FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

    グルメな中国人にとって非常にポピュラーなこと

    グルメな中国人にとって非常にポピュラーなこと

    本日のキーワード : グルメ、中国人、食人食通(しょくつう)とは、料理の味や料理の知識について詳しいこと。またそれを詳しく知っている人物のことである。フランス語を用いてグルメ (gourmet) ともいわれる。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場...

    ... 続きを読む

    日本の庶民階層と中国の庶民階層との違い

    日本の庶民階層と中国の庶民階層との違い

    本日のキーワード : 庶民、日本人、中国人庶民(しょみん)とは、人口の多数を占める一般的な人々のことである。庶民には、通例、平民などが該当し、貴族などの特権階級に対して、一般階級の人々を指すことが多い。現代社会においては、一般市民とも呼ばれることも多い。また庶民と言う言葉を大衆と同義で用いられることもあるが、厳格に区別して用いられることもある。庶民は、風俗の担い手でもあり、民俗学や文化人類学などに...

    ... 続きを読む

    ただひたすらに “模倣” を繰り返す中国人が持つ、その世界観

    ただひたすらに “模倣” を繰り返す中国人が持つ、その世界観

    本日のキーワード : 模倣、創造、文化模倣(もほう)とは、・他のものをまねること。似せること。・他者の行動と同様・同類の行動をとること。学習、さまざまな技能の習得、社会的流行など、多くのことが基本的にこのかたちをとる。 対義語は創造。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けてい...

    ... 続きを読む

    20世紀になるまで、自前の「文字」がなかった中国人

    20世紀になるまで、自前の「文字」がなかった中国人

    本日のキーワード : 文字、漢字、ひらがな、カタカナ文字(もじ)とは、言葉・言語を伝達し記録するために線や点を使って形作られた記号のこと。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要がありま...

    ... 続きを読む

    「漢文 = 中国語」 と勘違いしている日本人

    「漢文 = 中国語」 と勘違いしている日本人

    本日のキーワード : 漢籍、漢文、漢字、中国語漢籍(かんせき)とは、中国において著された書籍であり、日本で著された和書(国書)に対応する分類として用いられる。漢書(かんしょ、からぶみ)とも言う。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立...

    ... 続きを読む

    「日本」「日本人」というアイデンティティが誕生したのは、いつ頃でしょうか?

    「日本」「日本人」というアイデンティティが誕生したのは、いつ頃でしょうか?

    本日のキーワード : 団結、アイデンティティ団結(だんけつ)とは、多くの人が共通の目的のために一つにまとまること。「チームの団結が固い」「団結して中国と闘う」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を...

    ... 続きを読む

    建国以来、20世紀に入るまで日本は、中国と正式に国交を持ったこともありませんし、持とうと思ったこともありません!

    建国以来、20世紀に入るまで日本は、中国と正式に国交を持ったこともありませんし、持とうと思ったこともありません!

    本日のキーワード : 主体思想、主体、チュチェ、アイデンティティ主体思想(しゅたいしそう)またはチュチェ思想(チュチェしそう)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)及び朝鮮労働党が創作した架空の “アイデンティティ” である。「主体(チュチェ)」は、哲学およびマルクス主義の用語の日本語である「主体」を朝鮮語に変換したもので、さらに北朝鮮では歴史的に支那の属国であり続けたこともあり「自主独立」や「自立精...

    ... 続きを読む

    日本人は中国や中国人のことをなにも知らない

    日本人は中国や中国人のことをなにも知らない

    本日のキーワード : 構築主義、アイデンティティ構築主義(constructionism)とは、現実に存在していると考えられる対象や現象は、客観的もしくは物理的に存在しているのではなく、人々の認識によって社会的に構築されていると考える社会学の理論的立場。社会構築主義、構成主義、社会構成主義ともいう。たとえば、多くの人々は「地球は丸い」ということを体験的に確認しているわけではなく、物理的計算や史実に基づいて共有さ...

    ... 続きを読む

    現代まで受け継がれている支那伝統の “朝貢(ちょうこう)” ~ 権力者による 「国内向けのコマーシャル」

    現代まで受け継がれている支那伝統の “朝貢(ちょうこう)” ~ 権力者による 「国内向けのコマーシャル」

    本日のキーワード : 演出、コマーシャル、中国、朝貢演出(えんしゅつ)とは、物事を表現するときに、それを効果的に見せること。またはその役割を担当する者のこと。また、機械などの動作の装飾的な動きも演出と呼ばれる。☆「朝貢」 Wikipedia本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています...

    ... 続きを読む

    もしも、13億人の中国人が一緒になったら、どうなるの? ~ 日本人と中国人では結果がまったく異なる『三本の矢』

    もしも、13億人の中国人が一緒になったら、どうなるの? ~ 日本人と中国人では結果がまったく異なる『三本の矢』

    本日のキーワード : 三本の矢、中国人、日本人三子教訓状(さんしきょうくんじょう)は、中国地方の戦国大名・毛利元就が1557年(弘治3年)に3人の子(毛利隆元・吉川元春・小早川隆景)に書いた文書。(三矢の教え)晩年の元就が病床に伏していたある日、隆元・元春・隆景の3人が枕許に呼び出された。元就は、まず1本の矢を取って折って見せるが、続いて矢を3本を束ねて折ろうとするが、これは折る事ができなかった。そして元...

    ... 続きを読む

    いわゆる “中国語” の実態は、てんでばらばら(笑)

    いわゆる “中国語” の実態は、てんでばらばら(笑)

    本日のキーワード : 言語、中国語言語(げんご)とは、ある特定の集団が用いる、音や文字による事態の伝達手段のこと。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を...

    ... 続きを読む

    「ありがとう」 ~ 中国人社会で他人には絶対使うことがない言葉

    「ありがとう」 ~ 中国人社会で他人には絶対使うことがない言葉

    本日のキーワード : 他人、敵、中国人、「ありがとう」他人(たにん) :1 つながりのない人。2 ほかの人。自分以外の人。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    4月27日にRCEPがどうなるか決まります。
    もし日本が加入することになれば、外国人がどんどん押し寄せて日本は内側から崩壊します。
    そうならないよう、今、必死でメール、電話、FAXをしています。

    同じ移民でありながら、アメリカ化する人々とアメリカ化しない人々

    同じ移民でありながら、アメリカ化する人々とアメリカ化しない人々

    本日のキーワード : アメリカ化、移民、黒人、中国人アメリカニゼーションまたはアメリカナイゼーション(英: Americanization)とは、世界各国が政治、経済、社会、文化の各面が、アメリカ合衆国のようになる現象である。また、米国のメディア、食習慣、商習慣、大衆文化、テクノロジーを模倣したり嗜好したりする現象もいう。日本語ではアメリカ化や米国化と呼ばれることが多い。アメリカ化する現象・行為を和製英語で「アメ...

    ... 続きを読む

    古い「漢族」、新しい「漢族」 ~ 今から1800年前に地球上から姿を消した人々

    古い「漢族」、新しい「漢族」 ~ 今から1800年前に地球上から姿を消した人々

    本日のキーワード : 絶滅、漢族、三国時代、騎馬民絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物種の全ての個体が死ぬことによって、その種が絶えること。種全体に対してではなく個体群に対して用いることもある。ただし野生のものも含めて全ての個体の死亡を確認するのは難しく、絶滅したとされた種の個体が後になって生存を確認されることもある。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史...

    ... 続きを読む

    学校では決して教えてもらえない、“三国時代”の実態(笑)

    学校では決して教えてもらえない、“三国時代”の実態(笑)

    本日のキーワード : 三国志、黒人、米民主党政権三国志(さんごくし、三國志)は、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史である。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客...

    ... 続きを読む

    「国家概念」も「民族概念」も持たなかった中国の民衆たち

    「国家概念」も「民族概念」も持たなかった中国の民衆たち

    本日のキーワード : アイデンティティ、国家、民族、人種アイデンティティとは自己と同一化している要素の事である。国語等で扱われるアイデンティティの喪失とは、その要素が無くなることである。 また、さまざまな立場における自分自身の在り方について、「これがほかならぬ自分なのだ」というまとまりをもった確信のことである。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校...

    ... 続きを読む

    “中国”とは、一次元世界の仮想国家のことなんです(笑)

    “中国”とは、一次元世界の仮想国家のことなんです(笑)

    本日のキーワード : 一次元、点、線、中国1 次元(いちじげん、一次元)は、空間の次元が 1 であること。次元が 1 である空間を 1 次元空間と呼ぶ。なおここでいう空間とは、物理空間に限らず、数学的な一般の意味での空間であり、さまざまなものがある。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続...

    ... 続きを読む

    領民もいないし、領地も存在しないのが中国の皇帝

    領民もいないし、領地も存在しないのが中国の皇帝

    本日のキーワード : 領地、領民、中国皇帝領地(りょうち)とは、一般的に封建制社会において、領主が知行する土地を指す。領民(りょうみん)とは、その領地に居住し支配される人民。属民。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識...

    ... 続きを読む

    中国皇帝 = 市場(いちば)のボス、中国国家 = 市場(いちば)の寄せ集め

    中国皇帝 = 市場(いちば)のボス、中国国家 = 市場(いちば)の寄せ集め

    本日のキーワード : 市場、都市、国家、皇帝市場(いちば、しじょう、英: market、 マーケット)とは、定期的に人が集まり商いを行う場所、あるいは、この市場(いちば)における取引機構に類似した社会機構の概念を指す。「市(いち)」「市庭」とも言う。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し...

    ... 続きを読む

    「農村集落が発展した結果、都市が成立した」というのはウソ。 「まず都市が成立し、しかるのちに周辺に農村が誕生した」というのがホント。

    「農村集落が発展した結果、都市が成立した」というのはウソ。 「まず都市が成立し、しかるのちに周辺に農村が誕生した」というのがホント。

    本日のキーワード : 嘘、偽り、フェイク、“バイデン政権”嘘(うそ)とは、事実ではないこと。人間をだますために言う、事実とは異なる言葉。偽りとも。嘘とは事実に反する事柄の表明であり、特に故意に表明されたものを言う。嘘の意を含む「ガセ」とは、一部の業界で使用されていた元隠語が一般に普及したものであり、もともとは「偽物」のことである。アウグスティヌスは『嘘をつくことについて』(395年)と『嘘をつくことに...

    ... 続きを読む

    「中国歴代王朝」は、現代日本人が思うような意味での「国家」ではありませんでした(笑)

    「中国歴代王朝」は、現代日本人が思うような意味での「国家」ではありませんでした(笑)

    本日のキーワード : 商社、王朝、皇帝、流通システム商社(しょうしゃ)とは、輸出入貿易ならびに国内における物資の販売を業務の中心にした、商業を営む業態の会社である。幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と特定の分野に特化した専門商社に区分される。広義の卸売業である。特に総合商社は日本特有の形態とされ、海外においても「Sogo shosha」と呼ばれる。「商社」という言葉は、幕末期の幕臣小栗忠順が英語の「compa...

    ... 続きを読む

    中国人にとって、外交も戦争も、すべては個人の欲望達成のための道具にしかすぎません!

    中国人にとって、外交も戦争も、すべては個人の欲望達成のための道具にしかすぎません!

    本日のキーワード : 排日移民法、白人種、非白人種、二元論排日移民法(はいにちいみんほう)は、1924年7月1日に施行されたアメリカ合衆国の法律の日本における通称である。正確には1924年移民法(Immigration Act of 1924)、またはジョンソン=リード法(Johnson–Reed Act)であり、日本人移民のみを排除した法律ではない。この法律では、各国からの移民の年間受け入れ上限数を、1890年の国勢調査時にアメリカに住んでいた各...

    ... 続きを読む

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    本日のキーワード : 贖罪(しょくざい)ヨム・キプル(英語: Yom Kippur)または贖罪の日(しょくざいのひ)は、レビ記16章に規定されるユダヤ教の祭日。ユダヤ教における最大の休日の1つである。ユダヤ暦でティシュレー月10日にあたり、ザドク暦では第七のホデシュの10日で、グレゴリオ暦では毎年9月末から10月半ばの間の1日にあたる。前夜の日没時にコル・ニドレイが唱えられ、これがヨム・キプルの始まりを告げる。ユダヤ教...

