FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    本日のキーワード : 贖罪(しょくざい)ヨム・キプル(英語: Yom Kippur)または贖罪の日(しょくざいのひ)は、レビ記16章に規定されるユダヤ教の祭日。ユダヤ教における最大の休日の1つである。ユダヤ暦でティシュレー月10日にあたり、ザドク暦では第七のホデシュの10日で、グレゴリオ暦では毎年9月末から10月半ばの間の1日にあたる。前夜の日没時にコル・ニドレイが唱えられ、これがヨム・キプルの始まりを告げる。ユダヤ教...

    ... 続きを読む

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    本日のキーワード : 分断、分裂、アイデンティティ分断(ぶんだん)とは、一つにつながっているものを分かれ分かれに切り離すこと。「がけ崩れで鉄道が分断される」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判...

    ... 続きを読む

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    本日のキーワード : 阿呆、痴呆阿呆(あほう、あほ)とは、日本語で愚かであることを指摘する罵倒語、侮蔑語、俗語。近畿地方を中心とした地域でみられる表現で、関東地方などの「馬鹿」、愛知県などの「タワケ」、石川県・富山県・島根県出雲地方などの「ダラ」に相当する。行動の愚かさだけでなく、学のなさなどもさす。「阿呆」は「馬鹿」とともによく使われる言葉だが、まったく同じ意味ではない。例えば、「学者馬鹿」とい...

    ... 続きを読む

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    本日のキーワード : 中国人民解放軍、中国共産党、二重意識中国人民解放軍(ちゅうごくじんみんかいほうぐん、 英語: People's Liberation Army)は、中国共産党が指導する中華人民共和国の軍隊である。憲法第93条第1項では、「国家中央軍事委員会が全国の武装力を領導する」としているが、一方で憲法前文に中国共産党が国家を領導することが謳われており、また国防法では、「中華人民共和国の武装力は中国共産党の領導を受ける...

    ... 続きを読む

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    本日のキーワード : 虚偽報道、捏造報道、フェイクニュース虚偽報道(きょぎほうどう)とは、マスメディア等において事実と異なる情報を報道すること、またはそのような報道そのものを指し示す。朝日新聞などでよく見られる、初めから虚偽であることを認識した上で行う架空の報道や、推測を事実のように報道するなど、故意のものについては捏造報道という。英語では fake news と言うが、日本語で「フェイクニュース」「偽ニュ...

    ... 続きを読む

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    本日のキーワード : 指桑罵槐、中国人、行動原理、兵法指桑罵槐(しそうばかい)は、中国の兵法書「三十六計」の計略の一つである。三十六計中の二十六計にあたり、味方に対して行う計略だとされている。書き下して「桑を指(さ)して槐(エンジュ)を罵(ののし)る」ともいう。桑の木をさして槐(エンジュ)の木を罵る、と言う意味で、「三十六計」には、「強者が弱者を屈服させるときに警告する方法」とされている。すなわち...

    ... 続きを読む

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    本日のキーワード : 幻想、一衣帯水、同文同種幻想(げんそう)とは、現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。「幻想を抱く」「戦争のない未来を幻想する」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認...

    ... 続きを読む

    岡田 英弘  この厄介な国、中国

    岡田 英弘  この厄介な国、中国

    どんな本かはこちらから♥↓☆日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    ☆『日本外交文書デジタルアーカイブ 大正2年(1913年) 第2冊』 外務省HP本日のキーワード : 国交、国家承認国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家の承認を前提として行われ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    日本以外の国は中国のことを「シナ」「チャイナ」などと呼んでいますよね。
    そもそも「中国」と言うのは日本の中国地方のこと。
    中共は自分たちを「世界の中心」と言う意味で、戦争に負けた日本だけに「中国」という呼び方を強制しているのです。
    (韓国と北朝鮮は知りません。元々属国でしたから)
    中国は戦争に勝ったのではなく、日本は戦争を終わらせたのであって負けたのではない。
    早く戦後を終わらせ、真に独立して、中国を「支那」と呼びたいものです。

    ところで、今、「シナ」で変換しようとして、「支那」が出て来ませんでした。
    これはおかしいです!

    デジタル権威主義

    デジタル権威主義

    本日のキーワード : デジタル権威主義、中国共産党、プラットフォーム企業権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない...

    ... 続きを読む

    No Subject * by ラグ 通販
    勉強になりました。

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    本日のキーワード : 二元論、分断、アイデンティティ神学における二元論は、世界における二つの基本原理として、例えば善と悪というようなお互いが背反する人格化された神々の存在に対する確信という形で現れている。そこでは、一方の神は善であり、もう一方の神は悪である。また、秩序の神と混沌の神として表されることもある。3世紀、キリスト教徒の異端者であったシノペのマルキオンは、新約聖書と旧約聖書はそれぞれ背反す...

    ... 続きを読む

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    本日のキーワード : デュボイス、黒人、神黒人(こくじん/Black people)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が濃色で黒に近い人種の総称。黒色人種(こくしょくじんしゅ)。過去の形質人類学でいうネグロイドと同義に用いられる。ただし、ネグロイド以外にも肌の色が濃いオーストラロイドを含めて「黒人」と呼ぶことも多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、デジタル経済、二元論ボラ(鰡、鯔、学名Mugil cephalus)は、ボラ目・ボラ科に分類される魚の一種。ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、海辺では身近な魚の一つである。食用に漁獲されている。ブリやクロダイ、スズキなどと同様に、大きくなるにつれて呼び名が変わる出世魚にもなっている。関東 - オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド「トド」は、「これ以上大きく...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、優越的地位の濫用、検閲、個人情報優越的地位の濫用(ゆうえつてきちいのらんよう)は、取引上、優越的地位にある者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...

    ... 続きを読む

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    本日のキーワード : インターネット、検閲、国境ビッグ・テック (Big Tech)は、テック・ジャイアンツ (Tech Giants)、ビッグ・ファイブ (Big Five)、S&P 5、または口語ではフォー・ホースメン(The Four Horsemen)とも呼ばれ、情報技術産業における最大かつ最も支配的な企業であり、特にAmazon、アップル、Google、Facebook、マイクロソフトの5社が挙げられる。2000年代末以降、この5つの企業は、サウジアラムコを除けば世界で...

    ... 続きを読む

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    本日のキーワード : 大航海時代、植民地主義、デジタル経済大航海時代(だいこうかいじだい)とは、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海が行われた時代。15世紀半ばから17世紀半ばまで続き、主にポルトガルとスペインにより行われた。植民地主義(しょくみんちしゅぎ)とは、国境外の領域を植民地として獲得し支配する政策活動と、それを正当化して推し進める思考を指す。大航海時代から20世紀後...

    ... 続きを読む

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    本日のキーワード : 民意、国家、国民民意(みんい) : 国民の意思。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見てい...

    ... 続きを読む

    すでに現実化しているデジタル化がもたらす巨大なリスク

    すでに現実化しているデジタル化がもたらす巨大なリスク

    本日のキーワード : デジタル化、権威主義体制、監視社会デジタイズ(英: digitize)は連続的な値を離散的な値に変換すること。その手法全般を含めてデジタイゼーション (英: digitization)ともいう。離散値をデジタル値(英: digital value)といい、コンピュータを用いた手法では2値のビット(英: bit)を使った量子化が主流となっている。発展した情報理論を応用して、既存のオブジェクト・画像・信号(通常アナログ信号)...

    ... 続きを読む

    『マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)』で隠されていること

    『マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)』で隠されていること

    本日のキーワード : 改竄、マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)改竄(かいざん、英: falsification, faking, alteration)は、文書、記録等の全部又は一部が、本来なされるべきでない時期に、本来なされるべきでない形式や内容などに変更されること、すること、をいう。故意の場合も過失の場合もともに含み、悪意の有無を問わない。文書を改竄する行為を防ぎ、それを行った者を罰するために、日本の法律では文書偽造の罪が定めら...

    ... 続きを読む

    デジタル化の深化で、人権の制限・侵害のリスクが高まる中華人民共和国などの新興国(発展途上国)

    デジタル化の深化で、人権の制限・侵害のリスクが高まる中華人民共和国などの新興国(発展途上国)

    本日のキーワード : 誤謬、デジタル化、新興国(発展途上国)論理学における誤謬(ごびゅう、英: logical fallacy)は、論証の過程に論理的または形式的な明らかな瑕疵があり、その論証が全体として妥当でないこと。つまり、間違っていること。意図した論述上の誤謬は「詭弁」と呼ばれる。論証において、誤謬には「形式的」なものと「非形式的」なものがある。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社...

    ... 続きを読む

    伊藤 亜聖  デジタル化する新興国 ―― 先進国を超えるか、監視社会の到来か

    伊藤 亜聖  デジタル化する新興国 ―― 先進国を超えるか、監視社会の到来か

    どんな本かはこちらから♥↓☆現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」 ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」

    現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」

    本日のキーワード : デジタル化、新興国、発展途上国新興工業国(しんこうこうぎょうこく)、または、新興工業経済地域(しんこうこうぎょうけいざいちいき)は、政治学者及び経済学者により世界の複数の国に適用される分類である。新興国と同義になる場合もある。略称はNIES。英語の複数形略称の NICs(ニックス、ニクス)および NIEs(ニーズ)を使用する例も多い。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか...

    ... 続きを読む

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    本日のキーワード : インター、インターナショナル、プロレタリアートインター(inter-) は、中、〜間、相互を意味するラテン語の接頭辞であり、インターはその英語読みである。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、...

    ... 続きを読む

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    本日のキーワード : ヘーゲルの“分裂”、マルクスの「二元論」調和(ちょうわ) : 全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。「調和を保つ」「周囲と調和のとれた建造物」「精神と肉体が調和する」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、...

    ... 続きを読む

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    本日のキーワード : クーデター、ロシア革命クーデター(仏: coup d'État)は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。フランス語で「国家の一撃」もしくは「国家に対する打撃」を意味し、発音は(ク・デタ) である。日本語では「クーデタ」や「クー・デ・タ」と表記することもある。英語では単に「coup」(クー)と表記されることが多い。中国語では「政変」という。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺...

    ... 続きを読む

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    本日のキーワード : 訓詁、二元論、カール・マルクス訓詁学(くんこがく)または訓詁とは、主に儒学の下位分野で、儒教の経典(経書)に出てくる語句の意味を解釈・説明する行為をさす。具体的には、経典の注釈書を著したり、経典の言語(古代漢語)の辞書を編纂したりする行為をさす。典型的には「A、B也」「A者B也」(AとはBという意味である)という形をとる。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復...

    ... 続きを読む

    レーニンは“革命家”ではありません!

    レーニンは“革命家”ではありません!

    本日のキーワード : 煽戦家、レーニン、革命、戦争『帝国主義論』(ていこくしゅぎろん)は、ロシアの革命家煽戦家ウラジーミル・レーニンの著作。1916年にチューリヒで執筆され、1917年に初版が刊行された。正式名称は『資本主義の最高の段階としての帝国主義(平易な概説)』(ロシア語: Империализм, как высшая стадия капитализма (популярный очерк))。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻...

    ... 続きを読む

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    本日のキーワード : 私有財産、搾取、剰余価値説シュルハン・アルーフ(Shulchan Aruch、ヘブライ語: שֻׁלְחָן עָרוּך‎ [ʃulˈħan ʕaˈʁuχ]、「用意されたテーブル」を意味する)は、ユダヤ教における様々な法典の中でも最も広く参照されている書物。1563年にヨセフ・カロによってオスマン帝国領パレスチナのツファット(現在はイスラエル領)で著され、その2年後にヴェネツィアで出版された。シュルハン・アルーフ本日の書物 :...

    ... 続きを読む

    「おバカ」な「おパヨク」の“奇妙な発想”の素 = 唯物史観、二元論、終末論

    「おバカ」な「おパヨク」の“奇妙な発想”の素 = 唯物史観、二元論、終末論

    本日のキーワード : 終末論、唯物史観、二元論終末論(しゅうまつろん、英語: eschatology)は、歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもあるという考え方。目的論という概念の下位概念。社会が政治的、経済的に不安定で人々が困窮に苦しむような時代に、その困窮の原因や帰趨を、神や絶対者の審判や未来での救済に求めようとするのは、どこの文化でも宗教一般に見られ、ユダヤ教からキリスト教、イスラム教、ゾロ...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    二元論は一神教とも関係しているのでしょうか?
    ○○教徒にあらずば人にあらず、という考え方は、
    「(A)でなければ、-(A)しかない」という両極論につながる気がします。
    八百万の神を信じる日本人とは相容れなかったのでは。
    日本の左翼に純粋日本人が少ないのも、それと関係あるのでしょうか。


    国境廃止という考え方は、前近代の野蛮人の考え方そのものです(笑)

    国境廃止という考え方は、前近代の野蛮人の考え方そのものです(笑)

    本日のキーワード : 国境、バイデン&ハリス側政権、国家転覆国境(こっきょう)とは、国家の領域の境目、境界のことである。古来より、国家領域の周囲はフロンティアとして曖昧にされていたが、1648年のヴェストファーレン条約以降、主権国家は明確な領域を持つこととされ、地球の連続的な広がりを有界化して、バウンダリーとしての国境線が地表上にひかれることとなった。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝り...

    ... 続きを読む

    「真理(Truth)」そのものである現トランプ政権と、「真理」に背くバイデン&ハリス側の擬似政権

    「真理(Truth)」そのものである現トランプ政権と、「真理」に背くバイデン&ハリス側の擬似政権

    本日のキーワード : 真理(Truth)、タブー、アンタッチャブル真理(しんり、英: truth)は、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤りなく認識されたことのあり方。真実とも。西欧哲学において、真理論(英語: truth theory, theory of truth)は論理学や認識論においてとりわけ主題化される。真理は、現実や事実と異なり、妨害・障害としての虚偽・誤謬を対義語としており、露わさ、明らかさ、隠れなさ...

    ... 続きを読む

    秘密結社や陰謀に関わっていたブランキストに連なるのがウラジミール・レーニンです!

    秘密結社や陰謀に関わっていたブランキストに連なるのがウラジミール・レーニンです!

    本日のキーワード : ブランキズム、一揆主義、レーニン、陰謀ブランキズム(blanquisme)は、一揆主義またはプッチズム(putchism)とも言い、客観的条件を考慮することなく、少数集団による直接行動を経て権力奪取を企図する思想と行動を言う。この系譜はフランス革命におけるフランソワ・ノエル・バブーフから発し、1830年、1848年の両革命と1871年のパリ・コミューンに加わったルイ・オーギュスト・ブランキの思想に連なって...

    ... 続きを読む

    ふたつの政権 ~ ペド・バイデン&カマラ・ハリス側のアメリカ社会が目指すもの

    ふたつの政権 ~ ペド・バイデン&カマラ・ハリス側のアメリカ社会が目指すもの

    ☆Here Are The 3 Hidden Figures That Are Really Running the Biden Presidency (これが実際にバイデン大統領を運営している3人の隠された人物です)本日のキーワード : 国家と革命、レーニン、バイデン側政権『国家と革命』(こっかとかくめい、ロシア語: ГОСУДАРСТВО И РЕВОЛЮЦИЯ)は、ウラジーミル・レーニンが1917年に執筆した政治に関する著作である。レーニンが『国家と革命』を執筆したのは、2月革命後のボリシェヴィキ...

    ... 続きを読む

    わすか5年で1000万人の死者を生み出したレーニン、わずかひと月で10万人の死者を生み出したバイデン 

    わすか5年で1000万人の死者を生み出したレーニン、わずかひと月で10万人の死者を生み出したバイデン 

    『ロシアの農奴解放の日 — 自由な労働は国家の基盤である』 アルフォンス・ミュシャ本日のキーワード :ボリシェビキ革命、、十月革命、レーニン十月革命(じゅうがつかくめい)は、ロシア革命の一局面。ユリウス暦の1917年10月25日(現在のグレゴリオ暦の11月7日)、ロシアの首都ペトログラード(後のレニングラード、現在のサンクトペテルブルク)で起きた労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命である。多数の...

    ... 続きを読む

    「マルクス主義」 を都合に応じて “恣意的” に解釈した レーニン

    「マルクス主義」 を都合に応じて “恣意的” に解釈した レーニン

    本日のキーワード : 矛盾概念、「自由」と「平等」、ワイマール憲法矛盾概念(むじゅんがいねん)とは、論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、互いに他を否定しあってその中間に第三者を入れる余地のない概念。例えば、色という類概念に属する白と非白。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    テロルによる恐怖支配・大量虐殺・強制収容所とウラジミール・レーニン

    テロルによる恐怖支配・大量虐殺・強制収容所とウラジミール・レーニン

    本日のキーワード : 虚構、ワイマール憲法、ボルシェヴィキ革命虚構(きょこう)とは、① 事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。② 文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。CNN Paid Antifa Agitator at Capitol Riots(CNNは米議会暴動で Antifa の扇動者にお金を支払った)本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝...

    ... 続きを読む

    スラブ人を馬鹿にしてロシア革命の可能性を否定していた、いわゆるヨーロッパ左派知識人

    スラブ人を馬鹿にしてロシア革命の可能性を否定していた、いわゆるヨーロッパ左派知識人

    ボートでスラブ人を燃やす異教の儀式本日のキーワード : スラブ、スラブ人、汎スラブ主義スラヴ人(スラヴじん)は、中欧・東欧に居住し、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団である。ひとつの民族を指すのではなく、本来は言語学的な分類に過ぎない。東スラヴ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人)・西スラヴ人(スロバキア人、チェコ人、ポーランド人)・南スラヴ人(クロアチア人、セルビア...

    ... 続きを読む

    決して両立することがない「自由」と「平等」

    決して両立することがない「自由」と「平等」

    本日のキーワード : 両立、「自由」と「平等」、ワイマール憲法両立(りょうりつ)とは、二つの物事が同時に支障なく成り立つこと。「仕事と家庭とを両立させる」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立...

    ... 続きを読む

    マルクス主義から一歩飛躍した闘争方針の要諦

    マルクス主義から一歩飛躍した闘争方針の要諦

    本日のキーワード : ワイマール共和国、ウラジミール・レーニン要諦(ようてい)とは、物事の最も大切なところ、肝心かなめの点。ようたい。「処世の要諦」ワイマール共和国(ヴァイマル共和国)は、1919年に発足して1933年に事実上崩壊した戦間期のドイツ国の政体。政治体制は1919年8月に制定・公布されたヴァイマル憲法に基づいている。ロシア革命(ロシアかくめい、英: Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起き...

    ... 続きを読む

    カマラ・ハリスと大淫婦バビロン

    カマラ・ハリスと大淫婦バビロン

    本日のキーワード : 欽定訳聖書、大淫婦バビロン、カマラ・ハリス欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳...

    ... 続きを読む

    超国家的勢力を主役とした歴史観

    超国家的勢力を主役とした歴史観

    本日のキーワード : スープラナショナリズム、超国家的勢力スープラナショナリズム(英語:supranationalism)とは、国際法や政治学、とくに国際関係論において、国家より上位にある次元の主体に権限を譲渡するという概念。スープラナショナリズムの反対の概念は政府間主義(英 : Intergovernmentalism)であり、政府間主義においては内容的にも空間的にも深化・制度化せず、各国政府の国際協力のみが扱われる。超国家的な決定...

    ... 続きを読む

    “満洲事変”の前なら「聖戦」、後なら「侵略戦争」って、どうして言えるの?

    “満洲事変”の前なら「聖戦」、後なら「侵略戦争」って、どうして言えるの?

    『マモン崇拝』 イーヴリン・ド・モーガン 1909年本日のキーワード : マモン、バイデン、おカネマモン (Mammon) は、新約聖書に現れる、富を意味するとされる言葉である。また、旧約聖書と新約聖書の間の中間時代の後期ユダヤ教のラビ文献において、不正な財を指して用いられたアラム語の語彙である。キリスト教文化圏においては、物質的「富」または「貪欲」(カトリック教会では七つの罪源のひとつ)を指し、擬人化されて神格...

    ... 続きを読む

    戦後日本へ持ち込んだのは、だれ?

    戦後日本へ持ち込んだのは、だれ?

    本日のキーワード : 拝金主義、守銭奴、人間獣化、ユダヤ拝金主義(はいきんしゅぎ、英:money worship)とは、金銭を無上のものとして崇拝すること。拝金主義者を揶揄する言葉として「守銭奴」であるとか、「金の亡者」があるが、「拝金主義者」自体に批判的なニュアンスがある。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わっ...

    ... 続きを読む

    バイデンのドラッグ息子の“超有能”なお友達(笑) ~ 主要メディア(MSM)は簡単にコントロールできる“宣伝機関”です!

    バイデンのドラッグ息子の“超有能”なお友達(笑) ~ 主要メディア(MSM)は簡単にコントロールできる“宣伝機関”です!

    本日のキーワード : 宣伝、超国家的勢力宣伝(せんでん)とは、企業や商店、DSなどが、自分たちが提供する商品やサービスを、その特長も含めて一般大衆に知ってもらおうとする活動の事。広義にはキャンペーンや試食販売などのプロモーション活動も含む。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして...

    ... 続きを読む

    元副大統領のドラッグ息子のウクライナに対する“内政干渉&選挙干渉”

    元副大統領のドラッグ息子のウクライナに対する“内政干渉&選挙干渉”

    本日のキーワード : 内政干渉、選挙干渉、ペドフィリア・バイデン内政不干渉の原則(ないせいふかんしょうのげんそく)とは、国家は国際法に反しない限り、一定の事項について自由に処理することができる権利をもち、逆に他国はその事項に関して干渉してはならない義務があるという、国家主権から導出される原則をさす。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦...

    ... 続きを読む

    YouTubeやTwitterなどの“手前勝手な検閲”も、〇×式の幼稚な二元論に基づいています(笑)

    YouTubeやTwitterなどの“手前勝手な検閲”も、〇×式の幼稚な二元論に基づいています(笑)

    本日のキーワード : 手前勝手、〇×式、二元論手前勝手(てまえがって)とは、自分の都合のよいようにばかり考えたり行動したりすること。また、そのさま。自分勝手。「そんな手前勝手な意見は通らない」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けていま...

    ... 続きを読む

    昨年暮れにFBIが公開したロバート・ハンター・バイデンの電子メール

    昨年暮れにFBIが公開したロバート・ハンター・バイデンの電子メール

    本日のキーワード : バイデン親子のウクライナ疑惑バイデン親子のウクライナ疑惑 : ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた。この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた。2019年、ドナルド・トランプ大統領は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話会談の中で、バイデン親子のウクライナにおける活動につい...

    ... 続きを読む

    ベーメの神智学とユダヤのカバラ

    ベーメの神智学とユダヤのカバラ

    本日のキーワード : キリスト教神智学、カバラ、ベーメカバラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。ユダヤのラビたちによる、キリスト教でいうところの(『旧約聖書』の伝統的、神秘的解釈による)神智学であり、中世後期、ルネサンスのキリスト教神学者に強い影響をおよぼした。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人...

    ... 続きを読む

    ベーメ神智学と錬金術とユダヤ神秘思想

    ベーメ神智学と錬金術とユダヤ神秘思想

    本日のキーワード : ベーメ神智学、パラケルスス、錬金術、カバラパラケルスス(スイスドイツ語:Paracelsus)こと本名:テオフラストゥス・(フォン)・ホーエンハイム(Theophrastus (von) Hohenheim, 1493年11月10日または12月17日 - 1541年9月24日)は、スイスアインジーデルン出身の医師、化学者、錬金術師、神秘思想家。悪魔使いであったという伝承もあるが、根拠はない。バーゼル大学で医学を講じた1年間を例外に、生涯...

    ... 続きを読む

    ペド・オバマの“エピゴーネン”としてのペド・バイデン

    ペド・オバマの“エピゴーネン”としてのペド・バイデン

    本日のキーワード : エピゴーネン、パクリ、ペドフィリアエピゴーネン(ドイツ語: Epigonen)は、文学や芸術の分野などで、優れているとされる先人のスタイル等をそのまま流用・模倣して、オリジナル性に欠けた作品を制作する者を指す。「模倣者」、「亜流」、「身代わり」。現代において「パクリ」と言われるものも、用法的な意味合いとしてはこれに極めて近い。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復...

    ... 続きを読む