日本にある中国黒社会と残留孤児帰国者

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『 1972年の日中国交正常化によって、中国内の事情が少しずつ知らされるようになると、戦争によって中国への残留を余儀なくされた肉親たちの消息を確認し帰国させようとする活動が起こった。だが、中国側で【文化大革命】(死者1000万人以上、被害者1億人以上といわれる人民虐殺)が起きたり、…残留孤児探しの活動は頓挫を余儀なくされた

    驚き顔

     80年代に入ると多くの残留孤児たちが日本を訪れて、さまざまな個人データを公開し、微かな記憶やわずかばかりの物的証拠を頼りに肉親探しを行った。が、…肉親と再会できる幸運に恵まれた者はごく少数しかいなかった

     こうして肉親が見つからなかった人々の落胆は大きく、焦燥した姿は見る者の涙を誘ったが、その一方で訪日時に支給される【多額の見舞金を目当て】に【自ら残留孤児と称し】て届け出を行う者が続々と現れ、厚生省や残留孤児の帰国支援活動に取り組んできた人々がそれらの確認作業に追われる事態となった。…

    驚き顔

     肉親に再会するなどして幸運にも日本に帰国できた残留孤児たちの中にも、言葉や文化の壁から日本での暮らしに馴染むことができず、苦悩する人々が増えていった。彼らの多くは仕事に就けず、生活保護を受給するケースが相次ぎ一時は残留孤児帰国者の65%以上を占めるまでに膨らんだ

    驚き顔

     それが、さらに残留孤児帰国者の二世三世の世代になると、同年代の日本人の生活ぶりに比べればもちろんのこと、一般的な在日中国人の暮らしと比べても経済格差が歴然としてくるようになった。それどころか、同じ残留孤児帰国者の中でも日本での生活や仕事に成功した者は、幸せな家庭を築き、中国から親族を呼び寄せるなど「いい思い」をしていたようだが、うまくいかなかった者は夜逃げ同然の姿で中国に帰るかあるいは日本にある【中国黒社会(闇社会)】に転落していくしかなかった

    驚き顔

     そこには、…相互扶助という考え方や信頼関係はなく、孤独な暮らしの中で生き抜いていくには、ひたすらに耐え忍び、「いつか見ていろ」と歯を食いしばる人生が待ち構えていたのである。 』

    05-1.jpg

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

    地域別戦没者数

    しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

    支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

    軍人一般人比率

    そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

    1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

    ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Fri,  06 2015 04:57
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment