池上彰の本を読んではいけない理由 ~ 教科書って、本当に正しいの?

    池上彰 108
    池上 彰(いけがみ あきら、1950年8月9日 - )は、日本のジャーナリストである。東京工業大学特命教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、特定非営利活動法人「日本ニュース時事能力検定協会」理事、毎日新聞「開かれた新聞」委員会委員

    実家の購読誌でもあった朝日新聞社と、日本放送協会(NHK)への就職を希望。、「これからは、テレビの時代」と最終的に日本放送協会(NHK)への入社を決める事となった。





    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 記紀(古事記・日本書紀)高天原(たかあまはら)に住んだ天照大御神(あまてらすおおみかみ)から数えて六代にあたる、【五瀬命(いつせのみこと)】【若御毛沼命(わかみけぬのみこと)】が儀(はか)り、【日向(ひむか・宮崎県)より出発し大和(やまと・奈良県)に建国したと記しています】

    ポイント 女性

     ここで若御毛沼命はまたの名を豊御毛沼命(とよみけぬのみこと)またの名を日子穂穂手見命(ひこほほでみのみこと)またの名を神倭伊波禮毘古命(かむやまといはれいびこのみこと)といいます。後の【神武天皇(じんむてんのう)】です。

    月岡芳年「大日本名将鑑」より「神武天皇」。
    月岡芳年「大日本名将鑑」より「神武天皇」

    幼い頃狭野尊(さののみこと)と呼ばれました。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    この書物の著者は、古事記や日本書紀に「記録されている」、私たちの日本の建国の物語、すなわち「神武天皇の東征」足跡が、今でも各地に残されている「山の名前」から、推測することができるって仰っています。

    その中身は、本書をお読みに頂ければと思いますが、参考までに、著者のお考えがこちらのサイトに記載されておりますので、ご紹介させて頂きます♥

    『神武東征における邪馬台国』 白崎 勝

    今年から、8月11日が、新しい祝日「山の日」となりました。非常に秀逸なこの書物と地図を片手に、神話に触れながら日本全国の山々を旅してみるのは、いかがでしょうか?

    large_20160717064357d64.jpg

    昨日も書かせて頂きましたが、当ブログでのスタンスと致しましては、「倭≠日本」「邪馬台国≠日本」っていう立ち位置ですので、邪馬台国や卑弥呼は、単なる地方豪族だったとしてしか考えておりませんので、その部分の解釈につきましては、意見を異にしておりますのでご了承くださいませ。

    簡単にご説明申しますと、まず女王である卑弥呼の治めた邪馬台国は、3世紀頃九州北部に位置し、具体的には、福岡県みやま市瀬高町にある「女山神籠石」付近の高台に、卑弥呼の宮があったと考えられます♥

    女山神籠石

    女山神籠石 5
    文化遺産オンライン 女山神籠石(ぞやまこうごいし)

    立体地図で確認いたしますと、こんな風になります。

    女山神籠石 6

    この近くには、高さ5メートル、周囲約140メートルの円墳「権現塚」があり、また、戦前には「卑弥呼神社」も存在していました♥

    3424493.jpg

    詳しくはこちらをご参照♥

    邪馬台国があった場所



    で、この邪馬台国複数の国々を支配下に治めていました。魏志倭人伝には、次のように記されています。

    「 倭人は帯方郡の東南、大海の中におり、山や島に国や村をつくっている。」

    「 帯方郡から倭に至るには、海岸に沿って船で移動し、韓国を経て南下し、次いで東へ向かい倭の北岸狗邪韓国(くやかんこく / 3世紀中頃に朝鮮半島南部にあった国。先の韓国とは別の国。)に至る7千里なり。」

    sakakibara02.jpg

    ここでポイントとなるのが、朝鮮半島南部に位置する狗邪韓国が、「倭の北岸」だと記されていることです♥ つまり、ここも「倭人の国の一つ」と明確に記載しているんです♥

    ポイント 22

    そして、このあと、日本海を渡った先にも存在している、倭人の国々について記しています。

    「 始めて一海を渡る千余里、対馬国に至る。…対馬には千余戸ある。良田なく海産物を食べ船で交易す。

    また対馬の南の海峡を渡る千余里、一大国に至る。…3千戸ばかりの家あり。田畑はあるが船で交易す。

    また一海を渡る千余里、末廬国(まつろこく、まつらこく)に至る。4千戸あり。皆潜って魚をとる。」


    yd_kubota1.jpg

    末廬国(まつろこく)は、東松浦半島・唐津付近です。

    karatu.jpg

    「 東南に陸行、5百里にして、伊都国に至る。…家は千余戸。代々王はいるが女王国に属す。」

    とこのように続き、最後にようやく邪馬台国が出てきます。

    「 南、邪馬台国に至る女王の都する所、水行10日陸行1月。…約7万余戸あり。」

    「 女王国より北、戸数・道里は略載できるも他は遠く国交なく記載できず。今まで記した国以外に女王国の北の国は21カ国あるこれが女王国の境界の尽きる所なり。」

    女王国、つまり邪馬台国が21カ国を属国としておりここまでが邪馬台国の勢力圏だって書かれています♥ この属国を含めた邪馬台国の連合が、いわゆる「倭国連合」です。そして、この「倭国連合」こそが「倭」なんです♥ 「倭≠日本」あるいは「倭≠大和(ヤマト)」なんです♥

    そして、他にも国はあるけれども国交がなく遠いので「書き記すことができない」ともあります♥ つまり、ここで記されてはいない「国交のない」「遠い」その国々の中に日本・大和があるんです♥

    続きを見てみましょう。

    女王国の南狗奴国(くなこく)あり。男子を王とす。官に狗古智卑狗(くくちひく)あり。女王に属せず。」

    現在の熊本県に、女王国・邪馬台国と対立する国が存在しています。これが、記紀に記されている「熊襲(くまそ)」です。

    「 その八年(正始8年)、太守王頎官に到る。倭の女王卑弥呼狗奴国の男王卑弥弓呼ともとより和せず、倭の載斯・烏越等を遣わして郡に詣り相攻撃する状を説く。」

    正始8年とは、247年のことですが、ここでもハッキリと敵対関係にあって、支那の「魏」に援軍を求めています♥ そして、この戦いによって、女王・卑弥呼が死去します♥

    さて、もう一つ重要なポイントがあります。

    魏志倭人伝には、「倭人」について、次のように記されています。

    「 男子は大小となく皆黥面文身(げいめんぶんしん)す」

    つまり、「倭人」の男子は、みんな「入れ墨」をしていたって書かれているんです♥ この風習は「倭人」に特徴的なものです。また、当時の支那では、「入れ墨」が刑罰の一種でしたから、「倭人」が「入れ墨」をしていることに驚いているんです♥

    このお話の続きは、また別の機会にでもさせて頂きます♥

    さて、昨日に引き続いて、このニュースについて、見てまいりたいと思います。

    三原じゅん子 103
    三原じゅん子氏「神武天皇は実在の人物」と認める 池上彰氏が質問(参院選)

    「 7月10日投開票された参院選で、神奈川選挙区で当選した自民党の三原じゅん子氏が、同日の選挙特番で「神武天皇は実在の人物」という趣旨のことを話すシーンがあった。テレビ東京系で7月10日放送された選挙特番「池上彰の参院選ライブ」の一幕だ。

     コトバンクによると初代天皇とされる神武天皇は、神の代から人の代への接点に位置する神話的な人物であり、史実を伝えるものはほとんどないといわれている

     番組中の録画の中で、選挙戦のテーマカラーが赤と白だった理由について三原氏「やはり日本の国旗の色。神武天皇の建国のそのときからの歴史というもの、全てを受け入れた憲法を作りたい」とコメント。当選確実になった後には、中継で司会の池上彰氏からの質問に以下のように答えた。

    ――先ほどのVTRの中で、神武天皇以来の伝統を持った憲法を作らないといけないとおっしゃってましたね。どういう意味なんでしょうか。明治憲法の方が良かったということでしょうか?

    全ての歴史を受け止めてという意味であります。

    ――神武天皇は実在の人物だったという認識なんでしょうか?

    そうですね。いろんなお考えがあるかもしれませんけど、私はそういう風に思ってもいいのではないかと思っています

    ――あ、そうですか!学校の教科書でも神武天皇は神話の世界の人物で、実在していた天皇はその後だということになってますが?

    神話の世界の話であったとしても、そうしたことも含めて、そういう考えであってもいいと思います

    ――神話も含めて日本の歴史を大切にした憲法にしなければいけない?

    はい、そうですね。」


    あっぱれ

    (0:55頃から)



    で、この池上彰というヒトが、どんな思考回路をもっているのかについては、昨日書かせて頂きました♥

    池上彰 101
    池上彰

    こちらもご参照♥

    歴史を歪める「ハリウッド」



    その発言の中身からも理解できますとおり、

    「神武天皇は実在の人物だったという認識なんでしょうか?」

    「学校の教科書でも神武天皇は神話の世界の人物で、実在していた天皇はその後だということになってますが?」


    と。。。この池上彰なるヒトは、「教科書」に書かれているかどうかが大切な事だと思っているんです♥

    教科書が絶対的に正しいなんて本気で思っているところが、とてもナンセンスですね♥

    ポイント 女性

    「 教科書は変わる。社会の変化があり、研究も進んでくる。その時代の教育課程にしたがった教科書の記述の中身も変わる教科書「で」教えると言いながらじっさいは教科書「を」解説するのが現場の授業だから、教科書の変化は影響が大きい

    tyugakurekishi731.jpg

     新しい研究成果が出されると、学会では専門の研究者たちがその妥当性を討議する。多くの人に認められると、それが学界を代表する定説となる。続いてそれが教科書会社の執筆者会議の議題になり、現場の教員の代表者たちと学者たちが集まって話し合う。そこでは新しい記述案が出される。教科書会社は、これをまとめて検定前の「白表紙」という形にする。最後に文部科学省の教科調査官がそれを審査する。

     この一連の流れには、ひどく時間がかかる。おおよそ30年という。30年といえば一世代であり、父母や子供とは教科書の内容が違っていて当然である。

    「慶安の御触書」はでっちあげだった

     佐藤常雄筑波大学教授は『貧農史観を見直す』の中で農民が「稗・粟などの雑穀ばかり食べて、武士による苛斂誅求にあえいでいた」という俗説を真っ向から否定した。従来いわれてきた数々の定説は、農業史から見たら、ほとんどが根拠のない話だった。江戸時代の農業生産力は、現在とほとんど変わらないこと。幕末に出版された多くの農業書の内容の豊かさなどから見ても、「貧農」という思い込みは捨てなければならない。

     さらには、士農工商という序列を表す言葉がある。これは事実だったのか?「水呑百姓(みずのみびゃくしょう)」という言葉は、ほんとうにその実態を表わしていたのだろうか?

     ある資料によると、大きな回船問屋を営んでいた富豪が人別帳ではなく「水呑」と表記されていた。その商人は米を生産する土地を持っていなかったからである。当時、実体経済はカネで動いてはいたものの、身分などの規程では米の取れ高(石高)を指標としていた。そういう社会の仕組みがあったということになる。

     「慶安の御触書(けいあんのおふれがき)」という、たいていの大人なら誰でも知っている史料がある。昭和の・・・教科書には(次のように記されている)・・・江戸時代というのは支配階級である武士が威張り、被支配階級の商人や農民や工人は見下されていた。農民は序列こそ二番目だったが、ひどく搾取されていた存在だった。その表れがこのような幕府発行のお触書にも示されているという。いわゆる「貧農史観」である。

     それが平成の教科書を見ると、次のように変わっている。

     「領主・代官を敬い、名主・組頭を真の親と思え。略、酒茶を買って飲んではいけない。麦・あわ・雑穀などをつくり、米を多く食いつぶさぬようにせよ。百姓の衣類は麻布・木綿にかぎる」・・・

     「幕府が1649年に出したと伝えられる」・・・

    とトーンダウンした記述に変化している。

     山川出版社の高校教科書では、「慶安の御触書」は跡かたもなく消え、代わりに1642年の「農村法令」と銘打ったものがある。一部をあげてみると、

     「庄屋は絹・紬(つむぎ)・布・木綿を期すべし。わき百姓は布・もめんたるべし。嫁とりなどに乗物無用の事。荷鞍に毛氈(もうせん)をかけ、乗り申すまじき事」と書いてある。また、欄外に注として、「慶安の御触書が有名であるが、最近はその存在に疑問が出されている」と明記している。

     こうしてみると、昭和の時代は「百姓は支配され、厳しく統制され、苦しい生活を強いられていた」という解釈がまかり通っていた。それが新しい発見がされるにつれ、だんだんと記述に変化がみられてきているのだ。興味深いのが、山川出版社の教科書の記述である。「農村法令」は・・・禁令だから、ほっておいたら守らないことばかりが書いてあるはずだ・・・法令の裏を読めば、庄屋は言うまでもなく、「わき百姓」たちまで、自由に絹・紬を着たのだろう。花嫁は駕籠に乗ってやってきたのだ。乗馬用の鞍を着ければ言い訳のしようがないから、荷役用の鞍に毛氈をかけて乗る人もいたに違いない。」


    詳しくはこちらをご参照♥

    「慶安の御触書」はでっちあげだった♥



    と、このように、年々教科書の内容は書きかえられているわけですが、そもそも現在の「社会科」の教科書は、戦後の占領政策の影響が、未だに色濃く残っています♥ このお話は、つい先日も書かせて頂いておりますので、そちらをご参照ください♥

    詳しくはこちらをご参照♥

    「社会科」って、結局は何なの? ~ 教育・社会悪化の根本原因=「社会科」

    「総力戦」を勘違いしている日本人 ~ キレイゴトでは、決してありません!



    その戦後の占領期に持ち込まれた、、「社会主義」「共産主義」がテンコ盛りな「社会科」を、自分自身で深く考えもせずただただ「鵜呑み」にし「丸暗記」しただけの、お粗末な歴史観を垂れ流しているのが、池上彰っていうヒトなんです♥

    だから、メディアに重宝されるんでしょう♥

    池上彰 101
    池上彰

    このヒトは、こう言いました。

    「神武天皇は実在の人物だったという認識なんでしょうか?」

    「学校の教科書でも神武天皇は神話の世界の人物で、実在していた天皇はその後だということになってますが?」

    私たち日本建国の歴史を記す「古事記」や「日本書紀」に、その存在がハッキリと書かれているにも関わらず、戦後の占領政策の延長でしかない「社会科」の「教科書」に「実在していた」と書かれていないって、ナンセンスなことを言ったんです♥

    コレが、世に言われる「恥ずかしい大人」です♥

    池上彰 104
    【恥ずかしい大人】

    長くなりましたので、本日はここまでにさせて頂きますが、明日もこの件について見てまいりたいと思います♥

    それでは、本日の最後に、こちらの動画をどうぞ♥



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Tue,  19 2016 00:01
    • Comment: 5
    • Trackback: 0

    5 Comments

    のりお  

    え…

    この記事を本気で書いてるあなたが怖い。

    2017/01/10 (Tue) 21:40 | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: え…

    この記事を本気で書いてるあなたが怖い ⇒ 理由さえ説明できないようで、「お馬鹿丸出し」ですね♥ まさに戦後教育の賜物w

    理論立てて、自分の立ち位置や考え方さえ説明できず、単なる「思い込み」で、自分こそが正しいという考え方が、お馬鹿な「パヨク」そのままです♥ ご自身の、そんな無様な姿を、恥ずかしいとも感じることができない♥ 

    本当に「哀れ」www

    2017/01/11 (Wed) 18:23 | REPLY |   

    のりお  

    はぁ…

    日本人以前に、人間として恥ずかしい。

    2017/01/11 (Wed) 19:08 | REPLY |   

    みっちゃん  

    Re: はぁ…

    まったく「非論理的」なお馬鹿コメントですね♥

    「お馬鹿」って、「思い込みで意見するだけ」なんで、人間として恥ずかしいですね♥

    あー、っていうか、あなたは、ひょっとして「動物」かな♥ 哀れですね♥

    「人間」ならば、もう少し「ロジカルに」(笑)

    2017/01/13 (Fri) 18:43 | REPLY |   

    愛国者  

    池上彰に注意

    「池上彰の学べるニュース」が終わってほしいです。幸い,私の歴史教科書には,南京大虐殺や従軍慰安婦は記載されておりませんでした(捏造が修正されていないけど,GHQの捏造が教科書から消えている)。

    2017/03/07 (Tue) 19:51 | REPLY |   

    Post a comment