    ... 続きを読む

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    本日のキーワード : 分断、分裂、アイデンティティ分断(ぶんだん)とは、一つにつながっているものを分かれ分かれに切り離すこと。「がけ崩れで鉄道が分断される」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判...

    ... 続きを読む

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    本日のキーワード : 阿呆、痴呆阿呆(あほう、あほ)とは、日本語で愚かであることを指摘する罵倒語、侮蔑語、俗語。近畿地方を中心とした地域でみられる表現で、関東地方などの「馬鹿」、愛知県などの「タワケ」、石川県・富山県・島根県出雲地方などの「ダラ」に相当する。行動の愚かさだけでなく、学のなさなどもさす。「阿呆」は「馬鹿」とともによく使われる言葉だが、まったく同じ意味ではない。例えば、「学者馬鹿」とい...

    ... 続きを読む

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    本日のキーワード : 中国人民解放軍、中国共産党、二重意識中国人民解放軍(ちゅうごくじんみんかいほうぐん、 英語: People's Liberation Army)は、中国共産党が指導する中華人民共和国の軍隊である。憲法第93条第1項では、「国家中央軍事委員会が全国の武装力を領導する」としているが、一方で憲法前文に中国共産党が国家を領導することが謳われており、また国防法では、「中華人民共和国の武装力は中国共産党の領導を受ける...

    ... 続きを読む

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    本日のキーワード : 虚偽報道、捏造報道、フェイクニュース虚偽報道(きょぎほうどう)とは、マスメディア等において事実と異なる情報を報道すること、またはそのような報道そのものを指し示す。朝日新聞などでよく見られる、初めから虚偽であることを認識した上で行う架空の報道や、推測を事実のように報道するなど、故意のものについては捏造報道という。英語では fake news と言うが、日本語で「フェイクニュース」「偽ニュ...

    ... 続きを読む

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    本日のキーワード : 指桑罵槐、中国人、行動原理、兵法指桑罵槐(しそうばかい)は、中国の兵法書「三十六計」の計略の一つである。三十六計中の二十六計にあたり、味方に対して行う計略だとされている。書き下して「桑を指(さ)して槐(エンジュ)を罵(ののし)る」ともいう。桑の木をさして槐(エンジュ)の木を罵る、と言う意味で、「三十六計」には、「強者が弱者を屈服させるときに警告する方法」とされている。すなわち...

    ... 続きを読む

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    本日のキーワード : 幻想、一衣帯水、同文同種幻想(げんそう)とは、現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。「幻想を抱く」「戦争のない未来を幻想する」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認...

    ... 続きを読む

    岡田 英弘  この厄介な国、中国

    岡田 英弘  この厄介な国、中国

    どんな本かはこちらから♥↓☆日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    ☆『日本外交文書デジタルアーカイブ 大正2年(1913年) 第2冊』 外務省HP本日のキーワード : 国交、国家承認国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家の承認を前提として行われ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    日本以外の国は中国のことを「シナ」「チャイナ」などと呼んでいますよね。
    そもそも「中国」と言うのは日本の中国地方のこと。
    中共は自分たちを「世界の中心」と言う意味で、戦争に負けた日本だけに「中国」という呼び方を強制しているのです。
    (韓国と北朝鮮は知りません。元々属国でしたから)
    中国は戦争に勝ったのではなく、日本は戦争を終わらせたのであって負けたのではない。
    早く戦後を終わらせ、真に独立して、中国を「支那」と呼びたいものです。

    ところで、今、「シナ」で変換しようとして、「支那」が出て来ませんでした。
    これはおかしいです!

    デジタル権威主義

    デジタル権威主義

    本日のキーワード : デジタル権威主義、中国共産党、プラットフォーム企業権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない...

    ... 続きを読む

    No Subject * by ラグ 通販
    勉強になりました。

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    二元論に由来する粗製濫造される“アイデンティティ”

    本日のキーワード : 二元論、分断、アイデンティティ神学における二元論は、世界における二つの基本原理として、例えば善と悪というようなお互いが背反する人格化された神々の存在に対する確信という形で現れている。そこでは、一方の神は善であり、もう一方の神は悪である。また、秩序の神と混沌の神として表されることもある。3世紀、キリスト教徒の異端者であったシノペのマルキオンは、新約聖書と旧約聖書はそれぞれ背反す...

    ... 続きを読む

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    神さまは、「白人?」 or 「黒人?」 ~ これも結局りっぱな二元論

    本日のキーワード : デュボイス、黒人、神黒人(こくじん/Black people)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が濃色で黒に近い人種の総称。黒色人種(こくしょくじんしゅ)。過去の形質人類学でいうネグロイドと同義に用いられる。ただし、ネグロイド以外にも肌の色が濃いオーストラロイドを含めて「黒人」と呼ぶことも多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    プラットフォーム企業は“彼らの宗教”ゆえに、中国共産党と同じ“権威主義的な思考”を持っています

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、デジタル経済、二元論ボラ(鰡、鯔、学名Mugil cephalus)は、ボラ目・ボラ科に分類される魚の一種。ほぼ全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚で、海辺では身近な魚の一つである。食用に漁獲されている。ブリやクロダイ、スズキなどと同様に、大きくなるにつれて呼び名が変わる出世魚にもなっている。関東 - オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド「トド」は、「これ以上大きく...

    ... 続きを読む

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    プラットフォーム企業の権威主義も、“彼らの宗教”と関係しています!

    本日のキーワード : プラットフォーム企業、優越的地位の濫用、検閲、個人情報優越的地位の濫用(ゆうえつてきちいのらんよう)は、取引上、優越的地位にある者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...

    ... 続きを読む

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    インターネットの“検閲”は“可能”である ~ Twitter、YouTube、etc.

    本日のキーワード : インターネット、検閲、国境ビッグ・テック (Big Tech)は、テック・ジャイアンツ (Tech Giants)、ビッグ・ファイブ (Big Five)、S&P 5、または口語ではフォー・ホースメン(The Four Horsemen)とも呼ばれ、情報技術産業における最大かつ最も支配的な企業であり、特にAmazon、アップル、Google、Facebook、マイクロソフトの5社が挙げられる。2000年代末以降、この5つの企業は、サウジアラムコを除けば世界で...

    ... 続きを読む

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    デジタルな世界で再現される“大航海時代”と“植民地主義”

    本日のキーワード : 大航海時代、植民地主義、デジタル経済大航海時代(だいこうかいじだい)とは、ヨーロッパ人によるアフリカ・アジア・アメリカ大陸への大規模な航海が行われた時代。15世紀半ばから17世紀半ばまで続き、主にポルトガルとスペインにより行われた。植民地主義(しょくみんちしゅぎ)とは、国境外の領域を植民地として獲得し支配する政策活動と、それを正当化して推し進める思考を指す。大航海時代から20世紀後...

    ... 続きを読む

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    【誰も否定できない事実】 バイデンもハリスも習近平も、国民から選ばれたわけではありません(笑)

    本日のキーワード : 民意、国家、国民民意(みんい) : 国民の意思。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤 亜聖 中公新書戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見てい...

    ... 続きを読む

    すでに現実化しているデジタル化がもたらす巨大なリスク

    すでに現実化しているデジタル化がもたらす巨大なリスク

    本日のキーワード : デジタル化、権威主義体制、監視社会デジタイズ(英: digitize)は連続的な値を離散的な値に変換すること。その手法全般を含めてデジタイゼーション (英: digitization)ともいう。離散値をデジタル値(英: digital value)といい、コンピュータを用いた手法では2値のビット(英: bit)を使った量子化が主流となっている。発展した情報理論を応用して、既存のオブジェクト・画像・信号(通常アナログ信号)...

    ... 続きを読む

    『マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)』で隠されていること

    『マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)』で隠されていること

    本日のキーワード : 改竄、マルクス・エンゲルス全集 (MEGA)改竄(かいざん、英: falsification, faking, alteration)は、文書、記録等の全部又は一部が、本来なされるべきでない時期に、本来なされるべきでない形式や内容などに変更されること、すること、をいう。故意の場合も過失の場合もともに含み、悪意の有無を問わない。文書を改竄する行為を防ぎ、それを行った者を罰するために、日本の法律では文書偽造の罪が定めら...

    ... 続きを読む

    デジタル化の深化で、人権の制限・侵害のリスクが高まる中華人民共和国などの新興国(発展途上国)

    デジタル化の深化で、人権の制限・侵害のリスクが高まる中華人民共和国などの新興国(発展途上国)

    本日のキーワード : 誤謬、デジタル化、新興国(発展途上国)論理学における誤謬(ごびゅう、英: logical fallacy)は、論証の過程に論理的または形式的な明らかな瑕疵があり、その論証が全体として妥当でないこと。つまり、間違っていること。意図した論述上の誤謬は「詭弁」と呼ばれる。論証において、誤謬には「形式的」なものと「非形式的」なものがある。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか、監視社...

    ... 続きを読む

    伊藤 亜聖  デジタル化する新興国 ―― 先進国を超えるか、監視社会の到来か

    伊藤 亜聖  デジタル化する新興国 ―― 先進国を超えるか、監視社会の到来か

    どんな本かはこちらから♥↓☆現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」 ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」

    現在のアメリカにおける「非同時代的な“政権”の同時存在」

    本日のキーワード : デジタル化、新興国、発展途上国新興工業国(しんこうこうぎょうこく)、または、新興工業経済地域(しんこうこうぎょうけいざいちいき)は、政治学者及び経済学者により世界の複数の国に適用される分類である。新興国と同義になる場合もある。略称はNIES。英語の複数形略称の NICs(ニックス、ニクス)および NIEs(ニーズ)を使用する例も多い。本日の書物 : 『デジタル化する新興国-先進国を超えるか...

    ... 続きを読む

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    本日のキーワード : インター、インターナショナル、プロレタリアートインター(inter-) は、中、〜間、相互を意味するラテン語の接頭辞であり、インターはその英語読みである。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、...

    ... 続きを読む

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    本日のキーワード : ヘーゲルの“分裂”、マルクスの「二元論」調和(ちょうわ) : 全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。「調和を保つ」「周囲と調和のとれた建造物」「精神と肉体が調和する」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、...

    ... 続きを読む

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    本日のキーワード : クーデター、ロシア革命クーデター(仏: coup d'État)は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。フランス語で「国家の一撃」もしくは「国家に対する打撃」を意味し、発音は(ク・デタ) である。日本語では「クーデタ」や「クー・デ・タ」と表記することもある。英語では単に「coup」(クー)と表記されることが多い。中国語では「政変」という。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺...

    ... 続きを読む

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    本日のキーワード : 訓詁、二元論、カール・マルクス訓詁学(くんこがく)または訓詁とは、主に儒学の下位分野で、儒教の経典(経書)に出てくる語句の意味を解釈・説明する行為をさす。具体的には、経典の注釈書を著したり、経典の言語(古代漢語)の辞書を編纂したりする行為をさす。典型的には「A、B也」「A者B也」(AとはBという意味である)という形をとる。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復...

    ... 続きを読む

    レーニンは“革命家”ではありません!

    レーニンは“革命家”ではありません!

    本日のキーワード : 煽戦家、レーニン、革命、戦争『帝国主義論』(ていこくしゅぎろん)は、ロシアの革命家煽戦家ウラジーミル・レーニンの著作。1916年にチューリヒで執筆され、1917年に初版が刊行された。正式名称は『資本主義の最高の段階としての帝国主義(平易な概説)』(ロシア語: Империализм, как высшая стадия капитализма (популярный очерк))。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻...

    ... 続きを読む

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    本日のキーワード : 私有財産、搾取、剰余価値説シュルハン・アルーフ(Shulchan Aruch、ヘブライ語: שֻׁלְחָן עָרוּך‎ [ʃulˈħan ʕaˈʁuχ]、「用意されたテーブル」を意味する)は、ユダヤ教における様々な法典の中でも最も広く参照されている書物。1563年にヨセフ・カロによってオスマン帝国領パレスチナのツファット(現在はイスラエル領)で著され、その2年後にヴェネツィアで出版された。シュルハン・アルーフ本日の書物 :...

    ... 続きを読む