FC2ブログ

    親子チョコ💗(300冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     > 科学・数学

    「は・じ・き」や「く・も・わ」では、「数学」が絶対に分からなくなる!

    「は・じ・き」や「く・も・わ」では、「数学」が絶対に分からなくなる!

    本日のキーワード : リベラル・アーツリベラル・アーツ(英: liberal arts)とは、ギリシャ・ローマ時代に理念的な源流を持ち、ヨーロッパの大学制度において中世以降、19世紀後半や20世紀まで、「人が持つ必要がある技芸(実践的な知識・学問)の基本」と見なされた自由七科のことである。具体的には文法学・修辞学・論理学の3学、および算術・幾何(幾何学、図形の学問)・天文学・音楽の4科のこと。現代では、「学士課程にお...

    ... 続きを読む

    比例と反比例の違いが分からない人が多くいるのですが・・・

    比例と反比例の違いが分からない人が多くいるのですが・・・

    本日のキーワード : 反比例反比例(はんぴれい、inverse proportionality)とは、2つの量があってそれらの一方が他方の逆数に比例していることをいう。本日の書物 : 『東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!』 西成 活裕 かんき出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、...

    ... 続きを読む

    安倍政権の「社会主義政策」と「算数」すら理解できない全野党 ~ 国会議員は「おバカ」しかいない?

    安倍政権の「社会主義政策」と「算数」すら理解できない全野党 ~ 国会議員は「おバカ」しかいない?

    本日のキーワード : 近似、マクローリン展開近似(きんじ、英: approximation)とは、数学や物理学において、複雑な対象の解析を容易にするため、細部を無視して、対象を単純化する行為、またはその方法。近似された対象のより単純な像は、近似モデルと呼ばれる。単純化は解析の有効性を失わない範囲内で行われなければならない。解析の内容にそぐわないほど、過度に単純化されたモデルにもとづいた解析は、近似モデルの適用限...

    ... 続きを読む

    1から順に無限まで足していったら・・・いくつになるの?

    1から順に無限まで足していったら・・・いくつになるの?

    本日のキーワード : テイラー級数、テイラー展開数学において、テイラー級数 (英: Taylor series) は関数のある一点での導関数たちの値から計算される項の無限和として関数を表したものである。そのような級数を得ることをテイラー展開という。本日の書物 : 『素数はなぜ人を惹きつけるのか』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流...

    ... 続きを読む

    宇宙の数学的な整合性 ~ 「超ひも理論」

    宇宙の数学的な整合性 ~ 「超ひも理論」

    本日のキーワード : 超ひも理論超弦理論(ちょうげんりろん、英: superstring theory)は、物理学の理論、仮説の1つ。物質の基本的単位を、大きさが無限に小さな0次元の点粒子ではなく、1次元の拡がりをもつ弦であると考える弦理論に、超対称性という考えを加え、拡張したもの。超ひも理論、スーパーストリング理論とも呼ばれる。宇宙の姿やその誕生のメカニズムを解き明かし、同時に原子、素粒子、クォークといった微小な物の...

    ... 続きを読む

    安倍政権の「社会主義政策」 ~ 操られる「パヨク」&踊らされる「ネトウヨ」、という「お馬鹿」の極みwww

    安倍政権の「社会主義政策」 ~ 操られる「パヨク」&踊らされる「ネトウヨ」、という「お馬鹿」の極みwww

    本日のキーワード : 多項式数学において、多項式(たこうしき、英: poly­nomial)、または整式(せいしき)とは、数と不定元(変数とも呼ばれる)をもとにして、和と積によってつくられる式のことである。本日の書物 : 『素数はなぜ人を惹きつけるのか』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日...

    ... 続きを読む

    円周率の「π(パイ)」と素数に関する函数(関数)の「π(パイ)」

    円周率の「π(パイ)」と素数に関する函数(関数)の「π(パイ)」

    本日のキーワード : 素数素数(そすう、英: prime number)とは、1 より大きい自然数で、正の約数が 1 と自分自身のみであるもののことである。正の約数の個数が 2 である自然数と言い換えることもできる。1 より大きい自然数で素数でないものは合成数と呼ばれる。本日の書物 : 『素数はなぜ人を惹きつけるのか』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアも...

    ... 続きを読む

    函数(関数)の眺め方

    函数(関数)の眺め方

    本日のキーワード : オイラー積、函数(関数)オイラー積(-せき、英: Euler product)はディリクレ級数を素数に関する総乗の形で表した無限積である。本日の書物 : 『素数はなぜ人を惹きつけるのか』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判...

    ... 続きを読む

    「分数にできる数」と「分数にできない数」は、どっちが多いの?

    「分数にできる数」と「分数にできない数」は、どっちが多いの?

    本日のキーワード : 有理数、無理数有理数(ゆうりすう、英: rational number) とは、二つの整数 a, b (ただし b は 0 でない)をもちいて a/b という分数で表せる数のことをいう。b = 1 とすることにより、任意の整数は有理数として扱うことができる。無理数(むりすう、 英: irrational number)とは、有理数ではない実数、つまり分子・分母ともに整数である分数(比 = 英: ratio)として表すことのできない実数を指す。実数...

    ... 続きを読む

    「函数(関数)」と「方程式」と「恒等式」の違いって何?

    「函数(関数)」と「方程式」と「恒等式」の違いって何?

