FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  バイデンが 2021 年に解除したイエメンのフーシ派を、米国は世界的テロリストとして再指定へ

    バイデンが 2021 年に解除したイエメンのフーシ派を、米国は世界的テロリストとして再指定へ

    houthisrocket.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US To Relist Yemen's Houthis As Designated Global Terrorists After Biden Removed Them In 2021


    そろそろ潮時か? 火曜日の深夜、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、バイデン政権が遅ればせながらイエメンの反政府武装勢力フーシ派をテロリスト・リストに再び加える動きを見せていると報じている。

    皮肉なことに、最初にフーシ派をテロリスト・リストから外したのはバイデン政権だった、とウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じている : 「米国が水曜日に正式に発表する予定の外国テロ組織としての指定は、和平交渉の見通しを傷つけ、飢饉の危険にさらされている貧しい国の経済をさらに麻痺させるという懸念から、フーシ派をリストから外すというバイデン大統領の任期初期の決定を覆すものである

    フーシ派は、イラン・イスラム共和国によって長らく軍事的・財政的支援を受けてきたこともあり、トランプ政権下で最初に指定された後、2021 年にリストから削除された。

    houthisrocket.jpg

    先週以来、オーストラリア、バーレーン、カナダ、オランダを含む米国と英国主導の連合軍は、イエメンのフーシ派の拠点に対して数回の空爆とミサイル攻撃を行っている。

    ほぼ毎日繰り返されているフーシ派の攻撃は、紅海の重要な航路から商業船舶を完全に締め出す恐れがある。

    フーシ派は、これはすべてパレスチナ人に対する戦争の一環であり、彼らの軍事作戦はイスラエルとその最も強力な支援者であるアメリカに対する報復であると主張している。

    「紅海の海上航行を保護するという口実でアメリカが発表した国際連合は、イスラエルの組織を保護し、イスラエルの船舶を保護するための同盟である。これは、パレスチナ人民、ガザ、そしてアラブ・イスラム諸国に対する侵略の不可分の一部である」 と同団体は以前に声明で述べている

    サウジ・UAE・アメリカの連合軍は、イエメンと反政府勢力フーシ派に対して 2015 年までさかのぼる残忍な空戦を展開し、悲惨な人道危機を引き起こした。特に、ワシントンがサウジのパイロットに標的情報を提供することに深く関与していたその時期に、フーシ派は初めてアメリカのテロリストに掲載された。

    フーシ派による民間船舶への攻撃に関してここ数ヶ月に起こったすべてのことを考慮すると、2021 年 2 月のアントニー・ブリンケン国務長官の言葉をもう一度見直すのは興味深い :

    2 月 16 日付で、私はフーシ派と呼ばれることもあるアンサール・アッラーを、移民国籍法に基づく外国テロ組織 (FTO)、および大統領令 (E.O.)13224 の改正に基づく特別指定世界テロリスト (SDGT) に指定することを取り消します

    この決定は、イエメンの悲惨な人道的状況を認識したものである。我々は、国連や人道支援団体、超党派の連邦議会議員などからの警告に耳を傾けてきたが、今回の指定は、イエメンの人々が食料や燃料といった基本的な物資を手に入れることに壊滅的な影響を与える可能性がある。

    アントニー・ブリンケン
    アントニー・ブリンケン

    WSJ の最新報道が確認されれば、同じグループが数年のうちにテロ指定から解除され、再び指定されるという、やや前例のない逆転劇が起こることになるであろう (すべて数年のうちに)。

    レオ・シュトラウス
    レオ・シュトラウス


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する