保守主義の原点

伊耶那岐神と伊耶那美神
伊耶那岐神(右)と伊耶那美神(左)

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

私たちが本当の意味での「日本を取り戻す」ためには、

「真の保守、真正保守」の考え方を理解する必要があります。

保守とは何か?その疑問を突き詰めていく、この書物を見ていきましょう!


保守の原点――「保守」が日本を救う保守の原点――「保守」が日本を救う
(2015/02/13)
宮崎 正弘、小川 榮太郎 他

商品詳細を見る


『 日本の保守の原点がどこかというとそれはまぎれもなく『古事記』にある大川周明は、その代表作の一つ『日本二千六百年史』のなかで、次のように言っています…

日本二千六百年史日本二千六百年史
(2008/10)
大川 周明

商品詳細を見る


すなわち、日本が理想とするところを述べた箇所ですが、

「然らば其の理想とは何か。吾等の祖先が此の国を肇(はじ)むるに当り全心全霊を挙げて確立せる思想は、『あまつひつぎのみさかえ、あめつちとともにかぎりなけむ』ことであつた。げに日本建国の理想は此の一句に尽くされ、此の一句こそ、古事記・日本書紀の中軸である。…
万世一系の理想は、余りにも屡々(しばしば)口頭に上せられた為に、今の世の人々は却(かえ)つて其の中に含まれる深奥なる意義を反省しようとせぬ傾がある。而も単に之を其の外面のみに就いて見るも、古代諸国の建国思想の中の、かくの如く雄渾(ゆうこん)にして確信に充ちたるものが他にあるか。…」


『古事記』については、こちらをご参照♥

『古事記』のはじまり、はじまり~♥

現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)現代語古事記: 神々の物語 (学研M文庫)
(2013/07/09)
竹田 恒泰

商品詳細を見る


この部分こそ『古事記』の次の書き出しです

天地開闢(古事記による)

「天地(あめつち)の初發(はじめ)の時、高天(たかま)の原に成りませる神の名(みな)は、天の御中主(みなかぬし)の神。次に高御産巣日(たかみむすひ)の神。次に神産巣日(かみむすひ)の神。この三柱(みはしら)の神は、みな獨神(ひとりがみ)に成りまして、身を隠したまひき。

次に國稚(わか)く、浮かべる脂の如くして水母(くらげ)なす漂へる時に、葦牙(あしかび)のごと萌え騰(あが)る物に因りて成りませる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅(うましあしかびひこぢ)の神。次に天の常立(とこたち)の神。この二柱の神もみな獨神に成りまして、身を隠したまひき。

上の件(くだり)、五柱の神は別天(ことあま)つ神。…

ここに天つ神諸(もろもろ)の命(みこと)以ちて伊耶那岐(いざなぎ)の命伊耶那美(いざなみ)の命の二柱の神に詔(の)りたまひてこの漂へる國を修理(をさ)め固め成せと、天の沼矛(ぬぼこ)を賜ひて、言依(ことよ)さしたまひき。かれ二柱の神、天の浮橋に立たして、その沼矛を指し下して…」…


Kobayashi_Izanami_and_izanagi.jpg
天瓊を以て滄海を探るの図(小林永濯・画、明治時代) 伊耶那岐神(右)と伊耶那美神(左)

 保守主義の原点は、この『古事記』の冒頭にみごとに表現されている… 』

日ノ丸

いかがでしょうか?

御理解いただけましたでしょうか?

それとも、まるっきりチンプンカンプンでしょうか?

「保守主義の原点」、それは、一体何なのでしょうか?

続きは次回に♥


保守の原点――「保守」が日本を救う保守の原点――「保守」が日本を救う
(2015/02/13)
宮崎 正弘、小川 榮太郎 他

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 日本
Published on: Tue,  07 2015 00:32
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/31 (Mon) 21:31 | REPLY |   

Post a comment