FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  イスラエルは 「戦略的敗北」 に直面するかもしれない : 国防長官は珍しい警告で話題を呼ぶ

    イスラエルは 「戦略的敗北」 に直面するかもしれない : 国防長官は珍しい警告で話題を呼ぶ

    austininisrael.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Israel Could Face 'Strategic Defeat': Pentagon Chief Unleashes Controversy With Rare Warning


    軍事的優位は間違いなくイスラエルにあるが、ロイド・オースティン国防長官は、イスラエルがガザでの民間人の犠牲を減らさなければ 「戦略的敗北」 に直面すると発言し、話題を呼んでいる。ガザでハマスが運営する保健省によれば、戦争が始まって以来、15,200 人以上(ほとんどが女性と子ども)が死亡したという。

    ホワイトハウスは、パレスチナ側の公式な死者数に疑問を呈している ; しかし、控えめに見積もっても、民間人の死者は数千人にのぼる。最近のニューヨーク・タイムズ紙の記事 「イスラエルの攻撃を受けているガザの市民は、記録的なスピードで殺戮されている」 (これは大きな反響を呼んだ) によれば、10 月 7 日以来ガザで死亡した市民の数は、ロシアとの 2 年近くにわたる消耗戦の末にウクライナで死亡した市民の数を上回るという。

    austininisrael.jpg

    ロイド・オースティンは土曜日のコメントで、民間人大量殺戮の長期的な影響と、来るべき世界的な反発だけでなく、国民全体をさらに過激化させる可能性に焦点を当てた :

    「その重心は民間人であり、彼らを敵の手中に追い込めば、戦術的勝利を戦略的敗北に置き換えることになる」 と、オースティンは土曜日にカリフォルニア州シミバレーで開催されたレーガン国防フォーラムでのスピーチで語った

    同長官は、イスラエルの指導者たちに対し、民間人の犠牲を避け、ヨルダン川西岸地区の入植者への暴力を防ぐよう個人的に働きかけてきたと付け加えた。

    「我々は、民間人を保護し、人道援助の確実な流れを確保するために、イスラエルに圧力をかけ続ける」 と彼は付け加えた。 ― The Hill

    この非常に珍しいコメントと警告にもかかわらず、オースティンは依然として、アメリカはイスラエルの 「世界で最も親しい友人」 であり続け、アメリカの支持は決して揺らぐことはないと強調した。彼は、ワシントンのイスラエル支持は依然として 「明確」 であると述べた。

    週末にカリフォルニアで行われたオースティンの発言をご覧ください :


    すでに BRICS やグローバル・サウスの国々は、このような民間人の死者数の多さに憤慨している。中国とロシアはイスラエルへの批判を先導し、アメリカは国連でイスラエルを『白紙委任』支持することで孤立し続けている。

    The Guardian 紙は最近、国連でのガザ関連決議について、以前から知られていたことを次のように指摘した : 「敵対行為の停止につながる持続的な人道的停戦を求める動議に反対したのは、国連総会でワシントンとイスラエルと並んでわずか 12 ヶ国であったため、アメリカはかなりひどい孤立状態に陥っている。」

    同時に、アメリカ議会のタカ派議員たちは、以下のような発言で論争に拍車をかけ続けている。リンジー・グラハム上院議員は、オースティンの 「戦略的敗北」 に関するメッセージングを拒否し、怒りを露わにした。

    グラハムはこの考えを真っ向から否定し、「彼はとてもナイーブだ! つまり、私はこの男に対する信頼を失った」 と述べた。

    「シリアとイラクの兵士たちを守ることに集中したらどうだ?」 とグラハムは続けた。「戦略的敗北はパレスチナ人を煽ることになるのでは? 彼らはすでに燃え上がっている! 彼らは生まれたときからユダヤ人を憎み、殺すように教えられている。」

    さらにグラハムは、イスラエルが「平穏な住民」を相手に戦っていると言うのは 「実にナイーブ」 であり、それは 「イスラエルが自国を守るために攻め込んだ後に初めて煽られた」 のだと続けた。

    「罪のない人々を殺したくはない」 と彼は語った。「しかし、イスラエルはハマスだけでなく、ハマスに関連する組織とも戦っている…戦略的敗北とは、ハマスを野放しにしておくことなのだ。」


    イスラエルが 「長期戦」 に突入するにつれ、この問題はホワイトハウスに逆風となって吹き荒れ、ホワイトハウスは国際的にも国内的にも圧力の高まりに直面することになるだろう。近々、バイデン政権とその政治的存続はますます危うくなる、と Moon of Alabama は見ている

    ガザで援助が滞り、多くの死者が出ていることが毎日報道されるたびに、米国の有権者はこのような残忍な政策を拒否するだろう。イスラエル以外でこのような計画を支持する人はほとんどいない。ほとんどのバイデン有権者はそうではないだろう。バイデンがネタニヤフ首相に虐殺をやめるよう圧力をかけなければ、彼は選挙に負ける可能性が非常に高い

    これは、企業家で地政学アナリストのアルノー・ベルトラン氏の結論と似ている。彼は、「ロイド・オースティン国防長官のこのような発言は、イスラエルが 『戦略的敗北』 に向かっていることを警告するものであり、如何に異常なものであるかを誇張するものではない」 と強調している。

    以下は、オースティン国防長官の驚くほど露骨で否定的な評価 [以下ZHが強調] に対するベルトランド氏の見解の続きである。

    ***

    「この種の戦いでは、重心は民間人にある。もし彼らを敵陣へと追いやれば、戦術的勝利を戦略的敗北に置き換えることになる。」 本質的には、当たり前の常識を言っているのだ : 民間人を殺すことで、破壊するよりも多くのハマスが生まれる

    イスラエルがこれまでやってきたことは、ますます深く墓穴を掘ることにほかならない…明らかに、ペンタゴンの武器と無数の支援によってこのようなことをしているのだから、オースティンの言葉は実に軽率だ…

    しかし、彼らはイスラエルをこの地域における 「不沈空母」 と見ている。だから、この積極的な支援を止めれば、あっという間に 「沈没」 してしまうと感じているに違いない。このことは、イスラエルが、そしてアメリカが、自分たちをどれほど深い穴に追い込んでしまったかを物語っている。

    この 「不沈空母」 は現在浸水しており、沈没を避けるためにはアメリカの絶え間ない支援が必要だが、アメリカは今、彼らの行動が実際には沈没を加速させていると、非常に率直な言葉で公言しているのだ…


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する