警察が徹底的にマークする「中国系の危ない連中」

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『  「大偉(ターウェイ)」という名前の男がいる。

    怒羅権(どらごん)が暴走族からチャイニーズ・マフィアを凌ぐ犯罪組織に発展していく過程で必ず登場する人物だ。中国残留孤児二世で【怒羅権】草創期から深くかかわり、多くのメンバーに慕われ、一時は日中強盗・窃盗団を率いて暴れ回っていた男でもある。

    361281ea-s.jpg

    中国残留孤児の2世らを中心としたグループ「怒羅権(ドラゴン)」についての噂 まとめ

     新宿・歌舞伎町や上野、錦糸町など都内の繁華街で激しい抗争事件を繰り広げ、警察当局に何度も身柄を拘束されながらも不死鳥のように蘇り、最後は【東北系(※旧満州地方)マフィアのボス】として君臨し、在日中国人社会】で『陰の帝王』と恐れられた人物である。

    驚き顔

     「大偉」は実弟の「小偉(シァオウェイ)」、弟分の「二龍」とともに「老三弟」と呼ばれ、日中両国の黒社会(闇社会)で暗躍し、暴力団やほかのチャイニーズ・マフィアからも一目置かれる存在であった。…

    驚き顔

     【怒羅権】OBや関係者が未だに強盗恐喝麻薬売買といった凶悪犯罪に手を染めているケースもあるほかにも詐欺や窃盗、そして怪しげなビジネスを行う面々など周辺の人間まで加えると、首都圏だけで少なくとも十数グループ二千人以上の【怒羅権】がいる勘定になるという。

    驚き顔

     かつての【怒羅権】のメンバーなら残留孤児二世、三世で、国籍こそ日本だが実際は【在日中国人】であり、日本語がしゃべれない者が多かったため、すぐ分かった

     ところが、昨今の【怒羅権】は各支部のボスクラスは【中国人】だが配下には併合したほかの不良グループが大勢参入しているため、残留孤児とは縁もゆかりもない生まれながらの日本人が多く誰が本物の【怒羅権】かほとんど見分けがつかないのが実情だ。

    驚き顔

     警察当局ではそんな【怒羅権】出身者以外の面々チャイニーズ・ドラゴン(本書では「ドラゴン」)】と呼び【怒羅権】とは区別して徹底的にマークしている

    20141121220603860.png

     「中国系の危ない連中」といった広範囲の人間を指す新語だから、捜査の網を大きく広げられる利点があるのだ。

     ただし、【怒羅権】OBも【ドラゴン】も、どこかの暴力団やチャイニーズ・マフィアにかかわっていることが多く実際には【ドラゴン】と名乗る人物や組織は存在しない。つまり、誰一人として「自分は【ドラゴン】だ」と語っている輩はいないことになる。

    驚き顔

     いずれにせよ【怒羅権】や【ドラゴン】…も表面的にはチャイニーズ・マフィアとかかわりを持たない(どころか敵対している)が、実際は深くかかわって(場合によっては連携して)、さまざまな犯罪やビジネスに手を伸ばしており複雑怪奇な様相を呈している極めて分かりにくいのだ。 』

    驚き顔

    imagesTJ0IGTLZ.jpg

    05-1.jpg

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

    地域別戦没者数

    しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

    支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

    軍人一般人比率

    そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

    1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

    ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

    そして【怒羅権】が誕生したのです。

    そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

    なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

    そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

    はとが豆鉄砲をくらった顔

    そして、あの【民主党出身のもと首相(↑)】も、このような【在日黒社会】と繋がっているんです♥

    その【在日黒社会】における 「中国系の危ない連中」は、実はチャイニーズ・マフィアだけではなく、中国共産党とも緊密な関係にあるのです。つまり、中国共産党と在日系反社会的勢力は同一だと考えて良いというのが、もはや常識なんです♥

    ご参考までに、非常に興味深い記事が書かれているブログがこちらです♥

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Sun,  08 2015 05:18
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment