白船来航。。。それは、黒船の次にやって来たんです♥

    TR_Great_White_Fleet_Sails_Kunstler.jpg
    セオドア・ルーズベルトとグレート・ホワイト・フリート
    グレート・ホワイト・フリート(Great White Fleet)は、1907年12月16日から1909年2月22日にかけて世界一周航海を行ったアメリカ海軍大西洋艦隊の名称。「GWF」と略されることもあり、また「白い大艦隊」「白船」と訳されることもある。名前の由来は、GWFの艦体が白の塗装で統一されたことによる。1898年、米西戦争に勝利したアメリカはフィリピン、グアム、カリブ海のプエルトリコを得て、1903年にはパナマ運河の建設に取り掛かっており、海軍力の整備が急務であった1904年から1907年までに11隻の戦艦を新造し、海軍力を誇示するタイミングをうかがっていた。アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトは1907年に大西洋艦隊を太平洋岸のサンフランシスコへ回航すると議会で発表する。発表当時はまだ世界一周航海であることを伏せていた。同年12月16日、ルーズベルト大統領をはじめとする大勢の見物人の見送る中、バージニア州のハンプトン・ローズを出港する。翌年の3月11日にメキシコのマグダレナに到着すると、3月13日にルーズベルトは航海の目的が世界一周だと発表する。
    航海の目的はアメリカの海軍力を世界中特に日露戦争に勝ったばかりの大日本帝国(日本)に誇示することおよびアメリカ西海岸のアメリカ国民に軍備拡張の支持、具体的には戦艦4隻を新造するための予算を取り付けることが目的だったといわれている


    Matthew_Calbraith_Perry.jpg

    『 日本は【ペリーの黒船来航】によって、

    【力でねじ伏せられる】ようにして江戸と長崎を開港し、

    次に、いわば【騙されるように】して不平等条約を結ばされたわけである。

    1858年7月、徳川幕府は…日米修好通商条約に調印した。

    …幕府は他の西欧諸国とも同様な条約を結んだ。

    それらは【治外法権】、【協定関税制】、【最恵国待遇】などの特権

    一方的に外国に与えた【不平等条約】であった。

    …1868年に成立した明治政府は、…条約改正の意図があることを伝えた。

    …日本は…関税自主権を手に入れるためにかなり高い価格を支払わなければならなかった。』

    Us-atlantic-fleet-1907.jpg
    ハンプトンローズを出港する艦隊

    『 日本が大国ロシアとの戦いに勝利したことにより、アメリカにおいて日本人脅威論が生まれ、

    いつの間にか日米戦争説が広がっていたほどである。

    アメリカは突如として【対日威嚇行動】に出たのであった。

    (1908年3月) アメリカの大西洋艦隊を大挙して太平洋に回航させ、

    【日本近海】に近づけるという行動に出たのである。

    日本の連合艦隊の【二倍の規模】を持つ大艦隊の接近は日本人に恐怖をもたらした。

    Tr_great_white_fleet_tr_addresses_USS_Connecticut_Feb_1909.jpg
    セオドア・ルーズベルト グレート・ホワイト・フリート Feb 1909

    【白船来航】である。

    船は白いペンキで塗られていて、【グレート・ホワイト・フリート】と呼ばれていたので、

    日本では【ペリーの黒船】と区別して【白船】と呼称した。

    …このことを後に【白船事件】と呼ぶ。』

    アメリカは、軍事力で日本を脅したんですね♥

    マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!
    (2012/12)
    目良 浩一、今森 貞夫 他

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本
    Published on: Wed,  08 2014 15:58
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment