FC2ブログ

    Welcome to my blog

    1950年に、チベットを軍事侵略した「中華人民共和国」

    みっちゃん

    みっちゃん

    _f_470962_s.png
    東トルキスタン国旗

    1_20150208085846edc.jpg

    戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。

    そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けています。

    私たち日本人は、親日的な立場に立ち、正しく認識し直し、

    客観的に情勢を判断する必要があります。

    たとえば、今この瞬間、支那共産党による少数民族の弾圧・虐殺が行われていますが、

    現代のメディアは、それについては「報道していません」。

    それでは、この本を見ていきましょう!


    イスラム 中国への抵抗論理 (イースト新書)イスラム 中国への抵抗論理 (イースト新書)
    (2014/06/08)
    宮田律

    商品詳細を見る


    『 イギリスは19世紀半ばにチベットを中国への通商路として、また、ロシアに対する戦略的な重要地域として認めるようになる。

     チベットはその独立性を維持しようとしてイギリスのいいなりにならなかったため1903年にイギリスはチベットに軍事侵攻した

    驚き顔

     チベットは抵抗したものの成功せずダライ・ラマは中国へ逃亡。1904年、中国・清朝が参加することなしにイギリスとチベットの間で条約が結ばれたが、1906年にはチベットが参加することなしにイギリスと清朝との間で条約が結ばれ、清朝のチベットに対する支配が認められた

    驚き顔

     これによって清朝はチベットに対する武力制圧に乗り出しチベットは初めて中国の武力に屈した。1910年にダライ・ラマはインドに逃亡した。清朝の侵略はチベット人の怒りをかう。1911年から12年に起こった辛亥革命の際にチベット人は蜂起し、中国人をチベットから追放する。ダライ・ラマが1912年半ばにチベットに帰還、そこからチベットは1931年などに中国との武力的な小競り合いがあったものの、1951年まで事実上の独立を維持した。…

    あきみるく3

     1949年に中国共産党が政権をとると、中国は…1950年10月にチベットに対する軍事侵攻を行った。…この侵攻で【120万人もの兵士・市民を含めたチベット人が犠牲になり、6000の仏教寺院が破壊された】という。いずれにせよ、…チベットの支配者や市民たちの意志を踏みにじる形で行われ、中国の国際的イメージを著しく低下させるものだったことは間違いない。 』

    驚き顔

    日ノ丸

    いかがでしょうか?

    一党独裁政治を続ける中国で、連日の様に少数民族の弾圧・虐殺が行われています

    ですが、日本のリベラルを自称する左翼思想の人々は、何故かその事実を全く認めようとしません。それどころか、盲信している状況なのです

    psb2.jpg

    例えば、YAHOO知恵袋で「ある意味」で超有名な「あきみるく」(清水谷明美 Twitter @akimilk100)さんの場合、中華人民共和国がチベットを侵略した事実を認めようとしないんです♥ 最初は冗談かとも思ったのですが、どうやら本気のご様子ですw 詳しくは以下(↓)に。

    支那的考え方 「あきみるく 清水谷明美」さんの場合

    ぼっち清水谷

    ウイグルを弾圧する中国

    psb6.jpg

    なぜでしょうか?その理由は簡単ですね?

    メディアや左翼団体と同じように、支那共産党と繋がっているからです

    このヒト(↓)も・・・

    はとが豆鉄砲をくらった顔

    もちろん、この会社(↓)も。。。

    イオン

    偽装米、8割が中国産…イオンは危険な食品だらけ?告発本は即撤去の横暴

    当然、このヒトも。。。。

    i__yDTbrL5As.jpg

    一党独裁で支配している中国共産党と密接な関係にあるんです♥

    許せませんね!

    続きは次回に♥


    イスラム 中国への抵抗論理 (イースト新書)イスラム 中国への抵抗論理 (イースト新書)
    (2014/06/08)
    宮田律

    商品詳細を見る


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    最終更新日2015-02-14
    Posted byみっちゃん

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply