NED)

    本日のキーワード : 内政干渉、不正選挙、ベネズエラ、ドミニオン内政不干渉の原則(ないせいふかんしょうのげんそく)とは、国家は国際法に反しない限り、一定の事項について自由に処理することができる権利をもち、逆に他国はその事項に関して干渉してはならない義務があるという、国家主権から導出される原則をさす。そして、こういった国家が自由に処理できる事項のことを、国内管轄事項または国内問題という。本日の書物 ...

    ... 続きを読む

    「民主主義のための国家基金 (NED) 」 とアメリカの干渉主義者 (ネオコン)

    「民主主義のための国家基金 (NED) 」 とアメリカの干渉主義者 (ネオコン)

    本日のキーワード : 全米民主主義基金 (NED)、ネオコン、干渉主義全米民主主義基金(ぜんべいみんしゅしゅぎききん、National Endowment for Democracy, NED 「民主主義のための国家基金」)は、レーガン政権時代の1983年に「他国の民主化を支援する」名目で、公式には「民間非営利」として設立された基金。実際の出資者はアメリカ議会であり、これは基金の年次報告書に掲載される会計報告で確認出来る。1982 年にレーガン政...

    ... 続きを読む

    オバマが好き勝手にさせた狼 ~ ネオコンとオバマ政権

    オバマが好き勝手にさせた狼 ~ ネオコンとオバマ政権

    本日のキーワード : チルコット・レポート、オバマ政権、ネオコン、ヒラリー・クリントンチルコット・レポート (Chilcot report/イラク戦争検証報告書) イギリスのイラク戦争参戦の経緯などを検証する独立調査委員会が、2016 年 7 月 6 日に公表した最終報告書。同委員会の委員長を務めるジョン・チルコットの名から、こう呼ばれる。09 年 7 月にブラウン首相 (当時) が同委員会を設置し、参戦を決めた当時のトニー・ブレ...

    ... 続きを読む

    ネオコンの新しいターゲットは? ~  The Blue Team (ブルーチーム) と呼ばれる親台派

    ネオコンの新しいターゲットは? ~  The Blue Team (ブルーチーム) と呼ばれる親台派

    本日のキーワード : ウォルフォウィッツ、ネオコン、ブルーチーム(親台派)、ユダヤ人ポール・ダンデス・ウォルフォウィッツ(Paul Dundes Wolfowitz,1943年12月22日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。ジョージ・W・ブッシュ政権 1 期目で 25 代目アメリカ合衆国国防副長官、10 代目世界銀行グループ総裁などを歴任した。代表的なネオコンの論客の 1 人であり、冷戦時代はアメリカのタカ派グループチームBの 1 人としても知ら...

    ... 続きを読む

    アメリカ民主党とネオコンと干渉主義

    アメリカ民主党とネオコンと干渉主義

    本日のキーワード : ネオコン、アメリカ民主党、干渉主義アメリカ合衆国における新保守主義(しんほしゅしゅぎ、英: Neoconservatism、ネオコンサバティズム, 略称:ネオコン)は、政治イデオロギーの1つで、自由主義や民主主義を重視してアメリカの国益や実益よりも思想と理想を優先し、武力介入も辞さない思想。1970年代以降に米国において民主党のリベラルタカ派から独自の発展をした。それまで民主党支持者や党員だったが、...

    ... 続きを読む

    駄目で元々

    駄目で元々

    本日のキーワード : 駄目、カルマ、ジュガールダメは、囲碁用語のひとつ。下記のように「打つ価値のない場所」という意味と、「石の呼吸点」という両方の意味で用いられる。日常語で「してはいけない」「価値がない」の意の「ダメ」は、囲碁用語から転じたものといわれる。漢字では「駄目」と書くが、多くの場合カタカナで表記する。囲碁の終局時に、どちらの陣地でもない領域のことをいう。終局前にここへ打ったとしても、1目...

    ... 続きを読む

    必要は発明の母 ( Necessity is the mother of invention )

    必要は発明の母 ( Necessity is the mother of invention )

    本日のキーワード : カラスと水差し、ジュガール『カラスと水差し』(カラスとみずさし)は、イソップ寓話のひとつ。長い旅をしていた鴉は喉がカラカラに渇いていた。そんな時、一つの水差しを見つけ、水が飲めると喜んで飛んで行った。その水差しには、ほんの少ししか水が入っておらず、どうしても嘴が水面には届かなかった。カラスは途方に暮れたものの、あらゆる手段を講じて水を飲もうとしたが、その努力もみな徒労に終わっ...

    ... 続きを読む

    中東諸国やアフリカ諸国での 「インド人」 のステイタス

    中東諸国やアフリカ諸国での 「インド人」 のステイタス

    本日のキーワード : 縁故資本主義、盗賊資本主義、暴力団資本主義縁故資本主義(えんこしほんしゅぎ、英: crony capitalism)とは政府官僚や企業役員との密接な関係がビジネスの継続に決定的な要因となっている「資本主義経済」を指す批判的な用語である。法的許認可、政府認可、優遇税制措置、公共事業発注先の選定に不公平さが見られるときにこう呼ばれる。縁故資本主義は資本主義の根幹となる市場による効率的な資源配分、競...

    ... 続きを読む

    中国にはあって、インドにはないものって、なに?

    中国にはあって、インドにはないものって、なに?

    本日のキーワード : オリガルヒ、寡頭制(オリガルキー)オリガルヒ(露: Олигархи, 宇: Олігархи, 英: oligarch) とは、ロシアやウクライナ等旧ソ連諸国の資本主義化(主に国有企業の民営化)の過程で形成された政治的影響力を有する新興財閥。名称は寡頭制を意味するギリシャ語 ὀλιγάρχης (oligárkhēs) にちなむ。本日の書物 : 『すごいインドビジネス』 サンジーヴ・スィンハ 日本経済新聞出版戦後の日本人は、正しい歴...

    ... 続きを読む

    「マルクス主義者」 が 「エリート理論」 を身に付けると 「ファシズム」 へと走ることになります(笑)

    「マルクス主義者」 が 「エリート理論」 を身に付けると 「ファシズム」 へと走ることになります(笑)

    本日のキーワード : 修正マルクス主義、エリート理論、ファシズム修正主義(しゅうせいしゅぎ、英: Revisionism)は、マルクス主義運動の分野で、マルクス主義の原則とされるものに対して、重大な「修正」を加える意見や思想などに対して使われている用語である。この用語は多くの場合は批判や蔑称として使われたもので、その「修正」はマルクス主義を放棄したもの、あるいは異端であると見なされた。逆に修正や改良を拒否する...

    ... 続きを読む

    「インドの教育」 と 「日本の教育」 の違い

    「インドの教育」 と 「日本の教育」 の違い

    本日のキーワード : 詰め込み教育、受動的、能動的、本質詰め込み教育(つめこみきょういく、 英語: cramming)とは、もっぱら暗記による知識量の増大に比重を置く、あるいは知識の増大を目指す教育方法のこと。多量の勉強による基礎学力の早期習得を目指す教育や、短期間にできるだけ多くの事柄の学習を目指す教育(一夜漬け)のことを指す場合もある(後者の場合、知識の増大に比重を置いたり、目標とするとは限らない)。単...

    ... 続きを読む

    現・トランプ大統領の民主政、偽・バイデン大統領の寡頭制

    現・トランプ大統領の民主政、偽・バイデン大統領の寡頭制

    本日のキーワード : 民主政、寡頭制民主政(みんしゅせい、英: democracy)とは、ルソーの『社会契約論』によれば、その執政体(政府)の構成員が市民全体の半数以上であるような統治のことである。ルソーは、政策の執行権を人民全体に対し多数者に任せるのを民主政、少数者に任せるのを貴族政、一人に任せるのを君主政とした。人民集会では立法権(意思決定)が民衆に属さなければならず、一方で執行権は、立法者、あるいは主権...

    ... 続きを読む

    「寡頭制 (オリガルキー)」 を構築 ・維持するための “単なるツール” 、それが、おバカな 「極左おパヨク」 です(笑)

    「寡頭制 (オリガルキー)」 を構築 ・維持するための “単なるツール” 、それが、おバカな 「極左おパヨク」 です(笑)

    本日のキーワード : エリート、寡頭制(オリガルキー)、一元主義、一神教エリート(フランス語: élite、英語: elite)は、社会の中で優秀とされる人間や集団。社会や集団などで、指導的、支配的な役割を受け持つ層。日本語訳は選良(せんりょう)、精鋭など。語源はラテン語の ligere(選択する)で、「選ばれた者」を意味する。一般的には、ある社会において優越的な地位を占める少数者を指す。優越性の根拠には社会資源の独...

    ... 続きを読む

    インド人から見た日本の魅力

    インド人から見た日本の魅力

    本日のキーワード : 極左、アイデンティティーバーバラ・スミス(Barbara Smith、1946年11月16日生まれ)は、アメリカ人レズビアンフェミニスト、そして、米国の黒人フェミニズムで重要な役割を果たしてきた社会主義者。 1970年代初頭以来、ブラックフェミニスト思想の学者、活動家、評論家、講師、作家、などの活動を行う。本日の書物 : 『インドと日本は最強コンビ』 サンジーヴ・スィンハ 講談社戦後の日本人は、正しい...

    ... 続きを読む

    「孤独」 を感じて生きている人の “ありがたい幸せ”

    「孤独」 を感じて生きている人の “ありがたい幸せ”

    本日のキーワード : 桎梏、マルクス主義桎梏(しっこく) :  (「桎」は足かせ、「梏」は手かせの意) 手かせと足かせ。転じて、自由な行動を束縛すること。また、そのもの。本日の書物 : 『インドと日本は最強コンビ』 サンジーヴ・スィンハ 講談社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認...

    ... 続きを読む

    日本の社会の素晴らしさの一つ ~ 弱い立場の人に優しいということ

    日本の社会の素晴らしさの一つ ~ 弱い立場の人に優しいということ

    本日のキーワード : ボランタリズム、日本、民間、マルクス主義ボランタリズム(voluntarism)とは、公共・福祉のためにする個人の自発的な協力のこと。通常、無償で行う。本日の書物 : 『インドと日本は最強コンビ』 サンジーヴ・スィンハ 講談社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識...

    ... 続きを読む

    こんなのは、もう要らない!!! “GHQ” が作らせた 「社会福祉協議会」 ~ 極左活動家・ソウル・アリンスキーの「過激派のルール」

    こんなのは、もう要らない!!! “GHQ” が作らせた 「社会福祉協議会」 ~ 極左活動家・ソウル・アリンスキーの「過激派のルール」

    本日のキーワード : 社会福祉協議会、ソウル・アリンスキー、GHQ社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい、Social Welfare Council)とは、行政関与によって戦前から戦中に設立した民間慈善団体の中央組織・連合会(「中央慈善協会」「恩賜財団同胞援護会」「全日本民生委員同盟」「日本社会事業協会」など)およびその都道府県組織を起源とする組織で、地域福祉の推進を図ることを目的とする民間団体。略して社協と称する...

    ... 続きを読む

    日本の神道とインドのヒンドゥー教

    日本の神道とインドのヒンドゥー教

    本日のキーワード : 神道、仏教、ヒンドゥー教神仏習合(しんぶつしゅうごう)とは、日本土着の神祇信仰(神道)と仏教信仰(日本の仏教)が融合し一つの信仰体系として再構成(習合)された宗教現象。本日の書物 : 『インドと日本は最強コンビ』 サンジーヴ・スィンハ 講談社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日...

    ... 続きを読む

    「インド人」の肌の色、「中国人」の肌の色、「日本人」の肌の色は、それぞれ何色でしょう ?

    「インド人」の肌の色、「中国人」の肌の色、「日本人」の肌の色は、それぞれ何色でしょう ?

    本日のキーワード : 肌の色、人種パーソナルカラー(英:Color analysis)とは、その人の生まれ持った身体の色(肌の色・髪の色・目の色など)と雰囲気が調和した色(=似合う色)のことであり、人それぞれ個性が違うように似合う色もそれぞれ違うとする心理学的理論に基づく審美感のことである。似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼び、それに従った「似合う色」を身につけると顔色が良く活き活きとした...

    ... 続きを読む

    「インド」「インド人」の “国語” はなに? ~ 「国語」、「外国語」、「公用語」、「言語」の違い

    「インド」「インド人」の “国語” はなに? ~ 「国語」、「外国語」、「公用語」、「言語」の違い

    本日のキーワード : 国語、外国語、公用語、言語国語(こくご、英: National language、仏: Langue nationale)は、その国家を代表する言語で、公の性格をになう言語のことを指す。 「国家語」ともいい、国民にとって共通の言語というべき性質をもち、国民国家形成の必須条件である。「外国語」と対をなす言葉であると一般に認識されている。あるいは国際的な「公用語」とも対となる言葉でもあるとされる。本日の書物 : 『す...

    ... 続きを読む

    「インド街」と「中華街」

    「インド街」と「中華街」

    本日のキーワード : 中華街、中国人、インド人中華街(ちゅうかがい、華人街、チャイナタウン、英語: Chinatown)とは、非中国地域における華僑・華人の街のこと。大きなものは北アメリカや東南アジアに多く見られるが、ヨーロッパやオーストラリアでも拡大中の中華街が見られる。歴史的には長崎の唐人町のように政府の規制によって形成された中華街もあり、現代の中華街の中にもこの系譜を引くものもあるが、基本的には華人・...

    ... 続きを読む

    インド人とシリコンバレー

    インド人とシリコンバレー

    本日のキーワード : 篤志家、フィランソロピーフィランソロピー、フィランソロフィー(英: Philanthropy)とは、基本的な意味では、人類への愛にもとづいて、人々の「well being」(幸福、健康、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)など)を改善することを目的とした、利他的活動や奉仕的活動、等々を指す。あるいは慈善的な目的を援助するために、時間、労力、金銭、物品などをささげる行為のことである。従来日本語では「慈善活...

    ... 続きを読む

    地域や州によって独自の言葉が使われている 「インド」 

    地域や州によって独自の言葉が使われている 「インド」 

    本日のキーワード : インド、言語、多様性ヒンディー語、ヒンディー(ヒンディーご)は、インドの主に中部や北部で話されている言語で、インドの憲法では連邦公用語としている。インドで最も多くの人に話されている。本日の書物 : 『すごいインド : なぜグローバル人材が輩出するのか』 サンジーヴ・スィンハ 新潮社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を...

    ... 続きを読む

    デジタル権威主義

    デジタル権威主義

    本日のキーワード : デジタル権威主義、中国共産党、プラットフォーム企業権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない...

    ... 続きを読む

    No Subject * by ラグ 通販
    勉強になりました。

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    本日のキーワード : 二元論、分断、アイデンティティ神学における二元論は、世界における二つの基本原理として、例えば善と悪というようなお互いが背反する人格化された神々の存在に対する確信という形で現れている。そこでは、一方の神は善であり、もう一方の神は悪である。また、秩序の神と混沌の神として表されることもある。3世紀、キリスト教徒の異端者であったシノペのマルキオンは、新約聖書と旧約聖書はそれぞれ背反す...

    ... 続きを読む

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    本日のキーワード : デュボイス、黒人、神黒人(こくじん/Black people)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が濃色で黒に近い人種の総称。黒色人種(こくしょくじんしゅ)。過去の形質人類学でいうネグロイドと同義に用いられる。ただし、ネグロイド以外にも肌の色が濃いオーストラロイドを含めて「黒人」と呼ぶことも多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、デジタル経済、二元論ボラ(鰡、鯔、学名Mugil cephalus)は、ボラ目・ボラ科に分類される魚の一種。ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、海辺では身近な魚の一つである。食用に漁獲されている。ブリやクロダイ、スズキなどと同様に、大きくなるにつれて呼び名が変わる出世魚にもなっている。関東 - オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド「トド」は、「これ以上大きく...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、優越的地位の濫用、検閲、個人情報優越的地位の濫用(ゆうえつてきちいのらんよう)は、取引上、優越的地位にある者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...

    ... 続きを読む

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    本日のキーワード : インターネット、検閲、国境ビッグ・テック (Big Tech)は、テック・ジャイアンツ (Tech Giants)、ビッグ・ファイブ (Big Five)、S&P 5、または口語ではフォー・ホースメン(The Four Horsemen)とも呼ばれ、情報技術産業における最大かつ最も支配的な企業であり、特にAmazon、アップル、Google、Facebook、マイクロソフトの5社が挙げられる。2000年代末以降、この5つの企業は、サウジアラムコを除けば世界で...

    ... 続きを読む

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    本日のキーワード : 大航海時代、植民地主義、デジタル経済大航海時代(だいこうかいじだい)とは、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海が行われた時代。15世紀半ばから17世紀半ばまで続き、主にポルトガルとスペインにより行われた。植民地主義(しょくみんちしゅぎ)とは、国境外の領域を植民地として獲得し支配する政策活動と、それを正当化して推し進める思考を指す。大航海時代から20世紀後...

    ... 続きを読む

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    本日のキーワード : 民意、国家、国民民意(みんい) : 国民の意思。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見てい...

    ... 続きを読む