日本経済新聞 20141130朝刊 「桃太郎」で有名な池澤夏樹♥

    0b1317b323e1190b62075a1b01b9d413.png
    日本経済新聞 20141130朝刊

    日本の新聞やテレビなどのメディアが報じる内容は、

    ところどころ巧妙に「嘘」が混ぜられているのが現実です。

    それでは、一緒に見ていきましょう!


    nikkei20141130.png



    古事記は奈良時代に書かれたもので、漢字のみで日本語の表現を意図した「倭文体」で書かれています。

    ですから、現代語に訳さないと、普通は読むことができません。

    その「古事記」を現代語訳したと誇らしげに語っているのが、この記事の人物です。

    実はこの人物、国語の高校教科書で、とんでもない大嘘を書いているんです。

    詳しくは、下の動画をご覧になってください(約10分ほどです)。



    実際に、平成10年度から14年度まで使用された高校の教科書「国語I」(筑摩書房)の該当箇所の一部を見てみましょう。

    『狩猟民の心』 (池澤夏樹)

    日本人の(略)心性を最もよく表現している物語は何か。ぼくはそれは「桃太郎」だと思う。あれは一方的な征伐の話だ。鬼は最初から鬼と規定されているのであって、桃太郎一族に害をなしたわけではない。しかも桃太郎と一緒に行くのは友人でも同志でもなくて、黍(きび)団子というあやしげな給料で雇われた傭兵(ようへい)なのだ。更(さら)に言えば、彼らはすべて士官である桃太郎よりも劣る人間以下の兵卒として(略)、動物という限定的な身分を与えられている彼らは鬼ケ島を攻撃し征服し略奪して戻る。この話には侵略戦争の思想以外のものは何もない

    いかがでしょうか? まさにビックリ仰天で、開いた口が塞がりませんね♥

    この人物の手にかかると、「桃太郎」ですら、このように鬼畜として描かれてしまいます

    それでは、この人物は、「古事記」をどのように「曲解」しているのでしょうか

    想像はつきますね♥

    記事の最後に、このように本音を吐いています

    『 ・・・つまり酒と恋と子孫繁栄が一直線に繋がっている・・・

    つまり、ぼくたちの遠いご先祖様はこういう人間であったのだ。』

    要するに、酒と、女(=恋)と、SEX(=子孫繁栄)しか頭にないそんな乱れた生活をしていたただの人間だって言いたいんでしょうね♥

    こんな風にしか、日本神話を楽しめないのであれば、哀れですよね~ 

    同情を禁じ得ません♥ 

    でも、この人の著作物は、一切目にはしたくありませんね♥

    こんな記事(まるで広告のようですが・・・)を載せている日本経済新聞も、どうも不自然ですよね! 


    mzm_kabwyizi.png

    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    Category: 日本経済新聞
    Published on: Sun,  30 2014 08:09
    • Comment: 0
    • Trackback: 0

    0 Comments

    Post a comment