FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  スペインの男性兵士、より良い福利厚生と高給を得るために性別を変更

    スペインの男性兵士、より良い福利厚生と高給を得るために性別を変更

    bearded.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Male Soldiers In Spain Changing Genders To Receive Better Benefits And Higher Pay


    あなたがもう 「トランスジェンダーのピーク」 に達したと思ったとしたら、あなたはまだ何もわかっていない…

    NY ポスト紙の最新報道によれば、スペインの兵士たちが、女性にしか与えられない恩恵を得るために、性別を男性から女性に変え始めているという。

    その恩恵とは、より高い給与やより良い寝室などであり、トランスジェンダーを支援するために 2023 年に施行された 「自認法 (self-identification law) 」 を軍が尊重することで、性別変更が可能になったという。

    今回の報道では、スペインの北アフリカ自治都市セウタでは、法改正後に 41 人の男性が女性として登録されたと紹介している。報道によれば、名前を変更したのは 4 人だけで、彼らの 「大半」 は ― なんと ― 男性器や髭さえも残しているという。

    ロベルト・ペルディゴネス陸軍伍長はこうコメントしている : 「外見上は異性愛者のように感じますが、内面はレズビアンです。重要なのは後者です。だからこそ、私は女性になるために法的な変更を行ったのです。」

    bearded.jpg

    彼はさらにこう付け加えた : 「性別を変更したことで、女性は不平等を補うためにより多くもらえるので、私の年金はアップしたと言われました。また、母親であることを理由に、給料が 15 %アップしました。」

    「私は兵舎の個室を与えられ、専用のバスルームもあります。これは、私が女性であるために男性と一緒にいることができないからであり、生物学的な女性への尊敬の念から、女性と一緒にいることが適切とは考えられなかったからです」 と付け加えた。

    ポスト紙によると、2022 年 12 月 22 日に制定されたトランスジェンダー法では、14 歳以上は心理学的または医学的な評価を必要とせず、自分のアイデンティティを変更することが認められているが、14 歳から 16 歳は保護者の同意が必要であるとのこと。

    12 歳以上の子どもは、司法の承認があれば性自認を変更できる。さらに、スペインの左派政権は、市民警備隊と国家警察の女性比率を 40 %まで引き上げることを目標としている。保守的な批評家たちは、これらの措置を 「目覚めた (woke) 」 進歩主義的行動だと位置づけている。

    「私の同僚の間でも、すでに何件かのケースを目にしていますし、今後も増えていくでしょう」 と、ある市民警備隊関係者は締めくくった。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する