FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 経済学

    パペット・キシダに読ませたい寓話 【アリとキリギリス】 ~ 「ゼロ・サムゲーム」 の “限られたパイの分配” VS 「非ゼロ・サムゲーム」 の “無限のパイの蓄積”

    パペット・キシダに読ませたい寓話 【アリとキリギリス】 ~ 「ゼロ・サムゲーム」 の “限られたパイの分配” VS 「非ゼロ・サムゲーム」 の “無限のパイの蓄積”

    本日のキーワード : 非ゼロ・サムゲーム、分配、ゼロ・サムゲーム、蓄積非ゼロ和 (ひゼロわ、英: non zero sum)とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、ある1人の利益が、必ずしも他の誰かの損失にならないこと、またはその状況を言う。この点が、ある人が勝つと他の誰かが必ず負けるというゼロ和とは異なる。非ゼロ和的状況は、獲得しようとする対象が、固定的でない、もしくは限定的でない場合に起きる。その状況の参...

    ... 続きを読む

    “ゼロ・サムゲーム” 思考の経団連会長が妄信しているもの ~ もっと真面目に資本主義に取り組めば?

    “ゼロ・サムゲーム” 思考の経団連会長が妄信しているもの ~ もっと真面目に資本主義に取り組めば?

    共産主義の脅威からフィリピンを守ろうとするフアン・デラ・クルスの姿を描いた、アジアで配布された米国情報局のポスター本日のキーワード : X論文、封じ込め政策、ジョージ・F・ケナン X論文 (英語: X Article) は、アメリカ国務省の政策企画本部長ジョージ・F・ケナン (George F. Kennan) が 『フォーリン・アフェアーズ (Foreign Affairs) 』 誌 ( 1947 年 7 月号) に寄稿した論文である。正式名は 『ソヴィエトの...

    ... 続きを読む

    コーポレイト・リベラリズム (Corporate liberalism) とディープステート(deep state)

    コーポレイト・リベラリズム (Corporate liberalism) とディープステート(deep state)

    本日のキーワード : コーポレイト・リベラリズム、ディープステート、寡頭制 (オリガルキー)Corporate liberalism is a thesis in United States historiography and a tool for its open door imperialism in which the corporate elite become "both the chief beneficiaries of and the chief lobbyists for the supposedly anti-business regulations". The idea is that both owners of corporations as well as high up...

    ... 続きを読む

    日本の債務問題は積極的な財政政策の結果ではなく、主として低い経済成長の結果なのです ~ 財務官僚の怠慢

    日本の債務問題は積極的な財政政策の結果ではなく、主として低い経済成長の結果なのです ~ 財務官僚の怠慢

    本日のキーワード : マーシャル・プラン、世界ニューディール、ビッグ・ビジネス (巨大企業)、覇権 (ヘゲモニー)マーシャル・プラン (英語:Marshall Plan) は、第二次世界大戦で被災したヨーロッパ諸国の為に、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。通常は提唱者のジョージ・マーシャル国務長官の名を冠してこのように呼ぶが、正式名称は欧州復興計画 (おうしゅうふっこうけいかく、European Recovery Program、ERP)...

    ... 続きを読む

    政府と日銀の連合軍

    政府と日銀の連合軍

    本日のキーワード : 政府と日銀の連合軍量的金融緩和政策 (りょうてききんゆうかんわせいさく、英: Quantitative easing、QE) とは、市中銀行が保有する国債を準備預金に交換する政策のことで、銀行から見れば政府への定期預金 (国債) を日銀への普通預金(準備預金)に置き換えることになる。金利の引き下げではなく市中銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行う金融政策で、量的緩...

    ... 続きを読む

    日本銀行は民間商業銀行ではありません ~ 「日銀の債権」 と 「政府の債務」 の相殺

    日本銀行は民間商業銀行ではありません ~ 「日銀の債権」 と 「政府の債務」 の相殺

    本日のキーワード : 相殺、日銀の債権、政府の債務相殺 (そうさい)① 差し引いて、互いに損得がないようにすること。帳消しにすること。また、長所・利点などが差し引かれてなくなること。「貸し借りを―する」「それまでの実績が一度の失敗で―される」「それぞれの魅力を―し合う」② 二人が互いに相手方に対して同種の債権を有する場合、双方の債権を対当額だけ差し引いて消滅させること。☆米トレンドワードを解説「Let's Go,...

    ... 続きを読む

    財務官僚の言いなり ( = “聞く力” ) になっている 『パペット・キシダ』

    財務官僚の言いなり ( = “聞く力” ) になっている 『パペット・キシダ』

    本日のキーワード : 通貨発行益、中央銀行、国庫納付シニョリッジ (英: seigniorage, seignorage)、または通貨発行益 (つうかはっこうえき) とは、貨幣発行益、貨幣発行特権のことをいう経済用語。「セイニアーリッジ」 「シニョレッジ」 といった表記もされる。中央銀行のシニョリッジについては、銀行券の独占的発行という特権から得られる性格のものであることから、その利益を公共に還元すべきという考えがある。多くの...

    ... 続きを読む

    日本人の給料を上げるために、“日本銀行” がやらなければならないこと

    日本人の給料を上げるために、“日本銀行” がやらなければならないこと

    本日のキーワード : 物価水準目標、デフレ、日銀の過ちインフレターゲット (inflation targeting) とは、物価上昇率 (インフレ率) に対して政府・中央銀行が一定の範囲の目標を定め、それに収まるように金融政策を行うこと。類似政策として「物価水準目標」というのもある。こちらはある年の一般物価水準を基準として、それに決められた上昇率分を加えたものをターゲットにするもので、物価水準が目標未達成の場合は未達成...

    ... 続きを読む

    不換紙幣制度のもとで政府は 「インフレ」 を起こすことができるのに、それが起こってないのは、ただただ “やる気がない” から!

    不換紙幣制度のもとで政府は 「インフレ」 を起こすことができるのに、それが起こってないのは、ただただ “やる気がない” から!

    本日のキーワード : 不換紙幣、政府、インフレ不換紙幣 (ふかんしへい) とは本位貨幣 (正貨たる金貨や銀貨) との兌換が保障されていない法定紙幣 (英: Fiat Money) のことをいう。政府の信用で流通するお金であることから、信用紙幣 (英: Faith Money) とも呼ばれる。先進国が発行する紙幣は、ほぼ全て不換紙幣である。政府が、政策金利の調整や、徴税などによって通貨の流通量 (マネーサプライ) を管理し、インフレ...

    ... 続きを読む

    アイデンティティの混乱 ~ その根っこにあるのが “ユダヤ人” という存在

    アイデンティティの混乱 ~ その根っこにあるのが “ユダヤ人” という存在

    本日のキーワード : ユダヤ人、アイデンティティユダヤ人(ユダヤじん)は、ユダヤ教の信者 (宗教集団) またはユダヤ教信者を親に持つ者によって構成される宗教信者のこと。原義は狭義のイスラエル民族のみを指した。由来はイスラエル民族のひとつ、ユダ族がイスラエルの王の家系だったことからきている。ユダヤ教という名称は、ユダヤ教徒が多く信仰していた宗教であることによる。現在の調査では、全世界に 1,340 万を超え...

    ... 続きを読む

    カール・マルクスの外れた予言

    カール・マルクスの外れた予言

    本日のキーワード : ノストラダムスの大予言、マルクスの大予言、非科学ミシェル・ノストラダムス(Michel Nostradamus、1503年12月14日 - 1566年7月2日)は、ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。また料理研究の著作も著している。日本では 「ノストラダムスの大予言」 の名で知られる詩集を著した。彼の予言は、現在に至るまで非常に多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしている。『ミシェル・ノストラダ...

    ... 続きを読む

    「マルクス主義」 とは、一種の宗教上的信条なのです!

    「マルクス主義」 とは、一種の宗教上的信条なのです!

    本日のキーワード : 予見、社会主義、マルクス予見 (よけん) とは、事の起こる前にあらかじめ知ること。前もって知ること。予知。本日の書物 : 『自由と成長の経済学 「人新世」 と 「脱成長コミュニズム」 の罠』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、...

    ... 続きを読む

    カール・マルクスが望むもの 

    カール・マルクスが望むもの 

    本日のキーワード : 独裁、科学、社会主義独裁 (どくさい) : 統治権力が個人や特定の機関あるいは集団に集中し、その運用について責任を問う制度が消滅あるいは停止させられている政治形態。英語でdictatorship、ドイツ語でDiktaturなど。専制よりも広く、階級独裁、緊急独裁、一党独裁 (一党制) などの場合を含む。独裁は、権力の抑制を主眼とする自由主義とは対立する。ロシア革命以後、プロレタリアート独裁という概...

    ... 続きを読む

    「社会主義計画経済」 が必然的に行き着く “暗黒の未来”

    「社会主義計画経済」 が必然的に行き着く “暗黒の未来”

    本日のキーワード : 社会主義、部族社会、ゼロサムゲーム社会主義 (しゃかいしゅぎ) は個人主義的な自由主義経済や資本主義に反対し、あらゆる人々にとっての平等な社会という実現不可能な戯言 (たわごと) を追い求める思想、運動、体制を指す用語。政府が生産計画を支配する計画経済を実施し、政府の計画を実行するためには人権侵害も厭わない傾向にある事も特徴の 1 つである。本日の書物 : 『自由と成長の経済学 「人...

    ... 続きを読む

    ご存知ですか? 「社会主義の理念」 は、単なる “先祖返り” だということを。。。

    ご存知ですか? 「社会主義の理念」 は、単なる “先祖返り” だということを。。。

    本日のキーワード : 先祖返り、社会主義思想、部族社会、閉じた社会、前近代先祖返り (せんぞがえり、atavism)① 何代も前の先祖がもっていた遺伝上の形質が、突然その子孫のある個体に現れること。人間に尾が生じたり異常に毛が生えたりする類。帰先遺伝。② (比喩的に) 一度は廃れた技術や思想が、ふたたび取り上げられること。また、コンピューターで、データを更新する際に、何らかの理由で古いデータに書き換えられて...

    ... 続きを読む

    「労働力の商品化」 を否定する者は、どうしようもない “おバカ” なんです!

    「労働力の商品化」 を否定する者は、どうしようもない “おバカ” なんです!

    本日のキーワード : 対価、労働力の商品化、奴隷対価 (たいか) とは、財産・労力などを他人に与えまたは利用させた場合に、その報酬として受け取る財産上の利益。本日の書物 : 『自由と成長の経済学 「人新世」 と 「脱成長コミュニズム」 の罠』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な...

    ... 続きを読む

    人類全体の平和的な協力を可能にしたのが 『資本主義』

    人類全体の平和的な協力を可能にしたのが 『資本主義』

    本日のキーワード : 消費者主権、資本主義消費者主権(しょうひしゃしゅけん、英: consumer sovereignty)とは、経済活動において、生産者ではなく、消費者の側に主権がある、という概念。製造や流通は、消費者のために行われなければならず、消費者の事情を中心に据えて行われなければならない、とする考え方である。そして、消費者の側が主体的に製造者・流通業者を取捨選択する権利がある、と考える。本日の書物 : 『自由...

    ... 続きを読む

    Q.誰かの儲けは別の誰かの損? → ×  ~ 前近代の 「ゼロサムゲーム」 的発想

    Q.誰かの儲けは別の誰かの損? → ×  ~ 前近代の 「ゼロサムゲーム」 的発想

    本日のキーワード : ゼロサムゲーム、資本主義、ギブ・アンド・テイクゼロ和(ぜろわ、英: zero-sum)とは、複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況を言う。囲碁、将棋、オセロなどの二人対戦型のゲームは勝ちを+1、負けを-1、引き分けを0とすれば、ゼロ和ゲームに該当する。競馬・パチスロなどの賭博は、敗者から集めた資金を勝者で分け合うので、ゼロ和ゲームに該当す...

    ... 続きを読む

    “脱成長コミュニズム” は人々を 「貧困」 へと導く 『前近代的ゼロサム思想』 です!

    “脱成長コミュニズム” は人々を 「貧困」 へと導く 『前近代的ゼロサム思想』 です!

    本日のキーワード : 経済成長、脱成長コミュニズム、全体主義経済成長 (けいざいせいちょう) とは、一般には国民総生産 (GNP) という経済活動の総体の持続的拡大をいう。 増加率をもって表わされ、負の値をとることもある。 一国の産出高の成長は、(1) 人口または労働力の成長、(2) 資本の成長、(3) 技術進歩の 3 つの要因の合成された効果とみられる。本日の書物 : 『自由と成長の経済学 「人新世」 と 「脱成長コミュ...

    ... 続きを読む

    「閉ざされた社会」 の人間と “ゼロサムゲーム” 的発想 ~ 現代マルクス主義者が繰り返しているもの

    「閉ざされた社会」 の人間と “ゼロサムゲーム” 的発想 ~ 現代マルクス主義者が繰り返しているもの

    本日のキーワード : 開かれた社会、閉ざされた社会、権威主義開かれた社会(ひらかれたしゃかい)、オープン・ソサエティ (open society) とは、1932 年にフランス哲学者アンリ・ベルクソンから提唱されたコンセプトであり、その後第二次世界大戦中にイギリス哲学者カール・ポパーによって発達した。ポパーは、開かれた社会を、自然的で部族的な閉ざされた社会 (クローズド・ソサエティ) からの歴史的連続体として捉える立...

    ... 続きを読む

    人類が 「資本主義」 というシステムを採用した結果、どうなったの?

    人類が 「資本主義」 というシステムを採用した結果、どうなったの?

    本日のキーワード : 資本主義、経済成長、前近代の反資本主義者資本主義 (しほんしゅぎ、英: capitalism) は、国政によってよりも営利目的の個人的所有者たちによって貿易と産業が制御 (コントロール) されている、経済的・政治的システム。特に近現代の資本主義の根幹は、自由資本主義 ・ リベラルキャピタリズム (liberal capitalism) と呼ばれており、資本主義に基づく社会を 「資本主義社会」 という。資本主義は封建...

    ... 続きを読む

    資本主義の根本原理 = 「私的所有権」 ~ 繁栄のための資本主義、貧困と没落のための社会主義

    資本主義の根本原理 = 「私的所有権」 ~ 繁栄のための資本主義、貧困と没落のための社会主義

    本日のキーワード : 私的所有権、資本主義、集産主義 (社会主義、ナチス etc)私的所有権(してきしょゆうけん、英: private property)または私有権とは、個人 (自然人) または法人が持つ所有権である。その制度が私的所有制または私有制、私的所有された財産が私有財産である。私的所有権は、経済的自由権の 1 つである財産権の 1 つである。私的所有権を持つ個人や法人は原則として、対象の財産を自由に取得・保持・売買...

    ... 続きを読む

    かつて繁栄していた南米諸国 (例 : アルゼンチン) が 「貧困化」 した理由

    かつて繁栄していた南米諸国 (例 : アルゼンチン) が 「貧困化」 した理由

    本日のキーワード : 経済成長、資本主義、民主主義、自由主義アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、スペイン語: República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。2 度の世界大戦にいずれも直接関与せず、各国への農畜産品の輸出により大きな利益を得た 20 世紀半ばまでは、世界有数の富裕国であった。第二次世界大戦後、民族主義志向のフアン・ペロン政権 (左翼ファシス...

    ... 続きを読む

    ミクロ経済学で考える “囚人のジレンマ”

    ミクロ経済学で考える “囚人のジレンマ”

    本日のキーワード : 囚人のジレンマ、価格引き下げ競争囚人のジレンマ(しゅうじんのジレンマ、英: prisoners' dilemma)とは、ゲーム理論におけるゲームの1つ。お互い協力する方が協力しないよりもよい結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況では互いに協力しなくなる、というジレンマである。各個人が合理的に選択した結果(ナッシュ均衡)が社会全体にとって望ましい結果(パレート最適)にならない...

    ... 続きを読む

    ミクロ経済学で考える ~ なぜ赤字になるまで価格引き下げ競争をするの?

    ミクロ経済学で考える ~ なぜ赤字になるまで価格引き下げ競争をするの?

    本日のキーワード : 革命的サンディカリズム、マルクス主義、ファシズム革命的サンディカリズムとは、20 世紀初頭から 1930 年代にかけて、主にフランス、イタリア、スペイン、アルゼンチン、アメリカで展開された、共通の基本理念で結ばれた、国ごとに異なる方向性を持った多元的な労働組合運動のことである。革命的サンディカリズムの基本原則は、政党と国家の両方からのサンディカ(仏「Syndicat」(サンディカ):労働組合...

    ... 続きを読む

    ミクロ経済学で考える 「価格切り下げ競争」 ~ 客 (大衆) は馬鹿ではありません!

    ミクロ経済学で考える 「価格切り下げ競争」 ~ 客 (大衆) は馬鹿ではありません!

    本日のキーワード : 価格競争、寡占、寡頭制、デモクラシー価格競争(かかくきょうそう、英: price competition)とは、商品・サービスの市場における競争のうち、価格の安さを競うもの。「値引き競争」「値引き合戦」とも。価格競争が行われると、たいていは商品ごとの粗利が小さくなり、営業利益を押し下げ、しばしば企業の経営状態を悪化させ、ひどい場合は企業は赤字や倒産に陥る。競合企業の全てが価格競争にばかり注力す...

    ... 続きを読む

    ミクロ経済学で考える 「独占」 の崩壊 ~ ライバル出現!

    ミクロ経済学で考える 「独占」 の崩壊 ~ ライバル出現!

    本日のキーワード : 群集心理、大衆、自然集団心理(しゅうだんしんり)とは、群集状況のもとで醸成される、群集に特有な心理のこと。群集心理ともいう。群集研究は主として群集心理学として発展してきたといってよい。集合心理である点で、群集を構成する諸個人の精神や意識とは異なる次元の心理現象であるが、群集心理を個人の心理や意識を超越した、なにか神秘的な実体と考えるべきではない。群集心理は群集状況の場において...

    ... 続きを読む

    ミクロ経済学で考える 「独占」

    ミクロ経済学で考える 「独占」

    HUGE BREAKING EXCLUSIVE: Hunter Biden Has a PornHub Account Where He Uploaded His Personal Porn – Including with Family Member本日のキーワード : 二律背反、アンチノミー、ベーメ神智学二律背反(にりつはいはん、アンチノミー、独: Antinomie)とは、正命題、反命題のどちらにも証明できる矛盾・パラドックスのことである(しばしば勘違いされるが単なる矛盾・パラドックスではない)。字義通りには、二つの法則が現...

    ... 続きを読む

    エリート理論とマルクス主義

    エリート理論とマルクス主義

    本日のキーワード : エリート理論、ロベルト・ミヘルス、マルクス主義エリート理論とは、政治学や社会学において、現代社会の権力関係を説明するための国家論である。この理論では、経済エリートや政策立案ネットワークのメンバーからなる少数派が最も大きな権力を握っており、この権力は民主的な選挙とは無関係であると考えられている。「エリート」とは、企業内での地位や取締役会への参加、財団への資金援助やシンクタンク・...

    ... 続きを読む

    【 定理 】 マルクス主義者 + エリート論者 + ファシスト = 「 極左おパヨク」

    【 定理 】 マルクス主義者 + エリート論者 + ファシスト = 「 極左おパヨク」

    本日のキーワード : 主意主義、決定論、マルクス主義者、ファシスト主意主義(しゅいしゅぎ、英: voluntarism)とは、人間の精神(魂)中で、意志の働きを(知性・理性や感情よりも)重視する哲学・神学・心理学・文学上の立場のこと。知性・理性の働きを重視する主知主義(英: intellectualism)や、感情の働きを重視する主情主義(英: emotionalism)と対置される。ただし、これはあくまでも相対的な立ち位置を表現するもので...

    ... 続きを読む

    米国保守派に対するボナパルティズム

    米国保守派に対するボナパルティズム

    本日のキーワード : ボナパルティズム、寡頭制の鉄則ボナパルティズム(フランス語: Bonapartisme)とは、本来の意味は、ナポレオン ・ボナパルト (ナポレオン1世) によるフランス第一帝政の崩壊以後に活発化した政治運動で、国民の支持でフランスの支配者に選ばれたナポレオンとその一族を再びフランス皇帝に据えようとする運動を指す。ボナパルト家支持者たちはボナパルティスト (Bonapartiste) と呼ばれる。より広い意味で...

    ... 続きを読む