FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ラブロフ外相、欧米はゼレンスキーが 「制御不能」 になっていることを認識していると発言

    ラブロフ外相、欧米はゼレンスキーが 「制御不能」 になっていることを認識していると発言

    zelensky securitycouncil

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Lavrov Says West Is Aware Zelensky Getting 'Out Of Control'


    セルゲイ・ラブロフ・ロシア外相は木曜日、新たな声明の中で、ウォロディミル・ゼレンスキー・ウクライナ大統領が異論を封じ込め、権力に居座り続けようとあらゆる手を尽くしていることから、欧米諸国は何とか抑制しようと試みている、と語った。

    国営メディアの翻訳によれば、ラブロフ外相は、キエフにいるアメリカの手下が日増しに 「制御不能」 になっている状況だが、彼の欧米の支援者たちは 「もっと柔軟性を持たせたがっている」 と述べたという。

    zelensky securitycouncil (1)

    ロシアの外交トップはさらに、ウクライナ大統領府から発せられる最新のレトリックはすべて、「個人やその仲間たちが…できる限り権力を維持したいという欲望を反映しているにすぎない」 と語った。

    そこでラブロフ外相は、ゼレンスキーに再選挙キャンペーンをやらせれば、「彼をより欧米の利益に沿わせることができるだろう、なぜなら彼はますます制御不能になっているからだ」 と断言した。

    しかし、この件に関するバイデン政権やアメリカの主要メディアのコメントはすべて、戒厳令が敷かれ、戦争状態にあることを根拠に選挙中止を正当化することに終始していることを考えると、この発言は疑わしい。バイデン政権は以前、公正な選挙は現実的ではなく、論理的に不可能でさえあると述べている。

    こうしてアメリカは、ゼレンスキーのこうした反民主主義的な動きを、ことあるごとに擁護してきた。議会選挙が行われるかどうかも未解決の問題である。しかし、ウクライナの戦場での損害が大きくなっていることから、米政府高官は、少なくとも水面下では、戦争を終わらせるための真剣な交渉に入ることに前向きなようだ。

    ラブロフの批評は、ゼレンスキーがダボスで開催された世界経済フォーラム (WEF) で非現実的な和平案を推し進めようとしているときに飛び出した。簡単におさらいをしよう

    ゼレンスキーのプランは、2022 年 2 月以降にロシアが占領した領土からの完全撤退、クリミアの放棄、戦争犯罪法廷、ロシアがウクライナに賠償金を支払うことを要求している。キエフの反撃は失敗し、ウクライナ軍は現在、防衛に専念し、人員不足に直面している。

    現地の現実にもかかわらず、ゼレンスキーの 「平和の方程式」 はアメリカをはじめとする欧米諸国から支持を受けている。「平和の方程式の実現に向けて、最も代表的な国家安全保障顧問会議が設けられた。80 以上の国と国際機関が参加した」 とゼレンスキーはダボス会議で語った

    こうしたゼレンスキーの最新の発言を踏まえると、キエフの計画がモスクワにとって何の得にもならないものであることは明らかだ。戦争を終結させるためには、ウクライナは少なくともクリミア、そしておそらくは 4 つの併合地域のロシア領有を認めなければならないだろう。


    一方、ゼレンスキーは欧米連合国に対し、長距離ミサイルや新型戦闘機など、より先進的な兵器を自軍に供与するよう強く求め続けている。しかし、欧米諸国の世論調査では、ゼレンスキーの人気はますます低迷してきている。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する