FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > ユダヤ

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    インターナショナル ~ 国家と国家の間

    本日のキーワード : インター、インターナショナル、プロレタリアートインター(inter-) は、中、〜間、相互を意味するラテン語の接頭辞であり、インターはその英語読みである。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、...

    ... 続きを読む

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    そして再び、調和の保たれた時代へ

    本日のキーワード : ヘーゲルの“分裂”、マルクスの「二元論」調和(ちょうわ) : 全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。「調和を保つ」「周囲と調和のとれた建造物」「精神と肉体が調和する」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、...

    ... 続きを読む

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    ロシア革命(ロシア・クーデター)の本質

    本日のキーワード : クーデター、ロシア革命クーデター(仏: coup d'État)は、一般に暴力的な手段の行使によって引き起こされる政変を言う。フランス語で「国家の一撃」もしくは「国家に対する打撃」を意味し、発音は(ク・デタ) である。日本語では「クーデタ」や「クー・デ・タ」と表記することもある。英語では単に「coup」(クー)と表記されることが多い。中国語では「政変」という。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺...

    ... 続きを読む

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    一神教に典型的な“宗教的二元論”に他ならないマルクス主義 ~ 世の中はもっと多元的で多様なのですが(笑)

    本日のキーワード : 訓詁、二元論、カール・マルクス訓詁学(くんこがく)または訓詁とは、主に儒学の下位分野で、儒教の経典(経書)に出てくる語句の意味を解釈・説明する行為をさす。具体的には、経典の注釈書を著したり、経典の言語(古代漢語)の辞書を編纂したりする行為をさす。典型的には「A、B也」「A者B也」(AとはBという意味である)という形をとる。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復...

    ... 続きを読む

    レーニンは“革命家”ではありません!

    レーニンは“革命家”ではありません!

    本日のキーワード : 煽戦家、レーニン、革命、戦争『帝国主義論』(ていこくしゅぎろん)は、ロシアの革命家煽戦家ウラジーミル・レーニンの著作。1916年にチューリヒで執筆され、1917年に初版が刊行された。正式名称は『資本主義の最高の段階としての帝国主義(平易な概説)』(ロシア語: Империализм, как высшая стадия капитализма (популярный очерк))。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻...

    ... 続きを読む

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    マルクスの『資本論』の根本思想 ~ 私有財産の奪取という思想

    本日のキーワード : 私有財産、搾取、剰余価値説シュルハン・アルーフ(Shulchan Aruch、ヘブライ語: שֻׁלְחָן עָרוּך‎ [ʃulˈħan ʕaˈʁuχ]、「用意されたテーブル」を意味する)は、ユダヤ教における様々な法典の中でも最も広く参照されている書物。1563年にヨセフ・カロによってオスマン帝国領パレスチナのツファット(現在はイスラエル領)で著され、その2年後にヴェネツィアで出版された。シュルハン・アルーフ本日の書物 :...

    ... 続きを読む

    「おバカ」な「おパヨク」の“奇妙な発想”の素 = 唯物史観、二元論、終末論

    「おバカ」な「おパヨク」の“奇妙な発想”の素 = 唯物史観、二元論、終末論

    本日のキーワード : 終末論、唯物史観、二元論終末論(しゅうまつろん、英語: eschatology)は、歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもあるという考え方。目的論という概念の下位概念。社会が政治的、経済的に不安定で人々が困窮に苦しむような時代に、その困窮の原因や帰趨を、神や絶対者の審判や未来での救済に求めようとするのは、どこの文化でも宗教一般に見られ、ユダヤ教からキリスト教、イスラム教、ゾロ...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    二元論は一神教とも関係しているのでしょうか?
    ○○教徒にあらずば人にあらず、という考え方は、
    「(A)でなければ、-(A)しかない」という両極論につながる気がします。
    八百万の神を信じる日本人とは相容れなかったのでは。
    日本の左翼に純粋日本人が少ないのも、それと関係あるのでしょうか。


    国境廃止という考え方は、前近代の野蛮人の考え方そのものです(笑)

    国境廃止という考え方は、前近代の野蛮人の考え方そのものです(笑)

    本日のキーワード : 国境、バイデン&ハリス側政権、国家転覆国境(こっきょう)とは、国家の領域の境目、境界のことである。古来より、国家領域の周囲はフロンティアとして曖昧にされていたが、1648年のヴェストファーレン条約以降、主権国家は明確な領域を持つこととされ、地球の連続的な広がりを有界化して、バウンダリーとしての国境線が地表上にひかれることとなった。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝り...

    ... 続きを読む

    「真理(Truth)」そのものである現トランプ政権と、「真理」に背くバイデン&ハリス側の擬似政権

    「真理(Truth)」そのものである現トランプ政権と、「真理」に背くバイデン&ハリス側の擬似政権

    本日のキーワード : 真理(Truth)、タブー、アンタッチャブル真理(しんり、英: truth)は、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤りなく認識されたことのあり方。真実とも。西欧哲学において、真理論(英語: truth theory, theory of truth)は論理学や認識論においてとりわけ主題化される。真理は、現実や事実と異なり、妨害・障害としての虚偽・誤謬を対義語としており、露わさ、明らかさ、隠れなさ...

    ... 続きを読む

    秘密結社や陰謀に関わっていたブランキストに連なるのがウラジミール・レーニンです!

    秘密結社や陰謀に関わっていたブランキストに連なるのがウラジミール・レーニンです!

    本日のキーワード : ブランキズム、一揆主義、レーニン、陰謀ブランキズム(blanquisme)は、一揆主義またはプッチズム(putchism)とも言い、客観的条件を考慮することなく、少数集団による直接行動を経て権力奪取を企図する思想と行動を言う。この系譜はフランス革命におけるフランソワ・ノエル・バブーフから発し、1830年、1848年の両革命と1871年のパリ・コミューンに加わったルイ・オーギュスト・ブランキの思想に連なって...

    ... 続きを読む

    ふたつの政権 ~ ペド・バイデン&カマラ・ハリス側のアメリカ社会が目指すもの

    ふたつの政権 ~ ペド・バイデン&カマラ・ハリス側のアメリカ社会が目指すもの

    ☆Here Are The 3 Hidden Figures That Are Really Running the Biden Presidency (これが実際にバイデン大統領を運営している3人の隠された人物です)本日のキーワード : 国家と革命、レーニン、バイデン側政権『国家と革命』(こっかとかくめい、ロシア語: ГОСУДАРСТВО И РЕВОЛЮЦИЯ)は、ウラジーミル・レーニンが1917年に執筆した政治に関する著作である。レーニンが『国家と革命』を執筆したのは、2月革命後のボリシェヴィキ...

    ... 続きを読む

    わすか5年で1000万人の死者を生み出したレーニン、わずかひと月で10万人の死者を生み出したバイデン 

    わすか5年で1000万人の死者を生み出したレーニン、わずかひと月で10万人の死者を生み出したバイデン 

    『ロシアの農奴解放の日 — 自由な労働は国家の基盤である』 アルフォンス・ミュシャ本日のキーワード :ボリシェビキ革命、、十月革命、レーニン十月革命(じゅうがつかくめい)は、ロシア革命の一局面。ユリウス暦の1917年10月25日(現在のグレゴリオ暦の11月7日)、ロシアの首都ペトログラード(後のレニングラード、現在のサンクトペテルブルク)で起きた労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命である。多数の...

    ... 続きを読む

    「マルクス主義」 を都合に応じて “恣意的” に解釈した レーニン

    「マルクス主義」 を都合に応じて “恣意的” に解釈した レーニン

    本日のキーワード : 矛盾概念、「自由」と「平等」、ワイマール憲法矛盾概念(むじゅんがいねん)とは、論理学で、同一の類概念に属する概念のうち、互いに他を否定しあってその中間に第三者を入れる余地のない概念。例えば、色という類概念に属する白と非白。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    テロルによる恐怖支配・大量虐殺・強制収容所とウラジミール・レーニン

    テロルによる恐怖支配・大量虐殺・強制収容所とウラジミール・レーニン

    本日のキーワード : 虚構、ワイマール憲法、ボルシェヴィキ革命虚構(きょこう)とは、① 事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。② 文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。CNN Paid Antifa Agitator at Capitol Riots(CNNは米議会暴動で Antifa の扇動者にお金を支払った)本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝...

    ... 続きを読む

    スラブ人を馬鹿にしてロシア革命の可能性を否定していた、いわゆるヨーロッパ左派知識人

    スラブ人を馬鹿にしてロシア革命の可能性を否定していた、いわゆるヨーロッパ左派知識人

    ボートでスラブ人を燃やす異教の儀式本日のキーワード : スラブ、スラブ人、汎スラブ主義スラヴ人(スラヴじん)は、中欧・東欧に居住し、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語を話す諸民族集団である。ひとつの民族を指すのではなく、本来は言語学的な分類に過ぎない。東スラヴ人(ウクライナ人、ベラルーシ人、ロシア人)・西スラヴ人(スロバキア人、チェコ人、ポーランド人)・南スラヴ人(クロアチア人、セルビア...

    ... 続きを読む

    決して両立することがない「自由」と「平等」

    決して両立することがない「自由」と「平等」

    本日のキーワード : 両立、「自由」と「平等」、ワイマール憲法両立(りょうりつ)とは、二つの物事が同時に支障なく成り立つこと。「仕事と家庭とを両立させる」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立...

    ... 続きを読む

    マルクス主義から一歩飛躍した闘争方針の要諦

    マルクス主義から一歩飛躍した闘争方針の要諦

    本日のキーワード : ワイマール共和国、ウラジミール・レーニン要諦(ようてい)とは、物事の最も大切なところ、肝心かなめの点。ようたい。「処世の要諦」ワイマール共和国(ヴァイマル共和国)は、1919年に発足して1933年に事実上崩壊した戦間期のドイツ国の政体。政治体制は1919年8月に制定・公布されたヴァイマル憲法に基づいている。ロシア革命(ロシアかくめい、英: Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起き...

    ... 続きを読む

    カマラ・ハリスと大淫婦バビロン

    カマラ・ハリスと大淫婦バビロン

    本日のキーワード : 欽定訳聖書、大淫婦バビロン、カマラ・ハリス欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳...

    ... 続きを読む

    超国家的勢力を主役とした歴史観

    超国家的勢力を主役とした歴史観

    本日のキーワード : スープラナショナリズム、超国家的勢力スープラナショナリズム(英語:supranationalism)とは、国際法や政治学、とくに国際関係論において、国家より上位にある次元の主体に権限を譲渡するという概念。スープラナショナリズムの反対の概念は政府間主義(英 : Intergovernmentalism)であり、政府間主義においては内容的にも空間的にも深化・制度化せず、各国政府の国際協力のみが扱われる。超国家的な決定...

    ... 続きを読む

    “満洲事変”の前なら「聖戦」、後なら「侵略戦争」って、どうして言えるの?

    “満洲事変”の前なら「聖戦」、後なら「侵略戦争」って、どうして言えるの?

    『マモン崇拝』 イーヴリン・ド・モーガン 1909年本日のキーワード : マモン、バイデン、おカネマモン (Mammon) は、新約聖書に現れる、富を意味するとされる言葉である。また、旧約聖書と新約聖書の間の中間時代の後期ユダヤ教のラビ文献において、不正な財を指して用いられたアラム語の語彙である。キリスト教文化圏においては、物質的「富」または「貪欲」(カトリック教会では七つの罪源のひとつ)を指し、擬人化されて神格...

    ... 続きを読む

    戦後日本へ持ち込んだのは、だれ?

    戦後日本へ持ち込んだのは、だれ?

    本日のキーワード : 拝金主義、守銭奴、人間獣化、ユダヤ拝金主義(はいきんしゅぎ、英:money worship)とは、金銭を無上のものとして崇拝すること。拝金主義者を揶揄する言葉として「守銭奴」であるとか、「金の亡者」があるが、「拝金主義者」自体に批判的なニュアンスがある。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わっ...

    ... 続きを読む

    バイデンのドラッグ息子の“超有能”なお友達(笑) ~ 主要メディア(MSM)は簡単にコントロールできる“宣伝機関”です!

    バイデンのドラッグ息子の“超有能”なお友達(笑) ~ 主要メディア(MSM)は簡単にコントロールできる“宣伝機関”です!

    本日のキーワード : 宣伝、超国家的勢力宣伝(せんでん)とは、企業や商店、DSなどが、自分たちが提供する商品やサービスを、その特長も含めて一般大衆に知ってもらおうとする活動の事。広義にはキャンペーンや試食販売などのプロモーション活動も含む。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして...

    ... 続きを読む

    元副大統領のドラッグ息子のウクライナに対する“内政干渉&選挙干渉”

    元副大統領のドラッグ息子のウクライナに対する“内政干渉&選挙干渉”

    本日のキーワード : 内政干渉、選挙干渉、ペドフィリア・バイデン内政不干渉の原則(ないせいふかんしょうのげんそく)とは、国家は国際法に反しない限り、一定の事項について自由に処理することができる権利をもち、逆に他国はその事項に関して干渉してはならない義務があるという、国家主権から導出される原則をさす。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦...

    ... 続きを読む

    YouTubeやTwitterなどの“手前勝手な検閲”も、〇×式の幼稚な二元論に基づいています(笑)

    YouTubeやTwitterなどの“手前勝手な検閲”も、〇×式の幼稚な二元論に基づいています(笑)

    本日のキーワード : 手前勝手、〇×式、二元論手前勝手(てまえがって)とは、自分の都合のよいようにばかり考えたり行動したりすること。また、そのさま。自分勝手。「そんな手前勝手な意見は通らない」本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けていま...

    ... 続きを読む

    昨年暮れにFBIが公開したロバート・ハンター・バイデンの電子メール

    昨年暮れにFBIが公開したロバート・ハンター・バイデンの電子メール

    本日のキーワード : バイデン親子のウクライナ疑惑バイデン親子のウクライナ疑惑 : ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた。この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた。2019年、ドナルド・トランプ大統領は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話会談の中で、バイデン親子のウクライナにおける活動につい...

    ... 続きを読む

    ベーメの神智学とユダヤのカバラ

    ベーメの神智学とユダヤのカバラ

    本日のキーワード : キリスト教神智学、カバラ、ベーメカバラ(קַבָּלָה qabbalah, Kabbala, Cabbala)、カバラーとは、ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想である。ユダヤのラビたちによる、キリスト教でいうところの(『旧約聖書』の伝統的、神秘的解釈による)神智学であり、中世後期、ルネサンスのキリスト教神学者に強い影響をおよぼした。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人...

    ... 続きを読む

    ベーメ神智学と錬金術とユダヤ神秘思想

    ベーメ神智学と錬金術とユダヤ神秘思想

    本日のキーワード : ベーメ神智学、パラケルスス、錬金術、カバラパラケルスス(スイスドイツ語:Paracelsus)こと本名:テオフラストゥス・(フォン)・ホーエンハイム(Theophrastus (von) Hohenheim, 1493年11月10日または12月17日 - 1541年9月24日)は、スイスアインジーデルン出身の医師、化学者、錬金術師、神秘思想家。悪魔使いであったという伝承もあるが、根拠はない。バーゼル大学で医学を講じた1年間を例外に、生涯...

    ... 続きを読む

    ペド・オバマの“エピゴーネン”としてのペド・バイデン

    ペド・オバマの“エピゴーネン”としてのペド・バイデン

    本日のキーワード : エピゴーネン、パクリ、ペドフィリアエピゴーネン(ドイツ語: Epigonen)は、文学や芸術の分野などで、優れているとされる先人のスタイル等をそのまま流用・模倣して、オリジナル性に欠けた作品を制作する者を指す。「模倣者」、「亜流」、「身代わり」。現代において「パクリ」と言われるものも、用法的な意味合いとしてはこれに極めて近い。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復...

    ... 続きを読む

    「国家は破壊、転覆すべきものである」という根本原理で成り立つマルクス主義

    「国家は破壊、転覆すべきものである」という根本原理で成り立つマルクス主義

    本日のキーワード : 国家転覆、BLM、マルクス主義国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。政府機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にし社会の組織化をする。本日の書物 : 『あ...

    ... 続きを読む

    代替物としての民主主義、代替物としてのペド・バイデン

    代替物としての民主主義、代替物としてのペド・バイデン

    本日のキーワード : 代替物、民主主義、バイデン代替物(だいたいぶつ) : 取引上一般に、個性に注目せず、種類や品質が同じ他の物で代えることが出来るもの。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立...

    ... 続きを読む

    悪から善へ ~ カントの“叡知的あり方の革命 ( Revolution )”

    悪から善へ ~ カントの“叡知的あり方の革命 ( Revolution )”

    本日のキーワード : 叡智、カント、革命、善と悪叡知(えいち)/英知/叡智 :① すぐれた知恵。深く物事の道理に通じる才知。② 哲学で、物事の真実在の理性的、悟性的認識。また、それを獲得しうる力。ソフィア。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流...

    ... 続きを読む

    善い樹は善い果実をむすび、悪い樹は悪い果実をむすぶ

    善い樹は善い果実をむすび、悪い樹は悪い果実をむすぶ

    本日のキーワード : 本性、カント、悪本性(ほんせい、ほんしょう、英: Human Nature)は、人間が普遍的に持つ思考、感覚、行動などを指す概念である。社会学、社会生物学、心理学では特に進化心理学と発達心理学が人間の本性を明らかにしようと科学的な取り組みを行っている。哲学者、倫理学者と神学者もまた人間の本性を古くから]議論していた。前近代における自然に関する科学的理解では、人間の本性は究極的でもっとも洗練...

    ... 続きを読む

    ペドフィリア・バイデンのアメリカ社会 = 社会主義・共産主義社会

    ペドフィリア・バイデンのアメリカ社会 = 社会主義・共産主義社会

    本日のキーワード : 人身売買、国境の壁人身売買(じんしんばいばい)とは、人間を物品と同様に売買すること。現代ではこれに類する行為に対して、多様な実態と法的位置づけの、広い範囲に用いられている。本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...

    ... 続きを読む

    現在の二つのアメリカ政権 ~ 子どもの人身売買を撲滅させる現トランプ政権 V.S. 子どもの人身売買を促進するペドフィリア・バイデン似非政権

    現在の二つのアメリカ政権 ~ 子どもの人身売買を撲滅させる現トランプ政権 V.S. 子どもの人身売買を促進するペドフィリア・バイデン似非政権

    本日のキーワード : 民主政、君民共治民主政(みんしゅせい、英: democracy)とは、ルソーの『社会契約論』によれば、その執政体(政府)の構成員が市民全体の半数以上であるような統治のことである。ルソーは、政策の執行権を人民全体に対し多数者に任せるのを民主政、少数者に任せるのを貴族政、一人に任せるのを君主政とした。人民集会では立法権(意思決定)が民衆に属さなければならず、一方で執行権は、立法者、あるいは主...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    ご無沙汰しております。

    児童人身売買は日本にもあるかもしれません。
    三浦春馬氏はそれを告発しようとして暗〇されたとの噂があります。
    芸能事務所・アミューズの豊島保養所が小児性愛者たちの日本版エプスタイン島ではないかという疑惑があるそうです。

    タルムードの思想のタブー

    タルムードの思想のタブー

    本日のキーワード : タルムード、タブータルムード(ヘブライ語: תלמוד‎ Talmud、「研究」の意)は、モーセが伝えたもう一つの律法とされる「口伝律法」を収めた文書群である。6部構成、63編から成り、ラビの教えを中心とした現代のユダヤ教の主要教派の多くが聖典として認めており、ユダヤ教徒の生活・信仰の基となっている。ただし、聖典として認められるのはあくまでヘブライ語で記述されたもののみであり、他の言語に翻訳さ...

    ... 続きを読む

    “からくり(karakuri)”に気付いていますか?

    “からくり(karakuri)”に気付いていますか?

    本日のキーワード : からくり、戦前の日本、ユダヤの理想からくりとは、日本における古い時代の機械的仕組みのこと。漢字では絡繰、唐繰、機巧、機関、機、械、関などさまざまに表記される。からくりが文化的に開花したのは江戸時代で、その独自性によって国際的にも注目されている。欧米のオートマタ(歴史的な自動装置・自動人形)研究においても、日本語のまま「karakuri」とローマ字表記されるようになった。語源については...

    ... 続きを読む

    ユダヤ・キリスト教的二元論を利用して私腹を肥やすのは誰?

    ユダヤ・キリスト教的二元論を利用して私腹を肥やすのは誰?

    本日のキーワード : 二元論、悪二元論(にげんろん、dualism)とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。 本日の書物 : 『あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」(復刻版)』 モルデカイ・モーゼ 沢口企画戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情...

    ... 続きを読む

    現代ユダヤ人 = ヤコブの子孫 + 「赤の他人」 → この「赤の他人」って誰のことでしょうか?

    現代ユダヤ人 = ヤコブの子孫 + 「赤の他人」 → この「赤の他人」って誰のことでしょうか?

    『ヨセフの息子たちを祝福するヤコブ』 レンブラント・ファン・レインヤコブ(ヘブライ語: יעקבヤアコーブ、アラビア語: يعقوب}ヤアコーブ、羅: Jacob)は、旧約聖書の創世記に登場するヘブライ人の族長。別名をイスラエルといい、イスラエルの民すなわちユダヤ人はみなヤコブの子孫を称する。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本...

    ... 続きを読む

    実は「アカの他人」でしかない「ユダヤ第十三支族」 ~ 「יהוה‎(ヤハウェ)」とは無関係な人々

    実は「アカの他人」でしかない「ユダヤ第十三支族」 ~ 「יהוה‎(ヤハウェ)」とは無関係な人々

    イスラエルの失われた10支族(イスラエルのうしなわれたじゅうしぞく、英: Ten Lost Tribes)とは、旧約聖書に記されたイスラエルの12部族のうち、行方が知られていない10部族(ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族)を指す。『聖書』によると、族長アブラハム(紀元前17世紀?)がメソポタミアのウルの地からカナンの地を目指して出発したことによ...

    ... 続きを読む

    シンギュラリティ(Singularity) ~ 「文系アタマ」が騙されてしまう「トンデモ妄想」

    シンギュラリティ(Singularity) ~ 「文系アタマ」が騙されてしまう「トンデモ妄想」

    技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。物理的観点からの批判あらゆる指数関数的成長は永遠に継続することはできない。化学物質の反応、細胞分裂や生物の個体数など、限定された期間内で指数関数的振る舞いを見せる現象は存在するが、遅かれ早かれ、指数関数的現象は必要な資源基盤(化学物質や食物など)を消耗し、...

    ... 続きを読む

    「左翼リベラル教」の大淫婦バビロン ~ その広告塔に過ぎない単なる芸人「テイラー・スウィフト」

    「左翼リベラル教」の大淫婦バビロン ~ その広告塔に過ぎない単なる芸人「テイラー・スウィフト」

    大淫婦バビロン大淫婦バビロン(だいいんぷバビロン)は、ヨハネの黙示録(キリスト教の『新約聖書』の一節、『黙示録』)のアレゴリー(寓意像)。大いなるバビロンともいう。『黙示録』によれば“悪魔の住むところ”であり“汚れた霊の巣窟”である。女の姿で表されておりきらびやかな装身具を身につけ、手に金杯を持つが、その杯は姦淫による汚れに穢されているという。大淫婦は殉教者の血を流すが、神のさばきによって滅ぼされる。...

    ... 続きを読む

    共産主義者スターリンの「隠蔽」 ~ 左翼リベラルに染み付いた特性

    共産主義者スターリンの「隠蔽」 ~ 左翼リベラルに染み付いた特性

    隠蔽(いんぺい) : 人の所在、事の真相などを故意に覆い隠すこと。「証拠を隠蔽する」「隠蔽工作」戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 農村にはもはや何も残されていなかった。農村は、ただ、飢...

    ... 続きを読む

    左翼の理想社会だった「ソ連社会主義の実態」は、こんな程度のものでした(笑)

    左翼の理想社会だった「ソ連社会主義の実態」は、こんな程度のものでした(笑)

    ソビエト連邦時代のロシアでは、ロシア料理の伝統は壊滅的な状態に陥ったと言われている。社会主義体制内ではかつてのロシア帝国の上流階級は壊滅し、彼らのお抱えの料理人や、社交場であった高級レストランも失われる。ソビエト連邦の指導者たちは女性の家事労働からの解放を掲げ、家事労働を少なくする試みを打ち出した。炊事の時間の削減の一環として、家庭外で食事を摂るための大規模な共同食堂が多く建設された。モスクワで設...

    ... 続きを読む

    ソ連全体主義体制の「モノマネ」をしたのが、ヒトラーのナチス・ドイツでした ~ 強制収容所の例

    ソ連全体主義体制の「モノマネ」をしたのが、ヒトラーのナチス・ドイツでした ~ 強制収容所の例

    グラグ、グラーク(ロシア語:ГУЛАГ、ラテン文字表記:GULAG、IPA:[ɡʊˈlak])は、ソビエト連邦の内務人民委員部(NKVD)、内務省(MVD)などにあった強制労働収容所・矯正収容所の管理部門のこと。「収容所本部」(Главное управление лагерей, Glavnoe upravlenie lagerej)の略から来ている。 収容所そのものはラーゲリ(лагерь, lagerʹ)と呼ばれるが、グラグまたはグラークで収容所を意味して用いられることもある。強制収容...

    ... 続きを読む

    * by 4711
    ロシア革命にしろナチスにしろ、
    真実を隠すのは捏造を流布させる為というのが、
    特亜の捏造史のばらまきと同じですね。

    特亜の後ろで糸を引いているのも、同じ人達、組織なんでしょうか?
    特亜人はそこまで思いつかないと思うのですが?

    Re: タイトルなし * by みっちゃん
    4711さん、こんにちは^^

    ご訪問&コメント有難うございま~す💛

    なるほど、すごく良い着眼点だと思います。

    これは、近々ご紹介させて頂く書物に書かれているのですが、私たち日本人は、「嘘つきは泥棒の始まり」と考えています。

    つまり、単純に「嘘=いけない事」という理解です。ところが、欧米、特にゲルマン系は、イザという時に「嘘」をついても、それが疑われないように、普段は「嘘をつかない」で信用させろ、と考えるようです。

    「嘘」がとっておきの必殺技になっているようなんです。

    ナチス・ドイツが決定的な負けとなったノルマンディー上陸作戦も、それまで自国の不利な戦況をも正直に報道し続けた英国BBCが、ノルマンディーと別のところに上陸するだろうと「嘘の報道」を信じたためだったそうです。情報戦に負けたということですね。

    で、支那や朝鮮、ユーラシアの遊牧民の系譜(ロシア、モンゴルなど)は、「嘘」か「本当」かは、あまり気にしてはいないのではないかと思います。そもそも、誰も信用していない、ということです。

    ですから、

    特亜の後ろで糸を引いている ⇒ これは、ユーラシアの遊牧民の系譜(例えば、偽物のユダヤ人)ではないかと思っているのですが、どうでしょうか。。。少なくとも、よりアタマの良い連中にコントロールされているような気がします(笑)

    そういった観点も含めて、色々と参考になると思われる良書をご紹介させて頂きますので、これからも、何卒宜しくお願い致しま~す☆彡

    ソ連の「クラーク」と、ゲルマンの「カール」と、お菓子の「カール」

    ソ連の「クラーク」と、ゲルマンの「カール」と、お菓子の「カール」

     カールは、株式会社明治が発売しているスナック菓子。ポップコーンに着想を得て1968年、当時の明治製菓から発売された。名称は昭和30年代に流行した玩具「カール人形」から採用された。キャッチフレーズは「それにつけてもおやつはカール」。クラーク(ロシア語: кула́к)は、20世紀前半のロシア帝国やソビエト連邦国内における自営農家の総称である。ウクライナ史では、クルクーリ(ウクライナ語: курку́ль)として知られる。社...

    ... 続きを読む

    “いい歳こいたおっさん”が理性だけでモノゴトを考えると。。。

    “いい歳こいたおっさん”が理性だけでモノゴトを考えると。。。

    【理性】(りせい) :①  感情におぼれずに、筋道を立てて物事を考え判断する能力。 「 -をはたらかせる」② 〘哲〙 感覚的能力に対して、概念的に思考する能力。理性(あるいは高次の認知能力)は伝統的に、感覚(senses)、感情・情動(feelings、emotions)、情念(passions)等と対比的に用いられてきた。近年、行動経済学と実験心理学は理性的な熟慮がかならずしも合理的な判断を引き起こさないことを示した(認知バイアス)。...

    ... 続きを読む

    「ユダヤ人」ではないユダヤ人の誕生

    「ユダヤ人」ではないユダヤ人の誕生

    デルベントのシタデルデルベント(Derbent)は、ロシア・ダゲスタン共和国にある都市である。ロシア最南端の都市であり、ダゲスタン共和国第2の都市でもある。人口は101,031人(2002年国勢調査)である。アレクサンドロスの門の伝説が残る都市であり、デルベントはロシア最古の都市と言われる。2003年にUNESCOの世界遺産に「デルベントのシタデル、古代城壁、要塞建築物群」の名前で登録された。デルベントの経済の中心は、食品、...

    ... 続きを読む

    真昼の暗黒 ~ 共産主義に傾倒した知識人による「共産主義批判」

    真昼の暗黒 ~ 共産主義に傾倒した知識人による「共産主義批判」

    第二次エチオピア戦争(だいにじエチオピアせんそう)は、1935年から1936年にかけて起きたイタリア王国とエチオピア帝国の戦争。第一次エチオピア戦争で敗れたイタリアは、再度エチオピアの植民地化を意図して侵攻を行い、短期間の戦闘をもって全土を占領した。敗れたエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世は退位を拒み、イギリスでエチオピア亡命政府を樹立して帝位の継続を主張した。対するイタリアは全土を占領している状況を背景...

    ... 続きを読む

    背景 * by かみや473
    大学入学すぐの英語のテキストが、フランツ-ファノンで、後期がヘルベルト-マルクーゼ でした
    因みに講師は、由良君美!! 凄い時代でした


    Re: 背景 * by みっちゃん
    かみや473さん、こんにちは^^

    ご訪問&コメント有難うございます!

    英語講師が酒乱で有名な「由良君美!!」ということは・・・ご出身は、あの大学ですね💛

    凄い時代でした ⇒ なるほど、とても納得しました!

    これからも、何卒宜しくお願い致しま~す☆彡

    「共産主義」・「社会主義」・「ナチズム(国家社会主義)」・「ファシズム」・「ネオコン」・「左翼リベラル」・「進歩主義(プログレッシブ)」は、すべて同じ意味です(笑)

    「共産主義」・「社会主義」・「ナチズム(国家社会主義)」・「ファシズム」・「ネオコン」・「左翼リベラル」・「進歩主義(プログレッシブ)」は、すべて同じ意味です(笑)

    ナチズム(英: Nazism [ˈnɑːtsɪzəm, ˈnæ-]、独: Nationalsozialismus ナツィオナールゾツィアリスムス, Nazismus)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を代表とするイデオロギー。1933年から1945年までのナチス・ドイツの期間には国家の公式イデオロギーとされた。「ナチス」や「ナチズム」は、国家社会主義ドイツ労働者党の蔑称であるナチから派生したものであり、支持者達は『Nationalsozialismus』を称した。この言葉は日...

    ... 続きを読む

    「イスラム教」に「キリスト教」が、勝つことができない決定的な理由

    「イスラム教」に「キリスト教」が、勝つことができない決定的な理由

    イスラムにおける天国(亜: جنّة) は、信教を貫いた者だけが死後に永生を得る所とされる。イスラム教の聖典『クルアーン(コーラン)』ではイスラムにおける天国の様子が具体的に綴られている。コーラン出来事章10節から24節『(信仰の)先頭に立つ者は、(楽園においても)先頭に立ち、これらの者(先頭に立つ者)は、(アッラーの)側近にはべり、至福の楽園の中に(住む)。昔からの者が多数で、後世の者は僅かである。(かれら...

    ... 続きを読む