    本日のキーワード : 方程式、函数(関数)、恒等式数学において、方程式(ほうていしき、英: equation)とは、まだわかっていない数(未知数)を表す文字を含む等式である。 等式を成り立たせる未知数の値を方程式の解(かい、英: solution)といい、解を求めることを方程式を解くという。本日の書物 : 『素数はなぜ人を惹きつけるのか』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    「ゼロ金利」と「マイナス金利」と「虚数金利」

    「ゼロ金利」と「マイナス金利」と「虚数金利」

    本日のキーワード : マイナス金利、虚数金利マイナス金利政策(マイナスきんりせいさく、英: Negative interest rate policy)とは、中央銀行(もしくは民間銀行)が名目金利をゼロ以下に設定する政策であり、経済を刺激するために行われる非伝統的金融政策である。似たような低金利政策にゼロ金利政策があるが、政策金利をゼロ近くに下げるゼロ金利政策に対して、マイナス金利政策は日本銀行の当座預金の超過準備の名目金利を...

    ... 続きを読む

    「作ったモノが必ず売れる」という世界 ~ 古典派経済学の必要十分条件

    「作ったモノが必ず売れる」という世界 ~ 古典派経済学の必要十分条件

    本日のキーワード : 指数関数実解析における指数関数(しすうかんすう、英: exponential function)は、冪における指数 (exponent) を変数として、その定義域を主に実数の全体へ拡張して定義される初等超越関数の一種である。対数関数の逆関数であるため、逆対数 (anti-logarithm, inverse logarithm) と呼ばれることもある。自然科学において、指数関数は量の増加度に関する数学的な記述を与えるものとして用いられる。赤線は...

    ... 続きを読む

    財務省と日銀とマルクス経済学

    財務省と日銀とマルクス経済学

    本日のキーワード : 複利複利(ふくり、英: compound interest)とは、複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。本日の書物 : 『虚数はなぜ人を惑わせるのか?』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し...

    ... 続きを読む

    消費増税すれば、どうなる?  数学の論理を駆使する要(かなめ) ~ 「必要条件」と「十分条件」

    消費増税すれば、どうなる?  数学の論理を駆使する要(かなめ) ~ 「必要条件」と「十分条件」

    本日のキーワード : オイラーの等式、必要条件、十分条件レオンハルト・オイラー(Leonhard Euler, 1707年4月15日 - 1783年9月18日)は、18世紀の数学者・天文学者(天体物理学者)。 18世紀の数学界の中心となり、続く19世紀の厳密化・抽象化時代の礎を築いた。本日の書物 : 『虚数はなぜ人を惑わせるのか?』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもま...

    ... 続きを読む

    「目で見えるものだけが全てではない」ということが理解できない「お馬鹿」

    「目で見えるものだけが全てではない」ということが理解できない「お馬鹿」

    本日のキーワード : 貨幣数量説、古典派の二分法、名目、実質マクロ経済学において、古典派の二分法(英: Classical dichotomy)とは、新古典派経済学および「ケインズ以前の経済学」に属する概念であり、実質と名目はそれぞれ独立に分析することが可能であるとするものである。貨幣のヴェール観とも呼ばれる。より正確に言えば、もしある経済の(産出量や実質利子率などの)実質の変数を、(産出量の貨幣的・名目的価値や利子...

    ... 続きを読む

    実は、コッソリとやっている、「アベノミクス」から「アベ・デフレノミクス」への政策変更

    実は、コッソリとやっている、「アベノミクス」から「アベ・デフレノミクス」への政策変更

    本日のキーワード : デフレ政策デフレ政策 : インフレーションを終わらせるために、意図的に財政支出や通貨の流通量を縮小させる政策。本日の書物 : 『虚数はなぜ人を惑わせるのか?』 竹内薫 朝日新聞出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要が...

    ... 続きを読む

    今は200年に一度しかおこらない太陽のめずらしい姿を見ることができる貴重な時期なんです

    今は200年に一度しかおこらない太陽のめずらしい姿を見ることができる貴重な時期なんです

    本日のキーワード : 太陽黒点太陽黒点(たいようこくてん、英: sunspot)とは、太陽表面を観測した時に黒い点のように見える部分のこと。単に黒点とも呼ぶ。実際には完全な黒ではなく、この部分も光を放っているが、周囲よりも弱い光なので黒く見える。太陽黒点は、約9.5年から12年ほどの周期で増減を繰り返している。黒点が暗いのは、その温度が約4,000℃と普通の太陽表面(光球)温度(約6,000℃)に比べて低いためである。発生...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    神社に動物は連れて行かないほうがいいと聞いたことがあるのですが、高倉神社は大丈夫なのですね。

    Re: No Subject * by みっちゃん
    4711さん、おはようございます^^

    ペットを連れての参拝がダメだとされている神社も確かにありますね!

    参拝者が数多く来られるような神社は、特にそのようになっているような気がします。

    ただし、神社と動物を「穢れ」思想の観点から考えることは良くないと思います。

    そもそも、「神社」は「縄文時代」に連なるものであり、その「縄文時代」には「縄文犬」として知られる「大切な仲間」が存在していました。そんな「大切な仲間」を「穢れ」とするはずは無く、のちの時代になってから何らかの「後付けの理由」で生じたものでしょう。

    とはいえ、ペットを連れての参拝がダメと掲示されている場合は、神社の意向に配慮して避けるべきだと思います。

    No Subject * by 4711
    「縄文犬」というものがいたことを知りませんでした。
    動物を忌んで禁じているわけではないのですね!


    Re: No Subject * by みっちゃん
    4711さん、こんにちは^^

    いつもご訪問&コメント有難うございます。

    まあ、人間社会が変化したからなのでしょうね💗

    そもそも、私たち日本人の宗教観は、ふわふわとした、非常にゆるいものですし、世界中を見渡しても、その寛容さは得意なものだと思います。つまり、私たち日本人は、世界で最も自由を謳歌している民族、と言えるのではないでしょうか?

    太陽の明るさ ~ 太陽が元気なときも、そうでないときも、ほとんど変わらない

    太陽の明るさ ~ 太陽が元気なときも、そうでないときも、ほとんど変わらない

    本日のキーワード : マウンダー極小期マウンダー極小期(マウンダーきょくしょうき、Maunder Minimum)とはおおよそ1645年から1715年の太陽黒点数が著しく減少した期間の名称で、太陽天文学の研究者で黒点現象の消失について過去の記録を研究したエドワード・マウンダーの名前にちなむ。マウンダー極小期中の30年間に、観測された黒点数は、たった約50を数えるだけであった。通常であれば4〜5万個程度が観測によって数えられる...

    ... 続きを読む

    太陽が原因で、地球で停電が起こるわけ

    太陽が原因で、地球で停電が起こるわけ

    本日のキーワード : 太陽フレア太陽フレア(たいようフレア、Solar flare)とは太陽における爆発現象。別名・太陽面爆発。太陽系で最大の爆発現象で、小規模なものは1日3回ほど起きている。多数の波長域の電磁波の増加によって観測される。特に大きな太陽フレアは白色光でも観測されることがあり、白色光フレアと呼ぶ。太陽の活動が活発なときに太陽黒点の付近で発生する事が多く、こうした領域を太陽活動領域と呼ぶ。「フレア...

    ... 続きを読む

    数学を勉強しても、それを実際に使えないと、まったく意味がありません

    数学を勉強しても、それを実際に使えないと、まったく意味がありません

    本日のキーワード : プリント基板、数学プリント基板(プリントきばん、短縮形PWB, PCB)とは、基板の一種で、以下のふたつをまとめて指す総称。●絶縁体でできた板の上や内部に、導体の配線が施された(だけの)もの。電子部品が取り付けられる前の状態。プリント配線板(PWB = printed wiring board)と呼ばれる。●(上記の板に)電子部品がはんだ付けされ、電子回路として動作するようになったもの。プリント回路板(PCB = pr...

    ... 続きを読む

    「数学」のテストの問題を解くということと、「数学」を実際に用いて問題を解くということの違い

    「数学」のテストの問題を解くということと、「数学」を実際に用いて問題を解くということの違い

    本日のキーワード : 応用応用 : 原理や知識を実際の事柄に当てはめて用いること。本日の書物 : 『とんでもなく役に立つ数学』 西成活裕 KADOKAWA/角川学芸出版戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきまし...

    ... 続きを読む

    多くの職業や社会的な地位で成功するための必須の精神力

    多くの職業や社会的な地位で成功するための必須の精神力

    本日のキーワード : 必須、数学必須(ひっす) : 必ず要(い)ること。他の事はともかく、これだけは落としてはならないこと。 本日の書物 : 『数学的に考える』 キース・デブリン  筑摩書房戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それで...

    ... 続きを読む

    No Subject * by -
    お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。

    フランスの「黄色」、アメリカの「緑色」、日本の「青色」

    フランスの「黄色」、アメリカの「緑色」、日本の「青色」

    本日のキーワード : 色色(いろ、英: color)は、可視光の組成の差によって感覚質の差が認められる視知覚である色知覚、および、色知覚を起こす刺激である色刺激を指す。本日の書物 : 『中学生からの数学「超」入門 : 起源をたどれば思考がわかる 』 永野裕之  筑摩書房戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的...

    ... 続きを読む

    「算数アタマ」のままなヒト、「数学アタマ」になれた人

    「算数アタマ」のままなヒト、「数学アタマ」になれた人

    本日のキーワード : 算数、数学算数(さんすう、elementary mathematics)は 日本の小学校における教科の一つ。広義には各国の初等教育における一分野も指す。数学(すうがく、希: μαθηματικά, 羅: mathematica, 英: mathematics)は、量(数)、構造、空間、変化について研究する学問である。本日の書物 : 『中学生からの数学「超」入門 : 起源をたどれば思考がわかる 』 永野裕之  筑摩書房戦後の日本人は、正しい歴...

    ... 続きを読む

    憲法違反の「外国人参政権」を推進するという、とっても、おバカな立憲民主党の考え方

    憲法違反の「外国人参政権」を推進するという、とっても、おバカな立憲民主党の考え方

    本日のキーワード : 憲法違反、外国人参政権外国人参政権(がいこくじんさんせいけん)とは、その国の国籍を有しない外国人に付与される参政権を指す。現在、日本では日本国憲法第15条に「国民固有の権利」と明記されていることから、外国人参政権は認められていない。本日の書物 : 『ド文系大国日本の盲点 反日プロパガンダはデータですべて論破できる』 高橋洋一 三交社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ま...

    ... 続きを読む

    No Subject * by eee
    立憲は日本を韓国の支配下にするという明確な目的があるんだと思いますよ。日本を韓国に差し出すための一味か工作員たちかも

    Re: No Subject * by みっちゃん
    eeeさん、こんばんは^^

    ご訪問&コメント有難うございます💗

    「立憲は日本を韓国の支配下にするという明確な目的がある」⇒ なるほど!!「大韓民国」、そしてそれを支配する「朝鮮民主主義人民共和国」にとっての「まっとうな政治」ということなんですね💗 キャー(≧∇≦)

    これからも、何卒宜しくお願い致しま~す☆彡

    立憲民主党の「外道の政治」

    立憲民主党の「外道の政治」

    本日のキーワード : バランスシート貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)とは、財務諸表の一つ。バランスシート(Balance sheet、略称B/S)とも呼ばれる。独名はビランツ (Bilanz)。バランスシート(balance sheet)という英語は、Bilanz(独)、bilan(仏)、bilancio(伊)などヨーロッパ各国語と同様に、ラテン語で天秤を意味する libra bilanx を語源としている。これは、貸借対照表が左右に分かれていて、左側の「借...

    ... 続きを読む

    金融機関と文系アタマ

    金融機関と文系アタマ

    モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行本日のキーワード : 金融機関、文系金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(モンテパスキ銀行、Banca Monte dei Paschi di Siena、MPS)は、1472年に創業した、現存する中で世界最古の歴史を持つ銀行である。イタリア...

    ... 続きを読む

    ネットの「後追い」をする、とても恥ずかしい日本のメディア

    ネットの「後追い」をする、とても恥ずかしい日本のメディア

    本日のキーワード : 後追い後追い : 赤ちゃんが大人の行くところ行くところ、くっついてまわること。☆【赤ちゃんの後追い!】いつからいつまで続くの?理由と5つの対処法本日の書物 : 『ド文系大国日本の盲点 反日プロパガンダはデータですべて論破できる』 高橋洋一 三交社戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親...

    ... 続きを読む

    覚えようとする(丸暗記する)人は、その内容について理解ができないから、そうするんです

    覚えようとする(丸暗記する)人は、その内容について理解ができないから、そうするんです

    ポンペイの壁画、「紙とペンを持つ女」本日のキーワード : 思考思考(しこう、英: Thinking)は、考えや思いを巡らせる行動であり、結論を導き出すなど何かしら一定の状態に達しようとする過程において、筋道や方法など模索する精神の活動である。広義には人間が持つ知的作用を総称する言葉、狭義では概念・判断・推理を行うことを指す。ポンペイの想像図ポンペイ(ラテン語: Pompeii、イタリア語: Pompei)は、イタリア・ナポ...

    ... 続きを読む

    数学は、わからない人にはわからない。でも、やっぱり頑張るべきでしょ!!

    数学は、わからない人にはわからない。でも、やっぱり頑張るべきでしょ!!

    本日のキーワード : 時空、時間、数学時空(じくう、英: spacetime)は、時間と空間を合わせて表現する物理学の用語、または、時間と空間を同時に、場合によっては相互に関連したものとして扱う概念である。時空間(time and space)とも。ニュートンは、この宇宙の時空は絶対的なもの(「絶対時間と絶対空間」、「ニュートン時空」などとも)であるとした。その時空では、空間は物理現象が起きる入れ物である3次元ユークリッド...

    ... 続きを読む

    テレビを観ることと「学歴」は関係するの?

    テレビを観ることと「学歴」は関係するの?

    本日のキーワード : 学歴、視聴率学歴(がくれき)は、個人の学業上の経歴。学業の形態は様々であるが、小学校、中学校、高等専修学校、高等学校、専門学校、高等専門学校、短期大学、大学の学部・大学院等の教育機関における学業上の経歴を指すことが多い。短期大学、大学の学部・大学院の各課程の修了者には、学位が授与される。短期大学の卒業者には短期大学士の学位、大学学部の学士課程修了者には学士号が授与される。大学...

    ... 続きを読む

    そもそも、日本人って、お酒に強いの?弱いの?

    そもそも、日本人って、お酒に強いの?弱いの?

    ノアの泥酔(ミケランジェロ画)本日のキーワード : 下戸下戸(げこ)とは、体質的に酒やアルコール飲料を飲めない人のことを言う。古くから日本では、酒を全く飲めないか、または飲める量が他と比較しても少ない人を「下戸」と呼び、その対義語には「上戸」が宛てられる。「戸」とは律令制における課税単位のことであり、元来、最上位の大戸から、上戸、中戸、下戸と定めた上で婚礼時の酒量を決めたことから、転じて酒を良く飲...

    ... 続きを読む

    No Subject * by 4711
    ブログの形式が変わって、ランキングのクリックがすごくしやすくなりました。
    以前はクリックするとページ全体が切り替わってしまい、新たに呼び出し直してもう一つのクリックをしていましたが、
    いまは左サイドのランキング箇所をクリックすれば順位がわかるので助かります。

    Re: No Subject * by みっちゃん
    4711さん、こんにちは^^

    いつもご訪問&コメント有難うございます💗

    まだ、お返事を書かせて頂いていないところもありますが、後日、書かせて頂きますのでお許しくださいませ。

    本年も何卒宜しくお願い致しま~す☆彡

    韓国とか、立憲民主党、日本共産党、社民党などの「救いようのないバカ」な連中は、「魔の2歳児」と呼んであげましょう! ~ 「terrible twos!!!」

    韓国とか、立憲民主党、日本共産党、社民党などの「救いようのないバカ」な連中は、「魔の2歳児」と呼んであげましょう! ~ 「terrible twos!!!」

    本日のキーワード : 魔の2歳児、terrible twos子どもの発達(こどものはったつ、Child Development)とは、個人の発達を依存状態から自律性が増大する過程ととらえ、誕生から青年期の終わりまでの間に生じる、生物学的・心理学および情緒的変化に関する学問である。子どもの発達は同じ割合で進むことはなく、それぞれの段階はそれに先立つ発達段階の影響を受ける。これらの発達的変化は、遺伝要因や胎児期の出来事の強い影響を...

    ... 続きを読む

    美人に対して男性の態度が豹変するのは、科学的な理由があるんです!!

    美人に対して男性の態度が豹変するのは、科学的な理由があるんです!!

    『ヴィーナスの誕生』 ウィリアム・アドルフ・ブグロー本日のキーワード : 美人ウェヌス(古典ラテン語: Venus)は、ローマ神話の愛と美の女神。日本語では英語読み「ヴィーナス」と呼ばれることが多い。『After the Bath』 ウィリアム・アドルフ・ブグロー『After the Bath』 ウィリアム・アドルフ・ブグロー『ニンファエウム』 ウィリアム・アドルフ・ブグロー本日の書物 : 『ウソばっかり! - 人間と遺伝子の本当の話...

    ... 続きを読む

    日本にとって最大の誇りの一つ ~ 皇室で連面と百二十五代受け継がれてきたこと

    日本にとって最大の誇りの一つ ~ 皇室で連面と百二十五代受け継がれてきたこと

    ☆<天皇誕生日>一般参賀に8万2850人 昭和天皇の時代も入れて過去最多の人出~ネット「行ったぞ!マジに凄かったわ!」「九段下の日高屋で帰りのジジババが飲んでたわ。店員はベトナム人で、反対側に白人の若者が三人食事してた。日本は寛容な国だとつくづく感じたよ」臣籍降下(しんせきこうか)は、皇族がその身分を離れ、姓を与えられ臣下の籍に降りることをいう。賜姓降下(しせいこうか)とも言い、そのような皇族を俗に賜姓...

    ... 続きを読む

    科学的事実よりも思想を優先させる日本の自称科学者たち ~ 佐倉統って誰?

    科学的事実よりも思想を優先させる日本の自称科学者たち ~ 佐倉統って誰?

    ルイセンコ論争(ルイセンコろんそう)とは、環境因子が形質の変化を引き起こし、その獲得形質が遺伝するというトロフィム・ルイセンコの学説に関する論争とそれに伴ったソビエト連邦における反遺伝学運動である。ルイセンコ主義の疑似科学的発想は獲得形質の遺伝性を仮定していた。ルイセンコの理論はメンデル遺伝と「遺伝子」の概念を否定し、自然選択を否定することでダーウィン進化論から逸脱した。支持者らは、他にも多数ある...

    ... 続きを読む

    警察に逮捕されても、なんの問題もなく働くことができる!! それが「大学」というところなんです(笑)

    警察に逮捕されても、なんの問題もなく働くことができる!! それが「大学」というところなんです(笑)

    血のメーデー事件(ちのメーデーじけん)は、1952年(昭和27年)5月1日(木曜日)に東京の皇居外苑で発生した、デモ隊と警察部隊とが衝突した騒乱事件である。事件は一部の左翼団体が暴力革命準備の実践の一環として行われたものと見られている。戦後の学生運動で初の死者を出した。GHQによる占領が解除されて3日後の1952年(昭和27年)5月1日、第23回メーデーとなったこの日の中央メーデーは、警察予備隊についての「再軍備反対」...

    ... 続きを読む

    「人は外見で判断してはいけません」というのは、実は大間違いなんです!!

    「人は外見で判断してはいけません」というのは、実は大間違いなんです!!

    岐阜県百年公園にある巨大万華鏡の内部対称性(たいしょうせい、ラテン語・ギリシャ語: συμμετρία symmetria, 独:Symmetrie, 英:symmetry)とは、ある変換に関して不変である性質である。英語を音訳したシンメトリーと呼ぶこともあるが、2つのmは同時に発音されるため、英語の発音は「シメトリー」に近い。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けていま...

    ... 続きを読む

    日本の左翼リベラルの男って、「ナニ」が小さいのでしょうか?

    日本の左翼リベラルの男って、「ナニ」が小さいのでしょうか?

    何(なに) : 疑問代名詞。だ、です (およびその活用形)、のの前ではなんになる。接尾辞を付けることができる。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『川村 : 最近の【朝日新聞】は、【日本型リベ...

    ... 続きを読む

    「誰とでもどんなことでも分かりあえる」というのは幻想にすぎない

    「誰とでもどんなことでも分かりあえる」というのは幻想にすぎない

    幻想 : 現実にはないことをあるかのように心に思い描くこと。また、そのような想念。「幻想を抱く」「戦争のない未来を幻想する」戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 【私たちは完全には分かりあ...

    ... 続きを読む

    遥洋子みたいな大人たちのために必要な国語の授業

    遥洋子みたいな大人たちのために必要な国語の授業

    国語(こくご)は、日本の学校教育における教科の一つ。日本の学校教育において、日本語および言語表現の理解、言語による表現方法の獲得などを目的として行われる教科であり、初等教育(小学校の段階)から中等教育(中学校・高等学校の段階)に設けられている。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正し...

    ... 続きを読む

    「ドレミファソラシド」って誰が最初に作ったの?

    「ドレミファソラシド」って誰が最初に作ったの?

    オクターヴは、西洋音楽における8度音程であり、周波数比2:1の音程である。「オクターブ」とも表記される。西洋音楽で用いられる全音階は、古代ギリシャのディアトノンのテトラコルドに由来し、周波数比2:1の音の間を全音間隔5箇所と半音間隔2箇所で分割した七音音階である。 西洋音楽では同度を1度音程として数え始めるため、七音音階で高さの異なる同じ音に辿り着く音程が8度となる。「8番目=8度音程」を意味するラテン語は“oc...

    ... 続きを読む

    「左翼リベラル」が理解できない推移律と循環律の違い

    「左翼リベラル」が理解できない推移律と循環律の違い

    合理性(rationality) : 経済学において、経済主体(個人、家計、企業など)の行動や選択を表現する二項関係が完備性と推移性を満たすことを指す。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、客観的に情勢を判断する必要があります。それでは、この書物を見ていきましょう!『 外に出る...

    ... 続きを読む

    実は誰でも当たり前のようにやっている「数学的思考」

    実は誰でも当たり前のようにやっている「数学的思考」

    推移関係(すいいかんけい、英: Transitive relation)は、数学における二項関係の一種。集合 X の二項関係 R が推移的であるとは、Xの任意の元 a、b、c について、a と b に R が成り立ち、b と c に R が成り立つとき、a と c にも R が成り立つことをいう。推移的関係とも。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立...

    ... 続きを読む

    欧米エリートは読んでいる!! 世界標準のビジネスパーソンに必須の書物 = 『原論』

    欧米エリートは読んでいる!! 世界標準のビジネスパーソンに必須の書物 = 『原論』

    数学書『原論』(げんろん、古希: Στοιχεία, ストイケイア、英: Elements)は、紀元前3世紀ごろにエジプトのアレクサンドリアの数学者ユークリッドによって編纂されたと言われる(ゆえに、「ユークリッドの『原論』」「ユークリッド『原論』」などと呼ぶ場合もある)。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。私たち日本人は、親日的な立場に立ち...

    ... 続きを読む

    * by 4711
    「入管法」が成立してしまい、これからの日本が大丈夫か心配しています。
    教育の場は今ですら混乱を極めているようです。
    記事中に、義務教育は日本国民の子女に限る旨、記述がありましたが、もっと徹底させるべきではないでしょうか。
    両親とも日本国籍者でない場合、日本は血統主義なのですから、血の割合に応じて義務教育でも費用を払ってもらいたいものです。
    帰化人の場合も、五世くらいまでは払うべきではないでしょうか。
    また、ハラール食の給食を要求したり、イスラムの教えに沿うよう現場を替えさせたりするのはあきらかに行きすぎです。
    日本のやり方に従えないのなら、弁当持参とか、家に帰って着替えるなど(送り迎えは親が行う)、自分たちがあわせるべきです。
    外国人がやりたい放題で、なおかつ親子共に日本語が不自由など現場は疲弊しており、日本人児童が学力低下の憂き目にあっています。
    本末転倒していると思います。
    外国人単純労働者が入ってきたら、ますます日本人が弱体化されるだろうことが心配です。

    左翼リベラルが重視している少数決

    左翼リベラルが重視している少数決

    少数決(しょうすうけつ)とは議論ののちに少数の賛成にとどまる意見を決定意見とすること。合議制による意思形成は、合議者それぞれの権利を最大限尊重する意味では全会一致が望ましい。しかし合意に至る現実的な可能性のなかで通常は多数決による決定が選択されることがある。通常、単純合議制においては少数意見が決定とされることはないように思われる。しかし現実の意思形成にはさまざまなパーテイションがおかれていることが...

    ... 続きを読む

    * by -
    第一希望の意思表示しかできない単記式多数決を用いた投票では、
    他の案と比較してより多くの投票者から第一希望とされた案が採用される。
    各投票者にとっての案の支持順序どころか、不支持者数すら考慮しない。

    そのため、採用された案の得票数が全投票者数の半分に満たない場合、
    その案を「最も支持」した投票者よりも、「最も不支持」とした投票者の方が多い
    というケースが起こりうる。

    過半数だったとしても、その候補に投票しなかった投票者からは
    おおむね不評な案である場合がある。

    逆に、第一希望が割れているものの、すべての投票者が
    同じ案を第二希望としている状況があった場合、
    その案を採用することですべての投票者を
    それなりに満足させることができるが、
    第一希望の候補にしか加点しない単記式多数決における
    その案の獲得点数は0点であり、この案が採用されることはない。

    これらの問題を回避するには、ボルダルールやシュルツ方式などの、
    各投票者にとっての順位付けを集計する選好投票を用いること。

    【候補A、B、C、Dに対する投票者9人による順位付けの例】
    BよりもAをより支持することを A > B と書くことにする。

    A > B > C > D
    A > B > C > D
    A > B > C > D
    A > B > C > D
    C > B > A > D
    C > B > A > D
    C > B > A > D
    D > B > C > A
    D > B > C > A


    【単記式多数決の配点】
    投票者が最も支持している候補に1点が与えられる。それ以外は0点。

    【単記式多数決における各候補の得点と当選者】
    A・・・4点(当選)
    B・・・0点
    C・・・3点
    D・・・2点


    【ボルダルールの配点】
    投票者にとっての支持順序に対応したポイントが各候補に与えられる。
    そのポイントは候補数をN、順位をRとするとN-R+1。

    【ボルダルールにおける各候補の得点と当選者】
    A・・・4×4 + 3×0 + 2×3 + 1×2 = 24点
    B・・・4×0 + 3×9 + 2×0 + 1×0 = 27点(当選)
    C・・・4×3 + 3×0 + 2×6 + 1×0 = 24点
    D・・・4×2 + 3×0 + 2×0 + 1×7 = 15点

    ときに、多数派に好まれる候補よりむしろ、幅広い人が受け入れ可能な候補を選ぶことがあるので、
    ボルダ式は、多数決主義の選挙制度ではなく、世論の一致を重視した選挙制度だとしばしば言われる。

    * by -
    交渉とは、利害関係が生じている中で、合意点を得るために行われる対話、議論、取引である。
    その目標は双方が受け入れることができる諸条件を導き出し、それに合意することである。

    したがって基本的に交渉はお互いに利得が得られるウィン・ウィン(win-win)の関係となるはずであり、
    利害が不一致となればその交渉は失敗となる。


    【交渉の技術が無い場合の状況】
    (1)多くの人は、交渉は利益の奪い合いであると考える。
    金額の交渉であるような場合にも、単純な奪い合いではなく、安定した関係の維持や、信頼の確立など、別の価値が関与している場合がある。
    (多くの人は、非ゼロ和交渉の場合も、ゼロ和交渉だと考える)。

    (2)人間には、いったん攻撃されると、仕返しをする習性がある。
    ゲームの理論において、最も優れた戦略は、しっぺ返し戦略(tit for tat)である。このことは、人間行動に影響を及ぼし、人間の習性になっている。
    この戦略の欠点は、相互にこの戦略を採用する場合に、偶然に攻撃が起きると、仕返しが永久に繰り返される点である。

    (3)人間には、いったん戦いになると、全力で勝とうとする習性がある。
    歴史を通じて、勝った方が、全ての利益を獲得するシステムであった。しかし、交渉が戦いになれば、良好な関係が失われ、
    平和的な共存共栄は不可能になり、戦いの荒廃がもたらされる。絶対君主は効率の悪さから滅亡し、民主主義国家に置き換わる。

    (4)人間には、相手の意図を正しく把握する能力が無い。
    社会心理学の帰属理論が明らかにしたことは、人間は相手の行動の意図を正しく把握できないことである。
    自分自身については、その止むを得ない事情を知っており、痛みを感じ、自分の苦労を共感的に理解しているが、相手に対してはそうではない。
    根拠も無いのに、相手が最低最悪の意図を持っていると即断してしまうのである。長い自然状態の下では、当然の推定であった。


    【交渉の技術】
    (1)まず、相互に本心を正確に主張しあうこと (アサーティブネス)
    自分の主張を相手に正しく伝えることが交渉の出発点である。自分にとっては自明の内容でも、言葉にして相手に伝えなければ、相手には分からない。
    ただし、最低売却価格など、通常は相手に言わない事もある。

    (2)次に、相手の意図を正確に把握すること
    次に、相手の主張を正しく理解して把握することが必要である。有名なオレンジの例では、一つのオレンジを姉妹二人で奪い合うが、
    姉は実はオレンジの皮だけ欲しかったことが判明して、問題が解決した。

    (3)戦うのではなく、共同で問題解決を目指すこと
    相互に相手の主張や意図を把握した後に、共同で問題解決を目指す。双方が心から満足できる解決策を模索する。

    (4)妥結のためのアイデアを可能な限り多く出すこと
    妥協案をなるべく多く考案する。「○○を譲ってくれれば、△△は譲る」のような案も多く出す。
    この過程で、相手の主張をより正確に把握することが可能になる。

    (5)主張内容の差を考えること
    野球選手の年俸交渉がまとまらない場合に、来期の出来高払い制を取り入れると妥結することがある。
    来期の活躍の見通しに差がある場合には、それを反映させた案であれば、妥結が可能になりやすい。

    (6)安易に譲歩しないこと
    安易に譲歩すれば、交渉は容易に妥結するが、自分の不満が蓄積する。

    (7)原則や客観的な基準に従って、公平に判断すること
    その問題について、既に多くの研究が行われていて、国際機関や内外の政府機関が採用する原則や基準が作成されている場合がある。
    そのような原則や基準を守る。交渉において正義は力である。

    (8)調停人を利用する場合がある
    交渉が行き詰まった場合に、原則や客観的な基準を持ち込む目的で、調停人(交渉人、ネゴシエーター)を利用する場合がある。
    ただし、調停人にも利害があり、かえって敵対がもたらされ、交渉が長引き、紛争が繰り返されることがある。

    (9)交渉に関与する人数を減らす
    権限を持つ代表2名の間の交渉にする。交渉に関与する人間が増えると、利害の調整は非常に困難になる。

    (10)合意内容を明確にする
    合意内容を文章化しておく。合意内容がうまく機能するかどうか確認して修正する。

    * by -
    交渉とは、利害関係が生じている中で、合意点を得るために行われる対話、議論、取引である。
    その目標は双方が受け入れることができる諸条件を導き出し、それに合意することである。

    したがって基本的に交渉はお互いに利得が得られるウィン・ウィン(win-win)の関係となるはずであり、
    利害が不一致となればその交渉は失敗となる。


    【交渉の技術が無い場合の状況】
    (1)多くの人は、交渉は利益の奪い合いであると考える。
    金額の交渉であるような場合にも、単純な奪い合いではなく、安定した関係の維持や、信頼の確立など、別の価値が関与している場合がある。
    (多くの人は、非ゼロ和交渉の場合も、ゼロ和交渉だと考える)。

    (2)人間には、いったん攻撃されると、仕返しをする習性がある。
    ゲームの理論において、最も優れた戦略は、しっぺ返し戦略(tit for tat)である。このことは、人間行動に影響を及ぼし、人間の習性になっている。
    この戦略の欠点は、相互にこの戦略を採用する場合に、偶然に攻撃が起きると、仕返しが永久に繰り返される点である。

    (3)人間には、いったん戦いになると、全力で勝とうとする習性がある。
    歴史を通じて、勝った方が、全ての利益を獲得するシステムであった。しかし、交渉が戦いになれば、良好な関係が失われ、
    平和的な共存共栄は不可能になり、戦いの荒廃がもたらされる。絶対君主は効率の悪さから滅亡し、民主主義国家に置き換わる。

    (4)人間には、相手の意図を正しく把握する能力が無い。
    社会心理学の帰属理論が明らかにしたことは、人間は相手の行動の意図を正しく把握できないことである。
    自分自身については、その止むを得ない事情を知っており、痛みを感じ、自分の苦労を共感的に理解しているが、相手に対してはそうではない。
    根拠も無いのに、相手が最低最悪の意図を持っていると即断してしまうのである。長い自然状態の下では、当然の推定であった。


    【交渉の技術】
    (1)まず、相互に本心を正確に主張しあうこと (アサーティブネス)
    自分の主張を相手に正しく伝えることが交渉の出発点である。自分にとっては自明の内容でも、言葉にして相手に伝えなければ、相手には分からない。
    ただし、最低売却価格など、通常は相手に言わない事もある。

    (2)次に、相手の意図を正確に把握すること
    次に、相手の主張を正しく理解して把握することが必要である。有名なオレンジの例では、一つのオレンジを姉妹二人で奪い合うが、
    姉は実はオレンジの皮だけ欲しかったことが判明して、問題が解決した。

    (3)戦うのではなく、共同で問題解決を目指すこと
    相互に相手の主張や意図を把握した後に、共同で問題解決を目指す。双方が心から満足できる解決策を模索する。

    (4)妥結のためのアイデアを可能な限り多く出すこと
    妥協案をなるべく多く考案する。「○○を譲ってくれれば、△△は譲る」のような案も多く出す。
    この過程で、相手の主張をより正確に把握することが可能になる。

    (5)主張内容の差を考えること
    野球選手の年俸交渉がまとまらない場合に、来期の出来高払い制を取り入れると妥結することがある。
    来期の活躍の見通しに差がある場合には、それを反映させた案であれば、妥結が可能になりやすい。

    (6)安易に譲歩しないこと
    安易に譲歩すれば、交渉は容易に妥結するが、自分の不満が蓄積する。

    (7)原則や客観的な基準に従って、公平に判断すること
    その問題について、既に多くの研究が行われていて、国際機関や内外の政府機関が採用する原則や基準が作成されている場合がある。
    そのような原則や基準を守る。交渉において正義は力である。

    (8)調停人を利用する場合がある
    交渉が行き詰まった場合に、原則や客観的な基準を持ち込む目的で、調停人(交渉人、ネゴシエーター)を利用する場合がある。
    ただし、調停人にも利害があり、かえって敵対がもたらされ、交渉が長引き、紛争が繰り返されることがある。

    (9)交渉に関与する人数を減らす
    権限を持つ代表2名の間の交渉にする。交渉に関与する人間が増えると、利害の調整は非常に困難になる。

    (10)合意内容を明確にする
    合意内容を文章化しておく。合意内容がうまく機能するかどうか確認して修正する。

    ボノボと、山尾志桜里と、その仲間たち

    ボノボと、山尾志桜里と、その仲間たち

    ボノボ(Pan paniscus)は、哺乳綱霊長目ヒト科チンパンジー属に分類される霊長類。別名ピグミーチンパンジー。人間だけが行うと考えられていた正常位での性行動を行うことが発見されている。個体間の闘争は、チンパンジーと異なりほとんど観察されていない。そのため、平和的な動物であると考えられることが多い。ただし、雑食性で小動物や他種のサルを狩ることはある。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。...

    ... 続きを読む

    ヒトの寿命は、「進化の法則」から、大きくはみ出しています

    ヒトの寿命は、「進化の法則」から、大きくはみ出しています

    寿命(じゅみょう)とは、命がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のことである。生物学における寿命には2つの考え方がある。たとえばアユを海水で育てると2年以上生き延びることが知られている。そこで、アユの寿命は実は2年くらい、というのは確かに正しいのであるが、実際の河川では、アユはほぼすべて1年で死ぬ。一年草も自然条件では1年で開花・結実枯死するが、開花条件を満たさなければ何年も生きるもの...

    ... 続きを読む

    『古事記』が、すでに知っていた「進化生物学」

    『古事記』が、すでに知っていた「進化生物学」

    別天津神(ことあまつかみ)は、『古事記』において、天地開闢の時にあらわれた五柱の神々を云う。『古事記』上巻の冒頭では、天地開闢の際、高天原に以下の三柱の神(造化の三神という)が、いずれも「独神(ひとりがみ)」(男女の性別が無い神)として成って、そのまま身を隠したという。天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) - 至高の神高御産巣日神(たかみむすひのかみ) - 生産・生成の「創造」の神。神産巣日神と対にな...

    ... 続きを読む

    日本人の読解力が落ちているという事実 ~ それが日本のメディア関係者の劣化ぶりに表れていること

    日本人の読解力が落ちているという事実 ~ それが日本のメディア関係者の劣化ぶりに表れていること

    読解(どっかい)とは、読み解く(文章などを見て、その内容を理解すること)ことである。読解力(どっかいりょく、英:reading comprehension)とは、一般的には文章などを読み解く能力を指す。とりわけ日本では、国語教育を想定した上で、「教材としての文章の内容を正確に読み取る」という意味合いで用いられることが従来より多かった。しかし近年、PISAの調査結果から、日本は国際的に見て読解力が高い水準にないことが明らかと...

    ... 続きを読む