日本の鉄鋼業が凄いわけ

thumb5_2015033016211349b.jpg

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

それでは、この本を見ていきましょう!


アジアの覇権国家「日本」の誕生アジアの覇権国家「日本」の誕生
(2015/01/31)
長谷川 慶太郎

商品詳細を見る


『 日本の鉄鋼業は凄いのです世界で需要が高まっているのが【鉄道レール】です

mv.jpg

新日鉄住金グループの鉄道向け製品の特長 世界最高水準の軌条(レール)製品

 現在レールは1メートル当たり60キログラムの重量が主流ですがこれからは【80キログラムレール】が主流となるでしょう。なぜなら重いレールの方が重い列車を走らせることができるからです

e0199455_1359279.jpg
新日鉄住金 君津製鉄所

 この80キログラムレールを製造できるのは【日本のメーカーしかありません】

驚き顔

 新日鉄住金の君津製鉄所JFEスチールの東日本製鉄所(京浜地区)の2カ所しかないのです。

26058009530.jpg
JFEスチール 東日本製鉄所

 今、米国大陸横断鉄道のコンテナ列車が大きな課題としてクローズアップされています。「piggyback」と呼ばれている平台型貨物車1両にコンテナ(1個5トン)を12個乗せて、それを50両連結し、先頭と中央、最後尾に機関車(ディーゼル)を設置して動かします。すると1編成で約3000トンにもなります。こうした重量のある車両を運行させるためにはレールがしっかりしていたないとダメなのです。

BNSF_5216_West_Kingman_Canyon_AZ_(293094839).jpg

 これを実現するためには、件の80キログラムレールが不可欠なのです。そのレールを米国で作れる製鉄所はありません

驚き顔

 米国では3本の大陸横断鉄道(約3万8000キロ)がありますが、徐々にこのレールに入れ替えております。2014年4月にオバマ大統領が来日した際に安倍晋三首相に「日本の鉄道技術をお願いしたい」と要請をしましたが具体的には80キログラムレールのことです。』

fc2blog_201503301647035de.jpg

京都御所

いかがでしょうか?

凄いですね!「モノづくり」における日本の力って♥

支那や南朝鮮では、質の高い、高級な製品は、技術力が低すぎるために不可能です。

低コストの労働者を使って、日本製の部品を取り寄せて単に「組み立て」ているだけなんです♥

そこに人件費上昇と通貨高が加わり、支那も南朝鮮も悲鳴が上がっています^^

名目実効為替レート 1

名目実効為替レート 2
20150315 「ユーロ安による隠れたリスク要因 ~欧州版異次元緩和で生じる地殻変動~」 より

「 驕れる支那・南朝鮮は久しからず ただ春の夜の夢の如し 支那人も南朝鮮人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ 」

日本万歳♥

日ノ丸

続きは次回に♥


アジアの覇権国家「日本」の誕生アジアの覇権国家「日本」の誕生
(2015/01/31)
長谷川 慶太郎

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 日本
Published on: Sun,  05 2015 03:59
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment