FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  米 NATO 代表部、ゼレンスキーに 「交渉のテーブル」 につくよう命じる

    米 NATO 代表部、ゼレンスキーに 「交渉のテーブル」 につくよう命じる

    biden and zelensky nato

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US Mission To NATO Signals Zelensky Must Sit At "Negotiating Table"


    ウクライナ軍が前線からロシアを押し返すことができないことが明らかになり、ドンバスの大部分がロシアの支配下に置かれた後、ワシントンの方針が大きく変わったことを示すもう一つの大きな指標と兆候として、NATO の米国代表部は次のようなメッセージを発表した…


    米国 NATO 代表部の公式 X アカウントは月曜日には、「このタフでダイナミックな戦いにおいて、ウクライナの兵士たちは毎日勇敢に戦っており、その勇気と勇気で世界を鼓舞し続けている。」 と書いている。

    「我々は、時が来れば交渉の席で最強の立場に立てるよう、彼らを支援し続ける。」 と声明は述べている。

    これは、公的なメッセージの大幅な転換を意味する。少し前まで、バイデン政権は 「交渉の席」 という言葉を公の場から実質的に禁句にしていた。

    ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは、このシナリオの転換について次のようにコメントしている: 「欧米は今、ゼレンスキーに、多かれ少なかれはっきりと、そして公然と言っている : そろそろ終わりにしよう、と。」

    このような公的なレトリックの大きな違いは、主流メディアにも次第に現れ始めており、アメリカ国民の 「戦争疲れ」 を遅ればせながら反映している ― それは、ウクライナが初夏に反撃作戦を試みるという大見得を切る前からすでに始まっていたのだが…


    協議はすでに水面下で行われている可能性があり、ワシントンはついにゼレンスキー政権に譲歩案を提示するよう圧力をかけている、と広く考えられている。

    NBC が 11 月初めに報じたところによると、「米欧の政府高官は、戦争を終結させるためのロシアとの和平交渉の可能性について、ウクライナ政府と水面下で話し合いを始めている。」 と、現職の米政府高官と、この話し合いに詳しい元米政府高官の一人は語っている。」 という。「交渉には、ウクライナが合意に達するためには何を犠牲にしなければならないかという、非常に大まかな輪郭が含まれている、と当局者は語った。」

    確かに、少なくともキエフがクリミアに対する将来の要求を永久に放棄することは含まれるだろう。しかし、併合された 4 つの領土の問題は、和平交渉が成立するか否かを左右するものだ。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する