FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  米国のパトリオット・ミサイルがロシアの輸送機を撃墜し、74 人が死亡 : プーチン大統領

    米国のパトリオット・ミサイルがロシアの輸送機を撃墜し、74 人が死亡 : プーチン大統領

    patrfle.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US Patriot Missile Downed Russian Transport Plane Which Killed 74: Putin


    ウラジーミル・プーチン大統領は水曜日、先週ウクライナ国境近くに墜落した軍用輸送機 IL-76 の撃墜に関するロシアの調査は終了したと語った

    プーチン大統領はこの声明の中で、墜落させたのはアメリカのパトリオットミサイルであると述べ、ワシントンとそれがキエフに先端兵器を供給していることに対して矛先を向けた。「飛行機はアメリカのパトリオット防空システムによって撃墜されたことが確定的になった」 とプーチン大統領は再選のための選挙イベントで語った

    patrfle (1)

    そして、モスクワが国連安全保障理事会でこの問題を提起した後、プーチン大統領は、モスクワはこの事件に関する国際的な調査が行われることを 「強く要請する」 と述べた。

    大型輸送機が墜落した直後、つまり数時間以内に、クレムリンは 65 人のウクライナ人捕虜が搭乗していたと発表した。そのため、キエフ軍が自国民を殺戮したと告発した。乗員を含めて合計 74 人が死亡したと報告されている。

    ウクライナ当局は、自軍がこの事件の黒幕であることを強くほのめかしたが、明白にその責任を認めることはしなかった。

    特にハリコフとベルゴロド地方では数ヶ月前から、ミサイル、迫撃砲、ドローンの使用を含むウクライナ軍の強硬な越境行動が大幅に増加している。

    今月初め、ウクライナとロシアは約500人の捕虜を交換したが、これは戦争初期以来最大規模の交換であった。このため、墜落したIl-76で輸送されていた65人の捕虜は、間近に迫った別の捕虜交換のために準備が進められていたのではないかとの憶測を呼んでいる。

    また、アメリカ大統領選挙が近づくにつれ、欧米の同盟国がロシアとの和平案についてウクライナと密かに会談したという報道も最近あった。


    最近の主要な米国メディアの報道では、プーチン大統領は戦争を終結させ、平和的解決に至るという見通しに対して、これまで以上に 「オープン」 になっているという。しかし、そのためにはウクライナが領土を割譲する必要があり、これまでのところゼレンスキーはこれを断固として拒否している。

    一方、ウクライナ紛争がすでに代理戦争であると認識されるようになって久しいが、この最新の大事件は、大国が直接衝突に向けてじりじりと歩み続けていることを示している。もしパトリオット・ミサイルがロシア機の撃墜に使われたのが事実なら、それはプーチン大統領が以前から表明していた、外国から供与された兵器に対する 「レッドライン」 に違反する。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する