FC2ブログ

    親子チョコ💗(500冊以上の良質な書籍のご紹介)

    子どもたちの教育のため、また、その親である私たち自身が学ぶための、読まれるべき良質な書籍のみをご紹介させていただきます。

     >  ZeroHedge >  米国、イスラエルがガザ南部に軍事攻撃を拡大する 「権利」 を有すると表明

    米国、イスラエルがガザ南部に軍事攻撃を拡大する 「権利」 を有すると表明

    tentcitiesgaza.jpg

    こちらは、以下の 『ZeroHedge』 さん記事の翻訳となります。

    US Says Israel Has 'Right' To Expand Military Offensive To South Gaza


    イスラエルは 2 日前から、ガザ地区の南半分にまで軍事作戦を拡大すると警告し、一部の国や人権団体から非難を浴びた。そもそもイスラエルが、100 万人を超えるガザ北部の市民に対して、安全のために南へ逃げるように警告したことを考えれば、このような警告は大きな物議を醸すことになる。

    イスラエル国防軍 (IDF) のスポークスマンが金曜日に発表した声明によると、イスラエル国防軍は攻勢を 「断固として」 推進するという : ダニエル・ハガリ少将は、「ハマスが存在している場所であれば、ガザ地区南部を含め、どこででも攻撃は行われる。」 と述べた。

    tentcitiesgaza.jpg

    ホワイトハウスのある高官は日曜日、CBS ニュースの 『Face the Nation』 に対し、イスラエルには作戦を拡大する 「権利」 がある、と反論した ; しかし彼は、バイデン政権は、より多くの民間人に危害が及ぶのを避けるため、追加的な安全策が講じられる間、そのような計画が延期されることを望んでいる、と語った。

    ジョン・ファイナー米国家安全保障担当副顧問は、「イスラエルが南部を含む戦闘作戦に着手する可能性があると思われる場合、我々はイスラエルにその権利があると確信しているが、現実的な懸念があるのも確かで、何十万人ものガザ住民がイスラエルの要請で北部から南部に避難しているためだ。」 と述べた。

    「私たちは、そのような人々 (新たに加わった民間人) が軍事計画の中で説明されるまでは、彼らの作戦を進めるべきでないと考えます。ですから、私たちはそのことを直接彼らに伝えるつもりですし、これまでも伝えてきました。」 とファイナーは続けた。

    彼は、民間人の犠牲を最小限に抑えるようイスラエルに求めたこの要請に関する具体的な内容は伝えなかった。パレスチナの情報筋によれば、ガザでの死者は 10 月 7 日以来 1 万 3,000 人に達しているにもかかわらず、イスラエルが軍事援助をどのように使うかについて、政府はいかなる条件もつけることを拒否してきた。

    イスラエル国防軍はここ数日、南部の主要都市カーン・ユーニスの近隣を含む南部一帯に数万枚のビラを投下し始めた。そこにいるパレスチナ人は、特に指定されていない避難所に逃げるように言われている。パレスチナや地域のニュースソースによれば、エジプトへの唯一の国境越えは、特定の外国人パスポート保持者を除いて閉鎖されたままであるため、市民は行き場を失っているという。

    アメリカやフランスなどのヨーロッパ諸国は、ガザでの膨大な民間人の死者数について、徐々に声を上げ始めている


    イスラエル (=ユダヤ人国家) はガザで1ヶ月間に、ロシアが過去 2 年間にウクライナで戦争中に殺した数よりも多くの民間人を殺した。

    月曜日の時点では、広く報道されている人質取引はまだ実現していない。

    「米国、イスラエル、ハマスの交渉担当者は、10 月 7 日のテロ攻撃で拘束された人質の一部を、戦闘の一時停止と引き換えに解放する合意に近づいていると、交渉に詳しい情報筋が NBC ニュースに語ったが、彼らはまだ何も最終決定していないと警告している。」 と NBC は報じている。米国の情報筋によれば、(カタールとハマスの仲介を含む) すべての関係者が 「近づいている」 とのことである。


    ランキング参加中で~す^^ ポチっとお願いします♥
    ↓↓↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 本ブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング



    PVアクセスランキング にほんブログ村
    関連記事

    コメント






    管理者にだけ表示を許可する