FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

    ディープステート(deep state)って、本当に存在するの? ⇒ Yes!(⌒∇⌒)

    ディープステート(deep state)って、本当に存在するの? ⇒ Yes!(⌒∇⌒)

    ヤコブ・べーメが使用したシンボル本日のキーワード : ヤコブ・ベーメ、ディープステート、神智学、神秘主義ヤーコプ・ベーメ / ヤコブ・ベーメ(Jakob Böhme,1575年 - 1624年11月17日)は、ドイツの神秘主義者である。ドイツ語で主に著述した最初の思想家でもあり、信奉者から付けられた「フィロソフス・テウトニクス」(ドイツの哲人)という異名でも知られる。ルター派教義を背景とし、パラケルススら新プラトン主義に影響...

    ... 続きを読む

    過去に何度もあった外国からの侵略

    過去に何度もあった外国からの侵略

    本日のキーワード : 刀伊の入寇、外敵、侵略刀伊の入寇(といのにゅうこう)は、寛仁3年(1019年)に、女真族(満洲民族)の一派とみられる集団を主体にした海賊が壱岐・対馬を襲い、更に筑前に侵攻した事件。刀伊の来寇ともいう。9世紀から11世紀に掛けての日本は、記録に残るだけでも新羅や高麗などの外国の海賊による襲撃・略奪を数十回受けており、特に酷い被害を被ったのが筑前・筑後・肥前・肥後・薩摩の九州沿岸であった...

    ... 続きを読む

    トランプ大統領と持統天皇とパトリオット(愛国者)

    トランプ大統領と持統天皇とパトリオット(愛国者)

    本日のキーワード : 愛国者、トランプ支持者愛国心(あいこくしん)または愛国主義(あいこくしゅぎ、パトリオティズム、英: patriotism)は、自分の国家に対し、愛着や忠誠を抱く心情。英語の「愛国者」(patriot)との用語は、エリザベス朝で初めて使用され、語源は6世紀の後期ラテン語で「国の人」を意味する patriota である。また「愛国主義」(patriotism)の用語が派生したのは、18世紀初頭である。本日の書物 : 『百田尚...

    ... 続きを読む

    現代に至るまで“支那に常に存在”してきた、私たち日本の「外敵」

    現代に至るまで“支那に常に存在”してきた、私たち日本の「外敵」

    本日のキーワード : 白村江の戦い、支那、外敵白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)は、天智2年8月(663年10月)に朝鮮半島の白村江(現在の錦江河口付近)で行われた、日本・百済遺民の連合軍と、唐・新羅連合軍との戦争のことである。本日の書物 : 『百田尚樹の日本国憲法』 百田 尚樹 祥伝社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。...

    ... 続きを読む

    事実を尊重するひとびとの自由 V.S. 事実なんてどうでもいい権威主義者たちの自由

    事実を尊重するひとびとの自由 V.S. 事実なんてどうでもいい権威主義者たちの自由

    本日のキーワード : 権威主義権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない恣意的な権力を持つ。本日の書物 : 『百田...

    ... 続きを読む

    ひとつでも、ふたつでもなく、実際にはいくつもあるわけです! ~ それが理解できなかった「おパヨク」と「似非保守」

    ひとつでも、ふたつでもなく、実際にはいくつもあるわけです! ~ それが理解できなかった「おパヨク」と「似非保守」

    本日のキーワード : 一元論、二元論、多元論一元論(いちげんろん、英: monism、仏: monisme、独: Monismus)とは一つの実体から現実が成り立っていると主張する形而上学の諸学説を指した用語である。これに対応する反対の見解を示した学説に実在を二つに区別する二元論(dualism)や実在に対して数的な規定を行わない多元論(pluralism)がある。本日の書物 : 『百田尚樹の日本国憲法』 百田 尚樹 祥伝社戦後の日本人は、正し...

    ... 続きを読む

    弱小な北朝鮮から、いつまで我が国はナメラレ続けなければならないのでしょうか?

    弱小な北朝鮮から、いつまで我が国はナメラレ続けなければならないのでしょうか?

    本日のキーワード : 北朝鮮拉致問題北朝鮮拉致問題(きたちょうせんらちもんだい)は、北朝鮮工作員が他国民を密かに北朝鮮へ拉致したとされる事件を受けて、拉致被害者と思われる失踪者を探す者ないし所属国が、情報提供ひいては拉致被害者の帰国を、北朝鮮政府に対して求めている問題。および、これらの交渉に関連した諸問題を指す。日本文化チャンネル桜によれば、現在北朝鮮は世界14か国から拉致を行っていると報じられてい...

    ... 続きを読む

    百田尚樹  百田尚樹の日本国憲法

    百田尚樹  百田尚樹の日本国憲法

    どんな本かはこちらから♥↓☆平和ボケ、弱腰外交、売国政権 ・・・ さて、どこの国のことでしょうか? ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    平和ボケ、弱腰外交、売国政権 ・・・ さて、どこの国のことでしょうか?

    平和ボケ、弱腰外交、売国政権 ・・・ さて、どこの国のことでしょうか?

    本日のキーワード : ウクライナ、バイデン一家弱腰(よわごし)① 腰の左右の細い所。 「―をけとばす」② 弱気の態度。消極的な態度。 「―を𠮟咤(しった)する」本日の書物 : 『百田尚樹の日本国憲法』 百田 尚樹 祥伝社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断...

    ... 続きを読む

    中共(CCP)の海洋進出に立ちはだかる国々 ~ 中共(CCP)の終わりの始まり(笑)

    中共(CCP)の海洋進出に立ちはだかる国々 ~ 中共(CCP)の終わりの始まり(笑)

    本日のキーワード : 海洋国家、大陸国家、中共(CCP)海洋国家(かいようこっか、英: Maritime nation)とは、大陸国家に対置される地政学的概念である。国土全体あるいは大部分が海に囲まれている国家、あるいは海との関わり合いの大きい国家のことをいう。海洋国と表記されることもある。なお、必ずしも島国や半島といった地理的な条件を要するわけではない。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史...

    ... 続きを読む

    のっけから根本的な問題を抱える「マルクス経済学」

    のっけから根本的な問題を抱える「マルクス経済学」

    本日のキーワード : マルクス経済学、唯物史観のっけとは、いちばんはじめ。最初。多く「のっけから」「のっけに」の形で副詞的に用いる。「のっけからしくじる」「のっけにつまずく」本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場...

    ... 続きを読む

    中共(CCP)海軍は、“沿岸警備隊”でした(笑)

    中共(CCP)海軍は、“沿岸警備隊”でした(笑)

    本日のキーワード : 沿岸警備隊、中共(CCP)海軍沿岸警備隊(えんがんけいびたい、英: Coast Guard)は、海洋や内水域(河川・湖沼)での哨戒・警備救難活動を行う組織。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正し...

    ... 続きを読む

    中共(CCP)の手口 ~ “国連の票”と“米大統領選のバイデン票”

    中共(CCP)の手口 ~ “国連の票”と“米大統領選のバイデン票”

    本日のキーワード : 投票、票、選挙、意思決定投票(とうひょう)とは、ある集団で特定の地位に就くべき者を決定したり(選挙)、団体としての意思を決定するために各成員(選挙民、会議や学級会の参加者など)が個々の意思表示を行う行為。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の...

    ... 続きを読む

    台湾 V.S. 中国共産党(CCP)

    台湾 V.S. 中国共産党(CCP)

    本日のキーワード : 国交、台湾国交(こっこう)とは、二国間の外交関係のこと。国交は、互いの国が相手国を主権国家と認める国家の承認を前提として行われ、 大使(特命全権大使)を長とする外交使節団の交換を伴うのが通常である。外交使節団は相手国(複数の国家を担当する場合はそのいずれか)に大使館を設置し、外交活動や自国民の保護などの業務を行う。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』...

    ... 続きを読む

    社会主義・共産主義に騙されてしまう「おバカ」は、「おカネ」に弱いんです(笑)

    社会主義・共産主義に騙されてしまう「おバカ」は、「おカネ」に弱いんです(笑)

    本日のキーワード : 唯物史観唯物史観(ゆいぶつしかん)は、「唯物論的歴史観」の略であり、史的唯物論(ドイツ語: Historischer Materialismus)と同義である。19世紀にカール・マルクスの唱えた歴史観である。その内容は、人間社会にも自然と同様に客観的な法則が存在しており、無階級社会から階級社会へ、階級社会から無階級社会へと、生産力の発展に照応して生産関係が移行していくと妄想する歴史発展観である。本日の書物 ...

