FC2ブログ

    Welcome to my blog

    「万世一系の天皇」の意味

    みっちゃん

    みっちゃん

    天壌無窮

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    私たちが本当の意味での「日本を取り戻す」ためには、

    「国体」を理解する必要があります。

    私たち日本の「国体」とは何か?

    それでは、この書物を見ていきましょう!


    日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
    (2015/03/06)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    『 皇位継承こそ、わが国の国体維持の大本であり、皇位の継承が国体と異なる形で行われればそれは即日本国家のアイデンティティの消滅という事実上の独立国家崩壊になってしまうのです。…

    両陛下

     「女系」天皇問題や女性宮家創設問題は日本国家を内部から崩壊させようという意図を持った謀略です。一部の日本人が日本を崩壊させようとしているのですから、はっきりといえば現在日本は一種の内乱状態にあるのです。…

    驚き顔

    私の履歴書
    日本経済新聞 私の履歴書 古川貞二郎

     皇位継承問題は【男女平等や人権尊重】などといった【外来の思想】に影響されて検討すべき軽々しい問題ではありません。表向きは皇位の断絶を防ぐことになっていますが、狙いが他にあったことは明白です。…何がなんでも第一子継承を実現しようという魂胆が見え見えでした。

    驚き顔

     天皇を男系に限っているのは男女平等に反するというのなら、第一子による継承も第二子以下を差別する意味で不平等です。したがって、平等論を根拠に第一子継承を正当化するのは論理が一貫しません議論の詳細は国民に公開されていませんが、真剣に議論されたとは到底思えないのです。

    驚き顔

     その理由は第一子継承という結論が先にあったからです。…

    驚き顔

     皇位継承問題は…軽々に結論を引き出せるような問題ではありません。国体の崩壊にも発展しかねない深刻な問題であることに、…国民全体が気づく必要があります。男系継承がわが国の古来の伝統でありアイデンティティの根幹であることを理解することです。「君民一体」のわが国の民主主義の伝統を守るために男系天皇を守らなければならないのです。…

    天孫降臨

     この地上世界に降臨された天孫邇邇芸命(ににぎのみこと)は、高天原から天児屋命(あめのこやねのみこと)などの側近の神々を帯同してこられましたが、妻となるべき女神は連れてこられなかったのです。…

    驚き顔

     そして、この男系天皇による継承は今上(きんじょう)陛下に至るまで例外なく行われてきているのです。この間、8人10代の女性天皇が即位されていますが、いずれの女性天皇も【男系天皇の皇女】でいわば臨時的に即位されたものです。…いずれも一代限りで本来の男系男子に皇位を戻しておられるのです。

    o0336044812892670284.jpg

     男系男子による皇位の継承が「万世一系の天皇」の意味なのです。「一系」である以上は第一子継承では「一系」にはなりません

    anka-koutou-thumbnail2.jpg



     系図を遡る時男系のように父→父→父というふうに辿ってゆけないのです母→父→母などのように一定しません邇邇芸命の降臨以来男系という一系で今日まで継続していることが最も重要なポイントです。つまり、高天原の大御心(霊性の至高性)をこの地上世界に伝え継承してゆくには男系による皇位の継承が絶対的に必要なのです。』

    akishino2.jpg

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    「万世一系の天皇」の意味が理解できましたでしょうか?

    私たちの日本の伝統を護っていかなければなりませんね♥

    続きは次回に♥


    日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く
    (2015/03/06)
    馬渕 睦夫

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2015-04-14
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply