FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  米国は米国供与兵器とイスラエルの戦争犯罪の可能性について調査を開始

    米国は米国供与兵器とイスラエルの戦争犯罪の可能性について調査を開始

    wpgaza.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US Opens Probe Into US-Supplied Weapons & Possible Israeli War Crimes


    数ヶ月に及ぶイスラエルによるガザ空爆作戦とそれに伴う地上攻撃を通して、バイデン大統領は一貫して、イスラエルが使用する米国支給兵器に条件を課すよう求める声 (議会内を含む) を拒否してきた。

    すでに少なくともヨーロッパの 1 つの国と NATO 加盟国は、戦争犯罪やパレスチナ人の人権侵害に兵器が使用される恐れがあるとして、イスラエルへの兵器供与を停止している。しかし、イスラエル軍にとって殺傷力のある武器や弾薬の最大の供給国であるワシントンへの注目は依然として高い。バイデン政権はついに方向転換を図ろうとしているのだろうか? それとも、国際的な (そして国内の) 人々の懸念を鎮めるための、同じような見せかけのシグナルなのだろうか?

    ウォール・ストリート・ジャーナル紙に米政府高官が語ったところによると、アメリカは、最も親密な同盟国が爆弾やミサイルを悪用して民間人を殺害していないかどうかを調べる国務省の調査の一環として、数十人の民間人を殺害したイスラエルのガザ空爆数回と、イスラエルによるレバノンでの白リン弾使用疑惑について調査しているという。

    wpgaza.jpg

    ヒューマン・ライツ・ウォッチ (HRW) は、10 月中旬の時点で、イスラエル軍が国際的に禁止されている白リン弾を使用している映像を確認したと述べている。しかし HRW は当時、白リンは 「マーキング、合図、隠蔽のため、あるいは人や物を燃やす火をつける武器として」 使用される可能性があると指摘した。

    イスラエルは『違法な』弾薬を使用しているという疑惑を否定しており、バイデン政権も今のところ否定に終始しているか、あるいは報道を受け流している。このことは、10 月に NBC ニュースの 『Meet the Press』 に出演したジェイク・サリバン国家安全保障顧問の発言にも表れている。

    「私はその報道を見ました。イスラエル国防総省は公式に、リン弾は使用していないと言っている。私はここに座って…レッドラインを引くつもりはない」 とサリバンは当時語った。「私は数日前、ホワイトハウスのスピーチでこれと同じ質問をされ、『レッドラインを引くのは公の場での私の仕事ではない』 と答えた。」

    ホワイトハウスはそれ以来、この方針を維持してきた ; しかし先週、バイデン大統領は初めてイスラエルの軍事作戦を 「行き過ぎ」 と鋭く批判した ─ 米国がまさにこの作戦を支援していることを鑑みると、深刻な混乱を引き起こした

    イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相はこれに対し、「彼 (バイデン) が何を言いたかったのか正確にはわからないが、イスラエルの立場に立って考えてみてほしい。我々は攻撃を受けた。10 月 7 日にいわれのない攻撃、殺人的な攻撃を受けたのだ」 と述べた。彼はこう付け加えた : 「我々はテロリストを追撃し、テロリストが身を隠し、人間の盾として利用する民間人を最小限に抑えようとする方法で対応したと思う。」

    この 「行き過ぎ」 発言にもかかわらず、バイデンはイスラエルの 「対テロ」 任務を支持し続けているが、11 月の選挙に向けてプレッシャーを感じていることは明らかだ。

    水曜日の WSJ の報道では、米国が精査している別の攻撃について次のように詳述している : 「国務省が現在調査している攻撃のひとつは、ガザ市近郊の人口密集地ジャバリア難民キャンプに対する 10 月 31 日の空爆で、125 人以上が死亡した、と米当局者は述べた。」

    バイデン補佐官は 「不手際」 を認めた…というより、これは怒りと失望に満ちた進歩的な有権者を静かになだめようとしているのだ :


    イスラエルは、ハマスの司令官が高層ビルの地下のトンネルに隠れており、そのため大規模な被害が出たと説明してきたが、司令官を探し出す過程で破壊されたビルには一般市民もいた。

    そして、もうひとつの調査として、WSJ の報道は、「兵器調査官は、イスラエルがこの攻撃で 2,000 ポンドの爆弾を使用したと疑っており、それはアメリカから提供された可能性がある。国連人権事務所は、この攻撃は多数の民間人を殺戮しており、戦争犯罪になりうると述べた」 と伝えている。

    パレスチナの情報筋によれば、10 月以降の死者数は 2 万 8,000 人を超え、ガザ保健省によれば、その大半は推定 1 万 2,300 人の子どもと 10 代の若者を含む民間人だという。10 月 7 日のハマスによるテロ攻撃で 1,200 人以上のイスラエル人が死亡したことを受け、欧米諸国のほとんどがイスラエルの窮状に連帯を表明したにもかかわらず、世論の潮流はイスラエル (そしてバイデンも) に対する怒りに変わりつつある。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する