脱法ハーフと縄文人

    USMC-100201-M-3762C-001.jpg
    脱法ハーブ(だっぽうハーブ)とは、合法ハーブ(ごうほう-)とも呼ばれ、脱法ドラッグの一種で、合成カンナビノイドを含有する化合品である。有名な製品は「スパイス」で英語圏では単に、合成大麻、偽大麻、K2ケーツーとも呼ばれる。合成カンナビノイドは、大麻の薬理成分であるテトラヒドロカンナビノール (THC) の効果を模倣し、カンナビノイド受容体に対するアゴニストとして作用する。

    欧州では2004年頃から流通し始め、日本では2010年以降流通が多くなったとされる。こうした薬物全般は規制されるたびに、規制を逃れるため異なった化学構造の薬物が登場する「いたちごっこ」と呼ばれる状態が続いている。大麻よりも過剰摂取しやすい可能性があり、過剰摂取した場合多くは8時間までの一過性の状態を示し、多くは頻脈、興奮、嘔吐、錯乱などを示す。一部はより重篤となる。日本では使用による酩酊状態で車を運転したことによって起きた交通事故の報道が繰り返されている。

    20141205194553151.gif






    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    それでは、この書物を見ていきましょう!




    『 高千穂宮を出て日向を北上するカムヤマトイハレビコノミコト(神武天皇)矢を研(と)いで船出に備えた――。そんな伝承が残るのが宮崎県都農町【矢研の滝(やとぎのたき)】である。

    矢研の滝
    矢研の滝

    【日本で唯一、瀑布(ばくふ)群が名勝指定されている尾鈴瀑布群】の中でも、水量と景観が素晴らしく、【日本の滝百選】に選ばれています」



     同町観光協会事務局長の猪股利康氏がそう語る滝は岩盤が露出した暗く狭い山道を歩いた先の深い谷にあるぱっと広がる陽光水の流れを輝かせ神々しく見せる

    「周辺には矢の材料になる矢竹も茂っています。軍備を整えた様子が想像できる場所でもあります」

    ヤダケ(矢竹)
    ヤダケ(矢竹)

     尾鈴山(標高1405メートル)東麓の丘陵地帯にある同町は、人口約1万人の小さな町だが、山と海の距離が近いために食物が得やすく、古代から人々が定着していた。

    宮崎県 2

    神武東征ルート
    神武東征ルート

     東九州自動車道の建設に伴う近年の発掘調査では【縄文・弥生時代の遺跡が次々と見つかり、多数の石鏃(せきぞく/石製の矢じり)が出土】した。

    日本の石鏃(黒曜石製)
    日本の石鏃(黒曜石製)

    「熱変成によって硬くなり、鋭く割れるので矢じりに適した石が、都農町周辺では潤沢に取れる。弓を使った狩猟生活が盛んな地だったでしょう」

    と、宮崎県立西都原考古博物館の学芸員、藤木聡氏は話す。

     矢研の伝承は、東征に当たって武備にも心を砕いたイハレビコの姿想像させる

    〈  邑(むら)に君(きみ)有り、村(ふれ)に長(おさ)有り、各自彊(おのおのもさかい)を分(わか)ち、用(も)ちて相凌(あいしの)ぎ躒(きしろ)はしむ 〉

     東征のころの日本の姿日本書紀こう記す大きな村には君がおり小さな村には首長がいて各々が境を設け互いに抗争していた、というのである。

     「各自彊を分ち」という文言は、防御のために水堀をめぐらせた弥生遺跡の環濠集落を想起させる。

    吉野ヶ里遺跡
    吉野ヶ里遺跡

     その一つ一つを従わせてゆく東征の目的は、【イハレビコが大和で初代天皇に即位した際の言葉】示している

    「八紘(はちくわう)を掩(おほ)ひて宇(いへ)と為(な)さむこと、亦可(またよ)からずや(四方を統合して天下を覆い、わが家とすることははなはだ良いことではないか)」

    八紘一宇 2
    八紘之基柱(平和の塔)

     【国を家とし、民を家族とする】家族国家主義が国造りの目的だったが、その実現には武備が必要なこともまた、現実だった。』

    日の丸

    いかがでしょうか?

    ここ宮崎県都農町といえば、有名なのが「都農ワイン」です♥

    おススメは、もちろん、「キャンベル・アーリー・ロゼ」です☆彡

    f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2.jpg 
    キャンベル・アーリー快挙!インターナショナル・トロフィー受賞!
    都農ワイン 2

    「都農ワイナリー」海の見える高台にあって、晴れた日に訪れると、もう絶景なんですよ♥

    000111212.jpg
    blog20110515_01.jpg

    現在でこそ、高い評価を受けている「都農ワイン」ですが、その始まりは非常に困難なものでした♥

    「 【隠れた世界企業】常識に挑み悪条件を克服

     ワイン専用品種のブドウ栽培に不適とされる宮崎県都農町常識とされる栽培方法に背を向け土壌作りから始めた世界が認めたワインを引っ提げて最大市場の中国への進出を目論む

     宮崎市から北に車を約1時間走らせたところに宮崎県都農町はある。人口1万2000人足らずの小さな町から生まれたワインが一躍脚光を浴びている。

     英国のワイン批評家たちが集まり、4年に1度発行する『The Sotheby’s Wine Encyclopedia(サザビー・ワイン百科)』。この年次報告書的な性格を持つ「Wine Report 2004」の世界のワイン100選に、突如、都農ワインの「キャンベル・アーリー ロゼ 2003」が選出された。2007年にも「スパークリングワイン キャンベル・アーリー」で100選に選ばれた。」


    続きはこちらから♥

    日経ビジネス 【隠れた世界企業】常識に挑み悪条件を克服

    「 尾鈴連山と日向灘が出会う地、都農。
     
     この土地が秘める「未知の力」を信じたひとりの若者によって、尾鈴ぶどうの物語りは始まる。

     その人の名は「永友百二」。

     師範学校に進むより、 農民として生きることに夢を託した「信念の人」だった。

     稲作に頼らない豊かな農業経営を理想とした「百二」は、19歳で梨園を開園する。

     雨の多い都農で果樹栽培は不可能……誰もがそう思い込んでいた。」


    続きはこちらから♥

    都農ワイン物語

    いかがでしょうか?

    ぜひ一度、「都農ワイン」をご賞味ください♥

    ガッキー 23

    それでは、昨日のこのお話の続きです。

    sannkei kiji 55

    「 縄文人はアジアの“古株” 2万~3万年前には出現か

    縄文人は、東アジアや東南アジアに住み着いた共通の祖先から最も早く枝分かれし、約2万~3万年前には出現していた可能性があるとの研究成果を、総合研究大学院大学などのチームが専門誌に発表した。

     人類アフリカからユーラシア大陸の東方へ進出した際に、縄文人につながる集団が現れたと考えられるという。チームの斎藤成也・総研大教授は「縄文人ユーラシア大陸の他の集団と比べても非常に特異だといえる」としている。

     チームは、福島県北部にある三貫地貝塚で発掘された約3000年前の人骨を基に調査した。人骨の奥歯からDNAを抽出し、その配列を解析。東京周辺にいる現代の日本人や中国人、アフリカ人や南米の先住民など世界各地の集団と比べた。

     その結果縄文人東ユーラシア大陸の集団に近いものの、その中では遺伝子的に大きな差があることが判明東ユーラシアの中では早い段階で出現したことが分かった約1万5000年前アジアからベーリング海峡を渡ったとされるアメリカ大陸の先住民よりも前に現れたとみられる。」


    縄文人はアジアの“古株” 2万~3万年前には出現か

    こちらもご参照♥

    縄文人の核DNA初解読・東アジア人と大きく特徴異なる・渡来人との混血・日本人と朝鮮人は別人種

    詳しくは、リンク先のレポートをお読み頂くといたしまして、今回のゲノム解析の成果を見ていきたいと思います♥

    アフリカから世界へ ヒトの拡散

    私たちホモ・サピエンスは、アフリカに起源をもっていて、そこから世界へと長い年月をかけて拡散していきました。

    そして、今からおよそ4~5万年前東アジアへ到達します。私たちの日本列島にも、およそ4万年前ヒトが住んでいた事が判明しています♥

    歴史区分 5

    ここで、日本人の成り立ちを説明する理論として「二重構造説」というものがあります。

    「二重構造説」に基づいた日本列島人の成立ち
    「二重構造説」に基づいた日本列島人の成立ち

    これは、日本にいた縄文人と、その後にやってきた渡来民とが混血していき、現代に至る日本人が成り立ってきたというもので、日本列島の北と南の端に位置するアイヌや琉球には、混血の度合いが少ないために縄文人の遺伝要素が多く残っているとするものです。

    現代日本列島人と大陸の東アジア人の比較
    現代日本列島人と大陸の東アジア人の比較

    この「二重構造説」は、現代日本人のDNAからの推定では成り立っているように“みえる”のですが、それが正しいかどうかを証明するためには「縄文人そのものの遺伝子の解析が不可欠」なんです♥

    ポイント 女性

    そこで、縄文人のゲノム解析を行ったところ、縄文人は東ユーラシアの集団と遺伝的に一番近いことが判明しました♥ この点は、地理的にも近いことから、「当たり前でしょう!」という結果ですね。。。。ところが・・・

    世界中の集団と縄文人の比較
    世界中の集団と縄文人の比較

    今度は、東ユーラシアの集団だけで比較してみますと・・・

    私たち現代の日本人は、大陸集団と比較してより縄文人に近縁であることが判明したんです♥

    東ユーラシアの集団と縄文人の比較
    東ユーラシアの集団と縄文人の比較

    さらに、私たち現代日本人が、縄文人のDNA受け継いでいることも証明されたんです♥

    ポイント 女性

    では、私たちの日本列島にやってきた縄文人は、何処からやってきたのでしょう

    悩む女の子2

    これまでは、縄文人の起源は、「東南アジア」あるいは「北東アジア」のいずれか、だと考えられていました

    ところが縄文人いずれにも属さず東アジア人の共通祖先から分岐したという結論が導き出されたんです♥

    ポイント 女性

    つまり縄文人は、これまで考えられていたより古い時代に、他の東アジア人集団から孤立し独自の進化をとげた集団である可能性が出てきたんです♥

    世界の現代人と縄文人の系統関係
    世界の現代人と縄文人の系統関係

    と、ここまでが昨日のお話でした♥

    ポイント 23

    で、今回の発表の結論部分をさきに申し上げますと、私たち日本人の祖先である「縄文人」は、新大陸に人類が渡っていったとされる15000年ほど前それよりも以前に分岐した、極めて古い系統だということが判ったんです♥

    縄文人 DNA

    つまり、これまでは、東アジア人に共通の祖先がいて、そのあと東南アジア人・北東アジア人とに分かれそのいずれかあるいはそれぞれから日本列島に渡った「縄文人」が形成され、現代の日本人へと繋がるという風に推定されていました。

    ところが、そうではなく私たちの祖先である「縄文人」は、これまで考えられていたより、はるかに古い時代に、他の東アジア人集団から孤立し、独自の進化をとげた集団であったということなんです♥

    縄文人の核ゲノム解析から見えてきた日本列島人の成立ち

    そして、現代の日本列島人3集団と縄文人との関係を見てみますと、アイヌ、琉球、本土日本人の順に縄文人の遺伝要素が強い事が判明しました♥

    現代日本列島3集団と縄文人の比較
    現代日本列島3集団と縄文人の比較

    さきほど御座いましたとおり、「縄文人」は他の東アジア人集団から孤立し、独自の進化をとげた集団だっていうことが判ったわけですから、アイヌ琉球本土日本人すべてが縄文人の子孫であることが明白で、これらはすべて「日本人」になることになります♥ 至極、当たり前のお話ですね♥

    ポイント 女性

    この時点で、「アイヌ」の民族とか、「琉球」の民族という「単なる幻想あるいは妄想」は、粉々に砕け散ってしまいました・・・ということなんです♥

    ポイント 22

    詳しくはこちらをご参照♥

    JT 生命誌ジャーナル 「縄文人の核ゲノムから歴史を読み解く」 神澤秀明(国立科学博物館)

    国立大学法人総合研究大学院大学 『縄文人の核ゲノム配列をはじめて決定 〜東ユーラシア人の中で最初に分岐したのは縄文人だった〜』

    そして、こういった研究がなされればなされるほど数多くのことが判明してくるはずです♥

    「 神話的な多くの主題やモチーフは、アメリカ大陸にも存在するのです。けれども、この点に関しては慎重を要します。アメリカ先住民古い日本共通するすべての主題は、インドネシアにもありそのいくつかのものはこの三地域にしか認められないのです」

    詳しくはこちらをご参照♥

    日本列島の誕生 ~ 日本、インドネシア、アメリカ大陸に共通して残っているもの



    神によって宇宙が造られた日 ~ その頃、私たちの日本では。。。



    楽しみですね♥

    それでは、ここまでの復習と致しまして、ポイントまとめておきましょう♥

    現在の私たち日本を代表する「安倍総理」

    安倍総理 圧勝 1

    「脱法ハーフ」として著名な、村田蓮舫なるヒト♥

    村田蓮舫
    村田蓮舫

    さきほどの図で、縄文人との関係を示してみますと。。。

    東ユーラシアの集団と縄文人の比較 rennhou

    とても判りやすいですね♥



    続きは次回に♥




    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 国史
    Published on: Fri,  30 2016 00:01
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment