FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ウクライナが再びクリミアとベルゴロドを標的に大規模なドローン & ミサイル攻撃

    ウクライナが再びクリミアとベルゴロドを標的に大規模なドローン & ミサイル攻撃

    belgorodnewattack.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Ukraine Again Targets Crimea & Belgorod In Large-Scale Drone & Missile Attacks


    前線が行き詰まり、ウクライナが深刻な兵員と弾薬の供給難に苦しんでいる今、ウクライナの軍隊は、クリミアへの 2 日間に渡るミサイルとドローンの攻撃を含む、ロシア領土に対するリスクの高い攻撃を続けている。ロシアはその返礼として、ウクライナの都市にさらに厳しい報復攻撃を仕掛けている。

    ロシア軍は土曜日、クリミアへの新たなミサイル攻撃を阻止し、一晩でウクライナのミサイル 4 発を撃ち落としたと発表した。その前日、ロシアは半島上空で 36 機の攻撃用ドローンを撃墜した、と国防省の声明も伝えている。

    belgorodnewattack.jpg

    しかし、キエフによればいくつかのミサイルは対空砲火をくぐり抜け、ウクライナ空軍のミコラ・オレシュチュク司令官はソーシャルメディア上で次のように発表した : 「サーキ飛行場!すべての標的を破壊した。」 ― これはクリミア西部のロシア空軍基地を指している。ウクライナ軍はまた、セヴァストポリ近郊の司令部を標的にしたと発表した。

    空襲警報のサイレンは、木曜日からロシアの様々な国境地帯で鳴り続けている:

    1 月 4 日には、ロシアのクラスノダール州とベルゴロド州、そして一時的に占領されていたクリミア上空で空襲警報が鳴り響き、ロシアのウクライナに対する攻撃的な戦争がますます身近になっている。

    占領下のクリミアとベルゴロドで爆発音が聞こえ、ベルゴロドでは負傷者の報告もあったとして、それぞれ別々の攻撃で 50 機近くのドローンが使われたとロシアは非難している

    ベルゴロド市の住宅街に直撃した最新の攻撃では、2 人のロシア人市民が爆撃により負傷した。ベルゴロドのヴャチェスラフ・グラトコフ知事は Telegram で、「暫定的なデータによると、負傷者は 2 人で、1 人は前腕に榴散弾の傷、もう 1 人は脛に榴散弾の傷がある」 と述べた。

    ローカルメディアによると、「いくつかのアパートで窓ガラスが割れ、アパートの近くで砲弾が爆発し、30 台以上の車両が被害を受けた」 ということである。「一軒の家屋が屋根に被害を受け、自動車が被害を受けた。」

    ロシアは 2 年近くにわたる戦争を通じて、ウクライナ軍に武器を供給している国々は、その武器がロシアに対して使用されたことが判明した場合、紛争の直接の参加者として扱われると警告してきた。特にアメリカは重火器の最大の供給国であり、NATO と EU 諸国がそれに続いている。

    natorusscontrols.jpg

    モスクワは、この紛争と NATO との対決の代理戦争的性格を強調してきたが、今のところ第 3 次世界大戦的なエスカレーションは辛うじて回避されている。特にプーチン大統領は最近、ウクライナが欧米の最新兵器システムを使ってロシアの都市や領土を直接狙っていると告発している


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する