歴史ある在日朝鮮人犯罪組織

    05-1.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    現代のメディアが、「嘘」を報道し続ける理由の一つが、在日黒社会との蜜月関係です。

    今回は、ちょこっとダークな参考書籍のご紹介です。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    『 日本には現在【怒羅権(どらごん)】や【ドラゴン】を傘下に収め勢いのある【東北系(支那島北部、つまり満州)】のほか北京、上海、福建、広東など【中国本土組】をはじめ香港やマカオ台湾シンガポールなど周辺諸国から十二系列のチャイニーズ・マフィアが進出し構成員は総勢三千人とも四千人とも言われている


    361281ea-s.jpg

    中国残留孤児の2世らを中心としたグループ「怒羅権(ドラゴン)」についての噂 まとめ

     中国勢以外にも韓国ロシアベトナムタイイスラム諸国欧米諸国などからマフィアや犯罪組織が日本を訪れ既に活躍しているという

    驚き顔

     それぞれのチャイニーズ・マフィアには「老大(ラオタイ)」と呼ばれるドン(親分)がいて、組織内を仕切り、ほかのグループを睨んでいるが、世界有数の盛り場である新宿・歌舞伎町辺りでは利権がぶつかり合って抗争事件が絶えない特に上海福建勢の仲が悪く上海勢が「大偉」グループや「ドラゴン」に福建マフィアとの抗争への加勢やみかじめ料徴収の代行などを依頼してきたこともある。

    20141121220603860.png

     日本で活動している外国人の犯罪組織として最も古いのは韓国、北朝鮮など「半島系」グループである。…かなりの人数が戦前から日本で暮らしており特に戦後には「(自称)戦勝国民」として東京や大阪、神戸などの繁華街を闊歩していた時期もある。

    自称戦勝国バカップル

     彼らの無理難題や不法行為喧嘩沙汰に対しては警察当局も手が出せない状態が続いたため、住民の要望もあって自警団的な組織として勢力を伸ばしたのが山口組をはじめとする暴力団組織であった
     その暴力団と組んで覚醒剤や拳銃の密輸などで暗躍したのは台湾、香港系のマフィアで「半島系」グループと激しい抗争を繰り広げながら急成長を遂げていった。  』

    驚き顔

    imagesTJ0IGTLZ.jpg

    05-1.jpg

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    ユダヤ共産党のソ連、支那人たちによって、満州で日本人は大量に虐殺されました。

    地域別戦没者数

    しかも、非戦闘員の多さが際立っていますね♥

    支那も、ユダヤ共産党ソ連も、非武装の民間人を大量に殺害したのです。

    軍人一般人比率

    そして、大量の孤児が支那に取り残されていったのです。

    1980年代に、彼等は日本に戻ってきました。

    ところが、社会的に脱線してしまう人が、そこに居たのです。

    そして【怒羅権】が誕生したのです。

    そこからさらに、中国本土と連携しながら国際的犯罪組織に発展していったのです。

    なぜならば、彼らメンバーの多くが日本語と中国語が話せ、かつ日本国籍を有していることが、犯罪組織にとって都合のよい非常に重要な「価値」だったからですね♥

    そして、現在のメディアや芸能界に、これらの犯罪勢力がしっかり根を張っていることが明らかになっています。

    はとが豆鉄砲をくらった顔

    そして、あの【民主党出身のもと首相(↑)】も、このような【在日黒社会】と繋がっているんです♥

    その【在日黒社会】における 「中国系の危ない連中」は、実はチャイニーズ・マフィアだけではなく、中国共産党とも緊密な関係にあるのです。つまり、中国共産党と在日系反社会的勢力は同一だと考えて良いというのが、もはや常識なんです♥

    ご参考までに、非常に興味深い記事が書かれているブログがこちらです♥

    日本における反社会的勢力である暴力団は、そもそもは戦勝国民だと自称する在日朝鮮人犯罪組織に対抗するものでした。つまり、黒社会の中でも、在日朝鮮人は日本人組織と対立していたのですね♥

    続きは次回に♥


    進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)進化する中国系犯罪集団 (PHP新書)
    (2015/01/16)
    一橋 文哉

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 支那
    Published on: Sun,  08 2015 18:37
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment