FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  ゼレンスキーの 「バラ色」 の演説に反発するウクライナ人たち

    ゼレンスキーの 「バラ色」 の演説に反発するウクライナ人たち

    zelenskystrong.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Backlash Grows Among Ukrainians In Response To Zelensky's 'Rose-Tinted' Speeches


    ウクライナがロシアとの戦争による強い緊張を受け続ける中、キエフの政府と軍の団結という面では、より多くの亀裂が入りつつある。ウクライナがロシアを撃退する能力、そしてその一方で十分な欧米からの支援を維持する能力に対する大きな疑念は、誰の目にもますます明白になってきている

    このため、ウクライナ国民の一部や軍関係者の間でも、ゼレンスキー政権に対する稀に見る大きな反発が起きている。火曜日の時点で、ゼレンスキー大統領はホワイトハウスを訪問し、「ウクライナは勝てる」 というメッセージを貫き通した。バイデン大統領との共同記者会見では、和平のためにロシアに領土を譲り渡すという考えを 「正気の沙汰ではない」 とする場面もあった

    しかし、フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューに応じたウクライナ政府関係者は、軍と国民はもっと現実主義を受け入れる用意ができていると語った。彼女は、誰もが知っている実際の状況より、ゼレンスキー政権がいたずらに 「バラ色」 の絵を描いているために、ますます亀裂が広がっていると指摘した。

    zelenskystrong.jpg

    「社会が虚構の城を築かず、バラ色の眼鏡を外すためには…真実を語ることを恐れないようにすることが必要です」 と、ウクライナのオレクシー・レズニコウ元国防相の顧問兼広報責任者であるイリーナ・ゾロタル氏は同誌に語った

    彼女は、「期待が誇張され、現実の状況に合致していない」 状況を説明した。彼女は、ウクライナが常に 「勝利しようとしている」 というメッセージを国民に聞かせることはもはやできないと苦言を呈した。

    FT によれば、他の複数の政府高官も似たようなことを言っている。戦争序盤を乗り切るためには楽観的な雰囲気が不可欠だったが、紛争状況に関する不正確な情報をやみくもに国民に発信し続けることは、かえってマイナスに作用している…と。

    「しかし、今年ウクライナは軍事的成果をほとんど得られず、欧米の支援も頓挫しているため、こうした広報戦略は大統領府と軍指導部との間に亀裂を生じさせていると、軍関係者、元大統領府職員、広報戦略家は言う」 と FT は書いている

    また、別のゼレンスキー政権の広報戦略関係者は次のように語っている : 「私たちはもっと現実主義的でなければならない…そして、2 月 24 日 ( 2022 年) と同じくらい勇気をもって取り組まなければならない」。

    ある元政府職員は、「信じられないようなレベルの疲労、何千世帯もの苦しみ、毎日発生する膨大な犠牲者数、そして緊張と疑心暗鬼」 という現実を指摘した。

    この職員は、これを隠そうとしたりごまかそうとしたりすることで、海外から 「 2 人のプロパガンダ担当者 」が 「プロパガンダのシナリオを戦わせている」 という認識 ― 相手側のロシアを指して ― を生み出していると訴えた。

    これらすべての根底にある暗黙の真実は、より多くの 「現実主義」 がキエフをロシアとの戦争を終わらせるための必然的な交渉への道に向かわせるということだ。クレムリンはクリミアを決して手放さないだろうし、併合された4つの領土を手放すこともないだろう。ウクライナがこのことを認める前に、戦争が最終的に終結することはあり得ない。しかし、これこそがゼレンスキーが現時点で考慮しようとしないことなのだ。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する