FC2ブログ

    【新鮮】道路やダムの公共工事よりも、効果的な景気対策♥

    d000baa1cd11728b670f1d82cafcc3cec3fd2c6b.jpg
    画像はこちらからお借りしました♥

    ろまんちっくヨシヒコ君の中国日記

    『 ウイグル問題は、日本人にとって対岸の火事ではありません。

    中国人が大勢入国している昨今、

    彼らの存在は脅威です。

    【日中記者交換協定】により日本国内では【全く報道されません】が、

    中国人が日本の土地を買いあさっているのは、

    合法的に【領土を拡大しようとしている】からです。

    このまま放置した場合、ウイグルのように【国を奪われてしまう】危険性がある… 』

    bceb9257b5b09ff4a7ff247be9984e5b.jpg
    中国軍と虐殺されたウイグル人の死体

    『 世界各国の軍事費とGDPの割合をみると4.7%のアメリカを筆頭に、

    多くの先進国で2%を越えており、

    日本の1%は【異常に低い】のです。』

    2013 軍事費
    2013年の軍事支出額上位10ヶ国
    画像はこちらからお借りいたしました♥

    世界経済のネタ帳さんのHP

    『 「軍隊には生産性がなく、防衛費を増やしても無駄である」

    との経済学者の意見も耳にしますが、

    決してそんなことはありません。

    むしろ【景気回復に極めて効果的】です。

    例えば戦闘機の製造には6000から7000社もの企業がぶら下がっており、

    軍需産業は道路工事やダム建設【以上】に【裾野が広い】のです。

    また、駐屯地がある地域には、トラックの燃料費、輸送費、隊員の食事代や遊興費など、

    部隊が存在するだけで外部に多くの経済効果がもたらされます。

    1000人の1個連隊が配属された場合、恐らくは【数十億円】が落ちるでしょう。

    過疎化の地域には極めて効果的です。』

    『 【徴兵制が復活する】のでは?と考える人もいるようですが、【それはありません】。

    というのも、一般的に見て【徴兵制の軍隊】は【志願制より弱い】からです。

    徴兵制の場合、定められた期間を過ごせばいい、との考えが先に来るため、

    訓練をする方も指導する方も

    「どうせ辞める」との考えが前提になり、

    訓練に熱が入りません。

    世界的に徴兵制を止める方向に動いているのは、こうした理由からです。

    日本と比較すると中国の軍事費は約4倍もの膨大な金額なんですね♥

    しかも毎年2ケタペースで膨張中らしいんです!

    中国にNOと言える日本 (一般書)中国にNOと言える日本 (一般書)
    (2014/08/23)
    田母神 俊雄

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日中関係
    Published on: Sun,  21 2014 04:13
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment