メディアと芸能界と「在日黒社会」の仲間たち

05-1.jpg

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

それでは、この本を見ていきましょう!


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


『 怒羅権(どらごん)と言えば、暴力団事務所だろうが交番だろうが平然と殴り込みをかける武闘派のイメージが強いが、スキミングという手口で…不正に…現金を引き出したり、…各種カードを偽造したりすることを得意とする連中も多かった。…

驚き顔

 このほかにも、パチンコの裏ROM製造や、…企業・個人情報の違法収集と密売国際ピッキング窃盗団の道案内から見張り逃走支援までの犯行協力も行ってきた。

驚き顔

361281ea-s.jpg

 また、「知能派」の中には渋谷や六本木でクラブやキャバクラを営むほか、芸能プロダクション不動産会社旅行代理店を経営するなど、合法的なビジネスに乗り出し、成功を収めた者たちもいる。

驚き顔

 だが、その一方で売れない芸能人やモデルキャバクラ嬢らを揃えて、政財界の御曹司たちや若きIT長者たちをターゲットにした高級売春ネットワークを築くほか、覚醒剤や麻薬危険ドラッグを売り捌く輩も台頭してきた。…

dc925cb4.jpg

 俳優の押尾学が09年8月、タニマチの女性社長の所有するマンションで、一緒にいた女性が薬物を吸って体調がおかしくなったのを放置して逃亡。その女性が死亡したため保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反の疑いで逮捕された事件で、後に押尾に薬物を譲渡した容疑で逮捕された男は【怒羅権】のメンバーだった

驚き顔

 当時六本木や西麻布辺りで起きた芸能人絡みの事件はどれも【関東連合】をはじめとする「半グレ集団」がかかわったかのように思われているが、実は、その裏側では【怒羅権】がしっかりと侵食していたのである。 』

驚き顔

imagesTJ0IGTLZ.jpg

05-1.jpg

日ノ丸

いかがでしょうか?

ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

地域別戦没者数

しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

軍人一般人比率

そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

そして【怒羅権】が誕生したのです。

そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

続きは次回に♥


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 支那
Published on: Sat,  07 2015 16:52
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment