FC2ブログ

    親子チョコ💗(300冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 2019年12月

    “極右のネトウヨ”の宮沢俊儀と最高級のフィレ肉「シャトーブリアン」 ~ それでも、「憲法9条」を守りますか?

    “極右のネトウヨ”の宮沢俊儀と最高級のフィレ肉「シャトーブリアン」 ~ それでも、「憲法9条」を守りますか?

    本日のキーワード : シャトーブリアン、宮沢俊儀シャトーブリアンステーキ(chateaubriand steak、またはシャトーブリアン)とは牛のヒレ肉(テンダーロイン)の中で中央部の最も太い部分のこと(牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600g程しか取れない)、およびそれを使ったステーキである。最高級のフィレ肉(テンダーロイン)からさらに中心部を選んだもののみをシャトーブリアンといい、脂肪が少なく、肉質に優れた最高級...

    ... 続きを読む

    「憲法9条守れ!」と「ヒトラー万歳!(Heil Hitler)」は同じこと ~ ナチス・ドイツへ的国家への誘引

    「憲法9条守れ!」と「ヒトラー万歳!(Heil Hitler)」は同じこと ~ ナチス・ドイツへ的国家への誘引

    本日のキーワード : 憲法九条守れ!ナチス式敬礼(ナチスしきけいれい)またはヒトラー式敬礼(独: Hitlergruß )、ドイツ式敬礼(独: Deutscher Gruß)は、国家社会主義ドイツ労働者党(以下、単に「ナチス」)やナチス・ドイツが採用した敬礼。本日の書物 : 『憲法学の病』 篠田 英朗 新潮社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私た...

    ... 続きを読む

    “憲法学通説”の「あれはあれ、これはこれ」と、“朝日新聞”元幹部の「あれはアベ(のせい)、これはオレ(のもの)」(笑)

    “憲法学通説”の「あれはあれ、これはこれ」と、“朝日新聞”元幹部の「あれはアベ(のせい)、これはオレ(のもの)」(笑)

    本日のキーワード : あれ、これ指示語(しじご)または指示詞(しじし、demonstrative)とは、話し手のいる地点と状況をもとにしてものを指し示す機能を持つ語であり、特に代名詞や限定詞として用いられるものをいう。日本語の「これ」「その」や英語の this、that などは典型的な指示詞である。本日の書物 : 『憲法学の病』 篠田 英朗 新潮社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメ...

    ... 続きを読む

    憲法学通説の「戦争」 ≠ 国際法上の「戦争」

    憲法学通説の「戦争」 ≠ 国際法上の「戦争」

    本日のキーワード : ≠「≠」は等号の否定を表し等号否定と呼ばれる。この符号は ≠ の左右が等価でないことを示す。A ≠ B (A と B は等しくない)これと「A = B でない」はまったく同じ意味である。本日の書物 : 『憲法学の病』 篠田 英朗 新潮社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し...

    ... 続きを読む

    「ウソ」を「本当」だと見せかける専門家

    「ウソ」を「本当」だと見せかける専門家

    本日のキーワード : 法曹法曹(ほうそう、英: Legal profession、独: Rechtsanwaltschaft)とは、法律を扱う専門職としてその実務に携わる者をいう。本日の書物 : 『憲法学の病』 篠田 英朗 新潮社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。...

    ... 続きを読む

    篠田 英朗  憲法学の病

    篠田 英朗  憲法学の病

    どんな本かはこちらから♥↓国際社会や国際法を無視するのが、あの東京大学(あ)法学部なんですランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    国際社会や国際法を無視するのが、あの東京大学(あ)法学部なんです

    国際社会や国際法を無視するのが、あの東京大学(あ)法学部なんです

    本日のキーワード : 憲法学憲法学(けんぽうがく)は、憲法の解釈や適用および憲法上の諸現象を研究する学問。法学の一分野として、国家の組織及び作用に関する基礎法を研究することを目的とする。 21世紀初頭の日本の学界では、憲法学の対象は、国家権力を制限し国民の権利と自由を守ることを目的とする憲法のみであるとされている。なお、日本以外の国々では憲法学を独立の領域とはしない。本日の書物 : 『憲法学の病』 ...

    ... 続きを読む

    無知は主権を捨てなさい(笑) ~ 無知なるマルキストのewkefcは、独りぼっちなのかしらん💗

    無知は主権を捨てなさい(笑) ~ 無知なるマルキストのewkefcは、独りぼっちなのかしらん💗

    本日のキーワード : 無知無知(むち)は、知識のないこと。または知恵のないこと。人間はほとんど無知の状態で生まれ、親による躾や学校における勉学、他者との交流などの体験と学習により次第に知識や教養を得て一人前になると考えられる。したがって、現代社会においては無知はよくないことや未熟なことと考えられ、「無知である」という指摘は非難の意味を含む。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿...

    ... 続きを読む

    弱者救済の必要性を唱えた偉大なるロバート・マルサス ~ マルサス VS. マルクス

    弱者救済の必要性を唱えた偉大なるロバート・マルサス ~ マルサス VS. マルクス

    本日のキーワード : マルサス、マルクストマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus、1766年2月14日 - 1834年12月23日)は、イングランドのサリー州ウットン出身の経済学者。古典派経済学を代表する経済学者で、過少消費説、有効需要論を唱えた人物として知られる。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、...

    ... 続きを読む

    正しかったフリードマン、完全に間違っていた日本銀行

    正しかったフリードマン、完全に間違っていた日本銀行

    本日のキーワード : 人口人口(じんこう、(英: population、独: Bevölkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。人口の計測方法や変動を研究する学問は人口統計学と呼ばれる。イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサスは、1798年に『人口論』を著し、人口問題を論じた。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾 PHP研究...

    ... 続きを読む

    かつて正しかった時期もあった日本銀行の金融政策

    かつて正しかった時期もあった日本銀行の金融政策

    本日のキーワード : マネタリストマネタリスト(英: monetarist)は、マクロ経済の変動において貨幣供給量(マネーサプライ)、および貨幣供給を行う中央銀行の役割など、経済のマネタリー(貨幣的)な側面を重視する経済学の一派およびその主張をする経済学者を指す。マネタリストの理論および主張の全体を貨幣主義あるいは通貨主義またはマネタリズム(英: monetarism)と呼ぶ。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日...

    ... 続きを読む

    変動相場制なのに、固定相場制の政策をとる日本政府の愚かさw

    変動相場制なのに、固定相場制の政策をとる日本政府の愚かさw

    本日のキーワード : 固定相場制固定相場制(こていそうばせい)とは、各国政府間で為替レートを固定・維持する制度。1944年に国際復興開発銀行(IBRD)と国際通貨基金(IMF)が設立され、自由貿易や資本移動の促進を目的に金1オンス=35ドルと定め、常にドルと金は交換可能とされた(ブレトン・ウッズ体制)。ここにドルを国際通貨(基軸)とするIMF体制が確立された。1973年に先進各国は変動相場制へと移行した(ニクソン・ショ...

    ... 続きを読む

    遊び惚ける国会議員。 他方、日々真面目に働く両院事務局の職員の方々。

    遊び惚ける国会議員。 他方、日々真面目に働く両院事務局の職員の方々。

    本日のキーワード : 参議院参議院(さんぎいん、英語: House of Councillors)は、日本の立法府たる国会の議院の一つ(日本国憲法第42条)。両院制を採用する諸国の上院に相当し、衆議院とともに国会を構成する。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日...

    ... 続きを読む

    全体主義のマルクス主義者が最も恐れた思想

    全体主義のマルクス主義者が最も恐れた思想

    本日のキーワード : 自由権自由権(じゆうけん)は、基本的人権の分類の一つであり、国家から制約も強制もされず、自由に物事を考え、自由に行動できる権利のことをいう。自由とは、自己のあり方を、自己の責任において決しうることをいう。自己決定に委ねられるものには、何をなすかについてだけでなく、ある行為をなすか否かについての決定まで含まれる。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾...

    ... 続きを読む

    絶滅してしまっても何ら困らない「絶滅危惧種」って、な~んだ?

    絶滅してしまっても何ら困らない「絶滅危惧種」って、な~んだ?

    本日のキーワード : 絶滅危惧種絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ、英語:Threatened Species、Endangered Species)とは絶滅の危機にある生物種のことである。絶滅危惧種の定義の詳細は「現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用するならば、その存続は困難なもの」とされている。本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    「悪夢の民主党政権」の生みの親は、財務省の部下・麻生太郎です(笑)

    「悪夢の民主党政権」の生みの親は、財務省の部下・麻生太郎です(笑)

    本日のキーワード : 生みの親生みの親(産みの親) : ① 自分を生んでくれた親。実の親。② 物事を最初に始めた人。最初に作り出した人。「近代医学の―」本日の書物 : 『ミルトン・フリードマンの日本経済論』 柿埜 真吾 PHP研究所戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観...

    ... 続きを読む

    柿埜 真吾  ミルトン・フリードマンの日本経済論

    柿埜 真吾  ミルトン・フリードマンの日本経済論

    どんな本かはこちらから♥↓ミルトン・フリードマンを“シカト”する日本の「御用経済学者」・「ガラパゴス経済学者」たちランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    ミルトン・フリードマンを“シカト”する日本の「御用経済学者」・「ガラパゴス経済学者」たち

    ミルトン・フリードマンを“シカト”する日本の「御用経済学者」・「ガラパゴス経済学者」たち

    本日のキーワード : ガラパゴス化ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞ...

    ... 続きを読む

    「戦争の放棄」という国際ルールは、国際ルールを破る国には適用されません!

    「戦争の放棄」という国際ルールは、国際ルールを破る国には適用されません!

    本日のキーワード : 無法無法(むほう) : きまりをやぶり、道理に従わず、乱暴なこと。「―な振舞い」「―者」。法律があるのに実際には行われない状態。本日の書物 : 『ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番――世界トップ1%の資産防衛』 ブルック・ハリントン みすず書房戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日...

    ... 続きを読む

    「戦争の否定」と「武力行使の否定」とは、まったく別物で、その意味は全然違います!

    「戦争の否定」と「武力行使の否定」とは、まったく別物で、その意味は全然違います!

    本日のキーワード : 国際連盟国際連盟(こくさいれんめい、國際聯盟 英語: League of Nations, フランス語: Société des Nations, スペイン語: Sociedad de Naciones)は、第一次世界大戦後の1919年の協商国と、ドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により規定され、ヴェルサイユ条約の発効日である1920年1月10日に正式に発足した国際機関である。本日の書物 : 『ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫...

    ... 続きを読む

    「戦争」そのものが否定されている、という国際社会のルールは、100年前から“世界の常識中の常識”ですがw

    「戦争」そのものが否定されている、という国際社会のルールは、100年前から“世界の常識中の常識”ですがw

    本日のキーワード : ヴェルサイユ条約ヴェルサイユ条約(ヴェルサイユじょうやく、仏: Traité de Versailles)は、1919年6月28日にフランスのヴェルサイユで調印された、第一次世界大戦における連合国とドイツ国の間で締結された講和条約の通称。本日の書物 : 『ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番――世界トップ1%の資産防衛』 ブルック・ハリントン みすず書房戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでし...

    ... 続きを読む

    ブルック・ハリントン  ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番 ―― 世界トップ1%の資産防衛

    ブルック・ハリントン  ウェルス・マネジャー 富裕層の金庫番 ―― 世界トップ1%の資産防衛

    どんな本かはこちらから♥↓野蛮な中世的思考回路で行動している国はどこ?ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    野蛮な中世的思考回路で行動している国はどこ?

    野蛮な中世的思考回路で行動している国はどこ?

    本日のキーワード : 所有権所有権(しょゆうけん)とは、物の全面的支配すなわち自由に使用・収益・処分する権利。占有を正当化し物の支配の基礎となる権利(占有権以外の物権)を本権というが、所有権は物の使用・収益・処分という全面的支配を内容とするものでその典型である。近代の所有権は、土地に対する複雑な封建的制約の廃止を目指して生成した。1789年のフランス人権宣言は、所有権を「神聖不可侵」として所有権の絶対...

    ... 続きを読む

    百田 尚樹  錨を上げよ <二> 座礁篇

    百田 尚樹  錨を上げよ <二> 座礁篇

    どんな本かはこちらから♥↓日本国憲法と「フィデューシャリー・デューティー」 ~ 立憲民主党・石垣のりこは「〇〇主義者」です!ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    日本国憲法と「フィデューシャリー・デューティー」 ~ 立憲民主党・石垣のりこは「〇〇主義者」です!

    日本国憲法と「フィデューシャリー・デューティー」 ~ 立憲民主党・石垣のりこは「〇〇主義者」です!

    本日のキーワード : 信託信託(しんたく、英: trust)とは、信用して委託すること。特に財産について、ある人「甲」が信頼できる「乙」に託すとともに、当該財産を管理・処分等することで得られる利益を「丙」に与える旨を取り決めること、およびそれを基本形として設計された法的枠組みを意味する。「甲」を委託者、「乙」を受託者、「丙」を受益者と呼ぶ。信託された財産を信託財産と呼ぶ。受託者は名目上信託財産を管理・処...

    ... 続きを読む

    多くの人々が勘違い&騙されるのが「通説」 ~ 「通説」と「定説」は違います

    多くの人々が勘違い&騙されるのが「通説」 ~ 「通説」と「定説」は違います

    本日のキーワード : 通説通説(つうせつ)は、世間に広く通用している説のことである。すなわち、いくつかの仮説のうち多数が支持しているものをさす。確定的であるとされる定説とは異なる。本日の書物 : 『消費税10%後の日本経済』 安達 誠司 すばる舎戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正...

    ... 続きを読む

    2019年は、「財政赤字」に対する経済学界の認識が大きく変貌する年かも!

    2019年は、「財政赤字」に対する経済学界の認識が大きく変貌する年かも!

    本日のキーワード : 財政政策財政政策(ざいせいせいさく、英: fiscal policy)とは、主に国の財政の歳入や歳出を通じて総需要を管理し、経済に影響を及ぼす政策のこと。金融政策とならぶマクロ経済政策の柱である。政府の支出拡大による財政政策は拡張的財政政策(expansionary fiscal policy)と呼ばれる。税制や国債などによる歳入の政策と、社会保障や公共投資などからなる歳出の政策がある。本日の書物 : 『消費税10%...

    ... 続きを読む

    (問) 近代資本主義の根本は、「私的所有権」と「利子」のどちらでしょうか? ~ とあるマルキストの勘違いw

    (問) 近代資本主義の根本は、「私的所有権」と「利子」のどちらでしょうか? ~ とあるマルキストの勘違いw

    本日のキーワード : 利子利子(りし、英: interest)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。利息(りそく)と利子は通常同じ意味で使われるが、借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。また、銀行預金では利息と呼ぶ(ゆうちょ銀行では利子と呼ぶ)。法律用語としては利息を用いるのが通常である。米の貸し借りの対価として支払われる「利子米(利米)...

    ... 続きを読む

    安達 誠司  消費税10%後の日本経済

    安達 誠司  消費税10%後の日本経済

    どんな本かはこちらから♥↓日本国民にはすっかり見透かされてしまっている財務省の目論見ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    日本国民にはすっかり見透かされてしまっている財務省の目論見

    日本国民にはすっかり見透かされてしまっている財務省の目論見

    本日のキーワード : 消費増税、貯蓄貯金(ちょきん) : 金銭を蓄えること。銀行への預金も含む行為。英語ではsavings。本日の書物 : 『消費税10%後の日本経済』 安達 誠司 すばる舎戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、...

    ... 続きを読む

    ( 6 ÷ 2 ) × 3 = ?  答えはいくつでしょうか?  

    ( 6 ÷ 2 ) × 3 = ?  答えはいくつでしょうか?  

    本日のキーワード : 内閣法制局、国賊国賊(こくぞく) : その国民でありながら国家に害ある者。本日の書物 : 『13歳からの「くにまもり」』 倉山 満 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきまし...

    ... 続きを読む