FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  中国の 「衝撃的」 声明 : パレスチナ人はイスラエルに対して 「武力」 を行使する権利がある

    中国の 「衝撃的」 声明 : パレスチナ人はイスラエルに対して 「武力」 を行使する権利がある

    chinaicj.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    China's 'Shock' Statement: Palestinians Have Right To Use 'Armed Force' Against Israel


    Middle East Eye より

    中国は、パレスチナ人がイスラエルによる彼らの土地の占領に対抗するために武力を行使する権利を擁護し、それを 「国際法に十分に根拠づけられた不可侵の権利」 と訴えた。

    この発言は、オランダのハーグで開催されている国際司法裁判所 (ICJ) の公聴会 4 日目の木曜日に、中国の張軍国連大使が行ったものである。

    chinaicj.jpg

    52 カ国の代表が、イスラエルによる数十年にわたるパレスチナの土地の占領について ICJ で意見を述べている。

    北京の特使は、「植民地支配から自らを解放した様々な人々」 がおり、彼らは 「武装闘争を含む利用可能なあらゆる手段」 を行使することができたと述べた。

    彼はパレスチナの武力抵抗は合法的なものであり、テロ行為ではないと強調した。

    「植民地主義、占領、侵略、外国勢力に対する支配に対する武装闘争を含め、民族が解放、自決の権利のために行う闘争はテロ行為とみなされるべきではない」 と張軍は法廷で語った。

    彼はスピーチの中で、イスラエルの政策を批判し、「パレスチナ人の自決権の行使と完全な実現を著しく損ない、妨げている圧政」 であるとした。

    2 月 26 日まで開催される ICJ の公聴会は、ICJ の勧告的意見を求める国連総会決議を受けたものである。

    口頭審理に参加する国の数は、1945 年に ICJ が設立されて以来最も多く、南アフリカが提訴したジェノサイド訴訟とは別のものである。15 人の裁判官からなるパネルは、勧告的意見を出す前に約 6 ヶ月かけて審議する予定である。


    中国以外にも、ハンガリー、フランス、南アフリカ、エジプトなどが公聴会に参加する予定である。

    アラブ連盟、イスラム協力機構、アフリカ連合などの国際機関も参加する。イスラエルは参加しないが、裁判所に意見書を送っている


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する