中国共産党と危険ドラッグを結ぶ「在日黒社会」

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『 警察庁から準暴力団の指定を受けた「怒羅権(どらごん)」は今、当局の取り締まり強化で身動きがとれなくなっている。いくら中国政府の支援があったとしても荒っぽいビジネスで荒稼ぎをし、実行犯をこっそり、または素早く中国に逃すという反則技は通用しづらくなっている

     残された「怒羅権」OBらで作る半グレ集団「ドラゴン」は、表向きは合法的なやり方でビジネスを展開し、資金を稼いでいかなければならないし、より多く利益を上げるためには知能を振り絞った犯罪に走るしかないのだ。

     最も手っ取り早いのは、今まで稼いできた資金を使って、新宿や池袋六本木といった繁華街に中国人パブやショークラブエステ店を開き本国から呼び寄せた留学生や就労生出稼ぎの若者たちを安い報酬で雇って利益を上げる商売だ。これらは現在も行っているしスポンサーとして【中国政府関係者】や【共産党幹部】【中国本土の富裕層】から資金を出させるなどいろいろと工夫しているがびっくりするような利益にはならない。…

     このほか、今も大きな売り上げを上げているのは覚醒剤から合成麻薬までの薬物売買飲食店や風俗店で客のクレジットカードを読み取りそのデータを【中国のマフィア】に送るスキミング本国で作られた偽造カードを東南アジアなどで売り捌いたり使用したりするといった犯罪行為ばかりである

     「それでは億単位の利益を上げることもあるが、いつか必ず摘発される。犯罪スレスレのビジネスはないか」と考えついたのが【危険ドラッグ製造・販売】【マグロのネット販売】不動産売買であった。…

     そして、それらの事業を支えているのも「ドラゴン」をも超越した【龍グレ】という中国の影響下にある知能派「半グレ集団」】なのである。 』 

    驚き顔

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

    地域別戦没者数

    しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

    支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

    軍人一般人比率

    そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

    1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

    ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

    そして【怒羅権】が誕生したのです。

    そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

    なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

    そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

    はとが豆鉄砲をくらった顔

    そして、あの【民主党出身のもと首相(↑)】も、このような【在日黒社会】と繋がっているんです♥

    その【在日黒社会】における 「中国系の危ない連中」は、実はチャイニーズ・マフィアだけではなく、中国共産党とも緊密な関係にあるのです。つまり、中国共産党と在日系反社会的勢力は同一だと考えて良いというのが、もはや常識なんです♥

    さらに、中国共産党の公的な資金によって在日黒社会が援助されている実態もハッキリとしています。

    多くの未解決事件の暗殺の請け負い危険ドラッグ製造・販売マグロのネット販売新潟県や沖縄県を代表とする基地周辺の不動産売買などなど、中国共産党の影響下にある犯罪集団が次々と悪事を重ねているのが実態なんです♥

    ご参考までに、非常に興味深い記事が書かれているブログがこちらです♥

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Tue,  10 2015 18:49
    • Comment: 3
    • Trackback: 0

    3 Comments

    4711  

    No title

    「こちら」のブログがもう読めません。消されたのでしょうか。「在日」は、朝鮮人だけではなかった、そのうしろに中共がいたんですね。今、除夜の鐘のような日本の文化を折ろうとしているのも、朝鮮人だけではないのかもしれませんね。

    2017/01/12 (Thu) 17:38 | EDIT | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: No title

    「こちら」のブログがもう読めません ⇒ 調査致します♥


    2017/01/13 (Fri) 19:35 | REPLY |   

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2017/01/16 (Mon) 21:30 | REPLY |   

    Post a comment