FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  イスラエルが人質交渉を撤回、ラファ襲撃に備えた民間人避難計画を策定

    イスラエルが人質交渉を撤回、ラファ襲撃に備えた民間人避難計画を策定

    blinkenandbibi.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Israel Backing Off Hostage Talks, Draws Up Civilian Evacuation Plans For Rafah Assault


    今週初めにネタニヤフ首相がハマスの 「馬鹿げた」 要求を一蹴したことで、イスラエルとハマスの新たな停戦の見込みは急速に薄れつつある。その中で重要なのは、イスラエル軍のガザ地区からの全面撤退を求めることだった。

    しかし、タイムズ・オブ・イスラエル紙の新たな報道によれば、イスラエルの交渉担当者たちは新しい妥結条件を求めているのではなく、ハマスに圧力をかけて 「馬鹿げた」 要求を撤回させようとしているのだという。

    「現在の主な目標は、アメリカや他の国からカタールに対して圧力をかけ、そこから軍事的な圧力に加えてハマスに対しても圧力をかけ、彼らの馬鹿げた要求を撤回させることだ」 と、この報道で引用された関係者は語った

    blinkenandbibi (1)

    水曜日から、ハマスがイスラエルの案に対する、より詳細な回答を発表した。135日間の停戦を提案し、その間に人質は段階的に解放され、イスラエルは軍を撤退させるとしている。以下はその具体的な手順である:

    第 1 段階 : 45 日間の戦闘休止。その間に、イスラエル人女性、19 歳以下の男性、高齢者、病人はすべて、イスラエルの刑務所に収容されているパレスチナ人女性や子供と交換される。イスラエル軍はガザの人口密集地域から撤退し、病院や難民キャンプの再建を開始する。

    第 2 段階 : 残りのイスラエル人男性人質をパレスチナ人囚人と交換し、イスラエル軍はガザから完全に撤退する。

    第 3 段階 : 双方が遺品と遺体を交換する。

    約 1,500 人のパレスチナ人がイスラエルの刑務所から釈放されるが、その 3 分の 1 は殺人や暗殺などの凶悪犯罪で終身刑に服している。

    木曜日の時点でホワイトハウスは、交渉はまだ継続中であると発表している。ネタニヤフ首相が 「完全勝利以外に解決策はない」 としながら、上述の提案を明確に拒否しているにもかかわらず、バイデン政権はまだ合意に達する可能性があるという望みを持ち続けていることを示唆している。

    木曜日のタイムズ・オブ・イスラエルの報道によれば、「アメリカは、仲介者のエジプトとカタールと共に、停戦を伴う人質解放の合意を求め続けており、ハマスの代表団が木曜日に交渉のためにカイロに到着した。」 という。さらに、チャンネル 12 のニュースによれば、「エジプトはイスラエルにも代表を送るよう圧力をかけたが、エルサレムは拒否した。」 ということである。

    現在、ネタニヤフ首相は南部の都市ラファに総攻撃をかけると脅しており、そこには数十万人の難民が詰めかけている ( 100 万人以上という報道もある)。ホワイトハウスはまず民間人を避難させるよう求めており、金曜日にはイスラエル政府当局が人道的な避難通路を軍が許可することを示唆している。

    バイデン大統領は木曜夜の演説で、イスラエルの軍事的対応を 「行き過ぎ」 と呼び、さらに圧力を強めたが…


    金曜日に発表された最新の声明によると、ネタニヤフ首相は書面で 「ハマス排除という戦争目標を達成するのに、4 つのハマス大隊をラファに残すことは到底不可能だ」 と述べた。

    さらに声明はこう付け加えた : 「その一方で、ラファでの大規模な作戦には、戦闘地域から民間人を避難させる必要があることは明らかだ。」


    イスラエルの指導者は、イスラエル国防軍と国防省に民間人避難のためのオプション策定を命じた。しかし、一つの重要な問題がある : 彼らはどこに行くのだろうか?


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する