    ... 続きを読む

    世界平和を脅かす重大な脅威とは?

    世界平和を脅かす重大な脅威とは?

    本日のキーワード : 鯨油、捕鯨鯨油(げいゆ)とは、クジラ目の動物から採取された油のことである。灯火用の燃料油、ろうそく原料、機械用潤滑油、皮革用洗剤、マーガリン原料など多様な用途があった。欧米において、過去に行われた捕鯨の重要かつ最大の目的は、食用としての鯨肉確保ではなく、鯨肉から採れる鯨油の採取であった。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日...

    ... 続きを読む

    バイデン陣営の政権簒奪という“寸劇” 

    バイデン陣営の政権簒奪という“寸劇” 

    本日のキーワード : 簒奪、寸劇、バイデン簒奪(さんだつ)とは、本来君主の地位の継承資格が無い者が、君主の地位を奪取すること。あるいは継承資格の優先順位の低い者が、より高い者から君主の地位を奪取する事。ないしそれを批判的に表現した語。本来その地位につくべきでない人物が武力や政治的圧力で君主の地位を譲ることを強要するという意味合いが含まれる。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現...

    ... 続きを読む

    「消極的」自由の信奉者 V.S. 「積極的」自由の信奉者 ~ 2020年米大統領不正選挙事変

    「消極的」自由の信奉者 V.S. 「積極的」自由の信奉者 ~ 2020年米大統領不正選挙事変

    本日のキーワード : 米大統領不正選挙事変事変(じへん)とは、広範の非常事態や騒乱のこと。「事件」よりも規模が大きい。宣戦布告なしの戦争状態や、小規模・短期間の国家間紛争にも用いられる。狭義では、警察力で静め得ない騒乱をさす。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の...

    ... 続きを読む

    自由主義的伝統にとって大切な二つの原理

    自由主義的伝統にとって大切な二つの原理

    本日のキーワード : 原理、自由主義的伝統原理(げんり、羅: principium、仏: principe、英: principle、独: Prinzip)とは、哲学や数学において、学問的議論を展開する時に予め置かれるべき言明。 そこから他のものが導き出され規定される始原。他を必要とせず、なおかつ他が必要とする第一のものである。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学...

    ... 続きを読む

    デモクラシー(民主主義)そのものは、そもそも、個人的自由の不可侵性を保護するものではありません!

    デモクラシー(民主主義)そのものは、そもそも、個人的自由の不可侵性を保護するものではありません!

    本日のキーワード : 不可侵、自由、デモクラシー(民主主義)不可侵(ふかしん) : おかすことのできないこと。また、侵略を許さないこと。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢...

    ... 続きを読む

    “もしわたくしが自分の自由を護持しようとするなら・・・”

    “もしわたくしが自分の自由を護持しようとするなら・・・”

    本日のキーワード : 境界線、境界、自由境界(きょうかい、きょうがい、けいかい)とは、事物や領域などを分ける境目のこと。分野や用法により様々な用例がある。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し...

    ... 続きを読む

    社会主義体制の中国が、自然環境破壊を引き起こし続ける理由は、マルクスの理論にあります! 

    社会主義体制の中国が、自然環境破壊を引き起こし続ける理由は、マルクスの理論にあります! 

    本日のキーワード : 自然環境破壊自然破壊(しぜんはかい)とは、人間によって手を加えられる事がない、あるがままの状態のもの(すなわち自然)に、人間の手を加えて破壊することをいう。人間が直接的に手を加えて破壊すること(森林破壊など)もあれば、人間の活動によって間接的に影響を受けて破壊に至る(大気汚染、気候変動など)こともある。環境問題の1つであり、環境破壊と表現することもあるが基本は自然破壊という。...

    ... 続きを読む

    米民主党バイデン陣営が推し進めていた“エセ・デモクラシー”

    米民主党バイデン陣営が推し進めていた“エセ・デモクラシー”

    本日のキーワード : デモクラシー民主主義(みんしゅしゅぎ、英: democracy、デモクラシー)または民主制(民主政)とは人民が主権を持ち行使する政治。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観...

    ... 続きを読む

    マルクス主義に騙されるのは、ただ単に、浅学または無学だから(笑)

    マルクス主義に騙されるのは、ただ単に、浅学または無学だから(笑)

    本日のキーワード : バンジャマン・コンスタンアンリ=バンジャマン・コンスタン・ド・ルベック(Henri-Benjamin Constant de Rebecque、1767年10月25日 - 1830年12月8日)は、スイス出身のフランスの小説家、思想家、政治家。心理主義小説の先駆けとして知られる『アドルフ』が名高い。他に自由主義思想家でも知られる。フランスロマン主義を代表する人物の一人でもある。政治評論、宗教論など多彩な執筆活動や政治活動を行っ...

    ... 続きを読む

    「おパヨク」と「似非保守」は馬耳東風 ~ 自分に都合の悪いことはなかったことにする (⌒∇⌒)

    「おパヨク」と「似非保守」は馬耳東風 ~ 自分に都合の悪いことはなかったことにする (⌒∇⌒)

    本日のキーワード : 馬耳東風、おパヨク、似非保守馬耳東風(ばじとうふう) : 他人の意見や批評に注意を払わず、聞き流すことのたとえ。もとは春風が馬の耳に吹く意。人が心地よいと感じる春風が吹いても、馬は何も感じないように見えることからいう。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディア...

    ... 続きを読む

    選挙も裁判も公正でないために、「積極的自由」への欲求が大爆発する可能性が高まったアメリカ合衆国

    選挙も裁判も公正でないために、「積極的自由」への欲求が大爆発する可能性が高まったアメリカ合衆国

    本日のキーワード : 積極的自由爆発(ばくはつ、英: explosion)とは、 圧力の急激な発生もしくは解放の結果、熱・光・音などおよび破壊作用を伴う現象。米国はアメリカは社会主義国と共和国に分かれる。下の地図は赤が社会主義国、青が共和国pic.twitter.com/Rq6ilDm89C pic.twitter.com/JnyAgYLAEh— 藤原直哉 (@naoyafujiwara) December 12, 2020 本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内...

    ... 続きを読む

    個人の自由を侵害する「中華式全体主義」と「フランクフルト学派」

    個人の自由を侵害する「中華式全体主義」と「フランクフルト学派」

    本日のキーワード : マルクス・レーニン主義、フランクフルト学派グレート・ホワイト・フリート(Great White Fleet)は、1907年12月16日から1909年2月22日にかけて世界一周航海を行ったアメリカ海軍大西洋艦隊の名称。「GWF」と略されることもあり、また「白い大艦隊」「白船」と訳されることもある。名前の由来は、参加した艦艇が平時色である白の塗装で統一されていたことによる。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダ...

    ... 続きを読む

    2020年米大統領選挙で、大失敗に終わることになる「中華式革命の輸出」

    2020年米大統領選挙で、大失敗に終わることになる「中華式革命の輸出」

    本日のキーワード : ディープステート、共産主義、毛沢東、ポリコレディープステート(英: deep state)または闇の政府、DSとは、アメリカ合衆国の政治が陰で操られているとする観念であり、「影の政府」や「国家の内部における国家」と重複する。政治システムの中に共謀と依怙贔屓が存在し、合法的に選ばれた政府の中に隠れた政府を構成していることを示唆するもの。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近...

    ... 続きを読む

    資本主義社会も社会主義社会も壊したあと、最後に実現するのが「共産主義社会」だと、彼らは考えているんです!

    資本主義社会も社会主義社会も壊したあと、最後に実現するのが「共産主義社会」だと、彼らは考えているんです!

    本日のキーワード : 破壊、共産主義、中国共産党(CCP)破壊(はかい)とは、物に何らかの力や影響が加わることにより、その物の形状・機能・性質などが失われること。また、それを引き起こす行為のこと。対義語は「製造」や「再生」、「修復」など。本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアも...

    ... 続きを読む

    着々と進む、中国共産党(CCP)のオーストラリア包囲網の構築

    着々と進む、中国共産党(CCP)のオーストラリア包囲網の構築

    本日のキーワード : 包囲網、中国共産党(CCP)、南太平洋包囲網(ほういもう)とは、人や組織・国などの動きを封じるために、組織だって周りを取り囲むこと。「包囲網を張る」「包囲網を突破する」本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は...

    ... 続きを読む

    ホワイトハウスも、首相官邸とともに、まさに日本国民にとって、戦略上の要衝です! 

    ホワイトハウスも、首相官邸とともに、まさに日本国民にとって、戦略上の要衝です! 

    本日のキーワード : 激戦地、要衝、ガダルカナル激戦地(げきせんち)とは、はげしい戦いが行われている、または行われた土地。「太平洋戦争の激戦地」 本日の書物 : 『日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史』 内藤 陽介 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客...

    ... 続きを読む

    内藤 陽介  日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史

    内藤 陽介  日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史

    どんな本かはこちらから♥↓☆中国共産党(CCP)の南太平洋への侵略 ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥↓↓↓↓↓↓↓にほんブログ村人気ブログランキング...

    ... 続きを読む

    中国共産党(CCP)の南太平洋への侵略

    中国共産党(CCP)の南太平洋への侵略

    本日のキーワード : ソロモン諸島、ガダルカナル、侵略ソロモン諸島(ソロモンしょとう、英: Solomon Islands)は、南太平洋のメラネシアにある島嶼群であり、またその島々を国土とする国家である。ただし、地理的にはソロモン諸島に属するブーゲンビル島は、国家の領域的にはパプアニューギニアに属す。オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東に位置する。北にはナウル、東にはツバル、南東にはフィジー、南にはバヌア...

    ... 続きを読む

    いま再び訪れる「自由主義」の危機

    いま再び訪れる「自由主義」の危機

    本日のキーワード : モンペルラン協会、新自由主義モンペルラン・ソサイエティー(英: Mont Pelerin Society)は、自由主義を政界に広げ、共産主義と計画経済に反対することを目的とした政治団体。1947年、スイスのレマン湖東岸に位置する保養地モンペルラン(ペルラン山)に自由主義経済の重要性を唱導する経済学者たちが集まって創立された。モンペルラン協会とも呼ばれる。1962年、クノッケの集会で、一切の公的活動と決議を...

    ... 続きを読む

    中国人にとっての「平和」という言葉の意味と、日本人にとってのそれはまったく異なっているんです(笑)

    中国人にとっての「平和」という言葉の意味と、日本人にとってのそれはまったく異なっているんです(笑)

    本日のキーワード : 馬列学院マルクス・レーニン主義研究所、マルクス=レーニン主義研究所(マルクス・レーニンしゅぎけんきゅうじょ)は、マルクス・レーニン主義の研究および普及を目的とした組織。ML研究所などと省略される。冷戦時代に、各国においてマルクス・レーニン主義に関する文献の編纂・翻訳・出版に携わった。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日本の対アジア戦略』 江崎 道朗、...

    ... 続きを読む

    中国共産党(CCP)の消耗品・捨て駒にすぎない華人

    中国共産党(CCP)の消耗品・捨て駒にすぎない華人

    本日のキーワード : 紅衛兵、小粉紅紅衛兵(こうえいへい)は、中華人民共和国の文化大革命時期に毛沢東によって動員された全国的な学生運動。学生が主体であるが、広義には工場労働者を含めた大衆運動と同じ意味で使われることもある。紅衛兵は、1966年から1968年にかけて実権派打倒に猛威を振るい、文化大革命期間中に出た死亡者、行方不明者(数百万人とも数千万人ともいわれる)の一部の虐殺に加担したとも言われている。毛...

    ... 続きを読む

    本当は誰にも分からなかったのに、「トランプの負け」と“断定”したことで、自ら醜態を晒し都合が悪くなってしまった保守を名乗る方々(笑)

    本当は誰にも分からなかったのに、「トランプの負け」と“断定”したことで、自ら醜態を晒し都合が悪くなってしまった保守を名乗る方々(笑)

    本日のキーワード : 都合都合(つごう) :① 何かをするときにほかの物事に影響を及ぼす事情。わけ。「一身上の都合により退職いたします」② ぐあいがよいか悪いかということ。「今日はちょっと都合が悪い」③ やりくりをすること。繰りあわせること。 ㋐ 予定を調整すること。「なんとか都合をつけて出席しましょう」 ㋑ 金銭を融通すること。「期日までに資金を都合する」④ (副詞的に用いて)すべて合わせて。合計。...

    ... 続きを読む

    「自由」の“対概念”である「平等と博愛」を、「自由」と混同してしまうと・・・

    「自由」の“対概念”である「平等と博愛」を、「自由」と混同してしまうと・・・

    本日のキーワード : 自由、平等、博愛、対概念フランスの国旗は、通称トリコロール(仏: Tricolore, 三色の意)と呼ばれる旗である。フランス憲法は第2条2項において国旗を、4項において国の標語「自由、平等、博愛」を規定しているが、4項の標語をそれぞれ国旗の色の表象に対して充てる明確な根拠はなく、【青は自由、白は平等、赤は博愛を表す】と解するのはいわゆる俗説である。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア...

    ... 続きを読む

    米中対立は、最近始まったわけではありません! ~ ASEANは中華式全体主義への防波堤

    米中対立は、最近始まったわけではありません! ~ ASEANは中華式全体主義への防波堤

    本日のキーワード : ASEAN、中華式全体主義、中国共産党(CCP)東南アジア諸国連合(とうなんアジアしょこくれんごう、英語: Association of South‐East Asian Nations、ASEAN )は、東南アジアの10カ国からなる地域の政府間組織であり、政府間協力を促進し、加盟国とアジアの他の国々の間で経済、政治、安全保障、軍事、教育、社会文化の統合を促進している。ベトナム戦争中の1967年8月、ドミノ理論による東南アジア諸国の赤化...

    ... 続きを読む

    自分が理性的であると錯覚し、すべての人に自分と同じ考え方を強要するのが、いわゆる左翼全体主義者です!

    自分が理性的であると錯覚し、すべての人に自分と同じ考え方を強要するのが、いわゆる左翼全体主義者です!

    本日のキーワード : エリート、全体主義、カント、理性エリート(フランス語: élite)は、社会の中で優秀とされる人間や集団。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日本の対アジア戦略』 江崎 道朗、福島 香織、宮脇 淳子 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正...

    ... 続きを読む

    「ロシア疑惑」も「ドミニオン」も、陰謀論ではなく、米民主党によるホンモノの陰謀です!

    「ロシア疑惑」も「ドミニオン」も、陰謀論ではなく、米民主党によるホンモノの陰謀です!

    本日のキーワード : ベトミン、コミンテルン、インドシナ共産党、ベトナム共産党ベトミン(ベトナム語:Việt Minh/越盟)、正式名称ベトナム独立同盟会(ベトナム語:Việt Nam Ðộc Lập Ðồng Minh Hội/越南獨立同盟會)は、1941年5月19日に正式に結成され、フランス植民地からの独立を求め第一次インドシナ戦争を戦ったベトナムの独立運動組織である。ホー・チ・ミンが結成して主席となり、ヴォー・グエン・ザップおよびファム...

    ... 続きを読む

    選挙不正があったとしても、その選挙結果を認めよ、という思考をしてしまうのが「権威主義者」

    選挙不正があったとしても、その選挙結果を認めよ、という思考をしてしまうのが「権威主義者」

    本日のキーワード : 権威主義、独裁主義、全体主義、非民主主義権威主義(けんいしゅぎ、独裁主義・独裁政治・独裁体制 / Authoritarianism )とは、政治的多元性の拒否、政治的現状維持(=既得権益維持)のための強力な中央権力の使用、法の支配・三権分立・民主的投票の削減によって特徴づけられる政府の形態である。政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含...

    ... 続きを読む

    自由民主主義国で全体主義を推し進める悪玉は誰???

    自由民主主義国で全体主義を推し進める悪玉は誰???

    本日のキーワード : ポリコレ、全体主義ポリティカル・コレクトネス(英: political correctness、略称:PC、ポリコレ)とは、性別・人種・民族・宗教などに基づく差別・偏見を防ぐ目的で、政治的・社会的に公正・中立な言葉や表現を使用することを指す。「政治的妥当性」、「政治的公正」、「政治的適正」、「政治的正当性」、「政治的正義」などの訳語も使われるが、その本質は、ヒトラーのナチス、スターリンのソ連と同じ「...

    ... 続きを読む

    ベトナムにとっての黒船来航

    ベトナムにとっての黒船来航

    本日のキーワード : 黒船来航、ベトナム、フランス黒船来航(くろふねらいこう)とは、嘉永6年(1853年)に、代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が、日本に来航した事件。艦隊は江戸湾入り口の浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)沖に停泊し、一部は測量と称して江戸湾奥深くまで侵入した。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日本の対アジア戦略』 ...

    ... 続きを読む

    古来よりインドの影響力が、支那(シナ)よりも遥かに勝っていた「インドシナ半島」

    古来よりインドの影響力が、支那(シナ)よりも遥かに勝っていた「インドシナ半島」

    本日のキーワード : 支那、中国共産党(CCP)インドシナ半島(インドシナはんとう、フランス語: la Péninsule indochinoise、漢字表記:印度支那半島)は、支那の南、インド亜大陸の東にある東南アジアの半島である。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日本の対アジア戦略』 江崎 道朗、福島 香織、宮脇 淳子 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代の...

    ... 続きを読む

    アメリカ合衆国を混乱させようと意図する中華式全体主義運動 ~ BLMとアンティファ

    アメリカ合衆国を混乱させようと意図する中華式全体主義運動 ~ BLMとアンティファ

    本日のキーワード : 武装闘争、統一戦線、中華式全体主義武装闘争(ぶそうとうそう)とは、合法的手段によらず、暴力で敵(大抵は政府)を打倒することを指す。日本共産党では、1951年の第4回全国協議会(四全協)より山村工作隊などの武装闘争路線が採用された。更に同年10月に開催された第5回全国協議会(五全協)で「51年綱領」が採択され、火炎瓶を用いた武装闘争が各地で繰り広げられた。しかし、1952年の第25回衆議院議員...

    ... 続きを読む

    中国共産党(CCP)がアメリカに輸出する「文化大革命」

    中国共産党(CCP)がアメリカに輸出する「文化大革命」

    本日のキーワード : 造反有理、文化大革命、文革造反有理(ぞうはんゆうり)とは、中国語で「造反に理有り」(謀反にこそ正しい道理がある)の意で、「革命無罪」と並び中華人民共和国の文化大革命で紅衛兵が掲げたスローガンである。1939年、革命根拠地の延安で開かれたスターリン生誕60年祝賀大会で毛沢東が語った言葉「マルクス主義の道理は入り組んでいるが、つまるところ一言に尽きる。造反有理だ」に由来する。日本でも19...

    ... 続きを読む

    自分も毛沢東のようになりたいと願う、「おバカ」な毛沢東チルドレン

    自分も毛沢東のようになりたいと願う、「おバカ」な毛沢東チルドレン

    本日のキーワード : 毛沢東チルドレンchildren(チルドレン) : 《child(子供)の複数形》 ① 子供たち。「ストリートチルドレン」 ② 特定の人物や現象などの影響を受けた人。追従者。「毛沢東チルドレン」本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日本の対アジア戦略』 江崎 道朗、福島 香織、宮脇 淳子 扶桑社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメデ...

    ... 続きを読む

    すでに再開されていた中国共産党(CCP)の「革命の輸出」

    すでに再開されていた中国共産党(CCP)の「革命の輸出」

    本日のキーワード : BLM、中国共産党(CCP)、革命輸出ブラック・ライヴズ・マター(英: Black Lives Matter、通称「BLM」)は、アフリカ系アメリカ人のコミュニティに端を発した、黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極行動主義の運動である。特に白人警官による無抵抗な黒人への暴力や殺害、人種による犯罪者に対する不平等な取り扱いへの不満を訴えている。アリシア・ガーザ、パトリッセ・カラー...

    ... 続きを読む

    最近話題の無理ゲー 『近平の野望』

    最近話題の無理ゲー 『近平の野望』

    本日のキーワード : 野望、無理ゲー、中国共産党(CCP)、習近平野望(やぼう) : 分不相応な望み。また、身の程を知らない大それた野心。「世界制覇の野望を抱く習近平」 無理ゲー(むりゲー) : 《「ゲー」はゲームの略》俗に、難度の高すぎるコンピューターゲームのこと。転じて、実現不可能だったり、達成が非常に困難だったりする物事のたとえ。本日の書物 : 『米中ソに翻弄されたアジア史 カンボジアで考えた日...

    ... 続きを読む