中国本土と連携する国際的犯罪組織

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『 「半グレ集団」と言えば、…関東連合と並ぶ二大勢力とされ盟友関係にあったのが怒羅権(どらごん)と、それに派生するドラゴン(チャイニーズ・ドラゴン)であり、前身の暴走族時代からライバル的存在と目されてきた集団であった。

    20141121220603860.png

     ドラゴンという音感から「龍」を連想し、そこから「中国」のイメージが浮かび上がってくるがその名前の通り在日中国人が絡んだ集団であった

    驚き顔

     ただ、怒羅権という漢字は単なる当て字ではなく「怒」は在日中国人へのいじめや嫌がらせ、そして、いわれなき差別に対する「怒り」を表し「羅」はそうした相手=敵対勢力に対抗するために「羅立」即ち結束することを意味しているそして自分たちの「権利」を主張するという強い意志が込められているというつまり怒羅権は怒り団結権利という意志心を持つ集団と言いたいようである

    imagesTJ0IGTLZ.jpg

     怒羅権は1988年中国残留孤児帰国者の二世として70年に生まれた兄貴分の通称「一龍(イーロン)」と、翌71年に生まれた弟分の「二龍(アーロン)」の男二人がまとめ上げた都内の暴走族グループ「華魂」がルーツとされている。

     最初はカタカナで「ドラゴン」と書き、残留孤児二世たちが下町の公園などに集まっては、日常生活における悩みを仲間同士で語り合うサークル的な集団だった。

     この集団が単なる暴走族集団から脱皮し武闘派の側面を残しながらも知能犯的要素を大いに伸ばし中国本土とも連携しながら国際的犯罪組織に発展していくのだ… 』

    驚き顔

    07221287-1.jpg

    05-1.jpg

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

    地域別戦没者数

    しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

    支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

    軍人一般人比率

    そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

    1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

    ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

    そして【怒羅権】が誕生したのです。

    そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Sat,  07 2015 08:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment