FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ウクライナは弾薬不足のため作戦を縮小、兵士たちは 「特攻作戦」 だと不満を述べる。

    ウクライナは弾薬不足のため作戦を縮小、兵士たちは 「特攻作戦」 だと不満を述べる。

    mcnew.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Ukraine Scales Back Operations Due To Ammo Shortage As Troops Complain Of "Suicide Mission"


    ウクライナのトップ司令官は、国軍の弾薬供給が非常に不足しており、指導者たちは優先順位と作戦の見直しを余儀なくされていることを新たな声明で認めた。

    ウクライナのオレクサンドル・タルナフスキー総司令官は月曜日、「前線全体」 で続いている砲弾不足のため、軍は配備を 「再編」 していると述べ、その弾薬不足を 「非常に大きな問題」 だと訴えた。

    「弾薬、特に 122 ミリや 152 ミリのソ連製砲弾に問題がある。そして今日、こうした問題は前線全体にわたって存在している」 とタルナフスキーは詳述した。「現在ある量では、我々のニーズを考えると十分とは言えない。」

    mcnew.jpg

    「そのため、我々はそれを配備し直している。我々は、自らに課した任務を見直し、それを縮小している。なぜなら、それらを確保する必要があるからだ」 と、ウクライナ軍が何の成果も上げられずに苦しんでいるときに、彼は言い添えた。彼はさらに、このことが部隊に攻撃作戦の縮小を余儀なくさせていることを認めた。

    バイデン政権は同時に、ウクライナのために発表する資金パッケージはあと 1 つ残っていると語っているが、これは承認された資金が 12 月 30 日に枯渇するからだ。

    キエフにとってネガティブな見出しが続き、最近のニューヨーク・タイムズ紙の記事では、ウクライナ海兵隊がロシア軍から領土を解放するためにドニプロ川を渡り、同国南部で「特攻作戦」に出ていると書かれている :

    最近負傷したドニプロ川の東岸での凄惨な戦闘を語る海兵隊員の声にはかすかな震えがあった。

    「私たちは夜、水辺に座っていて、あちこちから砲撃を受けました」と海兵隊員のマクシムは語った。「仲間が目の前で死んでいった。」

    ウクライナの海兵隊は2ヶ月前から、ロシア軍から領土を奪還するため、南部ケルソン地方のドニプロ川を渡る攻撃の陣頭に立っている。この作戦は、南部のロシア軍防衛網を突破し、戦局を好転させるためのウクライナの最新の反撃作戦である。

    川を渡る作戦に参加した兵士や海兵隊員は、この作戦は残酷で無意味なものだと述べており、ウクライナ軍の何人かは川岸や水中で、対岸に到着する前に討ち取られている

    「それは生き残るための戦いですらない。これは自殺行為だ」 と、ある兵士は表現した。「バフムートやソレダルでは、このような光景は見られなかった。実に無益だ。」

    モスクワとの和平交渉に応じようとしないゼレンスキー大統領に対し、政府・軍幹部が怒りを露わにしていることが、最近になって明らかになった。戦場の現実はそのような方向に向かっていると多くの人が考えており、命を粗末にしていることに不満を表明している。


    火曜日、ロシアの国防大臣は、開戦以来のウクライナの総損失を見積もるという珍しい声明を発表した。彼は、ウクライナ軍の死者数が 40 万人に迫るという厳しい数字を発表した

    検証は不可能だが、ショイグ氏は 「特別軍事作戦の開始以来、ウクライナ軍の死傷者は 38 万 3,000 人を超え、戦車、歩兵戦闘車、装甲兵員輸送車が 1 万 4 千両、戦闘機が 553 機、ヘリコプターが 259 機、大砲が 8,500 門、多連装ロケット砲が 1 基となっている」 と語った


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する