FC2ブログ

    親子チョコ💗(400冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  国史 >  生きたリンが。。。毎年、日本にやってくる♥

    生きたリンが。。。毎年、日本にやってくる♥

    img058.jpg
    北斗の拳【究極版】 11 (ゼノンコミックスDX)北斗の拳【究極版】 11 (ゼノンコミックスDX)
    (2014/04/19)
    原哲夫、武論尊 他

    商品詳細を見る


    PHP研究所
    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】
    著者 竹村公太郎著 《リバーフロント研究所研究参与》

    『古代の鳥の糞の化石の埋蔵量には限りがある。

    もちろん、日本列島には化石のリン鉱石はない。

    ところが、日本列島には、生きたリン鉱脈があった。

    【渡り鳥】が生きたリン鉱脈であった。

    世界の渡り鳥ルートマップが地球上で最もクロスし集中しているのが、

    【日本列島】であった。

    日本列島は、渡り鳥の世界的な【中継地】だった。

    渡り鳥のルートが集中する日本列島が、

    生きたリン鉱脈であることを鮮やかに示していた。』

    渡り鳥さんたちが、毎年運んでくれるんですね♥ありがと^^

    日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】 (PHP文庫)
    (2014/07/03)
    竹村 公太郎

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する