FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  そして、それは消えた : 「ウクライナ戦争」 がワシントン・ポスト紙のマストヘッドからこっそりと削除される

    そして、それは消えた : 「ウクライナ戦争」 がワシントン・ポスト紙のマストヘッドからこっそりと削除される

    wapofrontpage.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    And It's Gone: "War In Ukraine" Quietly Scrubbed From WaPo Masthead


    「もう終わりだ」 ― ワシントン・ポスト紙がそのマストヘッドから目立つタブをこっそりと削除したことに気づいた調査ジャーナリスト、キット・クラレンバーグ氏のコメント。

    2022 年 2 月まで遡る戦争が始まったときからずっと掲載されていた 「ウクライナ戦争 」タブが消えてしまったのだ…

    wapofrontpage.jpg

    インターネット・アーカイブでワシントン・ポスト紙のトップページを検索してみると、このタブは 2022 年中ずっと存在していた。また、ごく最近まで、2023 年のほとんどを通して存在していた。

    皮肉なことに、つい昨日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、イスラエルとガザでの出来事のせいで、世界の焦点が自国の戦いを支援する方向から逸れていると再び訴えたばかりだ。

    数週間前のインタビューで、彼は 「中東の悲劇のせいで、国際社会が (関心を) 移した結果がすでに現れている」説明した。彼はその時、こう付け加えた : 「このことに気づかないのは盲人だけだ。」

    ワシントン・ポスト紙のトップページの変更は、確かにこの傾向を象徴しているが、それだけでなく、長い間アメリカ国民を苦しめてきた戦争疲れや、ウクライナ軍が負けているという認識が広まっていることも示している。

    それでも、読者はワシントン・ポスト紙のトップページをナビゲートして、マストヘッドの最後から 3 番目にある 「世界」 タブをクリックすれば、最終的に 「ウクライナ戦争」 タブにたどり着くことができる。ウクライナの支持者たちは、この非常に象徴的な展開に満足していない


    ゼレンスキー政権と外国の強力な支援者たちは、和平交渉に本腰を入れる時期に来ているのだろうか? ゼレンスキーはまだノーと言っているが、世界と欧米諸国の国民はとっくにその準備ができているようだ。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する