FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  「彼らは馬鹿ではないのか?」 : プーチン大統領、もし戦争が続けばウクライナの主権存続にとって 「取り返しのつかない打撃」 になると語る

    「彼らは馬鹿ではないのか?」 : プーチン大統領、もし戦争が続けばウクライナの主権存続にとって 「取り返しのつかない打撃」 になると語る

    putinspeech.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    "Aren't They Fools?": Putin Says Ukrainian Statehood Risks 'Irreparable Blow' If War Continues


    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は火曜日、世界経済フォーラム (WEF) のためにダボスで欧米諸国と世界の指導者たちが集まるタイミングで、およそ 2 年にわたるウクライナとの紛争の全体的な状況を評価する発言を行った。ゼレンスキーはスイスに滞在中、航空優勢を達成する必要性をウクライナ側から訴えた。

    しかし、プーチン大統領は新たな発言で、ロシア軍が明らかに優勢であるだけでなく、戦争が続けばウクライナの国家そのものが 「取り返しのつかない」 打撃を受ける危険性があると初めて強調した。ウクライナの軍隊はすでに 「機能不全」 に陥っていると強調した。

    「反撃が失敗しただけでなく、主導権は完全にロシア軍の手中にあるのです」 とプーチン大統領はテレビ中継で語った「もしこれが続けば、ウクライナの主権は取り返しのつかない、非常に深刻な打撃を被る可能性がある」 と彼は付け加えたが、その意味するところはそれ以上明確にはしなかった。

    putinspeech.jpg

    「彼らは、自分たちにも何か出来るのだということを示そうとしている。しかし、軍事的な課題を解決するどころか、非常に野蛮なやり方で行動している。攻撃は、無差別の兵器を使って平穏な居住地域に実行されている」 とプーチン大統領は、ここ数週間、ベルゴロド市への国境を越えた攻撃が行われ、ロシア市民が殺傷されていることについて言及した。

    プーチン大統領はさらに、スイスが主催する和平サミットに世界の指導者を集め、キエフの 10 項目の和平案を検討させようとするゼレンスキーの取り組みについて言及し、この和平案は領土譲歩の可能性を否定するものであることを明らかにした。

    スプートニクの翻訳によれば、「欧米諸国とウクライナで語られているいわゆる 『平和の方程式』 は、ロシアとの交渉を禁止するウクライナ大統領の政令の継続である」 とプーチン大統領は述べた

    「交渉プロセスに関しては、過去 1 年半の間に我々が達成した領土の獲得を放棄するよう我々に促す試みだ。しかし、それは不可能だ。誰もが不可能だと理解している」 とロシア指導者は続けた。

    彼は、紛争の初期には、双方は和平につながる可能性のある真剣な交渉に近づいていたが、最終的にはゼレンスキーが欧米諸国の操り人形になることを容認したのだと説明した…

    「その一日後、彼らはすべての合意を破棄し、今になって、彼らは (ウクライナの交渉グループの代表を含め) 『準備はできていたが、チャンスを逃した』 と言っているのだ ― ジョンソン英国首相 (当時) がやってきて、これらの合意を履行しないよう説得したからだ」 とプーチン大統領は語った。

    彼はこう強調した : 「彼らは馬鹿ではないのか? もし合意していれば、1年半も前にすべてが終わっていたかもしれないことを、彼らは自ら認めているのだ」

    最近、ウクライナは中国を巻き込んで和平協定に参加させようとしている。ウクライナのアンドリー・イェルマーク大統領府長官は日曜日に、「中国はロシアとの戦争を終わらせるための話し合いに参加する必要がある」 と述べた。この発言は、WEF を目前に控えてのことだった。中国は、2 年間の紛争後、モスクワを非難することも、欧米主導の制裁措置に参加することも拒否しており、ロシアの側にいると広く見られている、最も影響力のある 「グローバル・サウス」 の国である。キエフは、グローバル・サウス諸国を味方につけることで、モスクワをさらに孤立させたいと考えている。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する