中国政府が資金援助する在日黒社会

05-1.jpg

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

それでは、この本を見ていきましょう!


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


『 覚醒剤を含む麻薬取引は、警察当局による取り締まり強化、法改正に伴う厳罰化、さらには度重なる暴力団対策法改正で、暴力団がおおっぴらに取引に臨めなくなってきた。そのため、国籍や韓国籍を持つ組員をエセ破門して会社を経営させたり、在日中国人の不良グループを手なずけて企業舎弟に取り立て、外国人犯罪組織とのパイプを作り薬物を調達したりする方法を編み出した

驚き顔

 ただ、かつてのように台湾香港系マフィアやコリアン・マフィアから直輸入するやり方はできなくなった

 そこで登場するのが在日チャイニーズ・マフィアと交流がある元暴走族集団【怒羅権(どらごん)】のような中国系半グレ集団の面々であった

361281ea-s.jpg

中国残留孤児の2世らを中心としたグループ「怒羅権(ドラゴン)」についての噂 まとめ

 「我々からすれば、よく分からない不良グループを間に挟むより、チャイニーズ・マフィアかその意を受けた【怒羅権】に頼んだ方が信頼できるし、手っ取り早い。それに【怒羅権】の周囲にはチャイニーズ・マフィアだけでなく中国や東南アジアなどの政府・軍・警察関係者など豊富な人材が連なっていて、次のビジネスを考え直した時には、彼らと交流していたら損はないからね」

 そう話すのは日本の指定暴力団幹部。さらに続ける。

 「そして、魅力あるのは人脈だけではない彼らが抱えている各国の内部情報も凄いし、それ以上に多額の【公的資金】を持っていて、その一部にあやかれるだけで素晴らしい恩恵と言える。中国政府が拠出する政府援助金】などはやり方によっては幾らでも使えるし、チェックも煩わしくないから、マフィアの連中は皆利用しているんじゃないか」

驚き顔

 中国の黒社会では、マフィアの幹部が政府関係者や共産党幹部らに食い込み酒食を共にし遊び歩く様子や地方政府や党本部などに大手を振って出入りしている姿を頻繁に見かける双方の蜜月関係は疑う余地はないだろう。

驚き顔

 つまり、乱暴な言い方をすれば、政府援助金などを利用するチャイニーズ・マフィアやその地位を奪おうとしている【龍グレ集団】さらに彼らに連なろうとする暴力団は中国政府の公金を使って金儲けをし悪事を働いているようなもの… 』

中国政府と関係を持つ知能派半グレ集団を【龍グレ】と著者は名付けています。

驚き顔

 20141121220603860.png

imagesTJ0IGTLZ.jpg

05-1.jpg

日ノ丸

いかがでしょうか?

ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

地域別戦没者数

しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

軍人一般人比率

そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

そして【怒羅権】が誕生したのです。

そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

はとが豆鉄砲をくらった顔

そして、あの【民主党出身のもと首相(↑)】も、このような【在日黒社会】と繋がっているんです♥

その【在日黒社会】における 「中国系の危ない連中」は、実はチャイニーズ・マフィアだけではなく、中国共産党とも緊密な関係にあるのです。つまり、中国共産党と在日系反社会的勢力は同一だと考えて良いというのが、もはや常識なんです♥

さらに、中国共産党の公的な資金によって在日黒社会が援助されている実態もハッキリとしていますね♥

ご参考までに、非常に興味深い記事が書かれているブログがこちらです♥

続きは次回に♥


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 支那
Published on: Mon,  09 2015 04:20
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment