FC2ブログ

    世界中が「賛美」しているんです♥

    Uji-bashi_03.jpg
    親日(しんにち, 英: Japanophile)とは、日本語では、日本や日本人、日本文化に好意的な言動を示す外国人を指す言葉である。日本政府は、親日派の増加が日本の外交政策や事情に対する諸外国の理解促進につながるものであるとして、親日派を増やすことに力を入れている。一般に親日である人を表す場合には「親日家」や「親日派」が用いられる。また、フランスでは日本びいきの人を指す語として「タタミゼ」中華民国(台湾)においては特に親日の若者を指す語として「哈日族」がある。
    一方、朝鮮語での親日は逆の意味を持ち「親日派(チニルパ)」は(韓国・朝鮮に対する)「売国奴」の意味になる


    こちらも参考になりますよ♥

    じっちゃんの名に懸けて~ 国語学者 金田一春彦氏 も絶賛♥

    『 この一見平和な世の中で日本は以前の連合国などから【罪悪国】として観られていたのであり、

    今でもその意識が払拭されていないのである。

    少なくとも日本を罪悪国として【教育】をしていた国々は、

    アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、北朝鮮、中国、イギリスやオランダといったところで、

    それ以外の国から日本に対して批判的な声を聞いたことはない

    Imperial_Seal_of_Japan.png

    例えば、フィンランドでは、日本人がロシアを打ち負かしたことにより独立を勝ち取っており、

    それによって【日本賛美】の内容が教育されていたりもする。

    トルコにおいては日本人を【善人】として教えている

    アラブ諸国においては、日本に対する敵愾心はないどころか、

    むしろとても【好意的】である。

    東欧諸国も同様である。

    中南米にいたっては嫌米意識強く、

    そのようなアメリカと戦った日本に対する嫌悪の声は聞こえていないどころか、とても【親日的】である。

    況してやアフリカにおいては全く問題がない

    アジアにおいても中国と、華僑がつくった国と、朝鮮人以外の国では、

    日本の悪口を言う国は【ない】のである。』

    かつて世界中を植民地支配していた悪い国々に対して、「戦いを挑んだ日本」を世界の国々は賛美しているんですね♥

    マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!
    (2012/12)
    目良 浩一、今森 貞夫 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Thu,  09 2014 03:07
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment