アメリカも、ロシアも、実は「分裂」しているんですね♥

    f03318ef4cc0cd1d98e69876c4c4735a.jpg

    PHP研究所
    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】
    著者 竹村公太郎著 《リバーフロント研究所研究参与》

    ●言語の【分裂】
    世界で南北方向の緯度20度を持つ国は、それほど多くはない。そこでは、言語は分裂している

    北米→米国

    『米国では英語を話せない米国民の存在は普通で、

    誰もその人を奇異に思わない。

    ヒスパニック系米国人の増加で、

    その傾向はさらに加速している。

    2000年の米国の白人構成は70%である。

    しかし白人の出生率は低く、ヒスパニック系移民の増加と高い出生率で

    2050年には、白人構成は50%にまで低下するという。

    …米国の言葉はますます複雑化し、サラダボウルのようにかき回され続けていく。』

    76086af81e3c1d4c948bc1f7f6151e36.jpg

    ●言語の【分裂】
    世界で南北方向の緯度20度を持つ国は、それほど多くはない。そこでは、言語は分裂している

    ユーラシア→ロシア

    『ロシアはもともと多民族国家である。

    ロシア全土を束ねていた強力な社会主義国家のソ連邦は、

    1922年に成立して約70年後の1991年に崩壊した。

    …広大なロシアを束ねていた一党独裁のタガが外れた後、

    潜在化していた民族意識が一気に顕在化した。

    100以上の民族独自の言語が復活し、

    その存在を主張し始めている。

    やはり、この国を1つの言語でまとめるには、気の遠くなるほどの強力な権力が必要であった。』

    c66a9e7cd8d76d0fdd1c936e22e62c2d.jpg

    ●言語の【分裂】
    世界で南北方向の緯度20度を持つ国は、それほど多くはない。そこでは、言語は分裂している

    ユーラシア→インド

    『インド文明の歴史は古い。

    そして、その言語は複雑極まりない。

    インド連邦の公用語はヒンディー語だが、

    その他に憲法で公認されている言語は17言語にも達する。

    地方へ行けば、言語はさらに細分化していく。

    隣の部族とまったく会話が通じないことも珍しくない。』

    同じ国でも、ことばが違う。。。それでも一致団結できるのでしょうか? 難しそう♥

    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)
    (2014/07/03)
    竹村 公太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Sat,  13 2014 21:53
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment