FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ウクライナのレオパルド 2 戦車、ほぼ全両が破壊または破損

    ウクライナのレオパルド 2 戦車、ほぼ全両が破壊または破損

    2024-01-03_15-45-33.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Ukraine's Leopard 2 Tanks Are Nearly All Destroyed Or Broken


    執筆者 : デネス・アルバート氏、ReMix News より

    ウクライナに送られた 18 両のドイツ製主力戦車レオパルド 2 AG のうち、まだ稼働しているのは数両だけで、残りは破壊されたり、破損していると、党の防衛専門家を務めるドイツ緑の党のセバスチャン・シェーファー議員が語った。

    「ウクライナの状況は現在非常に厳しい。私たちはあらゆるレベルでもっと努力する必要がある。政府も産業界も一層の努力を求められている」 と彼はソーシャルネットワークXに書き込んだ。

    彼はまた、ラインメタル社とフランスの軍需企業ネクスター社に宛てた手紙の中で、自身の立場を強調した。

    2024-01-03_15-45-33 (1)

    ウクライナの戦場に散乱する破壊されたレオパルド戦車の映像は、親ロシア派のアカウントによってソーシャルメディア上で広く流されている

    しかし、他の国もレオパルド 2 を戦場に送り込んでおり、ドイツから直接供与された戦車のうち何両が戦場で活躍できたかは不明だ。


    今のところ、この戦車はウクライナ側が期待していたような戦場における戦果をあげていない

    一方、ウクライナの反撃が失敗に終わっただけでなく、ロシアは戦線を拡大している。



    シェーファーはクリスマス前に、ボリス・ピストリウス国防相 (ドイツ社会民主党) とともにリトアニアの修理工場を訪れ、状況を把握したのだが、緑の党の議員は次のように語っている : 「残念ながら、提供された戦車のうち、ウクライナがまだ使用できるのはごく少数であることは明らかだ。」

    彼は、戦車は戦闘による損傷、磨耗、ウクライナ側によるずさんな修理のため、もはや戦闘可能な状態ではないと語った。

    「ウクライナ軍が戦車を修理しようとする場合もあり、それがさらなる損傷を招くという問題も明らかにある」 とシェーファーは述べ、ドイツからの必要なスペアパーツが不足していると付け加えた。

    彼は、ウクライナ側が現場の整備士に対してより良い訓練を実施するか、より良い指示を出すことを提案した。損傷した戦車の輸送に多額の費用がかかることも、場合によっては最善の解決策とはいえない。

    シェーファーは、ウクライナが戦争に勝利するために、より多くの援助と武器をウクライナに提供すべきだと主張した

    続きはこちらから


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する