FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 支那

    日本語と北京語の決定的な違い ~ 台湾人親子の絆を引き裂いた “北京語の強制”

    日本語と北京語の決定的な違い ~ 台湾人親子の絆を引き裂いた “北京語の強制”

    ☆Nude parties, prostitutes and pedophiles: Scandalous revelation from Bill Gates’ biographer本日のキーワード : 北京語、台湾語、広東語、日本語北京語(ペキンご、英: Beijing dialect, Pekingese)は、中国の北京で話される中国語の方言。中華民国では北平語などと呼ばれたこともある。北方方言に属する。普通話、国語、華語などと呼ばれる現代標準中国語は北京の発音を基本としており、これを俗に北京語と呼ぶ場合もあ...

    ... 続きを読む

    毛沢東が考え出した恐るべき国民国家・改造計画 = ジェノサイド

    毛沢東が考え出した恐るべき国民国家・改造計画 = ジェノサイド

    本日のキーワード : ジェノサイド、毛沢東、チベット、モンゴル、ウイグルジェノサイド(Genocide)は、国家あるいは民族・人種集団を計画的に破壊すること。ジェノサイド条約第2条によれば、国民的、人種的、民族的、宗教的な集団の全部または一部を破壊する意図をもって行われる行為のこと。集団殺害。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    民族自決 ~ 中国の崩壊が始まるのは、チベットやモンゴルやウイグルを外国と認めさせたとき

    民族自決 ~ 中国の崩壊が始まるのは、チベットやモンゴルやウイグルを外国と認めさせたとき

    本日のキーワード : 民族自決、国民国家、チベット、モンゴル、ウイグル民族自決(みんぞくじけつ、self-determination)とは、各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利。民族自決権ともいう。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディ...

    ... 続きを読む

    清朝皇帝が、モンゴル人からはいっさい税金を取らなかった理由とは?

    清朝皇帝が、モンゴル人からはいっさい税金を取らなかった理由とは?

    本日のキーワード : ソウル・アリンスキー、極左活動家、バラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、九条の会ソウル・アリンスキー (Saul David Alinsky ,1909年1月30日 - 1972年6月12日)は、アメリカのコミュニティ・オーガナイザー及び作家。近代における住民組織化という社会運動の手法の創設者であり、1960年代に盛んになった草の根運動(グラスルーツ運動)の基礎を作った人物。アリンスキーの住民組織化(コミュニティ・オ...

    ... 続きを読む

    “同じ言語” と “同じ歴史” を共有する国民というものが存在しない 「中国」

    “同じ言語” と “同じ歴史” を共有する国民というものが存在しない 「中国」

    本日のキーワード : 共有、言語、歴史、中国共有(きょうゆう) : 一つの物を二人以上が共同で持つこと。☆Rep. Comer points out 100 failures in President Biden’s first 100 days本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し...

    ... 続きを読む

    日本のような純粋度の高い国民国家は存在しない、ということを知らない日本人

    日本のような純粋度の高い国民国家は存在しない、ということを知らない日本人

    本日のキーワード : 純粋、日本人、日本、国民国家純粋(じゅんすい) :① まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。また、そのさま。「純粋な(の)アルコール」「純粋な(の)秋田犬」② 邪念や私欲のないこと。気持ちに打算や掛け引きのないこと。また、そのさま。「少年の頃の純粋な気持ち」「純粋な愛」③ そのことだけをいちずに行うこと。ひたむきなこと。また、そのさま。「学問に対する純粋な情熱」「...

    ... 続きを読む

    すでに 「日本人」 という国民が成立していたのは、いつ頃のことでしょうか?

    すでに 「日本人」 という国民が成立していたのは、いつ頃のことでしょうか?

    本日のキーワード : 国民、日本人、国民国家、アイデンティティ国民(こくみん、英語: Nationals)は、国の民を表す単語である。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、こ...

    ... 続きを読む

    いま再び、中国の命運はまさに尽きようとしてる ~ “国民国家” に成れない中国の致命的な脆弱性

    いま再び、中国の命運はまさに尽きようとしてる ~ “国民国家” に成れない中国の致命的な脆弱性

    本日のキーワード : 脆弱、中国、国民国家脆弱(ぜいじゃく) : 身体・組織・器物などがもろくて弱いこと。また、そのさま。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この...

    ... 続きを読む

    フランス革命が作り上げた “幻想” 

    フランス革命が作り上げた “幻想” 

    本日のキーワード : ナシオン、国民国家Nation (university)Student nations or simply nations (Latin: natio meaning "being born") are regional corporations of students at a university. Once widespread across Europe in medieval times, they are now largely restricted to the oldest universities of Sweden and Finland, in part because of the violent conflicts between the nations in university towns in o...

    ... 続きを読む

    フランス革命と、アメリカの独立によって、初めて発生した “システム”

    フランス革命と、アメリカの独立によって、初めて発生した “システム”

    本日のキーワード : state、国家、共和国、国民国家state : (立っている)状態。個人の(立っている)「状態」を表すほか、自治権のある(独立している)「国家」「州」も表す。☆【第45代トランプ大統領声明】「Twの株価が15%下落した。投資家のためにならなくなってきたからだ。これから群がってサイトを離れる」/J・ミラー氏「新しいPFの時間だ」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人...

    ... 続きを読む

    中国が未だに手に入れることができない「国民国家」という武器

    中国が未だに手に入れることができない「国民国家」という武器

    本日のキーワード : 国民国家、中国、イタリア国民国家(こくみんこっか、英: Nation-state、仏: État-nation、独: Nationalstaat)とは、国家内部の全住民をひとつのまとまった構成員(=「国民」)として統合することによって成り立つ国家。領域内の住民を国民単位に統合した国家そのものだけではなく、それを主権国家として成立する国家概念やそれを成り立たせるイデオロギーをも指している。本日の書物 : 『この厄介な国...

    ... 続きを読む

    中国や朝鮮といった儒教の国々が「パクリ」の国である理由 ~ そもそも儒教も「パクリもの」だったから

    中国や朝鮮といった儒教の国々が「パクリ」の国である理由 ~ そもそも儒教も「パクリもの」だったから

    本日のキーワード : 太極図、儒教、道教、朱子学太極図(たいきょくず、英: Yin Yang)は、太極を表すための図案。陰陽太極図や陰陽魚とも呼称される。『易経』繋辞上伝にある「易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず(易有太極、是生兩儀、兩儀生四象、四象生八卦)」に由来し、宋易(宋代から興起した朱子学系統の易学)や道教において重視された。陰陽魚太極図太極旗本日の書物 : 『この厄介...

    ... 続きを読む

    道教と 『老子』  ~ その本当の関係は?

    道教と 『老子』  ~ その本当の関係は?

    本日のキーワード : 老子、道教、秘密結社、文字老子道徳経(ろうしどうとくきょう) は、中国の春秋時代の思想家老子が書いたと伝えられる書。単に『老子』とも『道徳経』とも表記される。また、老子五千言・五千言とも。『荘子』と並ぶ道家の代表的書物。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し...

    ... 続きを読む

    一番は「おカネ」、二番は「家族(但し嫁除く)」、哀れな国家は三番目、それが中国人

    一番は「おカネ」、二番は「家族(但し嫁除く)」、哀れな国家は三番目、それが中国人

    本日のキーワード : 五斗米道、道教、魏五斗米道(ごとべいどう)は、後漢末に太平道に少し遅れて、張陵(張道陵とも)が、蜀郡の成都近郊の鶴鳴山(あるいは鵠鳴山とも、現在の四川省成都市大邑県)で『老子道徳経』を基本にして起こした道教教団。2代目の張衡の死後、蜀郡では巴郡の巫である張脩の鬼道教団が活発化した、益州牧の劉焉の命で、3代目の張魯とともに漢中太守蘇固を攻め滅ぼしたが、後に張魯が張脩を殺害してそれ...

    ... 続きを読む

    道教の源流

    道教の源流

    本日のキーワード : 太平道、道教、黄巾の乱太平道(たいへいどう)は、後漢末の華北一帯で民衆に信仰された道教の一派。『太平清領書』を教典とし、教団組織は張角が創始した。教団そのものは黄巾の乱を起こしたのち、張角らの死を以て消滅した。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けてい...

    ... 続きを読む

    三国志にも出てくる “秘密結社” ~ 桃園の誓い

    三国志にも出てくる “秘密結社” ~ 桃園の誓い

    本日のキーワード : 秘密結社、アメとムチ、血の契桃園の誓い(とうえんのちかい)は、桃園結義(とうえんけつぎ)とも称され、『三国志演義』などの序盤に登場する劉備・関羽・張飛の3人が、宴会にて義兄弟(長兄・劉備、次兄・関羽、弟・張飛)となる誓いを結び、生死を共にする宣言を行ったという逸話のことである。明代版『三国志演義』からの「桃園の誓い」の挿絵。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワ...

    ... 続きを読む

    「道教」 は、老子の教えに基づいたものではなく、長い歴史を持つ “秘密結社” です!

    「道教」 は、老子の教えに基づいたものではなく、長い歴史を持つ “秘密結社” です!

    本日のキーワード : 秘密結社、イルミナティ、道教秘密結社(ひみつけっしゃ)とは、結社の一形態。一般に団体結社の存在や、組織内の活動などを外部の人間に対して秘匿しているクラブや団体、会を指す。秘密結社とは、結社の存在そのものが構成員により秘匿される、又は、結社の存在は公になっていても、その構成員であることが、組織や構成員自身の許諾によらないで、第三者等により公開されることが禁じられている組織、ある...

    ... 続きを読む

    ほとんどの日本人が知らない “儒教の本来の姿”

    ほとんどの日本人が知らない “儒教の本来の姿”

    本日のキーワード : 以和爲貴、十七条憲法、聖徳太子、アイデンティティ以和爲貴(和を以て貴しと為す)とは、「皆で仲良くやりなさいよ」だとか「角をたてずにみんな仲良く」という意味ではなく、「立場や価値観の違いは尊重した上で、共通の目標のために力を出し合う」、「納得のいくまで、とことん話し合う」という意味。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わ...

    ... 続きを読む

    中国は儒教の国、という間違った思い込み

    中国は儒教の国、という間違った思い込み

    本日のキーワード : 個体主義、個人主義、全体主義、アイデンティティ個体主義(こたいしゅぎ)とは、世界は個体からなり、それらだけが真実在であって、普遍的なものは第二義的、非本質的なものにすぎないとする立場。個体を個々人ととれば、個人主義を意味する。個人主義(こじんしゅぎ、英: individualism、仏: individualisme)とは、国家や社会の権威を否定して個人の権利と自由を尊重する立場。あるいは共同体や国家、民...

    ... 続きを読む

    日本人の中国理解がいっこうに深まらない最大の原因

    日本人の中国理解がいっこうに深まらない最大の原因

    本日のキーワード : 先入観、漢文、中国人先入観(せんにゅうかん)は、対象認識において、誤った認識や妥当性に欠ける評価・判断などの原因となる知識、または把握の枠組みを言う。そこから脱するには、すべての不確実なものを一度は疑うべきだとデカルトは述べている。人間は、通常、直接に対象に出会う以前に、他者の言葉とか、メディアの風説、書物などから得た、不十分な知識や、そこから導かれる対象に対する態度・把握の...

    ... 続きを読む

    グルメな中国人にとって非常にポピュラーなこと

    グルメな中国人にとって非常にポピュラーなこと

    本日のキーワード : グルメ、中国人、食人食通(しょくつう)とは、料理の味や料理の知識について詳しいこと。またそれを詳しく知っている人物のことである。フランス語を用いてグルメ (gourmet) ともいわれる。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場...

    ... 続きを読む

    日本の庶民階層と中国の庶民階層との違い

    日本の庶民階層と中国の庶民階層との違い

    本日のキーワード : 庶民、日本人、中国人庶民(しょみん)とは、人口の多数を占める一般的な人々のことである。庶民には、通例、平民などが該当し、貴族などの特権階級に対して、一般階級の人々を指すことが多い。現代社会においては、一般市民とも呼ばれることも多い。また庶民と言う言葉を大衆と同義で用いられることもあるが、厳格に区別して用いられることもある。庶民は、風俗の担い手でもあり、民俗学や文化人類学などに...

    ... 続きを読む

    ただひたすらに “模倣” を繰り返す中国人が持つ、その世界観

    ただひたすらに “模倣” を繰り返す中国人が持つ、その世界観

    本日のキーワード : 模倣、創造、文化模倣(もほう)とは、・他のものをまねること。似せること。・他者の行動と同様・同類の行動をとること。学習、さまざまな技能の習得、社会的流行など、多くのことが基本的にこのかたちをとる。 対義語は創造。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けてい...

    ... 続きを読む

    20世紀になるまで、自前の「文字」がなかった中国人

    20世紀になるまで、自前の「文字」がなかった中国人

    本日のキーワード : 文字、漢字、ひらがな、カタカナ文字(もじ)とは、言葉・言語を伝達し記録するために線や点を使って形作られた記号のこと。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要がありま...

    ... 続きを読む

    「漢文 = 中国語」 と勘違いしている日本人

    「漢文 = 中国語」 と勘違いしている日本人

    本日のキーワード : 漢籍、漢文、漢字、中国語漢籍(かんせき)とは、中国において著された書籍であり、日本で著された和書(国書)に対応する分類として用いられる。漢書(かんしょ、からぶみ)とも言う。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立...

    ... 続きを読む

    「日本」「日本人」というアイデンティティが誕生したのは、いつ頃でしょうか?

    「日本」「日本人」というアイデンティティが誕生したのは、いつ頃でしょうか?

    本日のキーワード : 団結、アイデンティティ団結(だんけつ)とは、多くの人が共通の目的のために一つにまとまること。「チームの団結が固い」「団結して中国と闘う」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を...

    ... 続きを読む

    建国以来、20世紀に入るまで日本は、中国と正式に国交を持ったこともありませんし、持とうと思ったこともありません!

    建国以来、20世紀に入るまで日本は、中国と正式に国交を持ったこともありませんし、持とうと思ったこともありません!

    本日のキーワード : 主体思想、主体、チュチェ、アイデンティティ主体思想(しゅたいしそう)またはチュチェ思想(チュチェしそう)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)及び朝鮮労働党が創作した架空の “アイデンティティ” である。「主体(チュチェ)」は、哲学およびマルクス主義の用語の日本語である「主体」を朝鮮語に変換したもので、さらに北朝鮮では歴史的に支那の属国であり続けたこともあり「自主独立」や「自立精...

    ... 続きを読む

    日本人は中国や中国人のことをなにも知らない

    日本人は中国や中国人のことをなにも知らない

    本日のキーワード : 構築主義、アイデンティティ構築主義(constructionism)とは、現実に存在していると考えられる対象や現象は、客観的もしくは物理的に存在しているのではなく、人々の認識によって社会的に構築されていると考える社会学の理論的立場。社会構築主義、構成主義、社会構成主義ともいう。たとえば、多くの人々は「地球は丸い」ということを体験的に確認しているわけではなく、物理的計算や史実に基づいて共有さ...

    ... 続きを読む

    現代まで受け継がれている支那伝統の “朝貢(ちょうこう)” ~ 権力者による 「国内向けのコマーシャル」

    現代まで受け継がれている支那伝統の “朝貢(ちょうこう)” ~ 権力者による 「国内向けのコマーシャル」

    本日のキーワード : 演出、コマーシャル、中国、朝貢演出(えんしゅつ)とは、物事を表現するときに、それを効果的に見せること。またはその役割を担当する者のこと。また、機械などの動作の装飾的な動きも演出と呼ばれる。☆「朝貢」 Wikipedia本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています...

    ... 続きを読む

    もしも、13億人の中国人が一緒になったら、どうなるの? ~ 日本人と中国人では結果がまったく異なる『三本の矢』

    もしも、13億人の中国人が一緒になったら、どうなるの? ~ 日本人と中国人では結果がまったく異なる『三本の矢』

    本日のキーワード : 三本の矢、中国人、日本人三子教訓状(さんしきょうくんじょう)は、中国地方の戦国大名・毛利元就が1557年(弘治3年)に3人の子(毛利隆元・吉川元春・小早川隆景)に書いた文書。(三矢の教え)晩年の元就が病床に伏していたある日、隆元・元春・隆景の3人が枕許に呼び出された。元就は、まず1本の矢を取って折って見せるが、続いて矢を3本を束ねて折ろうとするが、これは折る事ができなかった。そして元...

    ... 続きを読む

    いわゆる “中国語” の実態は、てんでばらばら(笑)

    いわゆる “中国語” の実態は、てんでばらばら(笑)

    本日のキーワード : 言語、中国語言語(げんご)とは、ある特定の集団が用いる、音や文字による事態の伝達手段のこと。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を...

    ... 続きを読む

    「ありがとう」 ~ 中国人社会で他人には絶対使うことがない言葉

    「ありがとう」 ~ 中国人社会で他人には絶対使うことがない言葉

    本日のキーワード : 他人、敵、中国人、「ありがとう」他人(たにん) :1 つながりのない人。2 ほかの人。自分以外の人。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    4月27日にRCEPがどうなるか決まります。
    もし日本が加入することになれば、外国人がどんどん押し寄せて日本は内側から崩壊します。
    そうならないよう、今、必死でメール、電話、FAXをしています。

    同じ移民でありながら、アメリカ化する人々とアメリカ化しない人々

    同じ移民でありながら、アメリカ化する人々とアメリカ化しない人々

    本日のキーワード : アメリカ化、移民、黒人、中国人アメリカニゼーションまたはアメリカナイゼーション(英: Americanization)とは、世界各国が政治、経済、社会、文化の各面が、アメリカ合衆国のようになる現象である。また、米国のメディア、食習慣、商習慣、大衆文化、テクノロジーを模倣したり嗜好したりする現象もいう。日本語ではアメリカ化や米国化と呼ばれることが多い。アメリカ化する現象・行為を和製英語で「アメ...

    ... 続きを読む

    古い「漢族」、新しい「漢族」 ~ 今から1800年前に地球上から姿を消した人々

    古い「漢族」、新しい「漢族」 ~ 今から1800年前に地球上から姿を消した人々

    本日のキーワード : 絶滅、漢族、三国時代、騎馬民絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物種の全ての個体が死ぬことによって、その種が絶えること。種全体に対してではなく個体群に対して用いることもある。ただし野生のものも含めて全ての個体の死亡を確認するのは難しく、絶滅したとされた種の個体が後になって生存を確認されることもある。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史...

    ... 続きを読む

    学校では決して教えてもらえない、“三国時代”の実態(笑)

    学校では決して教えてもらえない、“三国時代”の実態(笑)

    本日のキーワード : 三国志、黒人、米民主党政権三国志(さんごくし、三國志)は、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史である。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客...

    ... 続きを読む

    「国家概念」も「民族概念」も持たなかった中国の民衆たち

    「国家概念」も「民族概念」も持たなかった中国の民衆たち

    本日のキーワード : アイデンティティ、国家、民族、人種アイデンティティとは自己と同一化している要素の事である。国語等で扱われるアイデンティティの喪失とは、その要素が無くなることである。 また、さまざまな立場における自分自身の在り方について、「これがほかならぬ自分なのだ」というまとまりをもった確信のことである。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校...

    ... 続きを読む

    “中国”とは、一次元世界の仮想国家のことなんです(笑)

    “中国”とは、一次元世界の仮想国家のことなんです(笑)

    本日のキーワード : 一次元、点、線、中国1 次元(いちじげん、一次元)は、空間の次元が 1 であること。次元が 1 である空間を 1 次元空間と呼ぶ。なおここでいう空間とは、物理空間に限らず、数学的な一般の意味での空間であり、さまざまなものがある。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続...

    ... 続きを読む

    領民もいないし、領地も存在しないのが中国の皇帝

    領民もいないし、領地も存在しないのが中国の皇帝

    本日のキーワード : 領地、領民、中国皇帝領地(りょうち)とは、一般的に封建制社会において、領主が知行する土地を指す。領民(りょうみん)とは、その領地に居住し支配される人民。属民。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識...

    ... 続きを読む

    中国皇帝 = 市場(いちば)のボス、中国国家 = 市場(いちば)の寄せ集め

    中国皇帝 = 市場(いちば)のボス、中国国家 = 市場(いちば)の寄せ集め

    本日のキーワード : 市場、都市、国家、皇帝市場(いちば、しじょう、英: market、 マーケット)とは、定期的に人が集まり商いを行う場所、あるいは、この市場(いちば)における取引機構に類似した社会機構の概念を指す。「市(いち)」「市庭」とも言う。本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し...

    ... 続きを読む

    「農村集落が発展した結果、都市が成立した」というのはウソ。 「まず都市が成立し、しかるのちに周辺に農村が誕生した」というのがホント。

    「農村集落が発展した結果、都市が成立した」というのはウソ。 「まず都市が成立し、しかるのちに周辺に農村が誕生した」というのがホント。

    本日のキーワード : 嘘、偽り、フェイク、“バイデン政権”嘘(うそ)とは、事実ではないこと。人間をだますために言う、事実とは異なる言葉。偽りとも。嘘とは事実に反する事柄の表明であり、特に故意に表明されたものを言う。嘘の意を含む「ガセ」とは、一部の業界で使用されていた元隠語が一般に普及したものであり、もともとは「偽物」のことである。アウグスティヌスは『嘘をつくことについて』(395年)と『嘘をつくことに...

    ... 続きを読む

    「中国歴代王朝」は、現代日本人が思うような意味での「国家」ではありませんでした(笑)

    「中国歴代王朝」は、現代日本人が思うような意味での「国家」ではありませんでした(笑)

    本日のキーワード : 商社、王朝、皇帝、流通システム商社(しょうしゃ)とは、輸出入貿易ならびに国内における物資の販売を業務の中心にした、商業を営む業態の会社である。幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と特定の分野に特化した専門商社に区分される。広義の卸売業である。特に総合商社は日本特有の形態とされ、海外においても「Sogo shosha」と呼ばれる。「商社」という言葉は、幕末期の幕臣小栗忠順が英語の「compa...

    ... 続きを読む

    中国人にとって、外交も戦争も、すべては個人の欲望達成のための道具にしかすぎません!

    中国人にとって、外交も戦争も、すべては個人の欲望達成のための道具にしかすぎません!

    本日のキーワード : 排日移民法、白人種、非白人種、二元論排日移民法(はいにちいみんほう)は、1924年7月1日に施行されたアメリカ合衆国の法律の日本における通称である。正確には1924年移民法(Immigration Act of 1924)、またはジョンソン=リード法(Johnson–Reed Act)であり、日本人移民のみを排除した法律ではない。この法律では、各国からの移民の年間受け入れ上限数を、1890年の国勢調査時にアメリカに住んでいた各...

    ... 続きを読む

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    日本人と中国人の人生哲学の差異

    本日のキーワード : 贖罪(しょくざい)ヨム・キプル(英語: Yom Kippur)または贖罪の日(しょくざいのひ)は、レビ記16章に規定されるユダヤ教の祭日。ユダヤ教における最大の休日の1つである。ユダヤ暦でティシュレー月10日にあたり、ザドク暦では第七のホデシュの10日で、グレゴリオ暦では毎年9月末から10月半ばの間の1日にあたる。前夜の日没時にコル・ニドレイが唱えられ、これがヨム・キプルの始まりを告げる。ユダヤ教...

    ... 続きを読む

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    世界広しといえども、それは中国だけなんです!

    本日のキーワード : 分断、分裂、アイデンティティ分断(ぶんだん)とは、一つにつながっているものを分かれ分かれに切り離すこと。「がけ崩れで鉄道が分断される」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判...

    ... 続きを読む

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    「中国人の行動原理」が理解できない“どアホ”の典型例 ~ 「東大法学部卒 ∩ 大蔵官僚」

    本日のキーワード : 阿呆、痴呆阿呆(あほう、あほ)とは、日本語で愚かであることを指摘する罵倒語、侮蔑語、俗語。近畿地方を中心とした地域でみられる表現で、関東地方などの「馬鹿」、愛知県などの「タワケ」、石川県・富山県・島根県出雲地方などの「ダラ」に相当する。行動の愚かさだけでなく、学のなさなどもさす。「阿呆」は「馬鹿」とともによく使われる言葉だが、まったく同じ意味ではない。例えば、「学者馬鹿」とい...

    ... 続きを読む

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    中国共産党 対 中国人民解放軍

    本日のキーワード : 中国人民解放軍、中国共産党、二重意識中国人民解放軍(ちゅうごくじんみんかいほうぐん、 英語: People's Liberation Army)は、中国共産党が指導する中華人民共和国の軍隊である。憲法第93条第1項では、「国家中央軍事委員会が全国の武装力を領導する」としているが、一方で憲法前文に中国共産党が国家を領導することが謳われており、また国防法では、「中華人民共和国の武装力は中国共産党の領導を受ける...

    ... 続きを読む

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    報道機関・メディアの「フェイクニュース(偽ニュース)」と、「フェイクプレジデント(偽大統領)」のペド・バイデン(⌒∇⌒)

    本日のキーワード : 虚偽報道、捏造報道、フェイクニュース虚偽報道(きょぎほうどう)とは、マスメディア等において事実と異なる情報を報道すること、またはそのような報道そのものを指し示す。朝日新聞などでよく見られる、初めから虚偽であることを認識した上で行う架空の報道や、推測を事実のように報道するなど、故意のものについては捏造報道という。英語では fake news と言うが、日本語で「フェイクニュース」「偽ニュ...

    ... 続きを読む

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    中国人が、書かないこと・語らないことこそが非常に重要なんです!

    本日のキーワード : 指桑罵槐、中国人、行動原理、兵法指桑罵槐(しそうばかい)は、中国の兵法書「三十六計」の計略の一つである。三十六計中の二十六計にあたり、味方に対して行う計略だとされている。書き下して「桑を指(さ)して槐(エンジュ)を罵(ののし)る」ともいう。桑の木をさして槐(エンジュ)の木を罵る、と言う意味で、「三十六計」には、「強者が弱者を屈服させるときに警告する方法」とされている。すなわち...

    ... 続きを読む

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    未だに存在しつづけている、「中国や中国人に “ 幻想 ” を抱く」、まことに哀れな日本人

    本日のキーワード : 幻想、一衣帯水、同文同種幻想(げんそう)とは、現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。「幻想を抱く」「戦争のない未来を幻想する」本日の書物 : 『この厄介な国、中国』 岡田 英弘 ワック戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認...

    ... 続きを読む

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    日中間の関係は、“ 短い付き合い ” でしかありません(笑)

    ☆『日本外交文書デジタルアーカイブ 大正2年(1913年) 第2冊』 外務省HP本日のキーワード : 国交、国家承認国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家の承認を前提として行われ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    日本以外の国は中国のことを「シナ」「チャイナ」などと呼んでいますよね。
    そもそも「中国」と言うのは日本の中国地方のこと。
    中共は自分たちを「世界の中心」と言う意味で、戦争に負けた日本だけに「中国」という呼び方を強制しているのです。
    (韓国と北朝鮮は知りません。元々属国でしたから)
    中国は戦争に勝ったのではなく、日本は戦争を終わらせたのであって負けたのではない。
    早く戦後を終わらせ、真に独立して、中国を「支那」と呼びたいものです。

    ところで、今、「シナ」で変換しようとして、「支那」が出て来ませんでした。
    これはおかしいです!