復興事業は、こうやって♥

    1a7804c308450813c8b4744c4b3adf38.jpg
    歌川広重の名所江戸百景 両国花火

    PHP研究所
    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】
    著者 竹村公太郎著 《リバーフロント研究所研究参与》

    『振袖火事は史上最大級の災害であったが、

    それ以上にこの直後の江戸復興事業が特筆される。

    それは単なる復興ではなく、本格的な都市改造であった。

    主要道路の6間(けん 10.9m)から10間(18.2m)への拡幅、

    火除け空き地として上野などで広小路の設置、

    …芝・浅草の新堀の開削、神田川の拡張、吉原遊郭の浅草への移転…などが行われた。

    移転する武家屋敷の代替地として、隅田川の川向こうが当てられ…

    隅田川に初めて橋が架橋されることになった。

    その橋が【両国橋】で、この橋が江戸復興事業の頂点となる事業であった。』

    江戸の復興のように、日本の各地の被災地域の復興が、1日でも早く行われますように。。。

    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)
    (2014/07/03)
    竹村 公太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Sat,  13 2014 16:24
    • Comment: 0
    • Trackback: closed

    0 Comments

    Post a comment