史上最大級の災害って、な~んだ♥

    Edo_hori.png
    江戸城総構え

    PHP研究所
    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】
    著者 竹村公太郎著 《リバーフロント研究所研究参与》

    『日本の災害を考える時に貴重な事例がある。

    江戸時代の1657年に起きた【振袖火事】(明歴の大火)である。

    …この火災被害は

    …焼死者数10万7046人という膨大なもので、

    【歴史上最悪】の焼失面積、死者数となった。

    当時50万人以下の江戸の人口で

    火災死者数が10万人以上というのは、

    いかに凄まじい火災だったか分かる。

    関東大震災の死者数約6万人、

    東京大空襲の死者数約10万人と比較しても、

    史上最大級の災害であった。』

    えーっ!東京大空襲や関東大震災よりも、亡くなられた人々が多かったんですね。。。

    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)
    (2014/07/03)
    竹村 公太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Sat,  13 2014 16:23
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment