FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  フィンランドはロシアに対抗する NATO の最前線国家としての位置づけに執念を燃やしている

    フィンランドはロシアに対抗する NATO の最前線国家としての位置づけに執念を燃やしている

    2023-11-21_15-45-57.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    Finland Is Hellbent On Positioning Itself As A Frontline NATO State Against Russia


    執筆者 : アンドリュー・コリブコ氏、Substack より

    ロシアのアレクサンドル・グルシコ外務副大臣は月曜日、フィンランド内相が先週脅したように、フィンランドが国境を全面的に閉鎖した場合、ロシアは自国の国益に従って対応すると述べた。この数日の間に、欧州連合 (EU) は国境に軍隊を派遣する用意があると発表し、フィンランドは国境を越える集団に毒ガスを浴びせ、国境にも兵士を配備した。これらを総合すると、フィンランドは明らかに、自国をロシアに対抗するNATOの最前線国家として位置づけようと執念を燃やしている。

    2022 年夏には 「 NATO の北方拡大はロシアにとって大敗ではない」 と評価され、今春には 「フィンランドの NATO 加盟は軍事的というより象徴的に重要だ」 と評価された。これらの結論は当時の軍事戦略的状況を反映したものだが、フィンランドがロシアとの移民危機を誇張した結果、後者がどのように変化しているかを見る限り、これらの評価もそれに応じて変化するはずだ。

    最新の動きからすると、NATOはフィンランドの新加盟国の国境沿いでロシアにより大きな圧力をかけようとしており、いわゆる「いわれなき侵略」として文脈を変えてエスカレーションの自己持続的なサイクルを正当化できるような、相互の軍事的動きを誘発することを意図している。重要なのは、ウクライナを通じたロシアとの代理戦争について、欧州連合 (EU) が再考していることだ。

    2023-11-21_15-45-57 (1)

    今夏の反撃は失敗し、ロシアは NATO との 「兵站競争」「消耗戦」 に勝利し、同ブロックの元最高司令官は最近、韓国のような休戦を主張したが、これらはすべて、欧米が和平交渉を再開するようキエフに圧力をかけていると伝えられていることを背景に起きている。この代理戦争が凍結された場合、フィンランド戦線のような他の戦線を開くことで、ロシアへの失われた圧力の一部を代替することには、ある種の論理が内在している。

    もちろん、NATO とロシアの間の 「相互確証破壊 (MAD) 」 によって、この新たな戦線でどれだけの圧力をかけることができるかは非常に現実的な制限を受けるが、それでも、この戦線を開くことは、そのシナリオでは閉じておくよりはましだと、NATO の意思決定者たちによってみなされるかもしれない。言い換えれば、「一つのドアが閉じれば、別のドアが開く」 ということであり、より直接的な言い方をすれば、ウクライナを介したロシアに対する NATO の代理戦争が終結すれば、フィンランドにおいて、それほど重大ではないが不安定化する戦線が開かれる可能性があるということである

    この結果は、北極圏の軍事化を加速させる 「公的にもっともらしい」 口実として、主流メディアに利用されるという補助的な目的も果たすだろう。新冷戦の 「最後のフロンティア」 である北極圏は、東西貿易を促進する北方海路の役割が高まるにつれ、米国主導の欧米諸国のゴールデン・ビリオンと中露連合との競争の舞台となることが間近に迫っている。このことを考えれば、NATO がすでに行っているようにフィンランド戦線を盛り上げることは 「一石二鳥」 である。

    つまり、NATO は覇権主義的なゼロサムの利益を得るためには、対ロシア戦線としてフィンランド戦線を 「コントロール」 することが最善であり、それによってウクライナ戦線の一部閉鎖を補い、同時に北極圏における NATO の利益を押し上げることができるという結論に達したのである。こうした理由から、ロシアとフィンランドの緊張はさらに悪化することが予想され、ロシアが正当な利益を守るために行うすべての動きは、こうしたプロセスを加速させるために 「いわれなき侵略」 として喧伝されるだろう。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する