日本が4日前に知っている事

    BuHjVXCCAAEzNHD.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    アジアの覇権国家「日本」の誕生アジアの覇権国家「日本」の誕生
    (2015/01/31)
    長谷川 慶太郎

    商品詳細を見る


    『 集団的自衛権の決定は対北朝鮮だけではなく対中国ということも念頭に置いているのです。安倍首相は【中国の崩壊も近い】と判断しています救済しないといけない中国にいる日本人は朝鮮半島より多く約10万人の日本人が中国にいるといわれています

    在留邦人救出の問題に関しては、こちらもご参照♥

    在日支那人の「行動マニュアル」

    中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)中国・韓国を本気で見捨て始めた世界: 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (一般書)
    (2014/09/17)
    宮崎 正弘

    商品詳細を見る


     この日本人をどうやって安全に日本本土に戻すことができるのか安倍首相は「朝鮮半島に何かがあった時の邦人救出」という事例を出していますが本当の狙いは朝鮮半島より中国本土のことを指しています実は深刻なのは朝鮮より中国の方かもしれません

    8f07f8a7acd53b40de7ead49afd1f86c.jpg

     上海だけでも最近、日本人が減ったといっても約4万人います。4万人を日本に救出するということになったら大変な作業になります。上海から長崎まで今は30ノット以上の高速艦艇を活用して約70時間で着きます。それでピストン輸送をすればいいのですが、その時も護衛は必ず必要となります。…

    eaa602c8.jpg

     集団的自衛権の閣議決定…それを受けて法整備を急いでいます。物凄い作業となっています。全部で80本法律を変えないといけません。中でも急いで変えないといけない法律が18本あります。…防衛省の事務方のトップが私にぼやくのです。「物凄い作業量で、徹夜しても間に合わないくらいです。大変なことになった」と。

    B_kiEr2UsAEFZZZ.jpg

     拉致被害者などの救出に関しての動きは底流で物凄く速く展開しています。近い将来、日本側から警察庁、外務省の調査団が北朝鮮へ行くことになるでしょう。このことは日本と北朝鮮の合意文書に書いてあります。日本の調査団が北朝鮮に行って拉致被害者や特定失踪者、抑留日本人などを現地で確認しに行くわけです。…

     拉致被害者たちの救出に外務省、警察庁の代表からなるミッションが、どういう装備を持って行くかということも決まっています。衛星電話を持って行く手はずになっています。その衛星電話は普通の電話だけでなく、FAXも送れる電話にします。北朝鮮が出してきた調査資料に掲載されている日本人の名前が、本物であるかどうかチェックします。

     訪朝した日本の調査団が日本本土に連絡をして、本庁に設置した特別調査部(特別調査部という名目で、組織ができています)で、全国の警察本部から上がってきたリストをチェックすればいいのです。…

     一番、困っているのは通訳です。外務省で韓国語ができるのは数人しかいません。韓国語に通じた集団は防衛省にいます。防衛省に調査研究本部というのがあり、そこに担当官が約2600人いますが、そのうち800人は韓国語ができるといいます。

     この通訳官は普段、どういう仕事をしているかというと、北朝鮮の携帯電話傍受をしているのです北朝鮮でミサイルの発射実験があるとすると【その4日前には確実に分かります】。なぜか。北朝鮮のミサイルは液体燃料を使用しますから、液体燃料をタンクローリーに積んで、それを発射台に運んで、ミサイルに注入しないといけません。その注入する時にタンクローリーの運転手は管制塔から携帯電話で指示を受けます。…それを全部傍受するわけです。この携帯電話の電波は日本にも来ます。そのための要員が800人もいるのですそういう訓練を受けた人間が今回の調査本部に入ることになります。』

    驚き顔

    京都御所

    いかがでしょうか?

    北朝鮮の拉致被害者、そして支那在留邦人の救出を念頭においた法整備が着々と行われていますね♥

    日本人が全員安心して暮らせるように、安倍総理には頑張って頂きたいですね^^

    日ノ丸

    続きは次回に♥


    アジアの覇権国家「日本」の誕生アジアの覇権国家「日本」の誕生
    (2015/01/31)
    長谷川 慶太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Sat,  04 2015 04:03
    • Comment: 2
    • Trackback: 0

    2 Comments

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2015/08/31 (Mon) 21:01 | REPLY |   

    愛国者  

    安倍政権について

    「日本人の進路」という下記のサイトでは,安倍政権は売国奴(さらにTPPを強行採決した)だとおっしゃっていました。本当に安倍政権は日本を良くするのですか?

    http://ameblo.jp/kororin5556/entry-12202063114.html

    2017/03/07 (Tue) 22:06 | REPLY |   

    Post a comment