鳩山由紀夫と「在日黒社会」の仲間たち

05-1.jpg

戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

客観的に情勢を判断する必要があります。

現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

それでは、この本を見ていきましょう!


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


『 怒羅権(どらごん)がいかにして芸能界に浸透していったかについて触れておこう。【怒羅権】が日本の芸能界に進出できた要因は多彩な犯罪や事業から得た潤沢な資金力に加えて中国本土と在日中国人社会】に根づいている【黒社会(闇社会)、即ち、チャイニーズ・マフィアの存在】抜きには語ることはできない…ここでは芸能界での【怒羅権】人脈の一端を紹介しておく。

驚き顔

 「芸能界と暴力団をはじめとする闇社会が持ちつ持たれつの関係にあることは、業界にかかわっている者なら周知の事実だが、誰もが名前を知っている大手芸能事務所を率いる人物の盟友でその後ろ盾になっている暴力団のナンバー2が、実は、『横浜怒羅権』の大幹部だったOBなんだ。その関係で『横浜怒羅権』の関係者があちこちの芸能プロダクションに入り込み着々とネットワークを作っているらしい」

驚き顔

 そう語るのは神奈川県警幹部。さらに、こう続ける。

 「今から十数年前のことだが、そのネットワークの一つの芸能事務所にいた女性タレントが系列外の大手芸能プロダクションに電撃移籍したんだ。契約違反めいたこともあったようだが、芸能界の力関係からいって、普通は文句など言えないところらしい。だが、その事務所にかかわっていた『横浜怒羅権』関係者が移籍先の大物社長宅に乗り込んで、数千万円の和解金をせしめてきたというんだ。相手の大手芸能プロには暴力団のケツ持ち(後援者)もいたようだが、意にも介さなかった…」

はとが豆鉄砲をくらった顔

 まだある。11年5月、中国で【鳩山由紀夫元首相】らを招いて大々的にイベントを開催した大物プロデューサーで、自ら芸能グループを率いる【在日中国人】男性は、【怒羅権】出身現在はチャイニーズ・マフィアの大幹部らと都内のホテルなどで頻繁に接触している姿を警察当局も確認している

驚き顔

 こうした芸能人や業界関係者と【怒羅権】関係者の交流ぶりを示すエピソードは数多く存在するが、08年頃から急速に増え始めたのは、これまでそうした立場にいた暴力団関係者が暴対法や暴排条例で身動きが取れなくなり、また、芸能人側も飲食を共にしただけで違法行為になりかねない暴力団員を敬遠した。

 代わりに注目したのが「半グレ」であり二大勢力のうち「関東連合」が大コケしたため【怒羅権】関係者に集中したと見ている。 』

驚き顔

imagesTJ0IGTLZ.jpg

05-1.jpg

日ノ丸

いかがでしょうか?

ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

地域別戦没者数

しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

軍人一般人比率

そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

そして【怒羅権】が誕生したのです。

そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

そして、あの【民主党出身のもと首相】も、このように【在日黒社会】と繋がっているんですね♥

ご参考までに、非常に興味深い記事が書かれているブログがこちらです♥

続きは次回に♥


進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
(2015/01/16)
一橋 文哉

商品詳細を見る


ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
Category: 支那
Published on: Sat,  07 2015 19:43
  • Comment: 1
  • Trackback: 0

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/08/12 (Wed) 21:40 | REPLY |   

Post a comment