FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  在ロシア米国大使館が 「過激派攻撃」 をめぐり奇妙なタイミングで警報を発令

    在ロシア米国大使館が 「過激派攻撃」 をめぐり奇妙なタイミングで警報を発令

    embassyrussia.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US Embassy In Russia Issues Curiously Timed Alert Over 'Extremist Attacks'


    在ロシア米国大使館は、モスクワの多数の人々を標的とする可能性のある 『過激派』 による凶悪な計画について、異例かつ不可解な警告を発した。

    「大使館は、過激派がモスクワでコンサートを含む大規模な集まりを標的にする企てを間近に控えているとの報告を注視しており、米国市民は今後 48 時間、大規模な集まりを避けるよう勧告されるべきである」 と米国大使館は木曜日の声明で述べた

    embassyrussia.jpg

    この警告では、予想される攻撃の内容や 、このような企みの背後にいる可能性のある人物について、それ以上の詳細や推測は提供されていない。同大使館はさらに、アメリカ人に 「周囲の状況に注意し」、地元メディアをよく見るよう勧告した。

    2 年以上前にロシアがウクライナに侵攻した直後、国務省はすべてのアメリカ人に、逮捕や不法な拘束に直面する可能性があるとして、ロシアから脱出するよう警告した。しかし、外交官だけでなくジャーナリストも含め、明らかに何人かは残っている。

    アメリカ大使館が何に対処しているのかについて、フォーブス誌は警告のタイミングに注目している :

    ロシア連邦保安庁 (FSB) が、モスクワのシナゴーグに対するテロ攻撃を阻止したと発表した数時間後に、アメリカの警戒態勢が敷かれた。ソ連時代の KGB の後継組織である FSB は、この銃撃事件は過激派組織 「イスラム国」 のアフガニスタン支部が計画していたと発表した。FSB は、テロリストは逮捕に抵抗した際に殺害されたと述べ、銃器、弾薬、即席爆発装置の部品が発見され、そのエリアで押収されたと付け加えた。

    そしてロイターは、問題の ISIS の組織はロシアのカルーガ地方で活動しており、阻止された計画には 「銃器」 と 「簡易爆発装置」 が含まれていたと報じた。

    プーチン大統領は楽勝すると予想されている。しかし、モスクワはワシントンに対して 『干渉』 への強い警告を発している。

    海外報道によれば、アメリカ大使館はロシアの治安当局とISISの武装集団との銃撃戦に対処するためだと伝えているが…


    ロシア外務省は木曜日、リン・トレーシー米大使を召喚し、ワシントンがロシアの内政に干渉するならば、国内にいる米外交官の追放に動くと警告したと発表した。

    外務省は特に、選挙やウクライナにおけるモスクワの軍事行動に関する 「破壊的行動と情報の拡散」 について警告した。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する